CD

2017年7月22日 (土)

CDレビュー | Road Games (ロード・ゲームス) / Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース)

17073001

”エディ・ヴァンヘイレンのサポートを得て、遂にメジャー・デビューを果たした記念すべき作品” (アルバム紹介より)

『Road Games (ロード・ゲームス)』は、エレクトリック・ギター界のレジェンド、Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース) の実質的な第二作目となるソロ・アルバム。Allan Holdsworth を敬愛するロック・ギタリスト Eddie Van Halen (エディ・ヴァンヘイレン) のサポートを得て発売されたメジャー・デビューアルバムです。

Allan Holdsworth と言えば、映像作品である『TOKYO DREAM ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN』の影響から、ベースといえばジミー・ジョンソン (Jimmy Johnson) のイメージが強いのですが、『Road Games』では、テクニカル系ベーシストのジェフ・バーリン (Jeff Berlin) が参加しています。ドラムは、常連のチャド・ワッカーマン (Chad Wackerman) です。

おすすめは 4.「Tokyo Dream」。美しいコードワークが聴けるミディアム・テンポの曲は、日本が好きで毎年ようにゴールデンウイークに来日してライブ演奏を行った Allan Holdsworth の代表曲です。Chad Wackerman のドラムもたっぷり堪能できます。

「Tokyo Dream」は、『Wardenclyffe Tower』(1992年作品) にもボーナストラックとして収録されています。今回、『Road Games』の CD を手に入れて分かったのですが、『Road Games』と『Wardenclyffe Tower』に収録されている「Tokyo Dream」は、それぞれ全くの別テイクでした。ちなみに、Compilations (コンピレーション) の『Eidolon』(2017年作品) に収録されているのは、『Wardenclyffe Tower』に収録されたものと同じテイクでした。

他のおすすめはアルバム・タイトル曲 2.「Road Games」。映像作品『TOKYO DREAM ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN』では、ボーカルのポール・ウィリアムズ (Paul Williams) にナット付近の弦をミュートしてもらって演奏する姿が印象的でした。

『Road Games』には、他にも Allan Holdsworth の代表曲が収録されています。1.「Three Sheets To The Wind」は、何度も聴いた懐かしい曲。のびやかなサウンドを奏でるギター・ソロが最高に気持ち良い曲は、何度聴いてもあきません。この曲は、雑誌 Young Guitar 2017 年 7 月号に貴重なスコアが収録されていますので、そちらもおすすめです。

Allan Holdsworth が亡くなってから、まず一番に欲しいと思った CD が『Road Games』なのですが、なかなか手に入りませんでした。しかたなく中古を探してみるとブックオフオンライン楽天市場店で見つけました。実際に届いた CD は帯もついていて新品同様のものでした。

これで欲しかった Allan Holdsworth のアルバムが全てそろいました。

■ 曲目リスト
1. Three Sheets To The Wind
2. Road Games
3. Water On The Brain -Pt.II
4. Tokyo Dream
5. Was There?
6. Material Real

■ パーソネル
アラン・ホールズワース / Allan Holdsworth (g)
ジェフ・バーリン / Jeff Berlin (b)
チャド・ワッカーマン / Chad Wackerman (dr)

■ 関連記事
レジェンダリー・ギタリスト 特集●アラン・ホールズワース [増補改訂版] (2017/6/10)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2017/06/post-93e4.html

Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース) の Discography (ディスコグラフィー) (2017/5/30)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2017/05/allan-holdswort.html

CDレビュー | EIDOLON (アイドロン) / Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース) (2017/5/4)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2017/05/cd-eidolon-alla.html

Allan Holdsworth アラン・ホールズワース 手持ちのアルバムを引っぱり出してみた (2017/4/23)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2017/04/allan-holdswo-1.html

【参考データー】
Road Games (ロード・ゲームス)
Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース)
CD (2014/7/23)
品番: VSCD-4273
レーベル: VIVID SOUND
仕様: SHM-CD、限定紙ジャケット仕様、1983年作品
購入価格: \2,580 (税込)
購入場所: ブックオフオンライン楽天市場店

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【輸入盤】Eidolon (2CD) [ Allan Holdsworth ]
価格:2671円(税込、送料無料) (2017/7/22時点)



| | コメント (0)

2017年7月17日 (月)

CDレビュー | The Most Hated / Polyphia

17071701

”時代の最先端をいく音楽、2017年の夏は The Most Hated / Polyphia で決まり!!”

