書籍・雑誌

2019/10/13

YOUNG GUITAR 2019年11月号 特集 BABYMETAL

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2019年11月号の巻頭特集は、「BABYMETAL」です。

19101301

待望の3rdアルバム『METAL GALAXY』を発表したBABYMETALは、もはや確実にメタルシーンの新しいジャンルを確立したと言えます。

今月号は、全208ページの内90ページをあてたBABAYMETALの大特集号になっています。

SU-METAL と MOA-METAL のロングインタビューに始まり、最新アルバム『METAL GALAXY』の全曲奏法解説と続きます。今回は、9弦ギターも使用されており、YG初の9弦ギターのTAB譜というマニアックな内容になっています。

今月のスコアは、BABYMETALの最新アルバム『METAL GALAXY』から2曲を最速でギター・スコア化。ただし、こちらも7弦ギターでプレイすることが前提になっています。

インタビュー記事では、YouTube でおなじみ今最も注目されているギタリストの Mateus Asato が登場。この記事はWEB連動で、動画も公開されています。

機材紹介記事では、YAMAHA から10月に発売されたばかりのコンパクトギターアンプ「THR-II」シリーズが取り上げられています。WEB連動の動画では、技巧派ギタリスト岡聡志さんによるデモンストレーション映像が観られます。

注目は、岡聡志さんによるデモンストレーション動画。デモ演奏とは思えないできばえの演奏で、通常のギター演奏動画としても十分楽しめるクオリティになっています。

今回は楽天Booksで予約注文。発売日の翌日にポスト投函で受け取りました。

■ 関連リンク

ヤング・ギター 公式ウェブサイト

【参考データ】
YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2019年11月号
巻頭特集: BABYMETAL
スコア:
  Distortion/ BABYMETAL
  Arkadia/ BABYMETAL
出版社: シンコーミュージック (2019/10/10)
購入価格: ¥1,200 (税込)
購入場所: 楽天Books

 

 

|

2019/09/15

YOUNG GUITAR 2019年10月号 特集 Char

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2019年10月号の巻頭特集は、「Char“Free Spirit”の伝説」です。

19091501

日本を代表するギタリストの一人 Char (チャー) の特集記事は読み応えのあるボリュームになっています。注目は過去のインタビュー記事。Char がイギリスで Jeff Beck (ジェフ・ベック) と会った時のエピソードが語られています。

今月号はインタビュー記事が充実しています。インストユニット THE ARIST CRATS (ジ・アリスト・クラッツ) として最新アルバムをリリースした Guthrie Govan (ガスリー・ゴーヴァン) の最新インタビュー記事を収録。最新使用ギターについても写真付きで紹介されています。

他にも8月28日にデビューアルバム『鉄槌のオルタナティブ』を発表したロックユニット、IRONBUNNY のスペシャルインタビュー記事を収録。未来から現代にタイムスリップしてきたサイボーグ・ギタリスト Ediee Ironbunny (エディ・アイアンバニー) 本人のインタビューが楽しめます。オーディションで選ばれた三人のガールズボーカルのインタビューにも注目です。

YouTube に公開された IRONBUNNY の MV を観ましたが、ノリの良い往年のロックサウンドをベースとしながらも新しいものを取り入れたサウンドでした。今後の大ブレイクの予感を感じました。

ハードウェア関連記事は、ERNIE BALL の代表的な弦を比較。WEB連動動画では、YouTube でおなじみのギタリスト山口和也さんがアーニーボール弦を「タメシビキ!」です。

今回は楽天Booksで予約注文。珍しく発売日にポスト投函で受け取りました。

■ 関連リンク

ヤング・ギター 公式ウェブサイト

【参考データ】
YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2019年10月号
巻頭特集: Char“Free Spirit”の伝説
スコア:
  Wasted/ JOHNNY, LOUIS & CHAR
  You're Like a Doll Baby/ JOHNNY, LOUIS & CHAR
  Anthem/ RUSH
出版社: シンコーミュージック (2019/9/10)
購入価格: ¥980 (税込)
購入場所: 楽天Books


