アンプ

2019年1月 6日 (日)

BOSS KATANA-HEAD ギターアンプ を買いました

2018年の年末にギターアンプ BOSS KATANA-HEAD (ボス カタナヘッド) を購入しました。

19010601

自宅用に本格的なアンプが欲しい

これまでギターアンプは、部屋が狭いこともあって本格的なギターアンプではなくコンパクトタイプのものを使っていました。

最近になって、BOSS KATANA (刀) シリーズというソリッドステートアンプながらもチューブアンプに負けないサウンドを出せるアンプが発表されると、急に本格的なギターアンプが欲しくなりました。

19010602

BOSS KATANA Amp シリーズをチェック

BOSS KATANA Amp シリーズには、KATANA-Artist、KATANA-AIR、KATANA-100/212、KATANA-100、KATANA-50、KATANA-HEAD、KATANA-MINIと色々なバリエーションがあります。

問題はどのモデルを購入するかですが、ギターアンプに外部エフェクターを接続して4ケーブルメソッドを試してみたいので、Send 及び Return 端子を装備していることが必須条件です。最終的には KATANA-Artist と KATANA-HEAD の二択になったのですが、自宅で使用する上ではコンパクトな方が良いので、KATANA-HEAD を購入することにしました。

BOSS KATANA-HEAD の特徴は、アンプヘッドながらもスピーカを内蔵しているところ。スピーカーキャビネット (キャビネット) を接続しなくても、そのままで30Wのアンプとして使用できます。後から考えてみれば、キャビネットを別に選べるので、KATANA-HEAD を選択したのは正解でした。

19010603

BOSS KATANA-HEAD 実機レビュー

BOSS KATANA-HEAD の実機が届いて、まず驚いたのがコンパクトなサイズからは想像できないほどの重量があることです。外部スピーカーを接続すれば、100W の大出力に対応するだけあって、しっかりとした部品が搭載されているようです。

サンド面では、BOSS の最新技術のすごさを実感できます。クリーン、クランチ、リードは、どれも使い勝手の良いサウンドに仕上がっています。最大の特徴であるブラウンサウンドは、他にはない即戦力として使えるサウンドになっています。また、どのサウンドも音の立ち上がりが速いのが特徴です。

19010604

ソリッドステートアンプなので、チューブアンプと違って取扱いがとても簡単。スイッチオンですぐに演奏できます。また、突発的な球切れやチューブ交換のメンテナンスも必要ありません。このあたりは自宅用アンプとして最適です。

19010605

BOSS KATANA Amp には Power Control があるので、使用する音量にあわせて出力を選択できます。これなら自宅のように大きな音量を出せない環境でも迫力のあるサウンドで演奏できます。

代表的なエフェクターも装備されていて、同時に3種類まで使用できます。BOSS KATANA Amp が1台あれば、いちいち外部のエフェクターを接続しなくても手軽に演奏を楽しめます。

19010606

BOSS KATANA Amp は、便利に使える自宅用のアンプを探している方におすすめです。

■ 関連リンク

BOSS Katana Amp

長田進 meets BOSS KATANA【デジマート特集】

■ 関連記事

ギターアンプ BOSS KATAN AMP が気になる (2018/8/26)

ヤマハ YAMAHA ギターアンプ THR10Cをレビュー (2014/11/29)

【買い物リスト】
BOSS KATANA-HEAD Guitar Amplifier ギターアンプ
仕様:
定格出力: 30W (内蔵スピーカー動作時), 100W (外部スピーカー接続時)
スピーカー: 12cm x 1
コントロール:
  PRESENCE, MASTER, POWER CONTROL(STANDBY/0.5W/50W/100W), POWER
  [AMPLIFIER] AMP TYPE(ACOUSTIC/CLEAN/CRUNCH/LEAD/BROWN), GAIN, VOLUME
  [EQUALIZER] BASS, MIDDLE, TREBLE
  [MULTI EFFECT] BOOSTER/MOD, DELAY/FX, REVERB, TAP
  [TONE SETTING] CH1, CH2, CH3, CH4, PANEL
入出力端子:
  INPUT, AUX IN, REC OUT/PHONES
  SEND, RETURN, LINE OUT, SPEAKER OUT
  EXP PEDAL/CTL CH1/CH2, GA-FC
  MIDI IN, USB, AC IN
寸法: 470 (W) × 228 (D) × 215 (H) mm
質量: 8.8 kg
購入価格: \41,040 (税込)
購入場所: さくら山楽器楽天市場


| | コメント (0)

