音楽

2018年11月11日 (日)

YOUNG GUITAR 2018年12月号 特集 YOUNG BASS

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2018年12月号の巻頭特集は、”YOUNG BASS -ギタリストのためのベース大全-”です。

ギタリストには、実はベースもそれなりに弾けるという方が多いようです。YouTube にSteve Vai (スティーブ・ヴァイ) と Nuno Bettencourt (ヌーノ・ベッテンコート) が Yankee Rose を演奏するライブ動画があるのですが、ここで Nuno は見事なベースプレーを披露しています。

特集の第一インタビューでは、Steve Vai がベースについて語っています。

特典ダウンロード動画では、”超絶ベーシストとヴァーチャル・セッション!!”ということで、ベースとのセッションが楽しめます。

今月のスコアは、特集にあわせてギター譜だけでなくベース譜も掲載されています。注目は、ベック、ボガート&アピスの名曲「Jeff's Boogie」です。セッションでもよく演奏される曲ということもありますが、演奏して楽しくなる曲なので、ギタリストならマスターしておきたい曲です。

今回は楽天ブックスで予約注文。ゆうパックで発売日の翌日にポスト投函で受け取りました。

■ 関連リンク

ヤング・ギター 公式ウェブサイト

音楽や映像、画像がダウンロードできるミュージックカード エムカード

【参考データ】
YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2018年12月号
巻頭特集: YOUNG BASS
スコア:
  Run To The Hills / IRON MAIDEN
  Cupid's Dead / EXTREME
  Jeff's Boogie (live) / BECK, BOGERT & APPICE
付録: エムカード(スペシャル・ダウンロード・コンテンツ)
出版社: シンコーミュージック (2018/11/10)
購入価格: ¥979 (税込)
購入場所: 楽天ブックス

|

2018年11月10日 (土)

北欧デザインのワイヤレスイヤホン Jabra Elite Active 65t

Jabra (ジャブラ) の完全ワイヤレスイヤホン Elite Active 65t を買いました。

18111001

近ごろは、日ごろの運動不足を解消するために、休みの日になるとジムにいって30分ほどランニングをするようになりました。

ランニングの時に必要なのがワイヤレスのイヤホン。数年前に購入した JBL EVEREST 100 Bluetooth ワイヤレスイヤホンを使っているのですが、どうにも左右のイヤホンを接続するケーブルが気になります。

18111002

また、運動すると汗をかきますが、JBL EVEREST 100 は防水性がまったくないので、少し心配です。

最近は、Apple の AirPods など左右のハウジングが完全に独立した完全ワイヤレスイヤホンが主流になってきています。そこで、完全ワイヤレスのイヤホンを購入することにしました。

18111003

候補にあがったのは、BOSE と JBL ですが、BOSE はサイズが大きいのが気になります。JBL はコンパクトなサイズで良いのですが、デザインがありきたりです。他に何か良いものが無いかと探して見つけたのが、Jabra (ジャブラ) Elite Active 65t です。

一目見て気に入ったのが洗練された北欧デザインの外観。カラーバリエーションは、Copper Blue、Copper Red、Titanium Black の3種類ですが、いずれもシックな色使いでどれも好みです。

18111004

気になるスペックを調べてみると、各社のイヤホンが Bluetooth 4.2 接続なのに対して、Jabra Elite Active 65t は最新の Bluetooth 5.0 に対応しています。Bluetooth 5.0 では通信範囲と通信速度が大幅に強化されているので、気になる「音飛び」や「音切れ」が無くなることです。

防塵・防水性能は IP56 の「耐水形」になります。iPhone 7 のように水につけることはできませんが、これならスポーツで使用しても安心です。

実際に使ってみて驚いたのは、信号の遅延が大幅に改善されていたことです。iPhone 7 で動画を観ると、どうしても映像に対して音声の遅れがあったのですが、この Jabra Elite Active 65t は、音声の遅れが気にならない程度にまで改善されていました。

耳に装着した時のフィット感も申し分なしの上に、重さも全く気になりません。

バッテリーの持続時間は2時間程度が一般的ですが、Jabra Elite Active 65t は連続5時間も再生できます。これなら飛行機のような長時間の移動でもバッテリーを気にせず使えます。