アメリカ、テキサス州出身のインストゥルメンタル・バンド,Polyphia (ポリフィア) の最新 CD『The Most Hated (ザ・モスト・ヘイテッド)』が発売になりました。

ロック、Djent (ジェント)、EDM (Electronic Dance Music、エレクトロニック・ダンス・ミュージック) など様々なジャンルの音楽を取り込んだ新しい音楽を発信する Polyphia の最新 CD は、全 7 曲入りの EP (Extended Play、ミニ・アルバム)です。日本向け CD にはボーナストラックとして,9mm Parabellum Bullet の「INFERNO」がカバー曲として収録されています。「INFERNO」は、TVアニメ「ベルセルク」のオープニングテーマ曲になっています。

これまで、ツインギターとベースの 3 人で活動してきた Polyphia ですが、この EP から、ドラムの Clay Aeschliman (クレイ・アエスクリマン) がメンバーに加わったようです。

17071702

アルバム全体をとおして、ジャンルにとらわれない Polyphia らしい仕上がり。これまでに日本で発売された 2 枚のアルバム『muse (ミューズ) 』と『Renaissance (ルネッサンス)』が好きな方は、安心して聴ける内容です (関連記事を参照)。

『The Most Hated』で一番おすすめの曲は、明るいアップテンポな曲の「40oz」。今年の夏のドライブミュージックはこれで決まりです。EDM の要素を感じる重低音のベースに軽快なギターのメロディが展開する独特の曲になっています。

他のおすすめは、Polyphia らしいツインギターの聴ける「LOUD」です。クラッシックやプログレの要素を感じる重厚な曲調に印象的なギターのリフレインが展開される Polyphia 定番のパターンが楽しめます。

他には YouTube で先行公開された「ICRONIC」もおすすめ。ギターとは思えない機械的な演奏のイントロ部分から入り、重低音ベースに伸びやかなギターメロディという、Polyphia らしいスタイルの曲です。

17071703

Polyphia はツインギターのバンドですが、曲はギターバンドらしくないものが多いのが特徴。この曲の特徴が他の同世代のバンドと明らかに違います。なぜそうなるのか不思議に思っていたのですが、最近見たインターネット上の映像でその理由が分かりました。どうやら Polyphia の曲の秘密は作曲スタイルにあるようです。

まず最初にメロディを作って、コンピューターの DTM ソフトに打ち込む。これを後でギターで演奏するという曲作りのスタイルが Polyphia 独特の曲につながっているようです。雑誌のインタービューでも語っていましたが、曲ができた後、ギターで演奏するときに苦労することもあるようです。

余談ながら、今回は買い物合計金額が 2,000 円以下だったので、送料がかからない楽天ブックスで注文。発売日にポスト投函で手に入れることができました。

快進撃を続ける Polyphia (ポリフィア) から、今後も目を離せません。

■ 曲目リスト
1. LOUD
2. ICRONIC
3. GOOSE
4. 40oz
5. Crosty
6. THE WORST
7. INFERNO (9MM PARABELLUM BULLET COVER)*

*Japan Bonus Track

■ パーソネル
ティモシー・ヘンソン / Timothy Henson (g)
スコット・ルベイジ / Scott LePage (g)
クレイ・ゴバー / Clay Gober (b)
クレイ・アエスクリマン / Clay Aeschliman (ds)

■ 関連リンク
Polyphia - YouTube
https://www.youtube.com/user/Polyphia

■ 関連記事
CD レビュー | muse (ミューズ) / Polyphia (ポリフィア) (2016/1127)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2016/11/cd-muse-polyphi.html

CD レビュー | Renaissance (ルネッサンス) / Polyphia (ポリフィア) (2016/11/26)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2016/11/cd-renaissance-.html

【参考データー】
The Most Hated (ザ・モスト・ヘイテッド)
Polyphia (ポリフィア)
CD (2017/7/12)
品番: XSCP-9
レーベル: SONY MUSIC ENTERTAINMENT
購入価格: ¥1,500
購入場所: 楽天ブック

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ザ・モスト・ヘイテッド [ ポリフィア ]
価格:1500円(税込、送料無料) (2017/7/17時点)


| | コメント (0)

2017年6月17日 (土)

CDレビュー | Blues for Tony (ブルース・フォー・トニー) / Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース)

17061701

”信頼できる3人の実力派ミュージシャンと共に創り上げた驚異のライブ・パフォーマンス” (アルバム表紙より)

アラン・ホールズワース (Allan Holdsworth)の『Blues for Tony (ブルース・フォー・トニー)』を手に入れました。

2009年に発表された『Blues for Tony』は、ギター・レジェンドのアラン・ホールズワースが盟友のドラマー、トニー・ウィリアムス (Tony Williams) の没10周年にあたりスペシャル・プロジェクトを結成してツアーを行った際に収録されたライヴ・アルバムです。

