パソコン・インターネット

2020/11/29

Windows 10 設定しても CD/DVD が自動再生しないを解決

Windows 10 でCD/DVDが自動再生しなくなりました。CD/DVDをコンピュータに入れた状態で待っていても、いつまでたっても自動再生が始まりません。ここでエクスプローラーを立ち上げると自動再生を開始します。

インターネットで調べてみると、「設定画面から設定する方法」と「コントロールパネルから設定する方法」が出てきます。ところが、どちらを試しても状況は同じでCD/DVDが自動再生しません。

Windows 10 の設定とは別の解決方法をまとめてみました。

1. デバイスのアンインストール

海外の情報でデバイスのアンインストールで解決する方法が見つかりました。

1) キーボードで [Windows] + [x] のキーを押してメニューを表示。
2) メニューから「デバイスマネージャー」を選択。
3) デバイスマネージャー画面で、DVD/CD-ROM ドライブの左横にある[>]をクリックして接続されている DVD/CD-ROM ドライブ(例:PIONEER BD-RW BDR-209M)を表示させる。
4) 接続されている DVD/CD-ROM ドライブに対してマウスの右クリックで「デバイスのアンインストール」を選択。
5) パソコンを再起動。(デバイスは再起動したときに自動で再インストールされます。)

2. CD/DVDドライブのファームウエアのアップデート

デバイスのアンインストールでも自動再生できない場合は、CD/DVDドライブのメーカーサイトでファームウエアのアップデート版が公開されていないか確認します。

ファームウエアをアップデートすれば、CD/DVDが自動起動するようになる場合もあるようです。

3. CD/DVDドライブのハードウエアを交換

ソフトウェアの設定でも問題が改善できない場合は、ハードウエアの互換性が原因の可能性があります。

実例としては、CD/DVDドライブのハードウエアを PIONEER BD-RW BDR-209 から LG DVD-RAM GH24NSDS5 に交換したところ、問題が解決しました。

| |

2020/11/22

デスクトップパソコンのスペックを検討してみる

2020年11月は、10年ぶりにデスクトップパソコンを買い替えました。買い替えにあたって、ほしいと思うデスクトップパソコンのスペックを検討してみました。

2020112004

1. プロセッサー

デスクトップパソコンの場合、ノートパソコンと違って重い処理をするのが使用目的となります。したがって、プロセッサーはできるだけハイスペックなものが欲しい。

インテルのデスクトップパソコン向け第10世代Coreプロセッサーでは、最上位の Core i9-10900K が候補になります。ただし、Core i9-10900K はクロックアップで性能向上しているらしく、発熱量がかなり大きいようです。

今回はコストとパフォーマンスのバランスがとれたインテル Core i7-10700K を選択することにします。

プロセッサーといえば、昔はインテル一択でしたが、最近は AMD のハイエンドプロセッサーも話題になっているようです。プロセッサーのパワーが必要になったらマザーボードの交換も含めて AMD の RYZEN シリーズという選択肢もありそうです。

20112201

2. メモリ

画像処理などで処理速度を上げるにはメモリサイズは大きい方が良い。現状のスタンダードは 16GB ですが、できれば 32GB は欲しいところ。

予算の関係で、今回はひとまず 16GB を選択します。必要になった時にあとから増設することにします。

3. ストレージ

ストレージは、パソコンの起動が速い M.2 SSD が必須です。ただし、大きな保存容量が必要なデータは HDD を使えば良いので OSとアプリケーションがインストールできるように 容量は 500GB もあれば十分です。

ストレージは、アプリケーションの処理スピードにも関係してきますので、SSDは必要になったら後から交換または増設することにします。

HDDは、現在使っている外付けのものをメインに使うので、2TBあれば十分です。

4. 光学式ドライブ

写真データのバックアップには、HDD やクラウドストレージだけでなく、CD や DVD などの物理メディアも必要です。

データのバックアップに使用する物理メディアは、CD から DVD へと移り変わってきましたが、最近は DVD でも写真データのバックアップに複数枚のメディアが必要になってきました。今後はブルーレイディスクの使用もありそうです。