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2019年 10月号 [雑誌]
価格:979円(税込、送料無料) (2019/9/15時点)

|

2019/08/24

『学校では教えてくれない! 英文法の新常識』で英文法の知識をアップデート

NHK出版新書の『学校では教えてくれない! 英文法の新常識』で最新の英文法をチェックします。

学生時代に習った英文法ですが、社会人になってから海外の方と仕事をするようになると、何か違いがあるように感じます。そんな疑問に答えてくれるのがこの本です。

一つのトピックスに対して、見開き4ページで解説するスタイル。一般的な参考書と違ってとても読みやすくなっています。英文法といえば難しいイメージがありますが、分かりやすい文章でさらさらと読めます。

それぞれのトピックスでは、教科書的に英文法を示すのではなく、なぜそうなるのかという解釈が丁寧に解説されています。例文も豊富なので納得して読み進めることができます。

トピックスは、全部で50個。初めからすべてを読む必要はありません。まずは、自分が気になったものだけを読んで、時間があれば残りの部分を読むのが効率的です。

言葉は生き物なので、時代と共に変化します。教科書には古典的な内容が書かれますが、この本には最新の言葉遣いが紹介されています。学生さんは別として、社会人にとっては、最新の言葉遣いの方が実用的です。

この本は、新書ですぐに読めるのでおすすめです。

【参考データー】
学校では教えてくれない! 英文法の新常識 (NHK出版新書 576)
著者: 鈴木 希明
出版社: NHK出版 (2019/2/12)
購入価格: ¥842
購入場所: 楽天ブックス

|

2019/08/11

YOUNG GUITAR 2019年9月号 特集 スリップノット

 YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2019年9月号の巻頭特集は、「SLIPKNOT (スリップノット)」です。

19081101

 SLIPKNOT は、マスクをつけてパフォーマンスするアメリカの HM バンド。今回は、同バンドの二人のギタリストがフィーチャーされた特集記事になっています。おすすめは、Mick Thomson のギターレッスン記事。2005年6月の動画連動レッスン企画の復刻版ですが、今でも十分に役に立つ内容です。HM に特化したレッスンという訳ではなく、ギターの構え方まで踏み込んだコンテンポラリーなギターレッスンとして参考になります。

 ハードウエア関連の特集記事は、「ヘヴィ・チューニング“三種の神器”」です。ピックアップ編、ストリングス編、ノイズ除去ペダル編の三部構成による充実の内容になっています。Web上に記事連動の動画公開されていますが、注目はハムバッカーの試奏レポート。各社のメジャー重低音向けピックアップのサウンドを聴き比べることができます。

 注目したいのは、Ibanez が2019年モデルから採用した FISHMAN (フィッシュマン) Fluence Modern Humbucker (フルーエンス) 。画期的なコイルレスピックアップである”Fluence”のサウンドを動画で確認できます。高域まできっちり出力されるサウンドはこれからのトレンドになるかもしれません。アクティブピックアップとしては先発の EMG が有名ですが、後発の”Fluence”は、EMG とは明確にキャラクターが異なるように感じました。

 少し大人向けの記事としては、10月の来日公演にあわせて NIGHT RANGER (ナイトレンジャー) のギタリスト、Brad Gillis (ブラッド・ギルス) のインタービューに注目です。当時のギターキッズ達の度肝を抜いた Jeff Watson (ジェフ・ワトソン) のエイトフィンガー・タッピングの譜面が収録されています。NIGHT RANGER の全盛期を知る世代には懐かしさを感じさせる内容になっています。

 スコアは、NIGHT RANGER の往年のヒットソング「Don't Tell Me You Love Me」を収録。Brad Gillis のプレイで有名になったトレモロユニットに振動を与えて細かいビブラートを”クリケット奏法”がしっかり出てきます。なお、クリケット奏法は、トレモロユニットをフローティング状態にセットしておく必要があるので、事前に自分のギターのトレモロユニットのセッティングを確認する必要があります。

 今回は楽天Booksで予約注文。発売日の翌日にポスト投函で受け取りました。

■ 関連リンク

ヤング・ギター 公式ウェブサイト

【参考データ】
YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2019年9月号
巻頭特集: スリップノット
スコア:
  Duality/ SLIPKNOT
  Don't Tell Me You Love Me/ NIGHT RANGER
出版社: シンコーミュージック (2019/8/10)
購入価格: ¥980 (税込)
購入場所: 楽天Books

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2019年 09月号 [雑誌]
価格:979円(税込、送料無料) (2019/8/24時点)

|

2019/07/13

YOUNG GUITAR 2019年8月号 特集 メンテナンスの“掟”