今回は Amazon で購入。大阪の拠点から発送されたようで、注文した翌日に商品が到着しました。

■ 関連リンク

Jabra Elite Active 65t

■ 関連記事

JBL EVEREST 100 Bluetooth ワイヤレスイヤホン (2016/3/27)

【買い物リスト】
Jabra Elite Active 65t
バッテリー持続時間:  5時間 (充電ケース10時間)
防塵防水(IP): IP56
接続方式:  Bluetooth 5.0
マイク:  4つ内蔵/風切音防止機能あり
カラー:  チタンブラック (Titanium Black)
購入価格: ¥24,183 (税込)
購入場所: Amazon

|

2018年10月14日 (日)

YOUNG GUITAR 2018年11月号 特集 ゲイリー・ムーア

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2018年11月号の巻頭特集は、ゲイリー・ムーア (Gary Moore) です。

18101401

今月の特集はスーパーギタリストとして知られる Gary Moore の特集。

Gary Moore と言えば,歌い上げるようなフレージングと演奏時の表情がとても印象的。今回の特集では,最近発表されたトリビュート作品に参加したミュージシャンのインタビューを掲載。特典ダウンロードコンテンツでは,演奏解説を見ることができます。

Gary Moore の特集にあわせて SPECIAL LESSON 記事では”泣きのギター”が取り上げられています。ギターを歌わせるにはまず”泣き”をマスターする必要があります。ダウンロードコンテンツで映像を見ながら奏法のポイントを確認することができます。

今月のスコアには,Gary Moore の名曲「The Loner」が取り上げられています。ジャンルによらず,ギタリストならぜひマスターしておきたい1曲です。

今回は楽天で予約注文。発売日の翌日にポスト投函で受け取りました。

■ 関連リンク

ヤング・ギター 公式ウェブサイト

音楽や映像、画像がダウンロードできるミュージックカード エムカード

【参考データ】
YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2018年 11月号
巻頭特集: ゲイリー・ムーア (Gary Moore)
スコア:
  The Loner /Gary Moore
  Love Bites /DEF LEPPARD
  Beyond The Realms Of Death /JUDAS PRIEST
付録: エムカード(スペシャル・ダウンロード・コンテンツ)
出版社: シンコーミュージック (2018/10/10)
購入価格: ¥979 (税込)
購入場所: 楽天

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:979円(税込、送料無料) (2018/11/4時点)


|

2018年9月25日 (火)

YOUNG GUITAR 2018年10月号 特集 Slash (スラッシュ)

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2018年10月号の巻頭特集は、Slash (スラッシュ) です。

18092501

今月の特集はロックバンド,Guns N' Roses (ガンズ・アンド・ローゼズ) のギタリストとして活躍している Slash (スラッシュ) の特集です。

使用機材の紹介では, Slash のトレードマークともいえる Gibson Les Paul (ギブソン・レス・ポール) がしっかり紹介されています。ファンにとってはとても興味のある内容です。

映像連動記事は,貴重な Slash 本人による演奏解説を見ることができます。

Slash の特集にあわせて, SPECIAL HARDWARE EDITION では,”ギブソンの底力!!!”と題してギターメーカーの Gibson が大々的に取り上げられています。本国アメリカでは破産申請をした Gibson ですが,やはり FENDER (フェンダー) と並ぶ二大ギターメーカーの一つなので,今後も頑張って欲しいところです。

インタビュー記事では,Jリーグ公式ソングの新ヴァージョンをリリースした春畑道哉さんが取り上げられています。うれしいことに新ヴァージョン「J'S THEME」のスコアも収録されています。このスコアだけでも今月号は買う意味があります。

今回は Amazon で予約注文。発売日の翌日にポスト投函で受け取りました。

■ 関連リンク

ヤング・ギター 公式ウェブサイト

音楽や映像、画像がダウンロードできるミュージックカード エムカード

【参考データ】
YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2018年 10月号
巻頭特集: Slash (スラッシュ)
スコア:
  Double Talkin' Jive/GUNS N' ROSES ガンズ・アンド・ローゼズ
  Still Got The Blues/GARY MOORE ゲイリー・ムーア
  J'S THEME (Jのテーマ) 25th ver./MICHIYA HARUHATA 春畑道哉
付録: エムカード(スペシャル・ダウンロード・コンテンツ)
出版社: シンコーミュージック (2018/9/10)
購入価格: ¥979 (税込)
購入場所: Amazon

