文化・芸術

2007年10月21日 (日)

ミュージカル『オペラ座の怪人』

劇団四季のミュージカル『オペラ座の怪人』を観てきました。

07102101

本格的なミュージカルを観るのは,これが初めてです。さすがに人気のある公演なので,半年前に予約した時点で既にほとんど席がない状態でした。とりあえず,観にいけそうな日程で一番良さそうな席を予約して行きました。

上演が終わると20時を少し回るので,軽く食事をしてから,開場時間17時の10分前に劇場へ到着しました。実際に予約したのは,2階席の2段目の最前列(2F H31,H32)でした。専用の劇場だけあって,かなりの勾配がついた座席になっていますので,前の人の頭が気になるようなことは全くありませんでした。さすがにキャストの細かい表情を見ることはできませんが,舞台全体を広く見渡すことができたので大満足です。

かなり大掛かりな舞台装置がスムースに出てくるので,とても迫力があります。音響面も抜群で,セリフはもちろん歌を存分に堪能できました。一つ参考になったのは,ミュージカルの場合,ストーリーを演劇の進行の中で追うのは無理と分かったことです。したがって,あらかじめ話のストーリーを頭に入れておかないと楽しめません。そして,どうしてもヒロインのクリスティーヌに注目しがちですが,あくまでもこの話の主人公はオペラ座の怪人であるということです。

20分間の休憩をはさんで,一幕と二幕に分かれているのですが,定刻に開演(17:30)して一幕が終わった時点(18:50)で,かなり疲れます。しかし,一幕と二幕の時間配分が約2対1ぐらいになっていますので,二幕はあっという間にクライマックスからエンディングへと展開します。

休憩時間にはトイレが混雑するので,女性の方は注意が必要です。休憩時間の後半は比較的空いているようです。また,売店で飲み物を販売していますが,こちらも混雑するのでペットボトルで持参したほうが良さそうです。

舞台の各シーンには間があるのですが,私のような素人は拍手のタイミングが全くつかめません。このあたりは,オペラの常連についていくのが精一杯でした。また,カーテンコールが,4,5回あることに驚きました。

お土産には,パンフレットと『オペラ座の怪人』のCDを買って帰りました。たまには,子供を預けて夫婦二人でオペラ観賞もいいものです。

〔参考データ〕

劇団四季 ミュージカル『オペラ座の怪人』
大阪四季劇場 上演時間 約2時間35分(休憩を含む)
一般通常料金,A席 ¥9,450
キャスト(10/20上演時)
 オペラ座の怪人 高井 治
 クリスティーヌ・ダーエ 苫田亜沙子
 ラウル・シャニュイ子爵 北澤裕輔
 カルロッタ・ジュディチェルリ 種子島美樹
 メグ・ジリー 小川美緒
 マダム・ジリー 戸田愛子
 ムッシュー・アンドレ 寺田真実
 ムッシュー・フィルマン 青木 朗
 ウバルド・ピアンジ 半場俊一郎

| | コメント (0)