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2019年8月号の巻頭特集は、”メンテナンスの“掟””です。

19071301

ストラトキャスター、レスポール、ロック式ギターなど、代表的なギターのタイプ別にメンテナスの掟が紹介されています。しかも、YouTube で記事と連動した動画が観られます。他にも番外編としてメンテナンスツールの紹介もあります。

良い演奏をするには、きちんと楽器のメンテナンスをすることは基本です。高度なメンテナンスは専門家に依頼するとしても、基本的なメンテナンスは自分でできるようになりたいものです。

最新機材の紹介記事では、今話題の”MOOER GE300”が取り上げられています。MOOER GE300 は、アンプモデル、エフェクター、キャビネットモデルを備えたサウンドプロセッサー。中でもギターのサウンドをキャプチャする”Tone Capture”機能が話題沸騰の機材です。10ページにもわたる長編記事で、MOOER GE300 のディテールまで紹介。話題の Tone Capture 機能についてもしっかりとり上げられています。

スコアには、5月10日に配信でリリースされた BABYMETAL の最新音源「Elevator Girl」が早くも登場。さらに、ギターインストの第一人者である Joe Satriani (ジョー・サトリアーニ) の代表曲「Summer Song」が収録されています。

ノリの良いロックスピリット満載の「Summer Song」は、開放的な夏のシーズにうってつけのナンバー。この夏の課題曲としておすすめです。

今回は楽天Booksで予約注文。発売日の翌日にゆうパックのポスト投函で受け取りました。

■ 関連リンク

ヤング・ギター 公式ウェブサイト

【参考データ】
YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2019年8月号
巻頭特集: メンテナンスの“掟”
スコア:
  Elevator Girl / BABYMETAL
  Summer Song / Joe Satriani
出版社: シンコーミュージック (2019/7/10)
購入価格: ¥980 (税込)
購入場所: 楽天Books

|

2019/06/15

YOUNG GUITAR 2019年7月号 特集イングヴェイ&ヴァイ

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2019年7月号の巻頭特集は、”Yngwie Malmsteen & Steve Vai (イングヴェイ・マルムスティーン&スティーヴ・ヴァイ)”です。

19061501

ロックギター界のビッグネームである、Yngwie Malmsteen と Steve Vai の対談記事が今月号の目玉です。

GENERATION AXE の最新ライブアルバムについても熱く語られています。そもそも、この二人が共演するだけでも奇跡的なことな上にライブ・アルバムが出るのですからすごいことです。

Specail Guitat Score は GENERATION AXE による「Highway Star」のライブバージョンです。10分を超える長い曲なので、ギターの美味しい部分だけを抜き出したスコアですが、それでも30ページというボリュームです。

Amazon で調べてみると発売される Generation Axe のライブCDは、『Guitars That Destroyed That World: Live In China』というタイトル。発売は6月28日です。CDも良いのですが、このメンバーのライブなら映像作品を期待したいことろです。

第二特集は、”ギター・インストの殿堂100”です。特別スコアも大盤振る舞いで、ギターインストの名曲が9曲も収録されています。

今月の YOUNG GUITAR は50周年記念で、とにかく内容が盛りだくさん。ギタリストなら記念に一冊持っていても損はない内容になっています。

今回は楽天Booksで予約注文。発売日の翌日にポスト投函で受け取りました。

■ 関連リンク

ヤング・ギター 公式ウェブサイト

【参考データ】
YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2019年7月号
巻頭特集: イングヴェイ・マルムスティーン&スティーヴ・ヴァイ
スコア:
  Highway Star/GENERATION AXE
  Pipeline/THE VENTURES
  Europa(Earth's Cry Heaven's Smile)/SANTANA
  BLUE LAGOON/高中正義
  Scuttle Buttin'/STEVIE RAY VAUGHAN AND DOUBLE TROUBLE
  Top Gun Anthem/HAROLD FALTERMEYER & STEVE STEVENS
  What Mama Said/JEFF BECK
  Crowd Chant/JOE SATRIANI
  Crush/POLYPHIA
  Bohemian Rhapsody/ANDY TIMMONS
出版社: シンコーミュージック (2019/6/10)
購入価格: ¥1,500 (税込)
購入場所: 楽天Books


 

|

2019/04/13

YOUNG GUITAR 2019年5月号 特集ジム・ダンロップ

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2019年5月号の巻頭特集は、”Jim Dunlopの開拓精神”です。