現在使っているパソコンには、ブルーレイディスクのライブ映像などを観るために、パイオニアの記録型ブルーレイドライブを搭載しているので、これを流用することにします。

5. グラフィックカード

グラフィックカードは、4K映像出力に対応していれば十分です。ただし、今後のことを考えるとマルチモニターを使えるようにしたいので、NVIDIA GeForce RTX2000 シリーズから予算の範囲で一番ハイスペックなものを選ぶことにします。

ちょうど、新世代の RTX3000 シリーズが発売開始になったタイミングなので、旧世代の RTX2000 シリーズは値段が下がってお買い得になっているようです。ゲームはまったくしないので、旧世代のグラフィックカードが狙い目です。

6. 無線LAN

デスクトップパソコンは、通信速度の速い有線LANで使用するので、基本的には無線LANは必要ありません。一方で、最近はデスクトップパソコンでも無線LAN機能を搭載したものが多いようです。

Bluetooth のイヤホンやヘッドホンを使いたいので、無線LANカードは欲しい。今回はパソコンを購入するショップのポイントを使って購入し、後から増設することにします。

| |

2020/11/21

パソコン工房 ゲーミングパソコン LEVEL∞ (インフィニティ) を買いました

パソコン工房のゲーミングパソコン 「LEVEL∞ (インフィニティ)」を買いました。

2020112003

このところ、自宅で使っているデスクトップパソコンの調子が良くありません。突然フリーズして、まったく操作を受け付けなくなり、電源を切ることしかできません。

今使っているパソコンに不満はないので、買い替えるつもりはなかったのですが、普段使いに支障が出てきたので、思い切ってパソコンを更新することにしました。

2020112001

色々と調べた結果、今回はメーカー製パソコンではなく、BTO パソコンを買うことにしました。最終的に選んだのは、パソコン工房のゲーミングパソコン「LEVEL∞ (インフィニティ)」です。

パソコンでゲームをすることはないのですが、欲しい仕様のパソコンを選ぶとゲーミングパソコンになりました。今回は、予算を十分にとって、できるだけハイスペックなものを購入することにしました。

2020112002

CPU の高速処理能力を必要とする処理の重い作業をする機会は少ないので、ハイエンドのCPUまでは不要です。CPU には、コストとパフォーマンスのバランスがとれた最新の第10世代インテル Core i7 を選択します。

メモリは 32GB にしたかったのですが、まずは 16GBで使ってみることにしました。ストレージは、500GB の M.2 SSD と 2TB の HDD があれば十分です。

グラフィックカードは、NVIDIAの新生代 GeForce RTX3000 シリーズが発売されたこともあり、価格が下がった旧世代 GeForce RTX 2000 シリーズからお買い得な GeForce RTX 2880 Super を選択。

ちょうど、GeForce RTX 2070 SUPER を GeForce RTX 2080 SUPER に無料でアップグレードするキャンペーンをやっていたので、これを利用しました。

2020112004

パソコン工房のパソコンは楽天市場でも購入できるのですが、オプションの選択ができないので、今回はパソコン工房公式サイトで注文しました。

カスタマイズで、CPU冷却グリースを熱伝導率の高いものに変更、M.2 SSD 冷却パーツを追加、電源を BRONZE から GOLD に変更しました。

無線LAN機能が欲しかったのですが、予算を少しオーバーします。そこで、無線LANの拡張カードは後でポイントを利用して買うことにしました。

2020112005

水曜日の夜にパソコン工房公式サイトで注文すると、翌週の水曜日に到着しました。

調べてみると、今使っているパソコンは、2010年に買ったものでした。これまで故障もなく約10年間も働いてくれたので、とても感謝しています。

■ 関連リンク

パソコン工房公式サイト

■ 関連記事

HP Pavilion Desktop PC e9830jp/CT (2010/06/26)