ライブレコーディングにもかかわらず録音状態が非常に良く、ライブの臨場感がダイレクトに伝わる作品になっています。

17061702

ベースにイエロージャケッツ (The Yellowjackets) でおなじみのジミー・ハスリップ (Jimmy Haslip)、ドラムにチャド・ワッカーマン (Chad Wackerman) というリズム隊に加えて、盟友のアラン・パスカ (Alan Pasqua) がキーボードで参加しています。強力なミュージシャン達をバックに従えて、アラン・ホールズワースがギターを存分に弾きまくるというファンにはたまらない内容です。

このアルバムでは、このプロジェクトのために作曲されたオリジナル曲も演奏されています。おすすめは、メンバーのソロが楽しめる11分12秒という大作のアルバム・タイトル曲の 1-1「Blues for Tony」です。

他にも、ニュー・ライフタイム (THE NEW TONY WILLIAMS LIFETIME) のアルバム『Believe It』から 2-4「Protocosmos」や 2-5「Red Alertt」など定番の曲もしっかり収録されています。定番以外でのおすすめは、アラン・ホールズワース本人が作曲した 1-4「Fred」です。この曲では、アラン・パスカによるキーボードの緊張感あふれるソロが楽しめます。アラン・ホールズワースのギター・ソロと対照的に聴き比べるとさらに楽しめます。

録音状態もよく、2 枚組でお得なCD。アラン・ホールズワースのファンの方におすすめです。

■ 曲目リスト
[Disc1]
1. Blues for Tony
2. The Fifth
3. It Must Be Jazz
4. Fred
5. Guitar Intro
6. Pud Wud

[Disc2]
1. Looking Glass
2. To Jaki, George and Thad
3. San Michele
4. Protocosmos
5. Red Alertt

1-2 from 『Dreams, Nightmares and Improvisations』 (2009)
1-4 from 『Believe It』 (1975)
1-6 from 『SAND』 (1987)
2-1 from 『Atavacron』 (1986)
2-4 from 『Believe It』 (1975)
2-5 from 『Believe It』 (1975)

■ パーソネル
Allan Holdsworth (Guitar)
Jimmy Haslip (Bass)
Alan Pasqua (Keyboards)
Chad Wackerman (Drums)

Recorded live in 2007

■ 関連記事
Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース) の Discography (ディスコグラフィー) (2017/5/30)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2017/05/allan-holdswort.html

CDレビュー | EIDOLON (アイドロン) / Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース) (2017/5/4)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2017/05/cd-eidolon-alla.html

【参考データー】
Blues for Tony (ブルース・フォー・トニー)
Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース)
CD (2014/07/23)
品番: VSCD-4277/8
レーベル: VIVID SOUND
仕様: SHM-CD、紙ジャケット仕様
購入価格: ¥2,700 (税込)(送料無料)
購入場所: 楽天ブックス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブルース・フォー・トニー [ アラン・ホールズワース ]
価格:2700円(税込、送料無料) (2017/6/16時点)


| | コメント (0)

2017年6月 6日 (火)

CDレビュー | 仮音源 -DEMO- / 仮BAND

17060601

”ハイテクニックな進化系フュージョン”(アルバム紹介より)

腕利きのミュージシャンが結集した仮BAND のファースト・ミニアルバム『仮音源 -DEMO-』を手に入れました。『仮音源 -DEMO-』は、発売間もなく Amzon 売れ筋ランキングのフュージョン カテゴリーで1位を獲得した現在注目のバンドです。

メンバーの構成からして、マニアックなサウンドになることは簡単に想像できるのですが、その内容は意外なものでした。確かにマニアックな内容なのですが、全くの先入観を持たずに聞いても十分楽しめる内容になっていました。

全体的に楽曲のバラエティが豊富なので、アルバム 1 枚を飽きることなく聴きとおすことができます。もちろん、テクニックは満載ですが、それを感じさせないところが仮BAND のすごいところです。

17060602

おすすめは、ゲストにジャズ・ピアニストで注目株の 桑原あい さんを迎えた「Jamrika」です。この曲のレコーディングは編集なしの一発録りだそうです。そのためかライブのように緊張感漂う演奏が最高です。特にピアノ・ソロとギター・ソロが入れ替わる瞬間は、鳥肌が立ちそうになるくらいスリリングな演奏になっています。

