エフェクター

2019年7月20日 (土)

ボス BOSS SY-1 Synthesizer 発表!

ローランド (Roland) から新しいコンパクトペダル”BOSS SY-1 Synthesizer”が発表になりました。

Dl01_sy1

BOSS SY-1 Synthesizerの主な特徴は次のとおり。

・コンパクト・ペダル・タイプの本格的なポリフォニック・ギター・シンセサイザー
・専用ピックアップ不要
・121種類のシンセ・サウンド
・レイテンシー・フリーの自然な弾き心地

早速デモ映像も公開になっています。

発売予定日は2019年9月14日 (土) で、市場価格は税込21,600円のようです。

Dl02_sy1_panel

Roland は、かなり以前からギターシンセサイザーを開発、販売していますが、ついにコンパクトエフェクターサイズを実現しました。

専用ピックアップを必要としないギターシンセサイザーとしては、すでに”SY-300”という製品がありますが、あまり話題になりませんでした。しかし、今回はコンパクトペダルサイズということで大きな話題になりそうです。

バンドにキーボードが参加している中でギターシンセサイザーが必要なのかと疑問を持つのが一般的ですが、古くからギタリストにもシンセサイザーの需要はあります。

有名なところでは、パット・メセニー (Pat Metheny)、アラン・ホールズワース (Allan Holdsworth) が思い浮かびます。意外なところで最近知ったのですがラリー・カールトン(Larry Carlton) も一部の曲でギターシンセサイザーを使用しています。

税抜販売価格が20,000円という手頃な価格も魅力。発売開始が楽しみな製品です。

■ 関連リンク

BOSS - SY-1 | Synthesizer


 

|

2019年1月 5日 (土)

Line 6 Helix LT ギタープロセッサーを買いました

2018年の年末にギター・プロセッサー Line 6 Helix LT (ラインシックス ヒーリックス エルティ) を購入しました。

19010501

● ラインナップの増えた Helix ファミリー

かなり以前からギタープロセッサーの Line6 Helix が欲しいと思っていたのですが、ギターが1本買えるような値段の上に、使いこなす自信が無かったので、なかなか購入に踏み切れませんでした。

そうこうしていると、手が届く価格でサンド面での性能は同じという Helix LT が登場。さらに、HX Effects や HX Stomp と次々にラインナップが増えました。

19010502

最新の HX Stomp は手が届く価格とコンパクトなサイズが魅力。発売すると当時に購入の候補にあがりました。最終的には、後で本格的なものが欲しくなるかも知れないと考えて、 Helix LT を購入することに決めました。

● Line 6 Helix LT 実機レビュー

19010503

実機が届いたので、まずはプリセットサウンドを試してみます。さすがにプロが現場で使うだけあって、サウンドのリアルな質感はすごいものがあります。本格的なアンプとキャビネットのシミュレーターを Helix LT で初めて使ってみたのですが、リアルな再現性は想像以上でした。

19010504

今のところはプリセットを試すだけで精一杯ですが、もう少し慣れてきたら自分でサンドメイキングにトライするつもりです。

楽器店の店頭でみた時には気づかなかったのですが、Helix LT はかなりの設置スペースを必要とします。自宅で使う際には、雑誌2冊半を横に並べたくらいの少し大きな設置スペースを確保する必要があります。

19010505

● Line6 Helix Backpack プレゼント期間中

今回は、プレゼント期間中ということで別売の専用キャリングケース Line6 Helix Backpack が Helix LT と一緒に送られてきました。

19010506

送られてきた荷物をみると、キャリングケースのサイズが大きいことに驚きました。収納量は多いようですが、ギターとこのキャリングケースの両方を持ち歩くのは少し難しいようです。

Helix または Hleix LT が収納できることはもちろんですが、シールドケーブルなどのアクセサリの他に15インチサイズのノートブック型PCまで収納できるようです。

キャリングケースの持ち手は側面と上部の2カ所にあります。また、背面には収納可能なストラップがあるので、バックパックとしても使えます。

■ 関連リンク

Helxi LT - Line 6 Japan - line6.jp

Line 6 / Helix LT【デジマート製品レビュー】

■ 関連記事

Line 6 HX Effects が気になる (2018/5/20)

Line 6 Helix LT 発売決定!! お買い得価格 サウンドそのまま (2017/4/9)