【買い物リスト】
パソコン工房 ゲーミングパソコン LEVEL-R049-iX7K-TWXH

ブランド名: LEVEL∞
モデル: LEVEL-R049-iX7K-TWXH [Windows 10 Home]
型番: ILeDXi-R049-AiX7K-TWSXHB
OS: Windows 10 Home 64ビット
プロセッサー: インテル Core i7-10700K (8コア/16スレッド, 3.80GHz, 16MB)
CPUクーラー: 空冷
チップセット: インテル Z490
メモリ: 16GB (8GB×2) DDR4-2666 DIMM (PC4-21300)
ストレージ: 500GB M.2 NVMe SSD + 2TB 3.5インチ SATA HDD
光学式ドライブ: DVDスーパーマルチ (LG GH24NSxx)
グラフィックス: NVIDIA GeForce RTX 2080 SUPER 8GB GDDR6 (HDMI×1, DispalyPort×3)
ケース: ミドルタワー ATXケース
電源: 700W 80PLUS GOLD
サイズ: (W)190mm × (D)477mm × (H)432mm
購入価格: ¥191,114(税込、送料:¥2,200含む)
購入場所: パソコン工房公式サイト

| |

2020/10/11

あたらしいデスクトップパソコンが欲しいけれど

このところ、自宅で使っているデスクトップパソコンの調子が良くありません。

時々ですが、突然にフリーズしてタスクマネージャーも起動できません。どうやら起動ディスクに問題があるようです。

Check Disk で問題のある部分を修復すると回復するので、どうやらハードディスク(HDD)が寿命に来ているようです。

今使っているデスクトップパソコンに不満はないので、HDDを更新することも考えたのですが、調べてみると今使っているデスクトップパソコンは10年前に購入したものなので、買い替え時期としては、遅いくらいです。

ノートパソコンとデスクトップパソコン併用していた時期もあるのですが、iPad を使うようになってから、ノートパソコンは使わなくなって、全て処分しました。したがって、今我が家にあるパソコンはデスクトップパソコン1台だけです。

結論として、デスクトップパソコンを買い替えるのが良さそうです。

問題はデスクトップパソコンを買い替える資金です。ここ数年は、貯めたお金は全てギターとそれに関連するグッズの買い物に充ててきました。

年末から年始にかけて楽器店のセールがあるので、やはり何か買いたい。そのためにはお金をためておく必要があります。

ここでデスクトップパソコンを買い替えるとギター関連にお金を使う余裕がなくなります。

ただ、ギターは7本も持っているので、さすがに買い過ぎです。他に必要なものがあれば、そちらにお金を使う方が良いかもしれません。

出費を押さえるために、最低限のスペックでパソコンを買うのが一つのプラン。もう一つのプランは、長期間使うものなので、お金をかけて納得のいくパソコンを買うこと。

年末まで、もう少し悩むことになりそうです。

 

| |

2020/06/07

インターネット速度テストの結果[2020年6月]

業界最速をうたう WiFi ルーター、NEC Aterm WG2600HP3 を導入してから我が家の無線LAN (WiFi) の通信速度が飛躍的に改善しました。

我が家は光回線インターネット接続サービスを利用しているのですが、かなり前に100メガコースから1ギガコースに変更していたことを思い出しました。

有線LANでどの程度の通信速度があるのか Google の「インターネット速度テスト」で計測してみました。

計測環境としては、ルーター、パソコン、LANケーブルはいずれも1ギガ対応のものです。計測結果は次のとおり。

<計測結果>
ダウンロード: 377.5 Mbps
アップロード: 274.3 Mbps
レイテンシー: 14 ms
評価: インターネットの速度は非常に高速です。このインターネット接続では、同時に複数のデバイスでの HD 動画のストリーミング、ビデオ会議、ゲームを処理できます。

YouTube の推奨する通信速度は、5Mbps ですから、これなら問題なく使えそうです。

WAN側のサービスとしては、5ギガコースや10ギガコースもありますが、これらの通信速度を生かすには、ルーターやパソコンなどを買い替える必要があります。また、LANケーブルもカテゴリー7 (CAT7) に交換する必要があります。まだ、もう少し先の話になりそうです。

■ 関連リンク

Aterm Station

■ 関連記事

NEC Aterm WG2600HP3 高速 WiFiルーターで接続してみた (2020/04/19)

NEC Aterm WG2600HP3 高速 WiFiルーターを導入 (2019/06/09)

NEC Aterm WR 8370N HP(2011/6/25)

| |

2020/04/19

NEC Aterm WG2600HP3 高速 WiFiルーターで接続してみた

業界最速をうたう WiFi ルーター、NEC Aterm WG2600HP3 を2019年6月に購入したのですが、接続せずにそのまま放置していました。

コロナウイルスの影響で自宅で過ごす時間が長くなるので、妻がAmazon Fire TV Stick を購入。通常の動画再生は問題なくできるのですが、早送りをすると少しもたつきます。

