エレキギター

2019年3月 3日 (日)

アイバニーズ Ibanez Edge トレモロアームの締め付け調整

2019年1月に購入したアイバニーズのエレキギター Ibanez Prestige RG657MSK には”Edge”と呼ばれるオリジナルのダブルロックトレモロユニットが搭載されています。

Edge トレモロユニットに使用されているテフロンワッシャの代替品を試してみましたのでご紹介します。

● Edge トレモロユニット

19030302

Ibanez オリジナルのトレモロユニット”Edge”は、2点支持ナイフエッジによるスムースなアクションを実現したダブルロックタイプのトレモロユニット。Steve Vai (スティーブ・ヴァイ) や Joe Satriani (ジョー・サトリアーニ) など、一流のプロギタリストが好んで使うというの代表的なトレモロユニットです。

Edge のトレモロアームはプッシュイン方式のワンタッチ取り付け。トレモロアームの締め付け調整はなく、トレモロアーム差し込み部分に上下二つあるテフロンワッシャの着脱で調整します。

● トレモロアームの締め付けを調整したい

購入したばかりの状態でトレモロアームを取り付けてみると、やや力を入れてプッシュインする感じです。

Edge トレモロユニットはさすがに仕上がり精度が高く、トレモロアームのがたつきが全くありません。演奏している時のトレモロアームのがたつきによるストレスが全くないのでプロが愛用する理由も分かります。

問題はトレモロアームの締め付けの程度ですが、購入したばかりの状態ながら、かなり緩い状態でした。アームから手を放すとアームが下に垂れ下がってぶらぶらと揺れる状況です。

トレモロアームの締め付けは人によって好みが違います。個人的には、手を離してもアームがそのままの位置で動かないぐらいが好み。手を放した時にアームがぶらぶらするのは、視覚的にも好みではありません。

プロはどうしているのか気になったので、Steve Vai のライブ映像をチェックしてみると、かなり固いセッティングにしているようでした。

● ABS 丸パイプ 6で締め付けを調整

19030301

トレモロアームの締め付けをもう少し固くしたいのですが、マニュアルを見てもテフロンワッシャの脱着による調整方法しか書いてありません。

テフロンワッシャはスペアが2個付属していますが、市販はされていないようです。ネットで調べてみると”ABS 丸パイプ 6”というものが代替品として使えるとの情報がありました。

ホームセンターに行ってみると ABS 丸パイプ 6 は簡単に手に入りました。値段は150円程度でした。1メートルの長さがあるので、1本あれば十分です。

ABS 丸パイプは、4ミリの長さに切断した後で、縦に切込みを入れます。長さはわずかに長い側に切断し、後でやすりで高さを微調整するとちょうど良い高さに仕上がります。

今回は、下側のテフロンワッシャだけを ABS パイプに交換してみました。

19030303

アームの締め付け具合は、縦方向の切込み量によって調整します。このあたりは、実際にアームに取り付けてみながら調整していきます。

最終的に手をはなすとアームがスーッと下がる状態に調整できました。もう少し固めでも良かったのですが、まずはこれで使ってみるつもりです。

■ 関連リンク

Ibanez Guitars

■ 関連記事

アイバニーズ Ibanez Prestige RG657MSK を買いました(購入編) (2019/1/19)

アイバニーズ Ibanez j.custom RG8570Z を買いました(購入編) (2018/5/12)

|

2019年2月17日 (日)

アイバニーズ Ibanez Prestige RG657MSK のトラスロッド調整

アイバニーズのエレキギター Ibanez Prestige RG657MSK のトラスロッド調整を行いました。実際の作業内容をご紹介します。

● ネックの反りと弦のビビり

19012001

2019年1月に Ibanez Prestige RG657MSK を購入。ギターを手に入れるとすぐに弦交換と簡単なセットアップを行います。

弦交換を終えて試奏してみると、1フレットから3フレットにかけてのローフレットを指で押さえた時に弦がびびることに気が付きます。6弦側では気になりませんが、1弦側では金属音的な音がして気分が良くありません。

ネット上で情報を調べてみると、ローフレットで弦のびびりが出るのは、ネックに逆反りがある場合の症状のようです。

そこで、1フレットとネックジョイント部のフレットを指で押さえて、8フレットから10フレット付近を見ると弦とフレットのすき間がほとんどない状態。どうやらネックの逆反りがありそうです。

● ネックはいきなり調整せずに少し様子を見る

どうやらネックに逆反りがあることがわかりましたが、ここでいきなりネックの反りを調整することはしません。

このギターがショップから届いた時は弦が緩んだ状態だったので、チューニングをして弦による通常のテンションをネックに掛けた状態でしばらく様子をみることにしました。

2、3週間ほど経過した段階でギターのコンディションをふたたびチェックすると、ローフレットでの弦のびびりは多少改善されましたが、やはり弦のびびりが残った状態でした。

ネックの反りを確認してみると、やはり逆反りのようです。ここで、ようやくトラスロッドを回してネックの反りを調整することにします。

● トラスロッド調整でネックの反りを調整する

19021701_2

Ibanez Prestige RG657MSK の場合、トラスロッドはヘッドストック側のトラスロッドカバーの下に隠れています。まずは、No.0の精密ドライバーでトラスロッドカバーを分解します。

