« アイバニーズ Ibanez j.custom RGA8420 を買いました(仕様編) | トップページ | YOUNG GUITAR 2019年9月号 特集 スリップノット »

2019/08/10

アイバニーズ Ibanez j.custom RGA8420 レビュー

 アイバニーズのエレキギター Ibanez j.custom RGA8420-SDF を購入しました。ファーストインプレッションをご紹介します。

| プレイアビリティ (演奏性)


● ハイフレットのアクセス性

19081004

 実機を手にして分かったのですが、RGA はボディバックのカッタウェイ部分もボディトップと同様に削り込み加工が施されています。これにより、24フレットのハイフレットまでストレスなくアクセスできます。ここは RG シリーズと大きく異なる部分です。

● ポジションマークの視認性

 フィンガーボードに施された”Tree of Life”の美しいインレイは、見た目の派手さと引き換えにポジションの視認性が悪いのではと誤解されがちです。ところが、実際に演奏してみると、目標になるポジションには目立つ装飾を配置するなど考えられたデザインになっているので、ポジションの視認性は全く問題ありません。私自身は、Tree of Life インレイでも他のギターと全く同じように意識せずプレイできます。単純に慣れの問題だと思います。

 余談ながら、最近ではフィンガーボード上のポジションマークをあえて無くし、フィンガーボード横のポジションマークだけにしたデザインも一般化しています。日本の Saito Guitars (齋藤楽器工房) や ポーランドの Mayones Guitars (メイワンズ) などが有名です。

| ファンクション (機能) 


● 使いやすい Lo-Pro Edge トレモロユニット

19081001

 出っ張りの少ない”Lo-Pro Edge”はとても良くできたトレモロユニットです。トレモロユニットのファインチューナ部分が手に引っかかることが無いので、ブリッジミュートの時もじゃまになりません。また、フラットで機能的なデザインはルックスも良く、ギター全体のデザインともマッチします。

 Lo-Pro Edge のトレモロアームは、ワンタッチのプッシュインタイプ。これは確かに便利なのですが、”Edge”と同様にアームの締め付けトルクを調整する機能がないのが少し物足りない部分です。

 RG シリーズの j.custom モデルには、Lo-Pro Edge と違いトレモロユニットを常にセンター位置 (Zero Point) に保とうとする働きを持つゼロポイントシステム (ZPS3) を装備した”Edge-Zero”が搭載されています。ゼロポイントシステムは便利ですが、アーム操作が重いなどのデメリットもあります。RGA については、搭載されている Lo-Pro Edge で満足しています。

● 個性あふれる DiMarzio Fusion Edge ピックアップ

 RG シリーズと異なる専用ピックアップ”DiMarzio Fusion Edge”が搭載されていることも RGA を選んだ理由の一つ。単体販売されていないので、他では手に入らないということも魅力の一つです。

 ツーハムバッカーの RGA8420 にはコイルタップスイッチがしっかり搭載されています。Ibanez RG シリーズは”S-S-H”のピックアップ構成が主流で、意外にコイルタップスイッチがありません。RGA8420 のコイルタップスイッチは搭載されているピックアップとの相性が良くサウンド的にも実用的なので、とても気に入っています。

| サウンド


レンジの広いモダンサウンド

19081002

 ギターのルックスから HM/HR 向けのサウンドをイメージする RGA シリーズですが、実際には搭載されているピックアップの影響もあってクセのないレンジの広い鳴りで、硬質なサウンドになっています。ビンテージトーンとは真逆のサウンドキャラクターで、いわばモダントーンになっています。ちょうど EMG のアクティブピックアップを搭載したギターを想像してもらえれば RGA のサウンドキャラクターがイメージできると思います。

 コイルタップしたときのシングルコイルサウンドにも芯があって使える音になっています。セラミックマグネットを採用した DiMarzio Fusion Edge ピックアップをコイルタップした時のサウンドはとても気に入りました。