USB有線LANアダプターを購入することも考えたのですが、高速 WiFi ルーター NEC Aterm WG2600HP3 をまだ接続していないことを思い出しました。

外出できないこともあって時間があるので、重い腰を上げて WiFi ルーターの交換作業を行います。

いざ WiFi ルーターを交換してみると、作業はとても簡単でした。電源ケーブルと LAN ケーブルを接続すると、後は WiFi 接続でパスワードを入力するだけ。インターネット接続も契約しているプロバイダーのユーザー ID とパスワードを入力すれば問題なく完了です。

ルーター交換後に Fire TV Stick で早送りを試してみると、動作のもたつきがなくなり、DVDで操作するよりも快適なスピードになりました。

我が家は、1ギガの光インターネット接続を契約しているのですが、これまではそのスピードを十分に生かせていないようでした。

ちなみに、デスクトップ PC でスピードテストをすると、下り速度 808.1Mbps、上り速度 550.9Mbps という結果でした。時間帯にもよりますが、1ギガ相当の速度が出ているようです。

Aterm WG2600HP3 の無線 LAN は、ストリーム数4の 11ac 5GHz帯 に対応しているので、規格値では 1733Mbps での通信が可能です。

今更ながら、技術の進歩を感じました。

■ 関連リンク

Aterm Station

■ 関連記事

NEC Aterm WG2600HP3 高速 WiFiルーターを導入 (2019/06/09)

NEC Aterm WR 8370N HP(2011/6/25)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PA-WG2600HP3 NEC AtermWG2600HP3 無線LANルータ...
価格:14278円(税込、送料無料) (2020/4/19時点)

 

| |

2019/09/22

サンワサプライ タブレット三脚取り付けホルダー (12.9インチ iPad Pro 対応)

サンワサプライ タブレット三脚取り付けホルダーを買いました。

19092201

FHD 画質 (1920X1080) で動画を撮るためにデジタルカメラを買おうかと考えているのですが、適当なものが見つかりません。

とりあえず手持ちの物で何とかならないかと考えている時に、iPhone でも動画撮影できることを思い出しました。

iPhone で動画撮影できなら、11インチ iPad Pro でもできるはず。Apple の Web サイトで仕様を調べてみると 4K まで動画撮影できることが分かりました。

(11インチ iPad Pro 仕様、ビデオ撮影)
4K ビデオ撮影 (30fpsまたは60fps)
1080p HD ビデオ撮影 (30fpsまたは60fps)
720p HD ビデオ撮影 (30fps)

仕様としては十分なので、まずは11インチ iPad Pro をビデオカメラ代わりに使ってみることにします。

問題は、iPad の固定。ビデオ撮影するとなると、長時間 iPad を手で持って撮影するのは無理があります。そこで、iPad を三脚に固定するためのタブレットホルダーを買うことにします。

19092202 19092203

購入したのは、サンワサプライの「タブレット三脚取り付けホルダー (200-DGCAM009)」という製品。楽天市場で注文すると、「あす楽」対応のお店だったので、翌日には商品が届きました。

19092205

実際に使ってみると、予想以上にしっかりとしたホルダーでした。11インチ iPad Pro を取り付けてもぐらつくことなく、しっかりホールドしてくれます。

三脚に取り付けて使ってみると、かなり大きな iPad Pro ですが、ビデオカメラの代わりに何とか使えそうでした。

19092204

余談ながら、iPad Pro の画面が反射して写真がうまく取れなかったので、この Blog にアップしている写真は iPad Pro の表裏をディスプレイとして使用する時とは反対にして写真を撮っています。私は背面のカメラをビデオ撮影に使う予定なので、写真と同じの使い方になります。

■関連リンク

サンワサプライ直営「サンワダイレクト本店」

■関連記事

Apple iPad Pro 11インチ Wi-Fi 256GB Space Gray を買いました (2018/12/09)