今月は、珍しくギタリストではない方が特殊されています。Jim Dunlop (ジム・ダンロップ) と言えば、まずワウを連想する方が多いと思います。

Jim Dunlop の製品群は非常にカバーする範囲が広く、MXR のエフェクターはもちろん、カポやピック、ポリッシュなど、アクセサリ小物からメンテナンスグッズまで、幅広くそろえています。

19041701

特に MXR のラインナップ紹介はとても貴重な内容になっています。うれしいことに Eddy Van Halen (エディー・ヴァン・ヘイレン) も MXR エフェクターの使用で有名なので、往年の名曲「You Really Got Me」がスコアで取り上げられています。

Web連動動画の記事では、最近新しいバンドを結成した George Lynch (ジョージ・リンチ) が取り上げられています。本人のインタビュー記事に加えて、楽譜付きの本人の演奏解説動画はファンにはたまらない内容です。

機材紹介の記事では、2019年の NAMM SHOW (国際楽器見本市) で話題となった Line 6 Relay G10S が登場しています。Realy G10S は前から欲しいと思っていたので、今回の記事がとても参考になりました。

今回はAmazonで予約注文。発売日にポスト投函で受け取りました。やはりAmazonは配達が速いですね。

■ 関連リンク

ヤング・ギター 公式ウェブサイト

【参考データ】
YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2019年5月号
巻頭特集: ジム・ダンロップ
スコア:
  Moth Into Flame/METALLICA
  You Really Got Me/Van Halen
  Lightning Strike/JUDAS PRIEST
出版社: シンコーミュージック (2019/4/10)
購入価格: ¥980 (税込)
購入場所: Anazon

 

 

|

2019/03/23

Guitar magazine 2019年4月号 カッティング・ギターの名手たち

Guitar magazine (ギター・マガジン) 2019年 4月号の巻頭特集は、”シティ・ポップを彩った、カッティング・ギターの名手たち。”です。

19032301

久しぶりにギターマガジン (GM) を買いました。今回の特集は”カッティング”ということで、名曲「Sparkle」のスコアが収録されているので、これだけでも買う価値があります。

巻頭特集に隠れていますが、LARRY CARLTON (ラリー・カールトン) の特集も大注目です。”LARRY CARLTON IN THE STUDIO”と題して、歴史に残るラリー・カールトンの名仕事が紹介されています。

2018年11月の来日公演時のインタビューでは、かつてのスタジオワークに対するエピソードなどが語られています。来日公演時の最新機材も写真付きで紹介。代名詞ともいえる愛用のギターはもちろん、エフェクターのペダルボードも写真に収められています。

そして、ラリー・カールトンのファンならぜひとも欲しい、スタジオワーク時代の名ソロのギタースコアを解説付きで収録。ソロ作品のスコアは入手が可能ですが、スタジオワーク時代のギターソロ・スコアはとても珍しい貴重品です。

今回収録されているのは、Crusaders (クルセダーズ) 時代の名演「Spiral」でのギターソロ部分と Steely Dan (スティーリー・ダン) の「Kid Charlemagne (キッド・シャールメイン)」の中間部およびアウトロのソロです。ちょうど、「Kid Charlemagne」のギターソロ部分を練習しようと思っていたので、とてもタイムリーな内容でした。

今回は雑誌の内容を確認してから買いたかったので、久しぶりに本屋さんの実店舗で購入しました。

■ 関連リンク

ギター・マガジン| リットーミュージック

■ 関連記事

レジェンダリー・ギタリスト 特集●ラリー・カールトン (2018/3/18)

参考データ】
Guitar magazine (ギター・マガジン) 2019年 4月号
巻頭特集: シティ・ポップを彩った、カッティング・ギターの名手たち。
スコア:  Sparkle/山下達郎
  ようこそ輝く時間へ/松任谷由実
  TOWN/吉田美奈子
  薔薇と野獣/ティン・パン・アレー
  DOWN TOWN/シュガー・ベイブ
出版社: リットーミュージック (2019/3/13)
購入価格: ¥980 (税込)
購入場所: ジュンク堂明石店

|

2019/03/17

YOUNG GUITAR 2019年4月号 特集イングヴェイ・マルムスティーン

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2019年4月号の巻頭特集は、”イングヴェイ・マルムスティーン”です。