トラスロッドを確認したところで小さな問題が発生。トラスロッドがテンションバーの下の位置にあることが判明。テンションバーの分解が必要になりそうです。

19021702

ここで慌てずに、まずは専用のレンチをトラスロッドにあててみます。すると、レンチは問題なくトラスロッドにセットできることを確認。どうやらテンションバーの分解は不要のようです。

トラスロッド調整にあわせて弦のチューニングもやり直すので、この時点でロックナットも分解しておきます。ロックナットのナットキャップを分解するには3mmの六角レンチを使用します。

今回はネックの逆反りを修正するので、トラスロッドを緩める方向に回します。ヘッドストック側から見て反時計方向にトラスロッドを回すので、6弦側から1弦側にレンチを回します。

角度にして30度から45度程度まで回したところで、ギターの状態を再チェックします。すると、ローフレットを押弦した時の弦のびびりが解消されたことが確認できました。

次にネックの反りをチェックしてみると、弦とフレットの間に程よい隙がある状態になっています。どうやらトラスロッド調整はこれでよさそうです。

19021703

後はトラスロッドカバーを取り付け、チューニングをしてロックナットを再組み立て。その後、ブリッジにあるファインチューナーでチューニングの最終調整を行います。

● 最後に弦高を調整するとベストコンディションになった

19021704

トラスロッドの調整が終わったギターをあらためて試奏してみます。ローフレットでコードを鳴らしてみると、1弦のびびりによる金属音が無くなり、美しい和音が響きます。

弦のびびりも無くなったので、最終的に弦高を調整します。今回は最終フレットで1弦は1.5mmに、6弦は2.0mmになるようにブリッジのスタッドを調整します。

19021705

冬場はどうしても空気が乾燥するので、ネックの反りが発生しやすいようです。今回のトラスロッド調整でギターがベストな状態になりました。

これまでのギターではネックの反りは順反りばかりで、逆反りは今回初めての経験でした。ネックの反りと関係があるのかどうか分かりませんが、トラスロッドを調整してからチューニングも安定するようになりました。

■ 関連リンク

Ibanez guitars

■ 関連記事

アイバニーズ Ibanez Prestige RG657MSK を買いました(購入編) (2019/1/19)

アイバニーズ Ibanez j.custom RG8570Z を買いました(購入編) (2018/5/12)

|

2019年2月 9日 (土)

Saito Guitars S-624MS がアップデートされるらしい

洗練されたデザインと考え抜かれたスペックのギターを生み出す齋藤楽器工房。

その齋藤楽器工房で製作されるコンポーネントギター Saito Guitars S-624MS が2019年にアップデートされるという情報をキャッチしました。

この記事では、現時点で分かっている情報をご紹介します。

S-624MS は1弦側648mm、6弦側672mmのマルチスケールを採用したギター。フィンガーボードの上に放射状に斜めに打たれた fanned-fret (ファンドフレット) を採用しています。

スタンダードな Saito S-622 は22フレットですが、Saito S-624MS は24フレットになっています。

公開された Twitter の記事によれば、アップデート内容は次のとおり。

  • New Body Shape
  • New Headstock
  • New Slant Humbucker
  • New SAITO HTI Bridge
  • G-Gotoh SG381 MG-T Lock Tuners

これまでのボディシェイプは、丸みを帯びたホーン部分を持つオーソドックスなスタイルでしたが、公開された写真を見るとホーン部分にエッジを効かせたデザインに変更されています。

ヘッドストック部分もボディシェイプの変更にあわせて現行モデルより鋭角的なデザインに変更されています。

ハムバッカーピックアップは、これまでの弦と直角に交わる配置から ファンドフレット にあわせて、スラント配置に変更。

ブリッジは、これまでの3連ブリッジを2個組み合わせた構造から、個々に独立したブリッジを6個組み合わせてスラント配置した構造に変更されています。

チューニングマシンは、HIP SHOT Classic Open Guitar Tuning Machines から GOTOH SG381 MG-T Lock Tuners に変更されています。GOTOH SG381 はコンポーネントギターでは定番の国産チューニングマシンなので、安心感があります。

他にも、指板上のポジションマークがないのが、Saito Guitars のスタンダードでしたが、アップデートされた S-624MS では1弦側の指板上にオフセットされたホワイトドットのポジションマークを装備しています。

アップデートされたモデルが発売になったら欲しくなってしまいそうです。

■ 関連リンク

Saito Guitars

Saito Guitars -facebook

■ 関連記事

HSH のギターが気になる (2016/11/6)


|

2019年1月26日 (土)

アイバニーズ Ibanez Prestige RG657MSK-STB レビュー

アイバニーズのエレキギター Ibanez Prestige RG657MSK-STB を購入しました。ファーストインプレッションをご紹介します。

● アタックが速く、高音域が良く伸びるサウンド

19012601

メイプルフィンガーボードのギターは初めてだったのですが、実際に試奏してみると予想どおりのサウンドでした。

アンプを接続しない生鳴りの状態で弾いてみると、高音域が良く伸びる心地良いサウンドを実感できます。軽いサウンドで深みのない印象もありますが、私は好きなサウンドです。

