書籍・雑誌

2019年4月13日 (土)

YOUNG GUITAR 2019年5月号 特集ジム・ダンロップ

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2019年5月号の巻頭特集は、”Jim Dunlopの開拓精神”です。

今月は、珍しくギタリストではない方が特殊されています。Jim Dunlop (ジム・ダンロップ) と言えば、まずワウを連想する方が多いと思います。

Jim Dunlop の製品群は非常にカバーする範囲が広く、MXR のエフェクターはもちろん、カポやピック、ポリッシュなど、アクセサリ小物からメンテナンスグッズまで、幅広くそろえています。

19041701

特に MXR のラインナップ紹介はとても貴重な内容になっています。うれしいことに Eddy Van Halen (エディー・ヴァン・ヘイレン) も MXR エフェクターの使用で有名なので、往年の名曲「You Really Got Me」がスコアで取り上げられています。

Web連動動画の記事では、最近新しいバンドを結成した George Lynch (ジョージ・リンチ) が取り上げられています。本人のインタビュー記事に加えて、楽譜付きの本人の演奏解説動画はファンにはたまらない内容です。

機材紹介の記事では、2019年の NAMM SHOW (国際楽器見本市) で話題となった Line 6 Relay G10S が登場しています。Realy G10S は前から欲しいと思っていたので、今回の記事がとても参考になりました。

今回はAmazonで予約注文。発売日にポスト投函で受け取りました。やはりAmazonは配達が速いですね。

■ 関連リンク

ヤング・ギター 公式ウェブサイト

【参考データ】
YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2019年5月号
巻頭特集: ジム・ダンロップ
スコア:
  Moth Into Flame/METALLICA
  You Really Got Me/Van Halen
  Lightning Strike/JUDAS PRIEST
出版社: シンコーミュージック (2019/4/10)
購入価格: ¥980 (税込)
購入場所: Anazon

 

 

|

2019年3月23日 (土)

Guitar magazine 2019年4月号 カッティング・ギターの名手たち

Guitar magazine (ギター・マガジン) 2019年 4月号の巻頭特集は、”シティ・ポップを彩った、カッティング・ギターの名手たち。”です。

19032301

久しぶりにギターマガジン (GM) を買いました。今回の特集は”カッティング”ということで、名曲「Sparkle」のスコアが収録されているので、これだけでも買う価値があります。

巻頭特集に隠れていますが、LARRY CARLTON (ラリー・カールトン) の特集も大注目です。”LARRY CARLTON IN THE STUDIO”と題して、歴史に残るラリー・カールトンの名仕事が紹介されています。

2018年11月の来日公演時のインタビューでは、かつてのスタジオワークに対するエピソードなどが語られています。来日公演時の最新機材も写真付きで紹介。代名詞ともいえる愛用のギターはもちろん、エフェクターのペダルボードも写真に収められています。

そして、ラリー・カールトンのファンならぜひとも欲しい、スタジオワーク時代の名ソロのギタースコアを解説付きで収録。ソロ作品のスコアは入手が可能ですが、スタジオワーク時代のギターソロ・スコアはとても珍しい貴重品です。

今回収録されているのは、Crusaders (クルセダーズ) 時代の名演「Spiral」でのギターソロ部分と Steely Dan (スティーリー・ダン) の「Kid Charlemagne (キッド・シャールメイン)」の中間部およびアウトロのソロです。ちょうど、「Kid Charlemagne」のギターソロ部分を練習しようと思っていたので、とてもタイムリーな内容でした。

今回は雑誌の内容を確認してから買いたかったので、久しぶりに本屋さんの実店舗で購入しました。

■ 関連リンク

ギター・マガジン| リットーミュージック

■ 関連記事

レジェンダリー・ギタリスト 特集●ラリー・カールトン (2018/3/18)

参考データ】
Guitar magazine (ギター・マガジン) 2019年 4月号
巻頭特集: シティ・ポップを彩った、カッティング・ギターの名手たち。
スコア:  Sparkle/山下達郎
  ようこそ輝く時間へ/松任谷由実
  TOWN/吉田美奈子
  薔薇と野獣/ティン・パン・アレー
  DOWN TOWN/シュガー・ベイブ
出版社: リットーミュージック (2019/3/13)
購入価格: ¥980 (税込)
購入場所: ジュンク堂明石店

|

2019年3月17日 (日)

YOUNG GUITAR 2019年4月号 特集イングヴェイ・マルムスティーン

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2019年4月号の巻頭特集は、”イングヴェイ・マルムスティーン”です。

