« シンプルなデザインの電波時計 ニトリ電波デジタル時計ファシル | トップページ | アメリカでしか食べられない「タイソン チキンウイング」 »

2021/02/13

PRS Guitars 2021 New Model PRS Studio and PRS Special Semi-hollow

「PRSナローフィールドピックアップ」「PRS Studio」「PRS Special Semi-hollow」の二つの新しいモデルと共にCoreラインナップに戻ってきました。

Studio-model-eriza-verde1

「PRS Studio」と「PRS Special Semi-hollow」は、メイプル・トップ、マホガニー・バックのボディ、マホガニーネック、22フレット、25インチスケール、Gen IIIトレモロとフェーズ3ロッキングチューナーを搭載。

Studio-model-eriza-verde_a

二つのモデルの大きな違いは、搭載されるピックアップの構成で、PRS StudioはS-S-H、PRS Special Semi-hollowはH-S-Hのような構成になっています。

Studio-model-eriza-verde_b

「PRSナローフィールドピックアップ」は、ハムバッカーをサイズダウンして改良したもの。ノイズに強いハムバッカーの利点を備えながら音抜けの良いシングルコイルのようなサウンドを生み出します。サウンドは、ソープバーと呼ばれるP90ピックアップよりもハムバッカーをシングルコイルピックアップの大きさにサイズダウンさせたミニハムバッカーに近いようです。

幅の狭い設計となっていることに加えて、PRSナローフィールドピックアップは、ピックアップと弦の距離が指板の曲面に沿って一定になるように階段状(stair-stepped)になっています。

Studio-model-eriza-verde_c

「PRS Studio」は、ネックポジションとミドルポジションにナローフィールドピックアップ、ブリッジポジションにカバードタイプの58/18LTハムバッカーを搭載。トラディショナルなS-S-Hのギターをモダンに進化させたギターです。

コントロールは、ボリューム、プッシュプル・トーンと5ウェイ・ピックアップセレクター。トーンノブをプルすると、ブリッジポジションの58/18LTハムバッカーをコイルタップすることができます。ちなみに、58/18LTハムバッカーの”LT”は、”Low Turn”を表し、ナローフィールドピックアップにあわせて、コイルの巻き数を減らしているそうです。

Studio-model-eriza-verde_d

カラーは、Aquamarine/Dark Cherry Sunburst/Faded Whale Blueなどの定番カラーを含めて20種類ものバリエーションが用意されています。

Studio-model-eriza-verde_e

PRSのギターは、2ハムバッカーのモデルが中心なので、S-S-HやH-S-Hのギターのギターが好きな方には、「PRS Studio」や「PRS Special Semi-hollow」がおすすめです。

■ 関連リンク

PRS Guitars -Meet the New 2021 PRS Products

■ 関連記事

PRS Guitars 2021新製品発表、注目は「PRS Fiore」(2021/01/23)

| |

« シンプルなデザインの電波時計 ニトリ電波デジタル時計ファシル | トップページ | アメリカでしか食べられない「タイソン チキンウイング」 »