« 『学校では教えてくれない! 英文法の新常識』で英文法の知識をアップデート | トップページ | Line 6 Helix LT の置き場所に悩む »

2019/08/25

Ibanez With a difference j.custom 2019年モデル第1弾を考察

2019年6月に発売になった Ibanez (アイバニーズ) With a difference j.custom 2019年モデル第1弾 "JCRG1901"を考察してみました。

Iris16011428_tp_v

フリー写真素材ぱくたそ

● With a difference j.custom とは

”With a difference j.custom”は、Ibanez (アイバニーズ) のギターでもその年だけに限定生産される特別なモデル。毎年のように斬新なスペックが盛り込まれたギターになっています。

● 20mm短い628mmスケール

RGモデルにはこれまで 648mm (25.5インチ) のロングスケールを採用していましたが、JCRG1901 では 20mm 短い 628mm (24.75インチ) のミディアムスケールを採用。ミディアムスケールは、Gibson のギターで採用されています。

ボディサイズも変更されており、スタンダードサイズよりも約2%小さなボディ幅となっています。おそらくスケール長の変更にあわせてギター全体のバランスがとれるようにボディサイズを変更したもの推測します。

● ローステッド・メイプル材のネック

RGモデルでは初となる、ローステッド・メイプル材のネックが採用されています。ただし、AZモデルのように1ピース材ではなく、メイプル材を加熱処理したローステッド・メイプル材3ピースとマホガニー材2ピースと組み合わせた特殊なネックになっています。

ネックバックは従来どおりサテン仕上げになっています。

● ホンジュラス・マホガニー材のボディ

希少木材の一つであるホンジュラス・マホガニー材がセンター2ピースの構成でボディに使用されています。いわゆる”ホンマホ”を使ってくるあたりは特別なモデルに限定した仕様と考えられます。

ボディトップにはキルトでもフレイムでもない独特の杢目が美しいエキゾチック・メイプル材が使用されています。

● Bare Knuckle “True Grit” ピックアップ

ピックアップは、Bare Knuckle (ベア・ナックル) の”True Grit”ハムバッカーを2基搭載。

Bare Knuckle は、手巻きのエレキギターピックアップを専門とする英国のブランド。そのピックアップは、英国にてすべてハンドメイドで生産されます。

”True Grit”ハムバッカーはアルニコVマグネットを採用した手巻きのピックアップ。アウトプットレンジはミディアムで、太くてリッチなクリーンなトーンとパンチの効いたドライブトーンが特徴。

Bare Knuckle Pickups Humbucker True Grit

Ibnaez RG モデルと言えば、DiMarzio (ディマジオ) ピックアップが定番ですが、2019年モデルの Ibanez Prestige RGR5220M-TFG には Bare Knuckle の”Brute Force ”ピックアップが搭載されています。ギターに搭載するピックアップも時代の変化を取り入れているようです。

● ”JCRG19 Wizard”ネック・シェイプ

Ibanez と言えば幅広で薄いネックが特徴ですが、JCRG19 のネックの厚みは、ナット位置で19mm、12フレット位置で21mmと、やや厚みを残したネック・シェイプになっています。

2019年の最新AZシリーズでもネックの厚みは従来より増やした仕様になっていますので、最近のトレンドを踏まえてネックシェイプも見直しがかかっているものと思われます。

● エボニー材指板

指板には、エボニー材が選択されています。Ibanez RG モデルでは珍しい仕様です。近年のローズウッド材の希少化を意識した仕様かもしれません。

● JESCAR製ステンレス・フレット

JESCAR製ステンレス・フレットを採用。クラウンの高さは1.4mm、幅2.28mmとなっています。調べてみると、米国メーカー Suhr (サー) のギターにも採用されているミディアムサイズのようです(Jescar FW55090-S、W.090" X H.055")。

ステンレス・フレットの採用もやはり最近のトレンドを取り入れたもの。2019年の Ibanez Prestige RG5000 シリーズでも採用されています。

● まとめ

Ibanez With a difference j.custom 2019年モデル第1弾 "JCRG1901"はギター界のトレンドを盛り込んだ最先端のギターになっています。

大阪心斎橋の楽器店で実機を見てきましたが、カラーを含めたフィニッシュもみごとなものでした。

限定品だけに、販売価格 646,920円 (税込) という高価なギターですが、間違いなく現時点で最高峰のギターの一つだと思います。

■ 関連リンク

Ibanez News With a difference j.custom 2019年モデル第1弾 "JCRG1901"


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Ibanez 《アイバニーズ》j.custom JCRG1901 (Blue Opal) #E19305 【あす楽対応】
価格:646920円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)

|

« 『学校では教えてくれない! 英文法の新常識』で英文法の知識をアップデート | トップページ | Line 6 Helix LT の置き場所に悩む »