映画・テレビ

2017年4月30日 (日)

GWは 連続ドラマW 『石の繭 (いしのまゆ) 殺人分析班』がおすすめ

ゴールデンウイーク期間に入りました。普段できない家の周りの掃除など、意外にやることは多いのですが、それでも今年は 9 日間の超大型連休なので、ゆっくりする時間もとれます。

連休中の楽しみは何と言っても自宅でゆっくり DVD を見ること。おすすめは、連続サスペンスドラマ『石の繭 (いしのまゆ) 殺人分析班』です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

連続ドラマW 石の繭 [ 木村文乃 ]
価格:11176円(税込、送料無料) (2017/4/29時点)


『石の繭 殺人分析班』は、麻見和史の人気警察小説『警視庁殺人分析班』シリーズ第一弾。映像作品として WOWWOW で連続ドラマとして放映されました。

主演は木村文乃。警視庁捜査一課に配属された新米刑事の如月塔子が、猟奇的殺人事件を巡って知能犯との攻防を繰り広げる描く本格派のミステリーです。

テンポの良いストーリーでかなり楽しめる作品になっています。また、主演の木村文乃が華奢な新米刑事の役にぴったりで、なかなかの演技をみせています。

『石の繭 殺人分析班』は評判が良かったのか、すでに第二弾の『水晶の鼓動 殺人分析班』も映像化、DVD も発売されています。こちらも近々観たいと思っています。

■ 関連リンク
連続ドラマW 石の繭 殺人分析班|WOWOW
http://www.wowow.co.jp/dramaw/mayu/

連続ドラマW 水晶の鼓動 殺人分析班|WOWOW
http://www.wowow.co.jp/dramaw/suisho/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

連続ドラマW 水晶の鼓動 殺人分析班 [ 木村文乃 ]
価格:10168円(税込、送料無料) (2017/4/29時点)


| | コメント (0)

2017年4月 6日 (木)

ザ・ラストシップ The Last Ship 戦闘シーン迫力満点の海外テレビドラマ

全世界絶滅の危機!
世界中に広まった伝染病と謎の脅威が立ちはだかる!
彼らの任務は、人類を救うこと―。
(キャッチコピーより)

YouTube でおもしろそうなアメリカのテレビドラマシーリーズを見つけました。タイトルは、ザ・ラストシップ (The Last Ship) です。

このザ・ラストシップは、新型ウイルスが蔓延した世界において、唯一その難を逃れることができた一隻のアメリカ海軍駆逐艦 「ネイサン・ジェームズ」、その乗組員たちと同乗していた科学者たちの戦いを描いた作品です。日本でも BS フジで放送されたいたようです。

監督は、『トランスフォーマー』『アルマゲドン』『パール・ハーバー』とアクション映画のヒット作を次々に手掛けているマイケル・ベイ監督です。テレビドラマにも関わらず、リアルな爆発映像の戦闘シーンが迫力満点です。

このザ・ラストシップは、とくにかく戦闘シーンがよくできています。YouTube で短い映像を見ただけなので、物語としてのストーリーの良し悪しは分かりませんが、海上で繰り広げられる駆逐艦の戦闘シーンを見るだけでも楽しめました。

DVDも発売されているようなので、週末にツタヤに行ってレンタルしてみようと思っています。

軍事サスペンスがお好きな方におすすめの海外テレビドラマです。

■ 関連リンク
ザ・ラストシップ|ワーナー海外ドラマ 公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/kaidora/thelastship/dvd.php

|

2017年3月30日 (木)

映画『レインツリーの国』の DVD を観ました

映画『レインツリーの国』をレンタル DVD で見ました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レインツリーの国 [ 玉森裕太 ]
価格:3699円(税込、送料無料) (2017/3/29時点)


ある小説をきっかけに、「レインツリーの国」というインタネットをサイトを通じで知り合うことになる主人公の二入。メールでのやり取りを続けるうちに惹かれあう二人は、とうとう直接会う約束を交わします。ところが、彼女にはある秘密があったのです。

この映画は、人気作家、有川浩の恋愛小説を映画化したもの。難聴のために他人と接することにおく病になってしまったヒロインが、様々な困難に傷つきながらも新たな恋に立ち向かっていく姿を描いています。

キャストは、玉森裕太 (Kis-My-Ft2) と西内まりやの共演です。物語の前半は、ヒロインの西内まりあがなんとなく野暮ったいルックスのままで話が進んでいきます。

普段の明るい彼女とは全く違う雰囲気なのですが、これが後半からエンディングへ向けて一気に明るくさわやかなルックスに変化するところが見どころの一つです。

もちろん、彼女のルックスが変化する訳は、物語の中に伏線が仕込まれています。このあたりのストリーの構成は、有川浩の小説の良さが生かされています。

もう一人の主人公を演じる玉森裕太は、大阪の出身の役柄で、全編をとおして関西弁のセリフになっています。純粋で飾らないけれど、少し熱いところをもった役柄をごく自然に演じています。

この作品は、映画としてはあまり成功しなかったようですが、DVD として観るにはよくできた作品だと思います。とにかく100% 純粋培養の恋愛映画です。とびっきりのハッピーエンドは思わず顔がほころんでしまいます。

王道のラブストリーを観たい方におすすめです。

■ 関連リンク

映画「レインツリーの国」公式サイト

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レインツリーの国 [ 有川浩 ]
価格:464円(税込、送料無料) (2017/3/29時点)


| | コメント (0)

2017年3月 9日 (木)