【買い物リスト】
Line 6 Helix LT
仕様:
  プリセット・ロケーション: 1024 (4プリセット x 32バンク x 8セットリスト)
  アンプ数: 62, エフェクト数:104, キャビネット数:37, マイク数:16
  液晶: 6.2インチ
  コントロール:
    SAVE, MENU, PRESET, HOME/VIEW, AMP, BYPASS, ACTION,
   
JOYSTICK, PAGE, VOLUME, KNOB x6, BANK S/W, PRESET S/W,
    STOMP S/W, MODE S/W, TAP/TUNER S/W,
    EXPRESSION PEDAL, GROUND LIFT S/W
  入出力端子:
    EXP PEDAL 2/EXT AMP, GUITAR IN, SEND/RETURN x2,
    XLR OUT x2, 1/4" OUT x2, HEADPHONE OUT
    VARIAX IN, MIDI IN, MIDI OUT/THROUGH,
    AES/EBU-L6 LINK OUT, USB, AC IN
寸法: 530
(W)×303 (D)×93 (H) mm
重量: 5.7 kg
購入価格: \138,240 (税込)
購入場所: イケベ楽器楽天ショップ


|

2018年10月21日 (日)

Line 6 HX Stomp が気になる

Line 6 からフラッグシップのマルチプロセッサー「Helix (ヒーリックス)」を小型サイズのパッケージに凝縮した高機能ギタープロセッサー「HX Stomp(エイチエックス・ストンプ)」が登場しました。

1810050101

(写真提供 ヤマハ)

 

HX Stomp には、Helix と同じ DSP チップと HX モデリングエンジンが搭載され、300種類以上のアンプ、キャビネット、エフェクト、ルーパーが内蔵されています。さらに、ストンプボックス・モデラーに含まれる人気の高いエフェクトも追加されています。

Helix や Helix LT などと同じくカラー LED リングを装備したフットスイッチを3つ搭載。最大6種類のアンプ、エフェクトを使用可能です。

注目は小型サイズにもかかわらず、豊富な入出力系統を装備しているところ。ステレオのインプットとアウトプット、エクスプレッションペダル/フットスイッチインに加えて、エフェクトループ、MIDIイン・アウト、USBが搭載されています。エフェクトループ端子があるので、4ケーブルメソッドによるアンプとの接続も可能です。

気になる市場価格は次のとおり。

  HX Stomp  79,920円 (税込)
  Helix  192,240円 (税込)
  Helix LT  138,240円 (税込)
  HX Effects  79,920円 (税込)

HX Effects はアンプシミュレーター機能が無いので、他のモデルと比べて少し特殊です。近いうちに Helix LT を買うつもりだったのですが、HX Stomp の登場で選択が難しくなりました。

■ 関連リンク

HX Stomp - Line 6 Japan - line6.jp

デジマートマガジン【Line 6/HX Stomp】

|

2018年5月20日 (日)

Line 6 HX Effects が気になる

YOUNG GUITAR 2018年6月号の”Line 6 HX Effects の華麗なる音世界”を読んでいると、Line 6 HX Effects が気になりはじめました。

1801260302

(写真提供: ヤマハ)

Line 6 HX Effects は Line 6 Helix シリーズの備えるモデリングアンプとスピーカーキャビネットの機能を取り除き、エフェクターだけに特化した製品。機能が豊富で使いやすい Helix をもっと手軽にマルチエフェクターとして使いたいというニーズにぴったりの製品です。

Line 6 HX Effects は、Helixと同じオーディオ・エンジンを採用しているので、Helix に搭載されているすべてのエフェクトが使用できる上に、”LEGACY”と呼ばれる追加のエフェクトも使用できます。

使いやすい Helix の操作性も継承した Line 6 HX Effects は、手持ちのペダルボードに組み込む用途にもぴったりです。

1801260303

(写真提供: ヤマハ)

リア・パネルには、エクスプレッションペダルに対応する PEDAL/EXT AMP 端子があるので、エクスプレッションペダルを接続すれば、ボリュームコントロールやワウコントロールも可能です。センド/リターン端子も装備されているので、アンプのプリアンプを使用した4ケーブルメソッドでの接続も可能です。