19031701

マイアミにある自宅や最新アルバム『BLUE LIGHTNING』を徹底取材した今月号はイングヴェイ・マルムスティーン (Yngwie Malmsteen) のファンにはたまらない内容です。

Web連動記事では、”ストラトとフェラーリとマルムスティーン”と題して、マイアミの自宅を訪問した映像を観ることができます。うれしそうにご自慢のプライベートスタジオや愛車フェラーリをイングヴェイ本人が紹介してくれます。

特集にあわせて今月のスコアはイングヴェイ・マルムスティーンの曲が2曲取り上げられています。

「Blue Lightning」はニューアルバムのオープニングを飾るオリジナルナンバー。完全コピーは不可能に近い難曲です。「Seventh Sign」も7thアルバムのタイトルチューン。こちらもかなりの難曲です。

第二特集は、最新ソロアルバム『Continue』をリリースしたばかりの春畑道哉さんです。

ご本人のインタビューの他にもソロツアーの追加公演で使用された機材が紹介されています。ギターはもちろん、アンプやペダルボードも写真付きで紹介されており、貴重な資料です。

さらに、SPECIAL GUITAR SCORE with PLAYING ANALYSIS と題して、『Continue』収録曲の中からテクニカルナンバーの「FULL MOON BOOGIE」のギタースコアが奏法解説付きで掲載されています。

残念ながら映像連動はありませんが、本人のビデオ取材に基づいた本人直伝の解説になっています。

今回は楽天ブックスで予約注文。ゆうパックで発売日の翌日にポスト投函で受け取りました。

■ 関連リンク

ヤング・ギター 公式ウェブサイト

■ 関連記事

CDレビュー | Continue/春畑道哉 (2019/3/9)

【参考データ】
YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2019年4月号
巻頭特集: イングヴェイ・マルムスティーン
スコア:
  Blue Lightning/Yngwie Malmsteen
  Seventh Sign/Yngwie Malmsteen
  FULL MOON BOOGIE/春畑道哉
出版社: シンコーミュージック (2019/3/9)
購入価格: ¥980 (税込)
購入場所: 楽天ブックス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2019年 04月号 [雑誌]
価格:979円(税込、送料無料) (2019/3/10時点)


| | トラックバック (0)

2019/03/16

サウンド・デザイナー2019年4月号 特集:春畑道哉

サウンド・デザイナー2019年4月号の表紙及び巻頭特集は、春畑道哉さんです。

19031601

● 春畑道哉 レコーディングオフショット

”春畑道哉 レコーディング中のオフショットと自宅スタジオを大公開!”ということで、雑誌が届くのを首を長くして待っていました。とにかく、春畑道哉さんファンのギタリストにはたまらない内容が満載です。

記事では、最新ソロアルバム『Continue』の録音風景が写真に収められています。ギタリストならアルバムタイトル曲「Continue」で使用されたギターが気になるところ。主要な曲で使用したギターもしっかり紹介されています。。

自宅の半地下スペースにあるプライベートスタジオの写真も収録。プライベートスタジオとは思えない本格的なスタジオになっています。

『Continue』のレコーディングで実際に使用されたギターだけなく、アンプやエフェクター、マイクまでしっかり取材されています。特に使っているマイクについてはあまり情報がないのでとても貴重な情報です。

● プロの使用エフェクターを写真付き解説

メイン特集である”必見!プロの録音用ペダルエフェクト”では、プロの使用エフェクターがペダルボードの写真付きで紹介されています。

また、”ギタリストのためのオーディオインターフェイス”の記事ではIKマルチメディアの新製品「AXE I/O」(アックス・アイオー) が紹介されています。記事ではギターに特化したAXE I/Oの魅力的なポイントがしっかりと解説されて参考になります。

今回はAmazonで予約注文。3/9発売日で3/11にメール便で受け取りました。

■ 関連リンク

SOUND DESIGNER(サウンド・デザイナー)DTM・宅録の雑誌/機材情報誌

■ 関連記事

CDレビュー | Continue/春畑道哉 (2019/3/9)

CDレビュー | J'S THEME ~Thanks 25th Anniversary~/春畑道哉 (2018/12/22)

【参考データ】
サウンド・デザイナー 2019年4月号
特集: 必見!プロの録音用ペダルエフェクト
出版社: サウンド・デザイナー (2019/3/9)
購入価格: ¥864 (税込)
購入場所: Amazon

|

より以前の記事一覧