アンプに接続するとアタックが非常に速いことを実感できます。クリーントーンでのカッティングはとても気持ち良く演奏できます。

歪ませた音で演奏すると高音域を含んだ広がりのあるサウンドが得られます。高音域が伸びる分だけミッドは少し不足するような感じがしますが、十分に使えるサウンドになっています。

ハムバッカーのネックピックアップでもかなりブライトなトーンのサウンドなので、3シングルコイルのギターのように、あえてネックピックアップでソロをプレイするという使い方もできそうです。

● プレイアビリティの高いネックと高精度のトレモロユニット

19012603

”Super Wizard HP”と呼ばれる Ibanez 独自の幅広で薄いネックは、手の小さい人でも演奏しやすいネック。ただし、一般的な厚みのネックに慣れた方には最初に違和感があるかもしれません。

私の場合は、FUJIGEN Expert Elan と Ibanez j.custom RG8570Z でこの独特の薄いネックに触れているので、全く違和感なくグリップできました。おもしろいことにローズウッドフィンガーボードよりメイプルフィンガーボードの方が、よりネックの薄さを感じるようでした。

Ibanez オリジナルの”Edge”は Floyd Rose (フロイド・ローズ) タイプの正統派ダブルロックトレモロユニット。Joe Satriani(ジョー・サトリアーニ)など、一流のプロギタリストも好んで使うという一級品だけに、動きがとてもなめからで、つくりの精度の高さを感じることができます。

意外だったのは、Edge にはトレモロアームの締め付け調整がないことです。トレモロアームについたテフロンワッシャでトレモロアームの動きをコントロールするのですが、程よいトルクで違和感なく使えました。

ただし、長期間使用するとテフロンワッシャが劣化して緩んでくるので、その場合は交換する必要があるようです。

● シルキーオークの杢目とサンセットバーストカラーのコンビネーション

19012604

一目見て欲しいと思っただけあって、シルキーオークの杢目と2トーンのバーストカラーフィニッシュのコンビネーションは美しいの一言に尽きます。

ローズウッドフィンガーボードではなく、メイプルフィンガーボードと組みわせることで、、さらにサンセットバーストのフィニッシュが映えます。

また、ボディと同じデザインを施したマッチングヘッドが満足度を高めてくれます。

ボディサイドとボディバックをナチュラルフィニッシュとすることで、ギター全体が暗くなるのを防いでいます。

高級感のあるアイボリーのセルバインディングが、ボディからネック、ヘッドストックにも施されており、上位モデルの証しになっています。

● 大満足のトータルインプレッション

19012607

衝動買いに近い状況で買ったギターでしたが、結果的には大満足でした。

これまでメイプルフィンガーボードは避けていたのですが、Ibanez Prestige RG657MSK-STB を手に入れて、その良さを実感できました。やはり何事も食わず嫌いは良くないようです。

Ibanez Prestige RG657MSK-STB は既に生産終了しているようですが、この記事を書いている2019年1月の時点では、わずかながらも新品が手に入る状況です。

リミテッドではなくスタンダードラインナップのギターですが、2017年発表のモデルゆえ、すでにあまり市場には出回っていないようです。

もうしばらくすると新品は手に入らなくなるので、プレミアム感が増してさらに満足度の高いギターになると思います。シルキーオークという特殊な材を使っている点でも希少価値のあるギターです。

今回はメーカー希望小売価格の50%オフに近い価格で買えたので、新品ではおそらくこれが底値だと思います。

しばらくの間は、このギターを弾き込んでみるつもりです。

■ 関連リンク

Ibanez guitars

デジマート 楽器と音楽機材専門の検索&総合情報サイト

■ 関連記事

アイバニーズ Ibanez Prestige RG657MSK を買いました(購入編) (2019/1/19)

アイバニーズ Ibanez Prestige RG657MSK を買いました(仕様編) (2019/1/20)

【買い物リスト】
Ibanez Prestige RG657MSK-STB (Sunset Burst)
アイバニーズ プレステージ RG657MSK-STB (サンセットバースト)
仕様:
  Color: Sunset Burst
  Body Material: Silky Oak Top/Mahogany Back
  Body Finish: Polyester
  Neck Material: 5pc Maple/Walnut
  Neck Shape: Super Wizard HP
  Scale Length: 648 mm [25.5"]
  Fingerboard Material: Bound Birdseye Maple
  Fingerboard Radius: 430 mm [17"]
  Number of Frets: 24
  Fret Size: Jumbo
  Nut Material: Lock Nut
  Nut Width: 43 mm
  Position Inlays: Black Dot
  Neck Pickup: DiMarzio Air Norton (Humbacker)
  Middle Pickup: DiMarzio True Velvet (Single Coil)
  Bridge Pickup: DiMarzio The Tone Zone (Humbacker)
  Controls: Volume, Tone, 5-Way Pickup Selector
  Bridge: Edge locking tremolo
  Neck Joint: 4-Bolt w/o Neck Plate
  Tuning Machines: GOTOH SG381
  Hardware Color: Cosmo black
  Strings: D'Addario EXL120 (.009"-.042")
  Weight: 3.7 kg (Measured)
  Accessories: Hardshell Case, Multi Tool
参考価格: \245,000 (税抜)
通常価格: \198,450 (税込)
購入価格: \149,040 (税込、特価 43% OFF)
購入場所: アイキョクミュージックプラザ アピタ長久手店 デジマート
(MADE IN JAPAN)


|

2019年1月20日 (日)