重量も約 2.3 kg と軽量なので、持ち運びにも便利。市場価格が税込80,000円でおつりがくるレベルなので、なんとか手が出そうです。

Line 6 HX Effects は、Helix までは不要だけど、使いやすいマルチエフェクターが欲しい方におすすめです。

■ 関連リンク
HX Effects - Line 6 Japan
http://line6.jp/hx-effects/

Line 6 / HX Effects【デジマート・マガジン製品レビュー】
https://youtu.be/bitZ00xhaak

■ 関連記事
Line 6 Helix LT 発売決定!! お買い得価格 サウンドそのまま (2017/4/9)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2017/04/line-6-helix-lt.html

BOSS Guitar Effects Processor GT-001を購入 (2015/5/16)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2015/05/boss-guitar-eff.html

【参考データー】
Line 6 HX Effects
寸法: D200 mm x W274 mm x H76 mm
重量: 約 2.3 kg
市場価格: ¥79,920 (税込)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LINE6 HX Effects 【ikbp5】
価格:79920円(税込、送料無料) (2018/5/20時点)


| | コメント (0)

2018年4月28日 (土)

BOSS GT-1000 2018年発表のフラッグシップモデル を見てきた

2018年発表のギター用マルチエフェクターのフラッグシップモデル「BOSS GT-1000」の実機を見てきました。

神戸三宮の島村楽器では、Line 6 Helix と BOSS GT-1000 を並べて展示してあるので、サイズを比較することができました。

BOSS GT-1000 を Line 6 Helix と比較すると、BOSS GT-1000 は Line 6 Helix よりちょうどひと回りぐらいサイズが小さくなっています。サイズは同じくらいと勝手に思い込んでいたので、これには少し驚きました。

数値で比較してみると、やはり差があることが分かります。質量でみると、GT-1000 はHelix Floor の半分程度になっているようです。

【マルチエフェクター比較】

  • BOSS GT-1000
    サイズ: W462×D248×H70 mm、質量: 3.6 kg、市場価格: 108,000円
  • Line 6 Helix Floor
    サイズ: W560 x D300 x H91 mm、質量: 6.7 kg、市場価格: 192,240円
  • Line6 Helix LT
    サイズ: W530 x D303 x H93 mm、質量: 5.7 kg、市場価格: 138,240円
  • Fractal Audio Systems AX8
    サイズ: W410 x D262 x H101mm、質量: 5.4 kg、市場価格: 210,600円

価格もライバル機種と比較して挑戦的な価格設定になっています。これを一つ持っていけば、スタジオでもライブでも自分の音が出せるので、BOSS のエフェクターが好きな人におすすめです。

■ 関連リンク

Roland ニュースリリース

製品プロモーション動画

■ 関連記事

Line 6 Helix LT 発売決定!! お買い得価格 サウンドそのまま (2017/4/9)

BOSS Guitar Effects Processor GT-001を購入 (2015/5/16)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BOSS 《ボス》 GT-1000 【ご予約受付中!】【oskpu】
価格:108000円(税込、送料無料) (2018/4/27時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Line6 《ライン6》Helix LT【あす楽対応】【送料無料!】【oskpu】
価格:138240円(税込、送料無料) (2018/4/27時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Fractal Audio Systems AX8 [Multi-Effects Pedalboard] 【新製品AMP/FX】
価格:210600円(税込、送料無料) (2018/8/18時点)


| | コメント (0)

2017年4月 9日 (日)

Line 6 Helix LT 発売決定!! お買い得価格 サウンドそのまま

Line 6 がギタープロセッサー『Helix LT(ヒーリックス・エルティー)』を4月29日(土)より発売するというニュースをキャッチしました。

1704060101

(写真提供: ヤマハ)

前から欲しいと思っていた Line 6 / Helix ですが、Line6 / Helix LT はその廉価版です。

最大の特徴は、フラッグシップモデルである「Helix」「Helix Rack」と同様に、パワフルなデュアルDSPを駆使した「HXモデリングエンジン」を搭載していること。

すなわち、設定データは完全互換なので、Helix で編集した設定データを Helix LT でそのまま使用、再現できます。専用のパソコンソフトウエア「Helix Edit」を使用すれば、Mac や Windows などのパソコン上で音色やパッチを編集できるところも全く上位機種と同じです。

Helix からの大きな変更点は、各フットスイッチに設けられていた液晶ディスプレイがなくなったこと。代わりに、各フットスイッチのアサイン状況を大型ディスプレイに表示できるようになっています。