19031701

マイアミにある自宅や最新アルバム『BLUE LIGHTNING』を徹底取材した今月号はイングヴェイ・マルムスティーン (Yngwie Malmsteen) のファンにはたまらない内容です。

Web連動記事では、”ストラトとフェラーリとマルムスティーン”と題して、マイアミの自宅を訪問した映像を観ることができます。うれしそうにご自慢のプライベートスタジオや愛車フェラーリをイングヴェイ本人が紹介してくれます。

特集にあわせて今月のスコアはイングヴェイ・マルムスティーンの曲が2曲取り上げられています。

「Blue Lightning」はニューアルバムのオープニングを飾るオリジナルナンバー。完全コピーは不可能に近い難曲です。「Seventh Sign」も7thアルバムのタイトルチューン。こちらもかなりの難曲です。

第二特集は、最新ソロアルバム『Continue』をリリースしたばかりの春畑道哉さんです。

ご本人のインタビューの他にもソロツアーの追加公演で使用された機材が紹介されています。ギターはもちろん、アンプやペダルボードも写真付きで紹介されており、貴重な資料です。

さらに、SPECIAL GUITAR SCORE with PLAYING ANALYSIS と題して、『Continue』収録曲の中からテクニカルナンバーの「FULL MOON BOOGIE」のギタースコアが奏法解説付きで掲載されています。

残念ながら映像連動はありませんが、本人のビデオ取材に基づいた本人直伝の解説になっています。

今回は楽天ブックスで予約注文。ゆうパックで発売日の翌日にポスト投函で受け取りました。

■ 関連リンク

ヤング・ギター 公式ウェブサイト

■ 関連記事

CDレビュー | Continue/春畑道哉 (2019/3/9)

【参考データ】
YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2019年4月号
巻頭特集: イングヴェイ・マルムスティーン
スコア:
  Blue Lightning/Yngwie Malmsteen
  Seventh Sign/Yngwie Malmsteen
  FULL MOON BOOGIE/春畑道哉
出版社: シンコーミュージック (2019/3/9)
購入価格: ¥980 (税込)
購入場所: 楽天ブックス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2019年 04月号 [雑誌]
価格:979円(税込、送料無料) (2019/3/10時点)


| | トラックバック (0)

2019年3月16日 (土)

サウンド・デザイナー2019年4月号 特集:春畑道哉

サウンド・デザイナー2019年4月号の表紙及び巻頭特集は、春畑道哉さんです。

19031601

● 春畑道哉 レコーディングオフショット

”春畑道哉 レコーディング中のオフショットと自宅スタジオを大公開!”ということで、雑誌が届くのを首を長くして待っていました。とにかく、春畑道哉さんファンのギタリストにはたまらない内容が満載です。

記事では、最新ソロアルバム『Continue』の録音風景が写真に収められています。ギタリストならアルバムタイトル曲「Continue」で使用されたギターが気になるところ。主要な曲で使用したギターもしっかり紹介されています。。

自宅の半地下スペースにあるプライベートスタジオの写真も収録。プライベートスタジオとは思えない本格的なスタジオになっています。

『Continue』のレコーディングで実際に使用されたギターだけなく、アンプやエフェクター、マイクまでしっかり取材されています。特に使っているマイクについてはあまり情報がないのでとても貴重な情報です。

● プロの使用エフェクターを写真付き解説

メイン特集である”必見!プロの録音用ペダルエフェクト”では、プロの使用エフェクターがペダルボードの写真付きで紹介されています。

また、”ギタリストのためのオーディオインターフェイス”の記事ではIKマルチメディアの新製品「AXE I/O」(アックス・アイオー) が紹介されています。記事ではギターに特化したAXE I/Oの魅力的なポイントがしっかりと解説されて参考になります。

今回はAmazonで予約注文。3/9発売日で3/11にメール便で受け取りました。

■ 関連リンク

SOUND DESIGNER(サウンド・デザイナー)DTM・宅録の雑誌/機材情報誌

■ 関連記事

CDレビュー | Continue/春畑道哉 (2019/3/9)

CDレビュー | J'S THEME ~Thanks 25th Anniversary~/春畑道哉 (2018/12/22)

【参考データ】
サウンド・デザイナー 2019年4月号
特集: 必見!プロの録音用ペダルエフェクト
出版社: サウンド・デザイナー (2019/3/9)
購入価格: ¥864 (税込)
購入場所: Amazon

|

2019年3月10日 (日)