他におすすめは、ホーンセクションをゲストに迎えた「Common time's Logic」です。仮BANDのメンバー構成からすると、楽曲はロック的なフュージョンを連想するのですが、この楽曲は、予想をみごとに裏切るジャズ的なフュージョンになっています。このバンドでこの楽曲ができるのが不思議です。

BABY METAL が好きな方におすすめなのは、ずばり「Djentleman」です。ヘビーメタルでおなじみのジェント (djent) サウンドのリフレインを楽しめる曲です。実際にヘビーメタルを演奏しているメンバーならでは楽曲です。このような楽曲をアルバムに盛り込むあたり、まさに進化したフュージョンです。

余談ながら、バンドのネーミングが”仮BAND”で、アルバムのタイトルは『仮音源 -DEMO-』と、どちらも遊び心が感じられるところは、藤岡幹大さんらしいところです。

■ 曲目リスト
1. Common time's Logic
2. Chuku
3. 忍者Groove
4. Djentleman
5. Jamrika
6. Snowflakes

All songs written by Kari Band

■ パーソネル
【仮BAND】
藤岡幹大 Mikio Fujioka (Guitar
BOH (Bass)
前田遊野 Yuya Maeta (Drums)

【ゲストミュージシャン】
M-1
  辻本美博 Yoshihiro Tsujimoto (Saxophone) from カルメラ
  たなせゆうや Yuya Tanase (Tronbone) from カルメラ
  小林洋介 Yosuke Kobayashi (Trumpet) from カルメラ
M-2
  西脇辰弥 Yatsuya Nishiwaki (Keyboard)
M-4
  ISAO (Gutiar)
M-5
  桑原あい Ai Kuwabara (Piano)

■ 関連リンク
仮BAND - Bellwood Records
http://bellwoodrecords.co.jp/label-products/5028

【参考データー】
仮音源 -DEMO-
仮BAND
CD (2017/4/26)
品番: BZCS-1153
レーベル: BELLWOOD RECORDS
購入価格: \1,800 (税込)
購入場所: Amazon

| | コメント (0)

2017年6月 3日 (土)

CDレビュー | Atavachron (アタヴァクロン) / Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース)

17060301

”新世代ギター・シンセサイザー、シンタックス (Synthaxe) を導入して表現の幅を拡げるべく制作した意欲作。”(アルバム紹介より)

『Atavachron (アタヴァクロン)』は、エレクトリック・ギター界のレジェンド、Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース) の第四作となるソロアルバム。

超絶技巧とレガート奏法、独特のコードワークなど、ギターの歴史を変えたアラン・ホールズワースが、初めて革新的なギター・シンセサイザーの Synthaxe (シンタックス) を導入した作品です。アランは、シンタックスが気に入っていたようで、この作品以降から積極的にシンタックスを使うようになっています。

17060302

『Atavachron (アタヴァクロン)』では、エレクトリック・ギターとシンタックスが混在して使用されています。アランのエレクトリック・ギターを聴きたい人には敬遠されがちなシンタックスを使用した作品ですが、後年のライブでも『Atavachron (アタヴァクロン)』に収録された曲が数多く演奏されており、名曲と言える曲がたくさん収録されています。

おすすめは、2.「Funnels」です。イントロ部分のメロディとコードワークが印象的な曲。エレクトリック・ギターで演奏されるロングトーンを多用したギターソロは必聴です。

その他、5.「Looking Glass」もおすすめです。こちらもアランのギターを存分に味わうことができる名曲。アランの音を詰め込んだ流れるようなソロを聴くことができます。これだけの長いソロを飽きさせないフレージングは驚異的です。

アルバム・タイトル曲の 4.「Atavachron」は、キーボードによる近未来的なメインテーマが特徴的な曲。めずらしいことにギター・ソロは曲の後半部分に出てきます。このギター・ソロは、シンタックスではなく、エレクトリック・ギターで演奏されています。激しいフレージングが特徴で、エモーショナルでロック的な要素の強い演奏になっています。

余談ながら、Atavachron (アタヴァクロン) は、アメリカの SF テレビドラマ Star Trek (スター・トレック) の中に出てくるタイムトラベル用の装置だそうです。たしかにアルバムジャケットのアートワークに描かれたアランもスタートレックの衣装を着ています。

これまでシンタックスを使用したアルバムは敬遠していたのですが、あらためて聴いてみると名曲がそろった良い作品でした。

■ 曲目リスト
1. Non Brewed Condiment
2. Funnels
3. The Dominant Plague
4. Atavachron
5. Looking Glass
6. Mr. Berwell
7. All Our Yesterdays