アイバニーズ Ibanez Prestige RG657MSK を買いました(仕様編)

アイバニーズ のエレキギター Ibanez Prestige RG657MSK を購入しました。今回は購入したギターの仕様をご紹介します。

Ibanez Prestige は国内大手ギターメーカーの FUJIGEN (フジゲン) でOEM生産されるメイド・イン・ジャパンのギター。今回購入したのは2017年に発表された Ibanez Prestige RG657MSK というモデルです。なお、このモデルは2019年時点ですでに製造終了になっています。

● Body

19012001

ボディは美しいシルキーオーク材のトップにアフリカンマホガニー材のバック。ボディトップ材といえば、フレイムメイプルやキルトメイプルが定番ですが、このギターではめずらしいシルキーオーク材が使用されています。

● Neck

19012002

ネックはメイプル材とウォルナット材を組み合わせた5ピース構造。Ibanez 独自の”Super Wizard HP”と呼ばれる薄いネックは、1フレットで厚み 17 mm、12フレットで厚み 19 mm という驚異の薄さを実現しています。

ネック背面はUシェイプで、手になじむサラサラとした手触りのマットフィニッシュ。

ネックとボディの接合はジョイントプレートのないブッシュ止めの4点ボルト固定。ヒール部分はR面取り加工がされており、ハイフレットまで無理なくアクセスできます。

<< j.custom との違い >> j.custom のネックヒールは、Prestige と同じ R面取り加工に加えて、ヒール高さがなだらかなに変化する加工が施されています。

● Fingerboard

19012004

フィンガーボードには鳥の目のような杢目が美しいバーズアイメイプル材を使用。

フィンガーボード曲面は半径 430 mm で、一般的なギターより平面に近い曲面になっています。

フレット線はジャンボサイズで、フレット端部は”Prestige fret edge treatment”と呼ばれる、丹念な面取り加工がなされています。

フィンガーボード表面のポジションマーカーは、一目でポジションを把握できるブラックドットを採用。

<< j.custom との違い >> j.custom のフレット端面は、フジゲンオリジナルブランドのギターでも採用されている球面仕上げになっています。

● Headstock

19012003

ヘッドストックは Ibanez RG シリーズ共通のエッジの効いたオリジナルシェイプ。

トップにボディトップと同じシルキーオーク材を貼り合わせ、ボディと同じサンセットバーストのフィニッシュが施されたマッチングヘッドになっています。

Ibanez のロゴは、おそらくマザーオブパール (白蝶貝) が使用されているものと推測されます。

ヘッドストックはネックに対して角度を持たせたアングルドヘッド構造。また、ヘッドの付け根部分をを補強するため、Volute (ボリュート) と呼ばれるナット裏のネックとヘッドストックの境界部分が少し太くなった構造になっています。

ヘッドにあわせてデザインされたトラスロッドカバーはブラックで、ミーラーの縁取りが付いています。

● Tuner

19012008

チューナーは動きがスムースで高精度なゴトー製 GOTOH SG381 を装備。

● Bridge

19012006

ブリッジは2点支持ナイフエッジ構造を持つ Ibanez オリジナルのダブルロッキングトレモロ”Edge”を搭載。トレモロ下のボディ表面は深く削り込まれており、アームアップ操作も可能です。

トレモロアームはプッシュイン方式のワンタッチ取り付け。トレモロアームの締め付け調整はなく、トレモロアーム差し込み部分に上下二つあるテフロンワッシャの着脱で調整します。

<< j.custom との違い>> j.custom のブリッジは”Edge-Zero”でゼロポイントシステム (ZPS) を装備しています。

● Pickups

19012007

ピックアップは、USA製 DiMarzio ピックアップをダイレクトマウント。

ネックポジションには”Air Norton”(ハムバッカー)、ミドルポジションには”True Velvet”(シングルコイル)、ブリッジポジションには”The Tone Zone”(ハムバッカー)を搭載しています。

● Controls

19012005

コントロールはボリューム,トーン,5ウエイ・ピックアップ・セレクターを装備。

5ウェイ・ピックアップ・セレクターは、ネックピックアップとミドルピックアップ、そしてブリッジピックアップという3種類のポジションは通常通りで、さらにミドル&ネック内側コイルのハーフトーン、ミドル&ブリッジ内側のコイルのハーフトーンも出力するオートタップ機能付き。

ボリューム及びトーンのコントロールノブはメタルドームノブを採用。

シールドケーブルを接続するジャックはボディサイドにあります。

<<j.custom との違い>> j.custom のジャックもボディサイドにありますが、ジャックがボディサイドに加工された穴の中にあり、演奏中にジャックがじゃまにならない工夫がされています。

● Finish

19012009

ボディトップのフィニッシュは美しい杢目を生かした Sunset Burst。ボディサイドとボディバックは、素材の風合いを生かしたナチュラルフィニッシュになっています。

ボディトップ、ネック、ヘッドストックには、アイボリーのセルバインディングが施されています。

チューナー、ストラップピン、コントロールノブ、ブリッジのハードウエアカラーはすべてコスモブラックで統一されています。

● Accessories

19012010

ギターには、Ibanez オリジナルの ABS樹脂製ハードケースが付属。

アクセサリーとしては、トレモロアーム、スペアのテフロンワッシャ、マルチツールが付属しています。これらのアクセサリーは、”TEAM J.CRAFT”の透明ケースに収納されています。