『「次世代ペンタ」でワンランク上のギター・フレーズに!』を買いました

『指板上を縦横無尽に切り拓く「次世代ペンタ」でワンランク上のギター・フレーズに!
』を買いました。とても興味深い内容でしたのでご紹介します。

19031001

● ギタリストとペンタトニックスケール

ギタリストにはおなじみのペンタトニックスケール。簡単に覚えることができる上に、カッコいいアドリブができるので、とても使い勝手の良いスケールです。

水平方向に移動しないブロック・ポジションはすぐに覚えられますが、だんだんとマンネリ化してくるのが問題。そのうちにプロのギタリストのようにフレット上を水平方向にも移動して縦横無尽に演奏してみたいと思うようになります。

● パターンを覚えてフレーズのバリエーションを増やす

次世代ペンタの本では、通常のブロックポジションに少しずつ音を加えながら、フレーズのバリエーションを増やす内容となっています。

パターン毎に内容がまとめられているので、頭から順に読み進めても、興味のある部分だけを部分的に読んでも使える構成になっています。

まずは第1章と第2章で紹介されているパターンを覚えると、今までとは違ったプレイが少しずつできるようになります。

基本のパターンを覚えたら、次はアレンジを加えながら自分のものにしていく作業になります。これができれば、今までと違ったフレーズを自分のプレイに組み込むことができるようになります。もちろん練習なしでは何もできません。

● 全弦使用のワイド・ポジションは参考用

第3章の全弦を使用するワイド・ポジションは、パターンとしてではなくフレーズ集と考えた方が良さそうです。フレーズのアイディアだけを参考にして、自分でフレーズを考える時の参考にするのが、おいしい使い方のようです。

今まで、ペンタトニックスケールをアレンジしたフレーズ集はありましたが、ブロックポジションをここまで拡張する形で書かれた本はなったと思います。とても実用的な本なのでペンタトニックスケールの拡張に興味がある方にはおすすめです。

今回は楽天ブックスで土曜日に注文。ゆうパックのポスト投函で月曜日に受け取りました。

■ 関連リンク

指板上を縦横無尽に切り拓く 「次世代ペンタ」でワンランク上のギター・フレーズに!
- リットーミュージック

■ 関連記事

『菰口雄矢流ブッ飛びギター・アプローチ』を買いました (2019/2/23)

【買い物リスト】
指板上を縦横無尽に切り拓く「次世代ペンタ」でワンランク上のギター・フレーズに!
野村大輔
出版社: リットーミュージック (2018/10/18)
購入価格: ¥1,944 (税込)
購入場所: 楽天ブックス

|

2019年3月 2日 (土)

月刊『Player』2019年4月号 春畑道哉『Continueの美学』

月刊『Player』2019年4月号の 表紙・巻頭特集は”春畑道哉『Continueの美学』”です。

Tube そしてソロとしても活躍するギタリストの春畑道哉さんが、3月6日に2年半ぶりとなるソロアルバム『Continue』をリリースします。今月の月刊『Player』は、その春畑道哉さんの記事が満載です。

注目記事はギターコレクション。所有するたくさんのギターが写真付きで紹介されています。Fender Custom Shop シグネイチャーモデルはもちろん、スタンダードラインとしても生産される Fender Michiya Haruhata Stratocaster もコレクションに含まれていました。

最近は、Fender American Elite シリーズを中心に使っているようです。コレクションは、Fender や AIRCRAFT が中心ですが、James Tyler や Tom Anderson も所有されているようでした。

春畑道哉さんのニューソロアルバム『Continue』がいよいよ来週には発売開始になります。初回生産限定盤A (Blu-ray Disc付き) を予約注文しているので、今から届くのが楽しみです。

■ 関連リンク

Player ON-LINE

■ 関連記事

CDレビュー | Play the Life (プレイザライフ)/春畑道哉 (2018/12/29)

CDレビュー | J'S THEME ~Thanks 25th Anniversary~/春畑道哉 (2018/12/22)

Fenderから春畑道哉 (TUBE) の日本製シグネイチャーモデル発売 (2018/9/2)

【参考データ】
月刊『Player』2019年4月号
出版社: プレイヤー・コーポレーション (2019/3/1)
価格: ¥890 (税込)

|

2019年2月23日 (土)