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2018年 10月号 [雑誌]
価格:979円(税込、送料無料) (2018/9/15時点)


|

2018年8月11日 (土)

YOUNG GUITAR 2018年 9月号 特集 THE 速弾き HAYABIKI

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2018年 9月号の巻頭特集は、”THE 速弾き HAYABIKI”です。

18081101

今月の特集は副題「ギタリストはなぜ“速さ”に魅せられるのか…!??」にあるとおり、ギタリストにとって永遠の憧れである”速弾き”についての特集です。

速弾きといっても、昔と今では状況が全く異なっています。例えば、Yngwie Malmsteen (イングヴェイ・マルムスティーン) が世に出てきた時、その速弾きにみんなが驚いたものですが、今ではその上をいくギタリスト達が登場する時代になっています。

速弾きにも種類があって、完成されたフレーズをマシンのように完璧に演奏するスタイルもあれば、improvisation (インプロビゼーション、即興、アドリブ) で縦横無尽に演奏するスタイルもあります。このあたりの違いもギタリスト達が速弾きに魅了される理由の一つです。

付録のダウンロードコンテンツ (DLC) では、奏法分析として速弾きの名手たち演奏の様子を観ることができます。この動画で必見なのは左手ではなく右手です。派手な動きの左手につい目を奪われがちですが、実は見るべきとことろは速弾き名手達の右手の使い方です。インタビュー記事の中でも、あるギタリストが右手が重要と答えています。

余談ながら、私も以前は左手の動きばかりに気を取られていました。しかし、YouTube で Paul Gilbert (ポール・ギルバート) のレクチャー動画を観て右手が追い付いていないことに気が付きました。それから右手だけの練習を始めると、少しずつですが速いフレーズにも対応できるようになってきました。大半の方は右手が利き腕なので、ついつい忘れがちですが、実は右手の使い方の方が左手の使い方より難しいようです。

今月のスコアには、RACER X の「Scit Scat Wah」を収録。ギタリストの Paul Gilbert が速弾きで音を詰め込んだ最高にかっこい曲です。

機材関連の記事で注文は「Marshall ~The Power of Combo~」という記事。コンボタイプのマーシャルアンプが紹介されています。WEB連動記事で YoutTube にて実際の試奏の模様を視聴することができます。ちょうどアンプの購入を考えている方にはおすすめの記事です。

今回は楽天ブックスで予約注文。ゆうパックで発売日の翌日にポスト投函で受け取りました。

■ 関連リンク

ヤング・ギター 公式ウェブサイト

音楽や映像、画像がダウンロードできるミュージックカード エムカード

【参考データ】
YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2018年 09月号
巻頭特集: THE 速弾き HAYABIKI
スコア:
  Scit Scat Wah/ RACER X
  War Ensemble/ SLAYER
  Black Fire/ DRAGONFORCE
付録: エムカード(スペシャル・ダウンロード・コンテンツ)
出版社: シンコーミュージック (2018/8/10)
購入価格: ¥979 (税込)
購入場所: 楽天ブックス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2018年 09月号 [雑誌]
価格:979円(税込、送料無料) (2018/8/11時点)


| | コメント (0)

2018年8月 4日 (土)

ギターテクニック、ピックスランティングを解説

海外では広く知られているギターテクニックの”ピックスランティング (Pickslanting)”。日本ではあまり解説したものを見たことがないので、解説してみました。

■ ピックスランティングとは

日本ではなじみのないピックスランティングというテクニック。簡単に言えば、ピッキングのスタイルの一つです。

ピックスランティングとは、ピックを持った手のアングルを床面に対して下げるまたは上げてピッキングすることです。手のアングルを床面に対して下げる場合をダウンワード・ピックスランティング (Downward pickslanting、DWPS) と呼び、逆に床面に対して上げる場合をアップワード・ピックスランティング (Upward pickslanting、UWPS) と呼びます。

■ エッジピッキングとの違い

ピックスランティングを単なるエッジピッキング (Edge Picking) と勘違いする人がとても多いようです。ピックスランティングとエッジピッキングは全く別のものです。