【買い物メモ】
サンワサプライ タブレット三脚取り付けホルダー
(三脚ホルダー・12.9インチiPad Pro対応・5インチスマホ対応)
品番: 200-DGCAM009
サイズ: 約W55×D54×H224~334mm
重量: 約112g
三脚取り付け用ネジ穴: 1/4-20UNC
購入価格: ¥2,480 (税込) + 送料¥540
購入場所: サンワダイレクト 楽天市場店

| |

2019/09/14

センチュリー Century USB3.0 対応 HDD ケース 裸族の集合住宅 5Bay

センチュリー Century USB3.0 対応 HDD ケース 裸族の集合住宅 5Bay を買いました。

19091401

● 停電で HDD ケースの電源が故障

9月の中旬に雷を伴う局地的な豪雨が発生。我が家にも夕方5時頃に数分の停電がありました。

一般的には何の問題ない停電のはずですが、PC用の外付け HDD ケース「裸族の集合住宅」が壊れてしましました。

PC から外付け HDD が認識されないので、異常に気が付きました。調べてみると電源ボタンを押しても電源が入りません。電源から雷のサージが入って壊れることも考えにくい状況です。

インターネットで調べてみると同じような事象の報告を発見。どうやら電源回路の寿命の様です。この場合、通常の電源の入り切りでも壊れることがあるようです。

ただし、裸族の集合住宅を購入したのは2011。これまで8年間も使用しているので寿命としては仕方ないところです。

● アップデートされた裸族の集合住宅を買う

さいわい内部の HDD には問題なさそうのので、HDD ケースを新しく購入することにしました。最終的に電源回路が故障したものの、裸族の集合住宅はとても満足だったので、同じ裸族の集合住宅の後継機を買いました。

19091402

後継機ではいくつかスペックがアップデートされています。一番の違いは HDD 搭載ベイが4ベイから5ベイに増えたことです。また、デバイス側のインターフェィスが SATA 3Gbps 対応から 6Gbps 対応になりました。

これまで HDD のアクセススピードを生かせていなかったので、SATA 6Gbps 対応はうれしいアップデートです。

付属品にも違いがあります。2.5インチ HDD を搭載できるアダプター「裸族のインナー」が1個付属品として付いています。

● あとがき

さっそく新しい裸族の集合住宅に元の HDD を移設して PC と接続。HDD はあっさり認識されました。HDD 内部のデータにも異常はなく、一安心です。何とか今までの環境に戻すことができました。

突然の出費でしたが、HDD ケースを更新するにはちょうど良いタイミングでした。

■ 関連リンク

CENTURY 製品情報

■ 関連記事

大容量外部ストレージの構築(システム構築)(2011/08/06)

【買い物リスト】
センチュリー Century Corporation USB3.0&eSATA対応HDDケース
裸族の集合住宅 5Bay SATA6G USB3.0&eSATA Ver.2 CRSJ535EU3S6G2
対応HDD: 3.5 SATA HDD
インターフェイス: eSATA 3.0 / 6Gbps、USB3.0 / 2.0
サイズ: W130 x H185 x D260 mm
重量: 3.3 kg(ドライブ含まず)
購入価格: ¥21,265 (税込)
購入場所: 楽天ビック

| |

2019/06/09

NEC Aterm WG2600HP3 高速 WiFiルーターを導入

業界最速をうたうWiFiルーター、NEC Aterm WG2600HP3 を買ってきました。

19060901

最近、自宅のインターネットへの接続が不安定になってきました。すると、日曜日になって、インターネットに全くつながらなくなりました。

どうやら無線ルーターが故障しているようなので、あわてて無線ルーターを買いに行きます。

購入する無線ルーターはすでに決まっています。前から欲しいと思っていた「業界最速」をうたう無線LANルータ、NEC Aterm WG2600HP3 です。

それまで使っている無線ルーターの NEC Aterm WR 8370N-HP がとても気に入っていたので、買い替えも迷わず NEC Aterm の最上位機種を買います。

19060902

自宅に戻ると、無線ルーターを交換する前に、まず現状のままでインターネットに接続してみます。すると、何の問題なく接続できました。どうやら無線ルーターの故障ではなく、光回線側に問題があったようです。

その後、再び接続が不安定になったのですが、その時はPCが有線LANに接続できていないトラブルで、PC裏のLANケーブルを抜き差しするとすぐに問題解決しました。

こうして無線ルーターを交換しなくても、何とか安定してインターネットに接続できる状態に戻ったので、急いで無線ルーターを交換する必要がなくなりました。そこで、しばらくはこのままで様子を見ることにして、無線ルーターの交換は延期することにしました。