● 音づくりのしやすさ

 メイプルトップにマホガニーバックと定番ボディ材から生み出されるサウンドは、ミッドレンジのしっかりした音づくりがやりやすいサウンドです。好みの問題もあると思いますが、私はメイプルトップにマホガニーバックの組み合わせが大好きです。

| ルックス


19081003

 ホーン部分のエッジの効いたデザインと丸みを帯びたアーチトップをミックスした印象的なルックスが目を惹きます。他人とは違う、少し個性的なデザインのギターが欲しい方にはぴったりのギターだと思います。

 フレイムメイプルの縞模様がはっきり分かるブルーのバーストカラーは高級感があります。アメリカのギターメーカー Tom Anderson (トムアンダーソン) のギターに Natual Black to Dark Blue Burst というフィニッシュがあるのですが、それに近いフィニッシュになっています。艶消しのマットフィニッシュは、細かな傷がついても分かりにくいメリットもあります。

| トータルインプレッション


 全体的に大満足のギターです。Ibanez j.custom RG8570Z を持っているので、同じようなギターを持つことを危惧していたのですが、サウンドも含めて全くキャラクターが異なるギターでした。

 Ibanez j.custom モデルは、Ibanez のギターの中でもメイドインジャパンの最高峰グレードだけあって、全体的に精度の高い仕上がりになっています。フレットエッジが球面に加工されるなど、随所にこだわりが見られます。これで30万円前後の価格ですから、他のコンポーネントギターと比較しても圧倒的にコストパフォーマンスが良いと思います。

 Ibanez j.custom RGA8420 は、すでに RG シリーズをお使いの方にもぜひ試して頂きたいおすすめのギターです。

■ 関連リンク

Ibanez guitars

デジマート 楽器と音楽機材専門の検索&総合情報サイト

■ 関連記事

アイバニーズ Ibanez Prestige RG657MSK を買いました(購入編)(2019/1/19)

アイバニーズ Ibanez j.custom RG8570Z を買いました(購入編)(2018/05/12)

【買い物リスト】
Ibanezj.custom RGA8420-SDF (Sodalite Flat)
アイバニーズ ジェイカスタム RGA8420-SDF (ソーダライトフロート)
仕様:
  Color: Sodalite Flat (Natural Black to Blue Burst)
  Body Material: AAA Flamed Maple top/African Mahogany back
  Body Finish: Polyester
  Neck Material: 5pc Maple/Walnut neck w/KTS Titanium rods
  Neck Shape: j.custom Wizard HP
  Fingerboard Material: Bound selected Rosewood
  Fingerboard Radius: 430 mm [17"]
  Number of Frets: 24
  Fret Size: Jumbo
  Position Inlays: Tree of Life
  Nut Material: Lock nut
  Nut Width: 43 mm
  Scale Length: 648 mm [25.5"]
  Neck Pickup: DiMarzio Fusion Edge neck (Humbucker) (Passive/Ceramic)
  Middle Pickup: ---
  Bridge Pickup: DiMarzio Fusion Edge bridge (Humbucker) (Passive/Ceramic)
  Controls: Volume, Tone, 3-Way pickup selector, Coil tap mini switch
  Bridge: Lo-Pro Edge tremolo bridge
  Neck Joint: 4-Bolt w/o neck plate
  Tuning Machines: GOTOH SG381
  Hardware Finish: Cosmo Black
  Strings: D'Addario EXL120 (.009-.042)
  Weight: 3.9 kg (Measured)
  Case/Gig Bag: Hardshell Case M20RG

通常価格: ¥324,000 (税込)
購入価格: ¥259,200 (税込) 20%OFF
購入場所: 島村楽器 デジマートアウトレット店 ミーナ町田店
(MADE IN JAPAN)

|

« アイバニーズ Ibanez j.custom RGA8420 を買いました(仕様編) | トップページ | YOUNG GUITAR 2019年9月号 特集 スリップノット »