■ パーソネル
Allan Holdsworth - guitar, SynthAxe
Jimmy Johnson - bass
William Edward Childs - keyboard (2, 5)
Alan Pasqua - keyboard (3, 4, 6)
Gary Husband - drums (1, 2, 4, 6)
Chad Wackerman - drums (3, 7)
Tony Williams - drums (5)
Rowanne Mark - vocals (7)

■ 関連記事
Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース) の Discography (ディスコグラフィー) (2017/5/30)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2017/05/allan-holdswort.html

CDレビュー | EIDOLON (アイドロン) / Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース) (2017/5/4)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2017/05/cd-eidolon-alla.html

Allan Holdsworth アラン・ホールズワース 手持ちのアルバムを引っぱり出してみた (2017/4/23)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2017/04/allan-holdswo-1.html

【参考データー】
Atavachron (アタヴァクロン)
Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース)
CD (2014/7/23)
品番: VSCD-4275
レーベル: VIVID SOUND
仕様: SHM-CD、限定紙ジャケット仕様、リマスター、1986年作品
購入価格: \2,808 (税込)
購入場所: Amazon

| | コメント (0)

2017年6月 1日 (木)

CDレビュー | The Captain's Journey (キャプテンズ・ジャーニー) / Lee Ritenour (リー・リトナー)

17060101

”フュージョン・ギタリストとしてだけではなく、サウンド・クリエイターとしてのリー・リトナーの才能が開花した1978年の名作。” (アルバム紹介より)

フュージョン・ギタリスト、Lee Ritenour (リー・リトナー) の代表作と言えるのが、『The Captain's Journey (キャプテンズ・ジャーニー)』です。

The Captain's Journey (キャプテンズ・ジャーニー)』の一番のおすすめ曲は、4.「Matchmakers」です。イントロのカッティング・ギターが最高にカッコいい。ノリの良い軽快なリズムに伸びやかなメロデイがブレンドされるフュージョン・サウンドの定番パターンです。サックスとギターがユニゾンでテーマのメロディを演奏するリトナーお得意のパターンも最高です。

3.「Sugarloaf Express」は、日本のフュージョンバンドである CASIOPEA (カシオペア) の初期の作品を思わせる、こちらも定番のフュージョン・サウンド。アメリカ西海岸のおしゃれな雰囲気が満載の曲です。

1.「The Captain's Journey」は、前半と後半をあわせて 8 分という大作。クラッシック音楽の様式美を感じさせる独特の曲。8 分という演奏時間を全く感じさせない上に、テクニック満載の素晴らしい作品になっています。

17060102

リトナーの作品でベストと思われるものを挙げるとしたら、この『The Captain's Journey (キャプテンズ・ジャーニー)』は必ず候補に挙がります。内容の充実したすばらしい作品です。

■ 曲目リスト
1. The Captain's Journey (Part I The Calm, Part II The Storm)
2. Morning Glory
3. Sugarloaf Express
4. Matchmakers
5. What Do You Want?
6. That's Enough For Me
7. Etude

■ パーソネル
Guitar - Lee Ritenour
Bass - Abraham Laboriel, Anthony Jackson
Drums - Alex Acuna, Steve Gadd
Keyboards - Dave Grusin, David Foster, Patrice Rushen, Don Grusin, Ian Underwood
Flute - Dave Valentin, Eddie Daniels, Ray Beckenstein
Percussion - Alex Acuna, Dave Grusin, Larry Rosen, Paulinho Da Costa, Steve Forman, Steve Thornton, Sue Evans
Rhythm Guitar - Jay Graydon, Mitch Holder
Saxophone - Ernie Watts
Vocals - Patti Austin, Tom Baylor, Bill Champlin

■ 関連記事
CDレビュー | On the Line (オン・ザ・ライン) / Lee Ritenour (リー・リトナー) (2017/5/18)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2017/05/cd-on-the-line-.html

【参考データー】
The Captain's Journey (キャプテンズ・ジャーニー)
Lee Ritenour (リー・リトナー)
CD (2014/06/25)
品番: WPCR-28003
レーベル: Warner Music Japan

仕様:
   FUSION BEST コレクション 1000
   24ビット・デジタル・リマスタリング
購入価格: \1,080 (税込)
購入場所: Amazon

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キャプテンズ・ジャーニー [ リー・リトナー ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2017/6/1時点)


| | コメント (0)

2017年5月30日 (火)

Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース) の Discography (ディスコグラフィー)

自分のメモ用に Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース) の Discography (ディスコグラフィー) を整理しました。基本的には、英語の Wikipeida からの転載です。