X-Y-Zの座標系を使って説明します。以下、座標系を次のように定義します。
  X軸: 弦と並行な方向(ギターのボディとは平行)
  Y軸: 弦と直角な方向(ギターのボディとは平行)
  Z軸: ギターのボディに垂直な方向

X軸とY軸は左手の運指から想像すれば、すぐに理解できると思います。Z軸は左手の運指では使わないので、少し解説が必要です。要するにギターを普通に構えた状態で、ギタリストの体とギターのボディを串刺しにする軸がZ軸になります。(※ピックアップを固定しているねじを想像してください。)

座標系が定義できたところで、まずはエッジピッキングについて説明します。誰でも聞いたことがあると思いますが、エッジピッキングは弦に対するピックの角度です。

弦に対してピックを平行にあてるのが「平行アングル」、弦に対してピックが下向きに傾いている状態で当てるのが「順アングル」、順アングルの逆の向きが「逆アングル」です。(※ピックアップを固定しているねじをドライバーで回している状態を想像してください。ねじを締めこむ方向の右回しが、順アングルの向きと一致します。)

このエッジピッキングは、先ほど定義した座標系でいうと「Z軸」を回転の軸にしてピックを回していることになります。(※分かりにくい人は、下の関連リンクにある解説図を見てください)。

これに対して、ピックスランティングは、”ピック”の弦に対するアングルではなく”手”の弦に対するアングルを指します。すなわち、ピックスランティングは「X軸」を回転の軸にしてピックを持つ手を回していることになります。(※ピックアップを固定するねじがボディに対して垂直ではなく、斜めになっているイメージです。)

当然のことながら、エッジピッキングとピックスランティングは使用している回転軸が違いますので、それぞれ独立しています。逆に言えば、両者を自由にミックスして使うことができます。

■ ピックスランティングの利点

ピックスランティングがどんなものか解説したとこで、その利点を説明します。ピックスランティングは、ピックが弦を移動する時に役に立ちます

例えば、アップピッキングで3弦をピッキングして、次に2弦をダウンピッキングする場合で考えます。この場合、ピックの軌道は、(1) まず3弦に当たりながらを上方向(4弦の方向)に移動し、(2) 再び3弦に当たらないように注意しながら3弦の上を下方向(2弦の方向)に通過します。そして、(3) 最終的に2弦に当たりながら下方向(1弦の方向)に移動します。

ここで問題となるのが、(2) の一度ピッキングした弦をパスする時です。ここでピックが弾いたばかりの弦に当たるとミスピッキングになってしまいます。これを解消するのがピックスランティングで、この場合はダウンワード・ピックスランティング (DWPS) でピッキングすれば、ミスピッキングを防ぐことができます。

一つだけ注意が必要なのは、DWPS の場合、弦移動する直前のピッキングは必ずアップピッキングとする必要があります。

このため、部分的にエコノミーピッキングやプリングオフを使ってアップとダウンのピッキングを調整する方法があります。また、フレーズの始まりをダウンピッキングではなく、アップピッキングから始める方法もあります。いずれにしても、プロのギタリストはこのあたりを無意識にやっているようです。

低音弦から高音弦に移動する場合は、DWPS で逆の場合は、UWPS と勘違いする方がいるようですが、弦の移動方向とは関係なく、あくまでも弦移動する時のピッキングがアップがダウンかで DWPS とUWPS を使い分けるのが正しいようです。

■ DWPSとUWPS

DWPSとUWPSの2種類のピックスランティングがありますが、必ずしも両方を使いこなす必要はないようです。有名なプロのギタリスト達も大半はどちらかを優先的に使っているようで、一般的に多いのは DWPS のギタリストです。

DWPS のギタリストは、Yngwie Malmsteen (イングウェイ・マルムスティーン) や、Eric Johnson (エリック・ジョンソン) などが代表例です。意外なところでは、Marty Friedman (マーティ・フリードマン) も DWPS です。

Marty Friedman といえば、逆アングルのエッジピッキングで有名。ここでも、ピックスランティングとエッジピッキングは互いに別物であることが分かります。

もう一つのUPWSのギタリストとしては、Al Di Meola (アル・ディ・メオラ) や、John McLaughlin (ジョン・マクラフリン) が有名です。