『菰口雄矢流ブッ飛びギター・アプローチ』を買いました

最近注目している若手ギタリスト、菰口雄矢のギター教則本『菰口雄矢流ブッ飛びギター・アプローチ ~目からウロコの革新トレーニング・メソッド~』を買いました。

このムック本のレビューをご紹介します。

19022301

● 菰口雄矢さんは注目の若手ギタリスト

Jフュージョンバンド TRIX のギタリストとしても活躍していた菰口雄矢 (こもぐち ゆうや) さんは注目の若手ギタリストです。

その若さに似合わず、Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース) や Allen Hinds (アレン・ハインズ) を連想させる”うねる”フレージングが魅力です。

2014年にはソロアルバム『Picture』を発表していますが、音楽大学で CASIOPEA のギタリスト、野呂一生さんの教えを受けたというだけあって作曲のセンスも抜群です。

● 独特のアプローチによる練習法

この本は、菰口雄矢さんと宮脇俊郎の共著になっています。おそらく、菰口さんのプレイを基にして宮脇さんがそれを文章にしたものと思われます。

第1章 基礎編は、菰口流運指エクササイズということで、3ノートパーストリングを基本とした独自のアプローチによる運指パターンの練習法が紹介されています。この本は、この部分でけでも十分に購入する価値がある内容になっています。

第2章 実践編では、コードに対するフレージングが10通りのパターンで紹介されています。上級者の方にはこちらの内容が参考になると思います。

第3章 応用編は、コード進行沿ったアプローチが紹介されています。このあたりになるとかなり高度な内容になります。

● インタビューと使用ギターの紹介

第4章 番外編は、菰口さんのインタビューになっています。この部分では、本人愛用のギターが紹介されています。個人的にはここに一番興味があったので楽しんで読むことができました。

上級者の方には、続編の『菰口雄矢のアドヴァンスド・リード・アプローチ』もお勧めです。こちらも、菰口さん本人のフレージングのアイディアがたっぷりと紹介されています。

今回は楽天ブックスで木曜日に注文。ゆうパックで土曜日に受け取りました。

■ 関連リンク

菰口雄矢流ブッ飛びギター・アプローチ~目からウロコの革新トレーニング・メソッド~(CD付)<シンコー・ミュージック・ムック>

【参考データ】
菰口雄矢流ブッ飛びギター・アプローチ
~目からウロコの革新トレーニング・メソッド~
出版社: シンコーミュージック (2011/12/14)
購入価格: ¥1,728 (税込)
購入場所: 楽天ブックス

|

2019年2月16日 (土)

YOUNG GUITAR 2019年3月号 特集 ジョン・ペトルーシ (ドリーム・シアター)

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2019年3月号の巻頭特集は、”ジョン・ペトルーシ(ドリーム・シアター)”です。

19021601

最新アルバム『DISTANCE OVER TIME』の発表にあわせて DREAM THEATER (ドリーム・シアター) のギタリスト John Petrucci (ドリーム・シアター) の徹底取材記事が満載です。

スタジオ潜入の記事では、最新シグネチュア・モデルを含む機材が紹介されています。ジョン・ペトルーシのこだわりが良くわかる貴重な記事になっています。

Web連動記事では、記事の内容にあわせてジョン・ペトルーシ本人による奏法解説動画を視聴することができます。映像の中ではジョンが使用しているギターの説明もあります。

特集にあわせて今月のスコアはドリーム・シアターが2曲取り上げられています。「The Spirit Carries On」は比較的長いギターソロが印象的なバラード曲。「The Enemy Inside」はいかにもドリーム・シアターらしいプログレッシブメタル (プログレメタル) の曲です。

SPECIAL HARDWARE EDITIONは”多機能丸得アンプ最前線”。YouTubeで人気のギタリスト、瀧澤 克成(たきざわ かつなり)さんの解説映像がWeb連動の動画で見られます。

記事中では、私が持っている BOSS KATANA-HEAD も紹介されています。専用エディター”BOSS TONE STUDIO”の使い方の解説が参考になりました。

今回は楽天ブックスで予約注文。ゆうパックで発売日の翌日にポスト投函で受け取りました。

■ 関連リンク

ヤング・ギター 公式ウェブサイト

■ 関連記事

BOSS KATANA-HEAD ギターアンプ を買いました (2019/1/6)

【参考データ】
YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2019年3月号
巻頭特集: ジョン・ペトルーシ (ドリーム・シアター)
スコア:
  The Spirit Carries On / DREAM THEATER
  The Enemy Inside / DREAM THEATER
出版社: シンコーミュージック (2019/2/9)
購入価格: ¥980 (税込)
購入場所: 楽天ブックス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2019年 03月号 [雑誌]
価格:979円(税込、送料無料) (2019/2/11時点)


|

2019年2月 3日 (日)