スタジオ録音のソロアルバムとしては、全部で 12 枚の作品があります。『Velvet Darkness』は当人の意思に反して未完成の状態で発表されたため、これを除くと 11 枚になります。

ライブ録音のアルバムは全部で 3 枚です。いずれも日本で催されたコンサートの模様を収録したものという点には、感慨深いものがあります。

てっとり早く、これらを集めるには『THE MAN WHO CHANGED GUITAR FOREVER!』(レーベル: MANIFESTO, 品番: MFO46502, 発売日: 2017年03月13日) というタイトルの CD 12 枚組ボックスセットを買うのがおすすめです。これですべてをカバーすることはできませんが、大半は手に入れることができます。

Solo albums (ソロアルバム)
Studio
1976: Velvet Darkness (unauthorised)
1982: I.O.U.
1983: Road Games
1985: Metal Fatigue
1986: Atavachron
1987: Sand
1989: Secrets
1992: Wardenclyffe Tower
1993: Hard Hat Area
1996: None Too Soon
2000: The Sixteen Men of Tain
2001: Flat Tire -Music for a Non-Existent Movie

Live (ライブ)
1997: I.O.U. Live (unauthorised)
2002: All Night Wrong
2003: Then!

Compilations (コンピレーション)
2005: The Best of Allan Holdsworth: Against the Clock
2017: Eidolon: The Allan Holdsworth Collection
2017: The Man Who Changed Guitar Forever! (box set)

Collaborations (コラボレーション)
1980: The Things You See, with Gordon Beck
1988: With a Heart in My Song, with Gordon Beck
1990: Truth in Shredding, with Frank Gambale/The Mark Varney Project
1996: Heavy Machinery, with Jens Johansson and Anders Johansson
2009: Blues for Tony, with Alan Pasqua, Chad Wackerman and Jimmy Haslip (live double album)

■ 関連リンク
Wikipedia - Allan Holdsworth
https://en.wikipedia.org/wiki/Allan_Holdsworth

■ 関連記事
CDレビュー | Secrets (シークレッツ) / Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース) (2017/5/25)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2017/05/cd-secrets-alla.html

CDレビュー | I.O.U. (アイ・オウ・ユー) / Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース) (2017/5/23)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2017/05/cd-iou-allan-ho.html

CDレビュー | THEN! (ゼン) Live in Tokyo 1990 / Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース) (2017/5/6)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2017/05/cd-then-live-in.html

CDレビュー | EIDOLON (アイドロン) / Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース) (2017/5/4)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2017/05/cd-eidolon-alla.html

Allan Holdsworth アラン・ホールズワース 手持ちのアルバムを引っぱり出してみた (2017/4/23)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2017/04/allan-holdswo-1.html

追悼 Allan Holdsworth アラン・ホールズワース (2017/4/18)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2017/04/allan-holdswort.html

| | コメント (0)

2017年5月28日 (日)

CDレビュー | In Rio (イン・リオ) / Lee Ritenour (リー・リトナー)

”リトナーのアコースティック・ギターが瑞々しい、ブラジリアン・フレーヴァー溢れる傑作アルバム。”(JVCアルバム紹介より)

フュージョンのギタリストといえば、Lee Ritenour (リー・リトナー) の名前がすぐに浮かびます。そのリー・リトナーが全曲アコースティック・ギターで仕上げたアルバムが『In Rio (イン・リオ)』です。

エレクトリック・ギターの印象が強いリー・リトナーですが、意外にもアコースティック・ギターの作品であるこのアルバムが一番完成度が高いように感じます。

一番のおすすめは 3.「Rio Funk (リオ・ファンク)」です。イントロ部分の Marcus Miller (マーカス・ミラー) 演奏によるスラップベースが強烈な印象を与えます。そして、軽快なリズムに歯切れの良いメロディが絡むノリの良い曲です。リトナー自身もお気に入りの曲らしく、ライブではたびたび演奏される定番の曲です。

他におすすめなのは、1.「Rainbow (レインボウ)」です。フュージョンにブラジル音楽を融合をさせたおもしろい試みが大成功しています。エレクトリック・ピアノとアコースティック・ギターが絡み合う穏やかなメロデイが心地よい曲です。日曜日の午前に FM 放送で聴く音楽という感じのさわやかな印象を持ちます。