時間に余裕のある時に、購入した NEC Aterm WG2600HP3 に交換して、どの程度速度が速くなるのか試してみるつもりです。

■ 関連リンク

Aterm Station

■ 関連記事

NEC Aterm WR8370N HP(2011/6/25)

【買い物リスト】
NEC Aterm WG2600HP3 無線LANルータ
仕様:
  無線LAN 1733Mbps (11ac) + 800Mbps (11n)
  有線LAN 1000Mpbs
  ストリーム数: 4
  アンテナ数: 4×4 (5GHz帯 & 2.4GHz帯)
  実行スループット: 約1430Mbps (無線LAN)
購入価格: ¥15,799 (税込)
購入場所: ヤマダ電器 LABI 三宮

 

| |

2018/12/09

Apple iPad Pro 11インチ Wi-Fi 256GB Space Gray を買いました

Apple iPad Pro 11インチ Wi-Fi 256GB Space Gray を買いました。

18120901

最近、妻が iPad 9.7インチ (第六世代) を買いました。自分の使っている iPad は、5年前の2013年に購入した第四世代のもの。指紋認証の Touch ID にも対応していませんし、何より重たいのが不便でした。

最近ほぼ毎日ように iPad を使っているので、この機会に iPad を買い替えることにしました。購入したのは、最新モデルの iPad Pro 11インチです。

18120902

iPad の用途は、もっぱら Webブラウジングと YouTube などの動画の視聴です。なので Apple Pencil は不要ですし、それほどCPUパワーも必要としません。それでも今回は、PCの代わりとして使うことも前提に最新の上位モデルである iPad Pro を購入してみました。

18120903

最新の iPad Pro 11インチでは、指紋認証の Touch ID に代わって顔認証の Face ID が採用されています。実際使ってみたところ、時々認証に失敗しますが、ほぼストレスなく使えるようでした。ただし、Touch ID と違って、認証とホーム画面の表示で操作が2回必要になるので、逆に操作が増えて不便になっています。

他にもアプリの切り替え方法など、操作方法が少しずつ変わっているので、最初は少しとまどいましたが、使っているうちに慣れてきました。

18120904

iPad Pro 11インチは 薄くて軽いので、とにかく腕が楽です。きびきびした動作でストレスなく使えるのも好印象です。

今回は、Smart Keyboard Folio も一緒に購入。フルサイズのキーボードがあると、文章ような長文の入力もストレスなくできます。これなら本格的にPCの代わりとして使えるように感じました。

18120905

今回は、ポイントが貯まるヨドバシ・ドットコムで注文。初めは1か月程度の待ちを覚悟していたのですが、意外に早く届きました。結局のところ11月17日に注文して、11月28日に商品を受け取ったので、約10日で手に入れることができました。

今回は、良い買い物ができたと喜んでいます。

■ 関連リンク

Apple iPad

■ 関連記事

iPad Retina (第4世代) Wi-Fi 32GB を買いました (2013/9/1)

【買い物リスト】
Apple iPad Pro 11 インチ Wi-Fi 256GB Space Gray (MTXQ2J/A)

仕様:
  OS: iOS 12
  チップ: A12X Bionic + M12 コプロセッサ
  ストレージ: 256GB
  無線LAN:
    Wi-Fi(802.11a/b/g/n/ac), デュアルバンド(2.4GHz/5GHz), MIMO対応HT80
    Bluetooth 5.0
  ディスプレイ:
    11インチ Liquid Retina ディスプレイ
    2,388×1,668 (264 ppi)
    LEDバックライト IPS LCD
    Apple Pencil 対応
  バッテリー: 29.7Wh リチウムポリマー 10時間駆動
  カメラ:
    背面: 静止画 (12M), 4Kビデオ (30fps/60fps)
    前面: 静止画 (7M), HDビデオ (1080p, 30fps/60fps)
付属品: 18W USB-C電源アダプタ, USB-C充電ケーブル (1m)
寸法: W178.5×D5.9×H247.6 mm
質量: 468 g
購入価格: ¥136,720 (税込)
購入場所: ヨドバシ・ドットコム

| |

より以前の記事一覧