19012011

実際にギターを試奏してみたファーストインプレッションは別の記事でご紹介します。

<< j.custom との違い >> j.custom のハードケースは、網目のような模様が入っていますが、Prestige のハードケースには模様は入っていません。ただし、この違いはシリーズの違いによるものではなく、年代によるモデルチェンジかもしれません。

■ 関連リンク

Ibanez Guitars

■ 関連記事

アイバニーズ Ibanez Prestige RG657MSK を買いました(購入編) (2019/1/19)

【買い物リスト】
Ibanez Prestige RG657MSK-STG (Sunset Burst)
アイバニーズ プレステージ RG657MSK-STB (サンセットバースト)
仕様:
GENERAL
  Model: Prestige RG657MSK-STB
  Color: STB (Sunset Burst) Gloss Finish

BODY
  Body Wood: Silky Oak top/Mahogany Back
  Body Finish: Gloss
  Body Shape: RG

 NECK
  Neck Wood: Maple/Walnut 5 pc
  Neck Finsih: Matt
  Neck Shape: U-Shape
  Scale Length: 648 mm [25.5"]
  Fingerboard Wood: Birdseye Maple
  Fingerboard Radius: 430 mm
  Number of Frets: 24
  Fret Material: Nickel Silver
  Fret Size: Jumbo 2.79 mm x 1.45 mm [0.11" x 0.057"]
  Nut Material: Lock Nut w/Bar
  Nut Width: 43 mm
  Position Inlays: Black Dot
  Headstock Finish: Matching Headstock

ELECTRONICS
  Neck Pickup: DiMarzio Air Norton, Humbucker, Black
  Middle Pickup: DiMarzio True Velvet, Single Coil, Black
  Bridge Pickup: DiMarzio The Tone Zone, Humbucker, Black
  Controls: Volume, Tone, 5-Way Pickup Selector Switch

HARDWARE
  Bridge: Edge Tremolo Bridge, Cosmo Black
  Tuning Machines: GOTOH SG381, Cosmo Black
  Pickguard: None (Rear Route)
  Control Knobs: Dome Metal Knob, Cosmo Black
  Switch Tip: Balck
  Neck Joint: Bolt-on, All Access Neck Joint
  Strap Pin: GOTOH EP-B3

MISCELLANEOUS
  Strings:  D'Addario EXL120 (.009"-.042" Gauge)
  Weight: 3.7 kg (Measured)

ACCESSORIES
  Original Hardshell Case, Multi Tool

参考価格: ¥245,000 (税抜)
通常価格: ¥198,450 (税込)
購入価格: ¥149,040 (税込) 43% OFF
購入場所: アイキョクミュージックプラザ アピタ長久手店 デジマート
(MADE IN JAPAN)

 

 


 

|

2019年1月19日 (土)

アイバニーズ Ibanez Prestige RG657MSK を買いました(購入編)

アイバニーズのエレキギター Ibanez Prestige RG657MSK を購入しました。はじめにギター手に入れるまでの経緯をご紹介します。

19011901

● メイプルネックのギターが欲しい

2018年12月の時点で所有している現役のギターは Fujigen (フジゲン) 2台、Suhr (サー) 2台、Ibanez (アイバニーズ) 1台の合計5台です。

これらギターの共通点はいずれもフィンガーボードがローズウッドになっていること。これはギターを選ぶ上でどうしても譲れない自分の中のこだわりでした。

初めて自分で購入したギター YAMAHA SA-2000S のフィンガーボードががエボニーだったこともり、メイプルのフィンガーボードを避けているところがありました。

ところが、最近になって好みが変わったのか、メイプルフィンガーボードのギターが急に欲しくなりました。メイプルフィンガーボードの魅力はボディカラーとのコントラストの差によるギターの外観の美しさです。

19011902

● バーストカラーへの憧れ

メイプルフィンガーボードのギターで何か良いものがないかと、楽器専門検索サイトのデジマートをみていると、Ibanez Prestige RG657MSK-STG を見つけます。

Ibanez RG657MSK を一目見て惚れ込んだのは、シルキーオークのボディトップに、杢目を引き立たせるサンセットバーストのフィニッシュを施した美しいルックスです。シルキーオークはギターの素材としてはあまり使われることのない木材ですが、はっきりとした杢目に好印象を持ちました。

杢目とバーストカラーのギターは前から欲しかったので、Ibanez Prestige RG657MSK-STG を見つけるとすぐに欲しくなります。

Ibanez j.custom RG8570Z をすでに持っている上に、これがまた大満足のギターなので、同じRGシリーズである Ibnez Prestige RG657MSK ならボディフィニッシュ以外のスペックも全く問題なしです。

Prestige シリーズは j.custom シリーズと同様に日本の大手楽器メーカーであるフジゲンのOEMによるメイド・イン・ジャパンなので、品質面も問題なさそうです。