日本ではあまり知られていないギターテクニックのピックスランティングを解説してみました。

手っ取り早く理解したい人は、 YouTube で Troy Grady (トロイ・グレイディ) の動画を見るのが一番です。動画は全て英語ですが、分かりやすく解説したアニメーションもあるので、ギタリストなら映像を見るだけで理解できると思います。

■ 関連リンク

Troy Grady -YouTube

The Difference Between Pickslanting and Edge Picking: An Explainer

Pickslanting and Sweeping (The Marshall Harrison Interview, Chapter 1)

| | コメント (0)

2018年7月14日 (土)

YOUNG GUITAR 2018年 8月号 特集 ギターと関西

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2018年 8月号の巻頭特集は、”ギターと関西”です。

18071401

今月の特集はYG らしいユニークな内容。有名ギタリストは関西出身の人が多いと思っていたのですが、ずばり関西出身のギタリストをとり上げた特集になっています。

関西出身のギタリストで思い出すのは、LOUDNESSの高崎 晃と B'zの松本 孝弘という二大ビッグネーム。他にも関西出身とは知らなかったギタリストの発見がありました。

今月のスコアで注目なのは、ロックの名曲、ディープパープル (DEEP PURPLE) のスモークオンザウオーター (Smoke On The Water) ライブバージョンです。実際のところスタジオバージョンより人気のあるライブバージョンのスコアはとても貴重です。

ライブレポート記事では、奇跡ともいえるカップリングが日本公演で実現したトニー・マカパイン (Tony MacAlpine) とヴィニー・ムーア (Vinnie Moore) のジャパンライブの模様が紹介されています。二人のテクニカル系ギタリストの共演はとても興味深いものがあります。もちろん二人の使用機材も写真付きでばっちり紹介されています。

今回は楽天ブックスで予約注文。大雨の影響でしょうか、ゆうパックで発売日の翌日にポスト投函で受け取りました。

■ 関連リンク

ヤング・ギター 公式ウェブサイト

音楽や映像、画像がダウンロードできるミュージックカード エムカード

【参考データ】
YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2018年 08月号
巻頭特集: ギターと関西
スコア:
  EARTH ARK (宇宙船地球号)/LAZY
  UNITED FLAG/GALNERYUS
  SMOKE ON THE WATER (LIVE VER.)/DEEP PURPLE
付録: エムカード(スペシャル・ダウンロード・コンテンツ)
出版社: シンコーミュージック (2018/7/10)
購入価格: ¥979 (税込)
購入場所: 楽天ブックス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2018年 08月号 [雑誌]
価格:979円(税込、送料無料) (2018/7/14時点)


| | コメント (0)

2018年6月10日 (日)

YOUNG GUITAR 2018年 7月号 特集 プロレス・スーパーギター列伝

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2018年 7月号の巻頭特集は、”プロレス・スーパーギター列伝”です。

18060401

今月は YG らしいユニークな特集。プロレスを題材に有名なレスラーのテーマ曲をとりあげています。表紙のグラビアもギタリストではなく、プロレスラーの蝶野正洋という異色の特集です。

スコアには、ギタリスト竹田和夫が演奏する名曲「Spinning Toe-Hold」が掲載されています。このスコアが世に出ることは今後ないと思われますので、貴重な永久保存版です。

機材関連の記事では、アンプメーカーの Blackstar が取り上げられています。Web連動の動画では現行機種の7モデルが映像で紹介されています。

Blackstar のアンプは手頃な値段で本格的なチューブアンプサウンドを手に入れることができるのが魅力。ギタリストなら一度は使ってみたいアンプです。

今回は楽天ブックスで予約注文。ゆうパックで発売日にポスト投函で受け取りました。

■ 関連リンク

ヤング・ギター 公式ウェブサイト

音楽や映像、画像がダウンロードできるミュージックカード エムカード

【参考データ】
YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2018年 7月号
巻頭特集: プロレス・スーパーギター列伝
スコア:(プロレス テーマ曲特集)
  Spinning Toe-Hold(ザ・ファンクス)
  THUNDER STORM(天龍源一郎)
  スパルタンX(三沢光晴)
  CRASH ~戦慄~(蝶野正洋)
  LOVE & ENERGY(棚橋弘至)
付録: エムカード(スペシャル・ダウンロード・コンテンツ)
出版社: シンコーミュージック (2018/6/10)
購入価格: ¥980 (税込)
購入場所: 楽天ブックス

| | コメント (0)