男の隠れ家 2019年 3月号 No.270 小さな秘密基地を造る教科書

男の隠れ家 2019年 3月号 No.270 の特集は、”小さな秘密基地を造る教科書”です。

19020301

雑誌「男の隠れ家」は、毎年この時期に”小さな秘密基地を造る”の特集をします。この特集が大好きで、このところは毎年かかさず購入しています。

”小さな秘密基地を造る”の特集で一番のお楽しみは、紹介されているみなさんの秘密基地の実例を見ることです。大豪邸にある書斎と違って、自分にもできそうなものがあると、まねができるかなと思いながら見ています。

最近は趣味が読書中心からギター中心に移っているので、今回はギター部屋で参考になるものがないかと見ていたのですが、まさにぴったりの実例が紹介されていました。

インテリア雑誌やハウジング雑誌を見ていつも感じるのが、室内の物の少なさです。やはりおしゃれな部屋は物が少ないという共通点があるようです。

趣味部屋の中には、コレクションがいっぱいの部屋というものもありますが、最近あこがれるのは、物が少なく整理されたシンプルな空間です。

振り返って自分の部屋を見ると、年末年始に整理を進めたので、かなり物は減らしましたが、理想の部屋にはまだほど遠い状況です。

もう少し思い切って整理をして、シンプルな部屋を目指したいところです。

■ 関連リンク

男の隠れ家 ONLINE

■ 関連記事

男の隠れ家 2018年 3月号 No.258 小さな秘密基地を造る裏技 (2018/1/28)

男の隠れ家 2017年3月号 No.246 小さな秘密基地の造り方 (2017/02/10)

【参考データ】
男の隠れ家 2019年 3月号 No.270
巻頭特集: 小さな秘密基地を造る裏技。
出版社: 三栄書房 (2019/1/26)
購入価格: ¥680 (税込)
購入場所: ジュンク堂明石

|

2019年1月13日 (日)

YOUNG GUITAR 2019年2月号 特集 QUEEN ~蘇る狂詩曲~

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2019年2月号の巻頭特集は、”QUEEN ~蘇る狂詩曲~”です。

19011301

QUEEN のボーカル、フレディ・マーキュリーの半生を映画化した映画『ボヘミアン・ラプソディ』が日本で大ヒットしている中でのタイムリーな特集になっています。

特殊に合わせて今月のスコアは QUEEN スペシャル。すべての曲が QUEEN の曲になっています。中にはスコア化されにくい曲もあるので、とても貴重です。

ライブレポートでは、TUBE のギタリスト、春畑道哉さんのソロツアー東京公演をレポート。鮮やかなブル―のシグネイチャーモデル、Fender ”Michiya Haruhata Stratocaster”をプレイしている写真もばっちり掲載されています。

当日のライブでは、3月6日に発売予定のニューアルバム『Continue』に収録された曲もいくつか披露しています。

余談ながら、ニューアルバムのタイトル曲「Continue feat. 宮本笑里」は、すでに先行発売されていて、YouTube でレコーディング風景の動画を観ることができます。前作のソロアルバム『Play the Life』がとても良かったので、最新作の『Continue』は予約購入しようかと考えています。

SPECIAL HARDWARE EDITION では、最近になってプロの間でも使っている人が増えてきた G-Life Guitars を特集。印象的なデザインにモダンなスペックを詰め込んだギターは、まさにプロ仕様。どれも実際の音楽シーンでの実用性を重視したギターになっています。

今回は楽天ブックスで予約注文。ゆうパックで発売日の翌日にポスト投函で受け取りました。

■ 関連リンク

ヤング・ギター 公式ウェブサイト

春畑道哉 『Continue feat.宮本笑里』Recording Movie/New Album「Continue」より

■ 関連記事

CDレビュー | Play the Life (プレイザライフ)/春畑道哉 (2018/12/29)

Fenderから春畑道哉(TUBE)の日本製シグネイチャーモデル発売 (2018/9/2)

【参考データ】
YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2019年2月号
巻頭特集: QUEEN ~蘇る狂詩曲~
スコア: Queen Special
  Keep Yourself Alive(Live at the Rainbow)
  Killer Queen
  We Will Rock You
  We Are The Champions
  Don't Stop Me Now … revisited
出版社: シンコーミュージック (2019/1/10)
購入価格: ¥980 (税込)
購入場所: 楽天ブックス

| | コメント (0)

より以前の記事一覧