2018年8月26日 (日)

ギターアンプ BOSS KATAN AMP が気になる

近ごろ急にギターアンプが欲しくなりました。購入を考えているのは「BOSS KATAN AMP」です。さっそく気になるスペックを調べてみました。


● KATANA AMP の特徴

ギターアンプといえば、チューブ (真空管) アンプが定番です。チューブアンプにはあこがれはありますが、いざギターアンプを購入するとなると、どうしても取り扱いの簡単なソリッドステートアンプに目がいってしまします。

BOSS KATANA AMP は BOSS が開発したプロ仕様のアンプである「BOSS WAZA AMP」のサウンドを継承し、ソリッドステートアンプながらもチューブアンプに負けない極上のトーンが得られるのが最大の特徴。他にも BOSS KATANA AMP には次のような特徴があります。

  • CLEAN、CRUNCH、LEAD、BROWN、ACOUSTIC の5種類のアンプモデル
  • 3VOLUME、3BAND-EQ+PRESENCEを備えた操作系
  • BOOSTER/MOD、DELAY/FX、REVERB の5つのコントロールに各3タイプの合計15種類から3つまで同時使用が可能なエフェクター内蔵
  • 専用エディター BOSS TONE STUDIO を使えば、55種類のエフェクトから15種類を選択可能
  • 大音量での迫力ある音質を自宅の小音量でも得られる POWER CONTROL 機能

エフェクターまで内蔵しているので、これ一台あれば自宅、スタジオからライブまで、すべてをカバーすることができます。

● KATANA AMP のラインアップ

KATANA AMP の主要ラインアップは次の4種類。

  • KATANA-50
  • KATANA-100
  • KATANA-100/212
  • KATANA-HEAD

3種類はアンプヘッドとスピーカーキャビネットが一体になったコンボモデル。KATANA-HEAD はアンプヘッドのモデルで、対応するスピーカーキャビネットとして KATANA-Cabinet221 が別売されています。

他に主要モデルから派生した特定の用途に対応するモデルがそろっています。

  • KATANA-Artist: プロ用ハイグレードモデル
  • KATANA-Air: ワイヤレスモデル
  • KATAN-MINI: バッテリー駆動ポータブルモデル

● KATANA AMP 主要モデルの比較

主要モデル4種類は、出力だけではなく細かいスペックも微妙に異なります。

  • KATANA-50
    50W、30cm×1スピーカー、PRESENCEなしTONE SETTING 2メモリーLINE OUT端子なしSEND・RETURN端子なしGA-FC端子なし
  • KATANA-100
    100W、30cm×1スピーカー、PRESENCEあり、TONE SETTING 4メモリー、LINE OUT端子あり、SEND・RETURN端子あり、GA-FC端子あり
  • KATANA-100/212
    30cm×2スピーカー、その他 KATANA-100 と同じスペック
  • KATANA-HEAD
    30W (内蔵スピーカー)、100W (外部スピーカー)、12cm×1スピーカーMIDI IN端子あり、その他 KATANA-100 と同じスペック

ちなみに、GA-FC はチャンネル切り替えの他にエクスプレッションペダルの接続もできる専用フットコントローラーです。

とにかく KATNA AMP のサウンドを手頃な値段で手に入れたい方には、シンプルなスペックの KATANA-50 がおすすめ。

もう少し本格的なギターアンプが欲しい方には KATANA-100 がおすすめです。

KATAN-HEAD はアップヘッドでありながら、スピーカーも内蔵しているユニークなモデル。自宅ではコンパクトなコンボアンプとして使える上に、スタジオやライブではキャビネットと接続して余裕の100W出力が可能です。

私の場合は、自宅でしか使わないので、大出力は必要ありません。ただし、SEND・RETURN端子は欲しいので、KATANA-HEAD を買うつもりです。

■ 関連リンク

Katana Amp - Boss.info

■ 関連記事

ヤマハ YAMAHA ギターアンプ THR10Cをレビュー (2014/11/29)

| | コメント (0)