2018年5月11日 (金)

YOUNG GUITAR 2018年 6月号 特集 ベストバイ 300+α

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2018年 6月号の巻頭特集は、”ギター・ライフを快適にするベストバイ 300+α”です。

18051101

今回は音楽から離れた異色の特集になっています。パーツからアクセサリ、関連機材などギターに関係するアイテムがたくさん紹介されています。中にはそんな便利なものがあるのかと新しい発見がありました。とにかく物欲をそそられる特集になっています。

”プロ・ギタリストお宅訪問!”では、第一線で活躍するギタリストのプライベートルームが紹介されています。機材の配置やギターのディスプレイなど、とても興味深い内容になっています。

スコアには、スーパーギタリスト達がおなじみのディズニー楽曲をインストでカバーしたスペシャルアルバム.『SUPER GUITAR DISNEY』から、唯一の日本人ギターリストとして参加しているB'z の Tak Matsumoto (松本孝弘) さんの「星に願いを」が掲載されています。

今回は Amazon で予約注文。ゆうパックで発売日の翌日にポスト投函で受け取りました。

■ 関連リンク

ヤング・ギター 公式ウェブサイト

音楽や映像、画像がダウンロードできるミュージックカード エムカード

【参考データ】
YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2018年 6月号
巻頭特集: ギター・ライフを快適にするベストバイ 300+α
スコア:
  Firepower / JUDAS PRIEST
  星に願いを / Tak Matsumoto 松本孝弘
  Money For Nothing / DIRE STRAITS
付録: エムカード(スペシャル・ダウンロード・コンテンツ)
出版社: シンコーミュージック (2018/5/10)
購入価格: ¥980 (税込)
購入場所: Amazon

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2018年 06月号 [雑誌]
価格:979円(税込、送料無料) (2018/5/11時点)


| | コメント (0)

2018年4月14日 (土)

YOUNG GUITAR 2018年 5月号 特集 マイケル・シェンカー & ワウワウ大全

YOUNG GUITAR 2018年 5月号 特集 マイケル・シェンカー & ワウワウ大全

18041401

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2018年 5月号の巻頭特集は、マイケル・シェンカー (Michael Schenker) & ワウワウ大全です。

日本で人気の高いギタリスト Michael Schenker。ギタープレイはもちろんですが、正統派の ROCK を感じさせる楽曲も魅力です。

特集記事は、Michael Schenker にちなんで”ワウワウ大全”です。Michael Schenker といえば、”半ワウ”で演奏するのが最大の特徴。ややこもぅた様な音色になりますが、これが人間の声のような独特の音色を生み出します。

ワウをフィーチャーした代表曲の紹介、ワウの接続方法や調整方法、そしてワウを使った奏法とワウに関する内容が盛りだくさん。さらに今月号のスコアはワウを題材として楽曲が掲載されています。

特集以外の記事では、ダウンロード映像特典の付いたトニー・マカパイン (Tony MacAlpine) の奏法解説記事があります。「本人以外に弾ける人はいるのか?」と記事でも書かれてますが、本人の映像を楽譜とあわせて観ることができるのは貴重です。

今回は 楽天BOOKS で予約注文。ゆうパックで発売日の当日にポスト投函で受け取りました。

■ 関連リンク

ヤング・ギター 公式ウェブサイト

音楽や映像、画像がダウンロードできるミュージックカード エムカード

【参考データ】
YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2018年 5月号
巻頭特集: マイケル・シェンカー & ワウワウ大全
スコア:
  Cry For The Nations / THE MICHAEL SCHENKER GROUP
  Bad Horsie / STEVE VAI
  Fucking Hostile / PANTERA
付録: エムカード(スペシャル・ダウンロード・コンテンツ)
出版社: シンコーミュージック (2018/4/10)
購入価格: ¥980 (税込)
購入場所: 楽天BOOKS

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2018年 05月号 [雑誌]
価格:979円(税込、送料無料) (2018/4/14時点)


| | コメント (0)

より以前の記事一覧