« YOUNG GUITAR 2019年9月号 特集 スリップノット | トップページ | ギター・ベース用湿度調整剤のおすすめ »

2019/08/17

Jim Dunlop FLOW STANDARD ギター用ピックをレビュー

 Jim Dunlop (ジム・ダンロップ) FLOW STANDARD ギター用ピック を買いました。さっそく使ってみましたのでレビューをご紹介します。

19081701

● ジム・ダンロップの FLOW STANDARD ギター用ピック

 ジム・ダンロップの FLOW は、前から一度使ってみたいと思っていたギター用ピック。お盆休みに大阪心斎橋のアメリカ村まで出かけたついでに Jim Dunlop FLOW STANDARD 1.0 mm を買ってきました。

 FLOW STANDARD の特徴は独特のピックシェイプ。ティアドロップを少し変形したようなシェイプですが、これが弦とピックの摩擦を軽減し、なめらかなピッキングを実現しています。また、FLOW STANDARD には表面にすべり止めのディンプル加工が施されています。

19081703

● 素材の違いで2種類

 ジム・ダンロップの FLOW ピックには Ultex (ウルテックス) 素材のものと Tortex (トーテックス) 素材のものがあるのですが、今回手に入れたのはウルテックスのものです。

 ウルテックスは Ultem (ウルテム) の商品名で流通しているポリエーテルイミド樹脂。トーテックスは Delrin (デルリン) の商品名で流通しているポリアセタール樹脂にジム・ダンロップがコーティングを施したものです。

 ウルテックス、ウルテムは高い強度と剛性が特徴で、爪やべっ甲に近い素材とされています。トーテックス、デルリンは優れた耐摩耗性が特徴ですが、表面がさらさらで滑りやすいのが難点です。販売価格はウルテックスのものが一般的なのものより高いようです。トーテックスは一般的なピックと販売価格は同じです。

● ピッキング抵抗の少ない滑らかな使い心地

 実際に FLOW STANDARD ピックでギターを演奏してみたのですが、確かにピッキングの抵抗が小さく、滑らかにピッキングできることを実感できました。エッジピッキングでピックの側面を弦にこすりつけてピッキングしても、目立った削れがなく耐摩耗性も問題なさそうです。

 ピック表面のディンプル加工のすべり止めのおかげでしっかりとピックをグリップできます。演奏中にピックが滑って手の中でピック回ることもありませんでした。

 ジム・ダンロップのピックは、厚みのバリエーションでカラーを変えているで、好みでピックのカラーを選べないのが残念な点です。

● おわりに

 Jim Dunlop FLOW STANDARD ピックはピッキング抵抗を減らして滑らかなピッキングができます。価格は1枚あたり税抜150円と少し高いですが、それだけの価値はあります。ぜひ一度使ってみることをおすすめします。関西でも店頭に置いてある楽器店は少ないようですが、ネット通販でも購入することができます。

 私自身は、これまで Grover Allman (グローバー・オールマン) のビンテージセルロイドピックを愛用していましたが、今後は Jim Dunlop FLOW STANDARD ピックも使うつもりです。

19081702

■関連リンク

Jim Dunlop FLOW STANDARD

■関連記事

Grover Allman Pro Pick Vintage Celluloid Blue を買いました (2017/08/06)

【買い物メモ】
Jim Dunlop FLOW STANDARD PICK 1.0 mm
ジム・ダンロップ フロー スタンダード ピック 1.0 mm
形状: Flow
厚み: 1.0 mm
素材: Ultex
カラー: レッド
購入価格: ¥162 (税込)、¥150 (税抜)
購入場所: イケベ楽器プレミアムギターズ@大阪心斎橋

|

« YOUNG GUITAR 2019年9月号 特集 スリップノット | トップページ | ギター・ベース用湿度調整剤のおすすめ »