残念ながら、『In Rio (イン・リオ)』の CD は手に入りにくい状態のようです。ただし、レコチョクでアナログテープからハイレゾ化した音源をダウンロード購入できます (関連リンク参照)。ここで注意してほしいのは、パソコン上の iTunes や iPhone のミュージック・アプリはハイレゾ音源である FLAC の再生に対応していないことです。別のソフトやアプリで再生するか、ダウンロードした FLAC のデータを iTunes や iPhone で再生できるファイル形式に変換する必要があります。

ハイレゾ音源ではありませんが、iTunes や iPhone の標準ファイル形式である AAC 版を Apple Music で購入できます。iPhone で聴くにはこれが一番簡単です。

■ 曲目リスト
1 Rainbow
2 San Juan Sunset
3 Rio Funk
4 It Happens Everyday
5 Ipanema Sol
6 Simplicidad
7 A Little Bit Of This And A Little Bit Of That

■ パーソネル
Acoustic Guitar - Lee Ritenour
Bass - Abraham Laboriel, Luizao Maia, Marcus Miller
Drums - Alex Acuna, Buddy Williams, Paulinho Braga
Keyboards - Dave Grusin, Don Grusin
Percussion - Armando Marcal, Chico Batera, Jose Da Silva, Roberto Pinheiro, Rubens Bassini, Steve Forman
Rhythm Guitar - Jeff Mironov, Oscar Neves
Soprano Saxophone, Flute - Ernie Watts

■ 関連リンク
レコチョク
イン・リオ / リー・リトナー
FLAC 96kHz/24bit ¥3,240(アルバム)/¥540(単曲)
AAC 128/320kbps  ¥1,543(アルバム)/¥250(単曲)
http://recochoku.jp/album/A2000186743/

Apple Music 内のリー・リトナー「LEE RITENOUR IN RIO」 - iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/lee-ritenour-in-rio/id571593054

■ 関連記事
CDレビュー | On the Line (オン・ザ・ライン) / Lee Ritenour (リー・リトナー) (2017/5/18)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2017/05/cd-on-the-line-.html

【参考データー】
In Rio (イン・リオ)
Lee Ritenour (リー・リトナー)
CD (1998/07/29)

品番: VICJ-60187
仕様: ---
価格: \1,995 (税込)

| | コメント (0)

2017年5月25日 (木)

CDレビュー | Secrets (シークレッツ) / Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース)

17052501

”究極のギター・シンセ<シンタックス>とエレクトリック・ギターによるナンバー”(アルバム表紙より)

ギタリストのレジェンド Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース) 自身が最も好きなアルバムと評する『Secrets (シークレッツ)』は1989年にリリースされた作品です。

このアルバムでは、それまでのギター・シンセである SynthAxe (シンタックス) 一辺倒の路線から、再びエレクトリック・ギターへの回帰がみられます。

バックを固めるメンバーにも特徴があります。このアルバムでは、ドラムが Vinnie Colaiuta (ヴィニー・カリウタ) になっています。ヴィニーと言えば、Jeff Beck (ジェフ・ベック) の公演でバックを務めたことでも話題になりました。

17052502

『Secrets』の収録曲の中で一番のおすすめは、1.「City Nights」です。この曲はキーボード奏者の Gary Husband (ゲーリー・ハズバンド) の作曲。主旋律の美しいメロディラインとアランの伸びやかなギター音色がマッチした曲です。

レガートを多用したアランのギターソロが圧巻で、決してワンパターンにはまらないフレーズの引出の多さを存分に堪能できます。曲の終わりには、アランが大好きなビールをグラスにそそぐ SE が収録されています。これも、アランの好きなジョークの一つでしょうか。

他のおすすめは、4.「Joshua」です。この曲もキーボード奏者の Steve Hunt (スティーブ・ハント) 作曲。落ち着いたテンポの曲にのってアランのアーミングを多用したエレクトリック・ギターのソローが聴けます。速いレガートフレーズだけでなく、このうねるようなアーミングもアランの魅力の一つです。

『Secrets』を聴くまでは、『Hard Hat Area (ハード・ハット・エリア)』(1993年作品) がベストだと思っていたのですが、このアルバムを聴いてからは『Secrets』も『Hard Hat Area』に負けず劣らず良い作品だという印象を持ちました。

■ 曲目リスト
1. City Nights
2. Secrets
3. 54 Duncan Terrace (Dedicated to Pat Smythe)
4. Joshua
5. Spokes
6. Maid Marion
7. Peril Premonition
8. Endomorph (Dedicated to My Parents)

Composed by
A.Holdsworth (2, 3, 5, 8)
G.Husband (1)
S.Hunt (4, 6)
C.Wackerman (7)