19011903

● デジマートでお買い得のギターを発見

欲しいギターが見つけると、次に価格リサーチを行います。今回も満足度を優先させるため、中古ではなく新品の特価品を探します。

まずはいつも利用している楽天市場で販売価格を調べてみると、17万円程度のものを見つけます。

さらに、デジマートでも販売価格を調べてみると、43%オフの15万円を切る価格で販売されているものを発見しました。

デジマートではいつも検索するだけで、実際に買い物をしたことがないので、楽天市場とどちらにするか悩んだのですが、2万円の価格差は大きいので、今回は思い切ってデジマートで買い物をしてみることにしました。

19011904

● 保管スペースの確保

2018年12月初めの時点で欲しいギターは決まっていたのですが、実際に注文するまでにはさらに1か月程度悩みました。

資金の方は何とかなりそうですが、すでにギターは5台も持っているので、さらにもう1台買っても良いのかという疑問があります。また、ギターが1本増えるとなると室内の保管スペースも問題です。

そこで、まずは年末年始の休みを利用して部屋の整理に取り組みます。持ち物の整理を大胆に進めたところ、部屋の中がすっきりとしてギターの保管スペースも何とか確保できました。

その後、年が明けて1週間たってもギターを買うことを決断できずにいたのですが、いろいろと考えるうちに、ギター以上に欲しいものが無いことがはっきりしたので、思い切ってギターを買うことにしました。

19011905

● 届いたギターのチェック

木曜日の夜にデジマートでギターを注文すると、金曜日の午前中に発送、土曜日の朝には自宅近くの配達店まで到着しました。ちょうど土曜日の午前中に出かける用事があったので、あらかじめ電話で連絡を入れてヤマト運輸の配達店に荷物を引き取りに行きました。

今回購入したギターは店頭に展示していたもの。多少のきずは覚悟していたのですが、実際に受け取ったギターをチェックしたところ完全な美品できずは全くありませんでした。

さすがに弦は全体的に錆が発生した状態でしたが、購入店の納品書と一緒に D'Addario (ダダリオ) の弦が1セット同封されていました。

フレットにも若干のくもりがあるようなので、試奏の前に弦を交換してギター全体をクリーニングしました。

ちなみに、ギターのクリーニングに使用したのは、レモンオイルとポリッシュです。

FERNANDES [フェルナンデス]  ナチュラルレモンオイル

HISTORY HPP3 ポリッシュ 【ヒストリー】

ギターの詳しいスペックとレビューは別の記事でご紹介します。

■ 関連リンク

Ibanez guitars

デジマート 楽器と音楽機材専門の検索&総合情報サイト

■ 関連記事

アイバニーズ Ibanez j.custom RG8570Z を買いました(購入編)(2018/5/12)

【買い物リスト】
Ibanez Prestige RG657MSK-STB (Sunset Burst)
アイバニーズ プレステージ RG657MSK-STB (サンセットバースト)
仕様:
  Color: Sunset Burst
  Body Material: Silky Oak Top/Mahogany Back
  Body Finish: Polyester
  Neck Material: 5pc Maple/Walnut
  Neck Shape: Super Wizard HP
  Scale Length: 648 mm [25.5"]
  Fingerboard Material: Bound Birdseye Maple
  Fingerboard Radius: 430 mm [17"]
  Number of Frets: 24
  Fret Size: Jumbo
  Nut Material: Lock Nut
  Nut Width: 43 mm
  Position Inlays: Black Dot
  Neck Pickup: DiMarzio Air Norton (Humbacker)
  Middle Pickup: DiMarzio True Velvet (Single Coil)
  Bridge Pickup: DiMarzio The Tone Zone (Humbacker)
  Controls: Volume, Tone, 5-Way Pickup Selector
  Bridge: Edge locking tremolo
  Neck Joint: 4-Bolt w/o Neck Plate
  Tuning Machines: GOTOH SG381
  Hardware Color: Cosmo black
  Strings: D'Addario EXL120 (.009"-.042")
  Weight: 3.7 kg (Measured)
  Accessories: Hardshell Case, Multi Tool

参考価格: \245,000 (税抜)
通常価格: \198,450 (税込)
購入価格: \149,040 (税込、特価 43% OFF)
購入場所: アイキョクミュージックプラザ アピタ長久手店 デジマート
(MADE IN JAPAN)


|

2019年1月12日 (土)

Ibanez Prestige シリーズに2019年モデルが登場

年が明けて、Ibanez (アイバニーズ) 2019年モデルの詳細が明らかになりました。

新しく追加された2019年モデルから気になるギターをピックアップしてご紹介します。

● NAMM 開催と Ibanez 2019年モデル

毎年1月になると国際楽器見本市 NAMM がアメリカアナハイムで開催されます。

世界中の楽器メーカーがこの NAMM の開催時期にあわせてその年のニューモデルを投入してきます。

Ibanez からもたくさんのニューモデルが NAMM に向けて追加されています。

今年の注目は、Prestige (プレステージ) ラインに加わった RG5000 シリーズです。

● Ibanez Prestige RG5000 シリーズの概要

RG5000 シリーズの特徴は次のとおり。

  • ステンレスフレット
  • Luminlay (ルミンレイ) サイドドット
  • バーズアイメイプル・フィンガーボード
  • Bare Knuckle (ベアナックル) / Fishman (フィッシュマン) ピックアップ