他にも、外部端子の数が少なくなっていたり、筐体の素材がアルミからスチールとABS樹脂に変わっていたりします。

1704060104
(写真提供: ヤマハ)

YouTube では早くもデモやレビュー動画がアップされていますが、サウンドエンジンが同じこともあってどれも評価が高いようです。

結論的には、サウンドは上位機種と同じなので、よほど特殊な用途で使うのでなければ、「Helix LT」で十分ということのようです。もちろん、コストパフォーマンスも「Helix LT」の方が良い。

Helix は 20万円オーバーの高級機なので、なかなか手がでませんでしたが、Helix LT なら頑張れば手に入りそうです。Line6 / Helix LT が欲しくなりました。

■ 関連リンク
Line 6 サイト
http://line6.jp/

ヤマハ/ニュースリリース
https://www.yamaha.com/ja/news_release/

【参考データ】
LINE6 (ライン6) / Helix LT
サイズ: 53.0×30.3×9.3 cm
重量: 約5.7 kg
主な仕様:
  -デュアルDSP HXモデリングエンジン
  -800 x 480 ピクセル 6.2 インチ 大型LCDディスプレイ
  -62種類のアンプ、37種類のキャビネット、16種類のマイク、104種類のエフェクト
  -キャパシティブセンシティブ・フットスイッチ
  -最大2台のエクスプレッションペダル
  -外部アンプ切替え
  -MIDIコントロール
市場価格: 138,240円 (税込)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LINE6 Helix LT 【4月下旬発売予定】
価格:138240円(税込、送料無料) (2017/4/9時点)


| | コメント (0)

2015年5月16日 (土)

BOSS Guitar Effects Processor GT-001を購入

BOSSのギター用マルチエフェクターGT-001を買いました。

15051701

電子マネーWAONのポイントがあるので何か使い道がないかと考えていた時に,三宮にある島村楽器神戸三宮店ではWAONが使えることを知りました。ちょうどギター用のエフェクターが欲しかったので,BOSSのGT-001を全額WAONで購入しました。WAONカードのチャージの上限は5万円ですが,WAONに現金を追加して買い物をすることもできるようです。

15051702

あいにくお店にはGT-001の在庫がなかったので,メーカーから取り寄せてもらうことにしました。2日後にお店から入荷したと連絡があったので引き取りに行ってきました。

15051703

箱を開けてみると,取扱説明書やPCで操作するためのソフトは付属せず,どちらもWEB上からダウンロードするようになっていました。電源アダプターは付属しています。

15051704

実際のGT-001を手にしてみると,想像以上に軽量コンパクトでした。重量はたったの500 gしかないので,ギター用ギグバックのポケットに入れて持ち運んでも全く苦になりません。自宅で使うときもコンパクトでじゃまになりません。

15051705

マルチエフェクターなので,これ一つで何でもできます。搭載されているエフェクターの数は,BOSSのフラッグシップモデルであるGT-100と全く同じです。マルチエフェクターは設定が面倒なのですが,このGT-001はUSBでPCと接続すれば専用のBOSS TONE STUDIO editor/librarianというソフトウエアが使えます。パッチのパラメータ編集やライブラリーの編集がPCの画面上で手軽にできます。おまけにGT-001に接続したギターの音をUSB経由でPCのDAWソフトに録音もできるので,オーディオインターフェイスとしても使えます。

15051706

とりあえずギターとアンプを接続してプリセットのパッチで試奏してみます。プリセットだけでも200種類のパッチがあります。これだけ種類があればプリセットだけでもかなり使えそうです。

15051707


□関連情報
メーカー情報
http://jp.boss.info/

【買い物リスト】
BOSS Guitar Effects Processor GT-001
ギター用マルチエフェクター
寸法: 211W×135D×58H mm
接続端子:
  GUITAR IN端子(標準タイプ)
  MIC IN端子(XLRタイプ、バランス、ファンタム電源)
  AUX IN端子(ステレオ・ミニ・タイプ)
  OUTPUT(L/Mono,R)端子(標準タイプ)
  ヘッドホン端子(ステレオ・ミニ・タイプ)
  CTL/EXP端子(TRS標準タイプ)
  USB COMPUTER端子(USBタイプB)
  DC IN端子
重量: 500 g
電源: ACアダプタ(付属)またはUSBバスパワー
購入価格: \32,400
購入場所: 島村楽器神戸三宮

| | コメント (0)