■ パーソネル
Allan Holdsworth -Guitar, SynthAxe
Jimmy Johnson -Bbass (except 7)
Vinnie Colaiuta -Drums (except 7)
Gary Husband -Keyboard
Rowanne Mark -Vocals (2)
Alan Pasqua -Keyboard (3)
Steve Hunt -Keyboard (4, 6)
Chad Wackerman -Drums (7)
Bob Wackerman -Bass (7)
Craig Copeland -Vocals (8)

■ 関連記事
CDレビュー | I.O.U. (アイ・オウ・ユー) / Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース) (2017/5/23)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2017/05/cd-iou-allan-ho.html

CDレビュー | EIDOLON (アイドロン) / Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース) (2017/5/4)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2017/05/cd-eidolon-alla.html

CDレビュー | THEN! (ゼン) Live in Tokyo 1990 / Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース) (2017/5/6)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2017/05/cd-then-live-in.html

【参考データー】
Secrets (シークレッツ)
Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース)
CD (2014/07/16)
品番: VSCD-4252
レーベル: VIVID SOUND
仕様: SHM-CD、紙ジャケット仕様、リマスター使用、1989年作品
購入価格: ¥2,573 (税込)
購入場所: Amazon

| | コメント (0)

2017年5月23日 (火)

CDレビュー | I.O.U. (アイ・オウ・ユー) / Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース)

17052302

”このアルバムがエレクトリック・ギターの歴史を変えた!” (アルバム表紙より)

借金までして自主製作した Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース) の実質のファーストアルバム『I.O.U. (アイ・オウ・ユー)』です。

「借用証明書」を意味するジョークの効いたアルバムタイトルは、商業的に成功したとはいえない、その後のアランの未来を暗示しているかのようです。

しかし、ギターレジェンドとなったアラン・ホールズワースの歴史は、まさにこの『I.O.U.』から始まったといえます。全曲アラン・ホールズワース自身の作曲ということで、その個性が存分に楽しめる内容です。

17052303

この時代のギターサウンドは、まだまだ自然なオーバードライブサウンドが中心ですが、往年の独特のサウンドの原石となるもの感じることができます。

プレイの面では、フィンガーピッキングによる同時発音を多用したバッキングや、うねるような無調性のソロなど、すでにこの時代から完成されたものになっています。

おすすめは、その後のライブでも定番として演奏される 1.「The Things You See」です。このオリジナル演奏では、ボーカルがフィーチャーされていますが、ライブではインストルメンタルで演奏されます。自分のサウンドを求めて試行錯誤している様子が感じられるような曲になっています。

そして、ギターとは思えない粘りのあるフレージングのギターソロが楽しめる4.「Letters Of Marque」もおすすめの曲です。軽やかなイントロ部分の後に、ベース、ギター、ドラムと順にソロが回されていくスリリングな仕上がりの曲です。

その他のおすすめは、8.「White Line」です。前半部分のボーカルを楽しんだところで、突如して現れる激しいギター・ソロが魅力の曲になっています。こんな風にギターを弾けたら楽しいだろうなと思ってしまう曲です。この曲もアランのお気に入りの曲の様で、後にリリースされたライブアルバムの『THEN!』にもインストルメンタルバージョンが収録されています。

『I.O.U.』は、アラン・ホールズワースの独特のスタイルは完成されていますが、ギターの音色的にはまだまだ荒削りな部分が多く残った作品になっています。

とにかく新鮮な感じのするアルバムですので、アラン・ホールズワースのファンの方には彼のルーツを知る意味でおすすめです。

■ 曲目リスト
1. The Things You See (When You Haven't Got Your Gun)
2. Where Is One
3. Checking Out
4. Letters Of Marque
5. Out From Under
6. Temporary Fault
7. Shallow Sea
8. White Line

All tracks written by Allan Holdsworth

■ パーソネル
Allan Holdsworth -Guitar
Paul Williams -Vocals
Gary Husband -Drums
Paul Carmichael -Bass

■ 関連記事
CDレビュー | THEN! (ゼン) Live in Tokyo 1990 / Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース) (2017/5/6)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2017/05/cd-then-live-in.html

CDレビュー | EIDOLON (アイドロン) / Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース) (2017/5/4)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2017/05/cd-eidolon-alla.html

【参考データー】
I.O.U. (アイ・オウ・ユー)
Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース)
CD (2014/07/213)
品番: VSCD-4272
レーベル: VIVID SOUND
仕様: SHM-CD、紙ジャケット仕様、1982年作品

購入価格: ¥2,573 (税込)
購入場所: Amazon

| | コメント (0)

より以前の記事一覧