明るいトーン、耐久性と滑らかな触感が特徴のステンレスフレットが Ibanez Prestige のラインナップに加わりました。

ネックサイドのポジションマークには、ライブステージなど暗いところでもポジションを識別できる日本製の蓄光素材 Luminlay を採用。

指板には鳥の目に似た模様の杢目が美しいバーズアイメイプルを使用。

ピックアップには、ハンドワイヤードの Bare Knuckle Brute Force や アクティブピックアップの Fishman Fluence Modern Humbucker が搭載されています。

次に、RG5000 シリーズの中から代表的なモデルをピックアップします。

● Ibanez RGR5220M-TFG、オールラウンドに使えるリバースヘッドモデル


Ibanez RGR5220M-TFG (Transparent Fluorescent Green)

RGR5220M-TFG は攻撃的な印象のリバースヘッドが目をひくギター。

ボディトップのフィニッシュは杢目を生かした Transparent Fluorescent Green で、サイドとバックはナチュラルフィニッシュになっています。

ピックアップは2ハム仕様で、ハンドワイヤードピックで評価の高い英国ピックアップメーカー Bare Knuckle の Brute Force を搭載。

Bare Knuckle Brute Force はセラミックマグネットを採用した高出力ピックアップです。

コイルタップスイッチを搭載し、3ウェイピックアップセレクターとの組み合わせで、豊富なバリエーションのトーンが得られます。

● Ibanez RG5120M-FCN、Fishman Fluence 搭載の2ハムバッカーモデル


Ibanez RG5120M-FCN (Frozen Ocean)

RG5120M-FCNは、きらびやかな Frozen Ocean フィニッシュが美しいギター。

アクティブピックアップで注目されている Fishman Fluence Modern Humbucker をネック側とブリッジ側に搭載した2ハム仕様になっています。

Ibanez といえば、ハイゲインの DiMarzio (ディマジオ) ピックアップ搭載がこれまでの定番でした。

アクティブピックアップの代名詞ともいえる EMG を搭載したスポットモデルはこれまでにありましたが、スタンダードモデルへのアクティブピックアップ搭載はこれまでの常識を打ち破る挑戦的なスペックです。

● Ibanez Prestige RG5121-DBF、Fishman Fluence 搭載のノントレモロ

Fishman Fluence Modern Humbucker を搭載したモデルにはノントレモロタイプの Ibanez Prestige RG5121-DBF もあります。

RG5121-DBF はボディ材にアフリカンマホガニー、フィンガーボードにはマッカーサーエボニーを使用しています。


Ibanez Prestige RG5121-DBF (Dark Tide Blue Flat)

● 魅力的な Ibanez Prestige RG5000 シリーズ

NAMM 2019 にあわせてラインナップに投入された Ibanez のニューモデルをご紹介しました。

ご紹介した Ibanez Prestige RG5000 シリーズは、これまでの Ibanez とは違う革新的なスペックのギター。

新しい年を迎えて、何か新しいギターを探している方におすすめです。

■ 関連リンク

Ibanez -New Gear for 2019

【NAMM 2019】【Ibanez】Prestigeシリーズより、Bare Knuckleピックアップ/リバースド・ヘッド採用モデルを含む全5種の新製品が登場!

■ 関連記事

アイバニーズ Ibanez j.custom RG8570Z を買いました(購入編)(2018/5/12)

アイバニーズ Ibanez j.custom RG8570Z を買いました(仕様編)(2018/5/13)

アイバニーズ Ibanez j.custom RG8570Z レビュー (2018/5/19)

改定A: 情報を追加。RG5121の内容を追加 (2019-1/21)。

| | コメント (0)

2018年9月15日 (土)

Fender Made In Japan Hybrid Indigo が気になる

Fender Made In Japan Hybrid シリーズに新色インディゴ (Indigo) が登場しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Fender Made in Japan Hybrid Stratocaster (Indigo/Maple) [Made in Japan] 【ikbp5】
価格:116640円(税込、送料無料) (2018/9/9時点)


Fender Made In Japan Hybrid シリーズは,定番モデルのルックスはそのままにモダンなスペックを取り入れたプレイアビリティに優れたギター。安心の日本製で品質が安定している点も魅力です。その Hybrid シリーズに新色 Indigo が登場しました。

Indigo は日本の伝統的な「藍」をベースにしたカラー。通常のブルーとは違う独特の雰囲気が魅力です。ボディカラーにあわせて,ホワイトパールピッグガードを装備し,ピックアップカバーやコントロールノブも定番の Aged white ではなく White が採用されています。

ネックはメイプルサテンフィニッシュのみで、ローズフィンガーボードはラインナップされていません。

Indiogo のラインナップは、Stratocaster、Telecaster、Jazz Base、そして新たに追加された Jazzmaster の4モデルです。

Fender Made In Japan Hybrid のモダンなスペックにはビンテージカラーではなく,モダンカラーが似合うと前から思っていたのですが,Indigo を見ると正解だと確信しました。これで,SSHピックアップでローズフィンガーボードのモデルが出たら確実に買います。

Fender Made In Japan Hybrid Indigo は使い勝手のよいギターにカラーリングで個性を演出したい方におすすめです。

■ 関連リンク

FENDER

Made in Japan Hybrid StratocasterR Indigo - Shop Fender

デジマートマガジン【Fender/Made in Japan Hybrid】

| | コメント (0)