映画『ハドソン川の奇跡』の DVD を観ました

前から見たかったクリント・イーストウッド監督作品の映画『ハドソン川の奇跡』をレンタル DVD で見ました。

ハドソン川の奇跡は、2009年に起きたUSエアウェイズ1549便不時着水事故を題材にした映画です。実際の事故は、発生からわずか3分間でハドソン川に着水するまでの非常に短い時間のできことでした。

この映画では、事故当時の様子を描くと同時に、事故発生時に空港に引き返さずに着水したのは、機長の判断ミスではないかという疑念が浮き上がるという事態になります。

主役のトム・ハンクスが、世間でヒーロー扱いされる自分に戸惑いながら、自分の判断が正しかったのかと苦悩する機長を見事に演じています。

特典映像として、実際のサレンバーガー機長やその家族のインタビュー映像を観ることができます。これが非常に感動的でした。この映像を観れば分かるのですが、機長は普段から最悪の事態を常に想定していたことが分かります。

「奇跡」ともてはやされることに戸惑い、手順に従っただけだと発言する実際のサレンバーガー機長の映像を当時ニュースでよく目にしたのですが、本人にとってはごく当たり前の手順どおりの行動だったことがよく理解できました。「備えあれば憂いなし」ということでしょうか。

とにかく感動した映画でした。実話だけに説得力もあります。大人にも子供にもおすすめの映画です。

【参考データ】
『ハドソン川の奇跡』
キャスト:
  チェスリー・“サリー”・サレンバーガー … トム・ハンクス (立川 三貴)
  ジェフ・スカイルズ … アーロン・エッカート (ふくまつ 進紗)
 
ローリー・サレンバーガー … ローラ・リニー (高島 雅羅)
監督・製作: クリント・イーストウッド
ストーリー: 2009年1月15日、極寒のニューヨーク上空850mで155名を乗せた航空機を突如襲った全エンジン停止事故。全世界が目撃し“奇跡”と称賛された史上最大の航空機事故の裏に隠された、真実の実話。

| | コメント (0)

2010年2月13日 (土)

『アマルフィ 女神の報酬』を見ました

DVDのレンタルが開始になったようなので,織田裕二主演の『アマルフィ 女神の報酬』を見ました。

この映画は,テレビで見た予告編が印象的だったので,DVDが発売になったらぜひ見てみたいと思っていました。私は,『踊る大捜査線』などフジテレビ映画が大好きなのです。私の期待どおり,この映画もとてもよくできていました。125分という大作ですが,初めから最後まで全くあきることなく見ることができました。

全編にわたってイタリアの景色が散りばめられており,その映像の美しさは,普通の日本映画とは少し違っています。ロケーション的には,竹野内豊とケリー・チャンが共演した『冷静と情熱のあいだ』に雰囲気が似ています。

主演の織田裕二は,いつもよりクールに役柄を演じています。イタリア語で話すシーンが数多くありますが,とても自然な感じで会話をしています。このあたりは,ご本人もかなり努力したのではないでしょうか。

主役の脇を固める他のキャストもとても豪華な顔ぶれになっています。私は戸田恵梨香がお気に入りなのですが,この映画の中でも彼女のいい演技を見ることができましたslate

〔参考データ〕
『アマルフィ 女神の報酬』

【キャスト】
織田裕二,天海祐希,戸田恵梨香,佐藤浩市,他

【内容】
織田裕二が邦画初のオールイタリアロケで挑んだ壮大なサスペンス。予告された大規模テロから日本人を守るため、ローマに派遣された外交官・黒田。しかし、ほどなくして現地でひとりの日本人少女が失踪する。事件の通訳担当となった黒田は…。

| | コメント (0)

2009年4月29日 (水)

三菱 REAL ブルーレイディスクレコーダ

我が家にもついにブルーレイディスクレコーダがきました。

09042901 09042902

DVDディスクレコーダは,以前から所有しているのですが,光学ドライブが故障したままで,単なるハードディスクレコーダとして使っていました。そこで,DVDディスクレコーダを買い換えるために家電量販店に行ったところ,ブルーレイディスクレコーダが以外に安く買えることが分かり,これを購入しました。

このDVR-BZ110を購入してから,本格的に地上波デジタル放送を見るようになりました。以前は,録画予約といえば新聞のGコードを入力していたのですが,地上波デジタル放送であれば,テレビに表示される番組表から簡単に予約できるようになりました。

ダブルチューナなので,ディジタル放送を2番組同時に録画できる点も便利です。

〔買い物リスト〕

  • 三菱電機 REAL ブルーレイディスクレコーダ DVR-BZ110
    仕 様: BD/DVD, HDD 250GB, Wチューナー
    購入価格: ¥79,800
    購入場所: ミドリ電化

| | コメント (0)

2009年3月29日 (日)

容疑者Xの献身

DVDで映画「容疑者Xの献身」を見ました。

私は,文庫本で「容疑者Xの献身」を読みました。私がビジネス書以外の小説を読むのはめったにないのですが,テレビドラマで見た「探偵ガリレオ」シリーズがとても面白く,すぐにファンになりました。「探偵ガリレオ」が「容疑者Xの献身」で映画化されるということで,映画を待ちきれずに本を買って読みました。

さすがに,今回のトリックには驚かされました。映画の配役を知っていたので,小説に出てくる登場人物には映画の配役を思い浮かべながら読みました。小説を読み終わるとすぐに映画が見たくなったのですが,見に行くチャンスを失ったままでした。

DVDが発売されたということで,早速近所のレンタルビデオで借りてきました。小説を映画化すると,時間の制約からどうしても小説で読むより劣るというイメージがあるのですが,この映画は小説を読むのと同じぐらい面白かったです。

テンポよく話しが進むので,時間の過ぎるのを忘れて見入ってしまいました。おすすめの映画(DVD)です。

| | コメント (0)