2018年9月 2日 (日)

Fenderから春畑道哉 (TUBE) の日本製シグネイチャーモデル発売

Fenderから春畑道哉 (TUBE) さんの日本製シグネイチャーモデル,”MICHIYA HARUHATA STRATOCASTER”が発売されました。


Michiya Haruhata Stratocaster は,2011年にカスタムショップより発売された”Michiya Haruhata Stratocaster III”を日本製のクオリティかつ低価格で再現したモデル。

キルトメイプルトップの杢目を生かしたカリビアンブルーのフィニッシュが目をひく爽やかな印象のギターです。

リバースラージヘッドというユニークなデザインに,ダブルロッキングトレモロシステムや,DiMarzio (ディマジオ) 製のハムバッキングピックアップを搭載した実用的なスペックが特徴。

HSH構成のピックアップは,普通の Stratocaster とは異なりボディにダイレクトマウントされています。

ボディ材には,サウンドのレスポンスを重視したメイプルトップにアッシュバックを採用。

このギターを見ただけで,春畑道哉さんシグネイチャーモデルと分かる特徴的なギターですが,ファンでなくても欲しくなる魅力を持っています。しかも,これだけのスペックにも関わらず,販売価格は税込174,960円ですから,とてもお買い得です。

実用的なストラト系のギターを手に届きやすい値段で欲しい方にお勧めです。

■ 関連リンク

FENDER

春畑道哉シグネイチャーモデル「MICHIYA HARUHATA STRATOCASTERR」発売決定!

|

2018年9月 1日 (土)

Paul Reed Smith Silver Sky を見てきました

話題のエレキギター「Paul Reed Smith Silver Sky」の実機を見てきました。WEB上のレビュー記事も参考にしながら、特徴をまとめてみました。


● PRS Silver Sky の概要

Paul Reed Smith (PRS) Silver Sky は、グラミー賞ミュージシャンの John Mayer (ジョン・メイヤー) とギターメーカー Paul Reed Smith (ポール・リード・スミス) のコラボレーションによる PRS GUITARS の最新シグネイチャーモデルです。

Fender (フェンダー)、Gibson (ギブソン) に続く、三大ギターメーカーに数えられる PRS GUITARS はプロの愛用者も多い注目のギターメーカー。PRS Custom 24 に代表されるダブルカッタウェイを持つ独自デザインのギターが有名です。PRS Silver Sky は、従来の PRS とは全く異なるフェンダーストラトキャスター (Fender Stratocaster) に近いシェイプを持つギターになっています。

● PRS Silver Sky のこだわり

PRS Silver Sky は、単なるストラトタイプのギターではありません。細部までジョンとポールのこだわりが詰まったギターになっています。

ヘッドストック形状は従来のPRSオリジナル形状をベースに、ナット側のくびれ部分が非対称な形状に変更されています。これは、シェイクハンド・グリップで親指をネックに掛けてネックを握りこむジョンの演奏スタイルにあわせて変更されているようです。ヘッドストック形状の変更にあわせて、低音弦と高音弦のペグがオフセット配置に見直されています。

ペグはギアカバー付きの Kluson (クルーソン) タイプでボタンがプラスチック製です。ビンテージスタイルのペグですが、PRS 独自のロック機構がしっかり採用されています。

ネック形状は60年台のビンテージ形状を踏襲し、指板のアールも 7.25インチを採用しています。一般的な PRS の指板アールは10インチなので、ヘッドストックと同様にシェイクハンド・グリップでネックを握り込む演奏スタイルに適しています。

スケールはロングスケールの 25.5 インチを採用。PRS と言えば、ロングスケールとミディアムスケールの中間にあたる 25 インチが大きな特徴。ここでも思い切った選択をしています。

ペグと同様にブリッジにはビンテージスタイルの6点ビス止めシンクロナイズドトレモロを採用。ただし、PRS 独自のナイフエッジスクリューを採用してチューニングのずれを防止しています。サドルもビンテージスタイルのベントスチール製が採用されています。

ピックアップは新開発の 635JM シングルコイル・ピックアップを3機搭載。PRS には珍しいシングルコイル・ピックアップで、ビンテージギターを思わせる独特のトーンが特徴です。

フェイス・ジャックプレートは PRS により形状が見直され、シールドプラグをギターに差し込んだ時のプラグ角度を低く抑えて、トレモロアームと干渉しない設計になっています。

他にもまだまだ書ききれないほど、様々なこだわりの詰まったギターになっています。開発に2年間もかけただけのことはあります。

● PRS Silver Sky のおすすめ

ストラトシェイプのギターで定番のものとは少し違うビンテージスタイルのギターが欲しい方にはおすすめです。

ビンテージスタイルのギターは一般に高額ですが、 PRS Silver Sky は市場価格280,800円 (税込) で、何とか手に届く価格帯になっている点もうれしいところです。

カラーも Tungsten (シルバー)、Frost (ホワイト)、Horizon (レッド)、Onyx (ブラック) の4色から好みのものを選ぶことができます。個人的には、 Tungsten が Horizon がいいと思っています。

■ 関連リンク

Silver Sky | PRS Gutars

デジマートマガジン 製品レビュー

| | コメント (0)

より以前の記事一覧