« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月31日 (日)

リッツ ベイクドチップス ソルト&ブラックペッパー 販売開始

パリッとしたリッツが2019年3月18日に登場するという情報をキャッチしました。

19033101

コンビニやスーパーの店頭では見かけることが無かったのですが、昨日やっとホームセンターで見つけました。

「リッツ ベイクドチップス ソルト&ブラックペッパー」は、アメリカでは「クリスプ&シン」として販売されています。

アメリカで食べた時にとても美味しかったので、お土産に買って帰るほど気に入ったチップス。パリッとした新食感のチップスが日本でも遂に発売開始です。

アメリカでは、ファミリーサイズの大袋があって、フレーバーも数種類あるのですが、日本では、小袋サイズのみフレーバーも1種類だけです。

日本で販売されるソルト&ブラックペッパーは、少し大人向けの味付け。ビールのおつまみとしてよく合います。

とくにかくパリッとした食感がくせになるチップス。油で揚げていないので、ヘルシーなのもうれしいところ。もう少し大きなサイズが欲しいところです。

■ 関連リンク

リッツブランドサイト

■ 関連記事

RITZ CRISP&THINS 米国限定,ノンフライのヘルシーなリッツ (2018/10/7)

【買い物リスト】
リッツ ベイクドチップス ソルト&ブラックペッパー
RITZ BAKD CHIPS SEA SALT & BALCK PEPPER
容量: 35g
購入価格: ¥194 (税込)
購入場所: DCMダイキ

 

|

2019年3月30日 (土)

2019年3月、所有するギターのまとめ

19033001

3月最後の週末ということで、本来ならお花見に絶好の時期。ところが、残念なことに今日はあいにくの空模様です。しかたがないので、家でおとなしくギターを弾くことにします。

年度末にあわせて、久しぶりに所有するギターをまとめてみました。

● 所有するギター

2019年1月に新しくギター1本を購入したので、2019年3月時点での所有するギターの本数は全部で6本です。これとは別に YAMAHA SA-2000S も持っていますが、これは30年以上も前に購入したもので、現在では完全にコレクションとして持っているギターです。

手に入れた順に所有するギターを並べてみました。

  • FUJIGEN Expert OS/AH TR (Trans Red)

フジゲン FUJIGEN EXPERT OS/AH Transparenet Red を買いました (購入編) (2016/6/25)

  • Suhr Classic Pro Metallic SSH LPB (Lake Placid Blue)

サー Suhr Classic Pro Metallic SSH Lake Placid Blue を買いました (開封編) (2016/7/25)

  • FUJIGEN Expert ELAB EEL-FM-TR BCS (Black Cherry Sunburst)

フジゲン FUJIGEN/FGN EXPERT ELAN EEL-FM-TR BCS を買いました (開封編) (2016/12/3)

  • Suhr Modern Satin HSH 510 BS (Black Satin)

サー Suhr Modern Satin HSH 510 BS を買いました(購入編)(2017/08/11)

  • Ibanez j.custom RG8570Z AGT (Almandite Garnet)

アイバニーズ Ibanez j.custom RG8570Z を買いました(購入編)(2018/5/12)

  • Ibanez Prestige RG657MSK STB (Sunset Burst)

アイバニーズ Ibanez Prestige RG657MSK を買いました(購入編) (2019/1/19)

メーカー別でみると、Fujigen、Suhr、Ibanez とそれぞれ2本ずつの構成になっています。

● ギターのローテーション

所有するギターは、どれも平均的に使えるように一か月単位でローテーションさせています。2018年までは4本のギターを3か月サイクルでローテーションしていたのですが、2019年にギターが増えたので、これからは2か月で1サイクルにする予定です。

【ギターのローテーション】

4月、10月 FUJIGEN Expert OS/AH
5月、11月 Suhr Classic Pro Metallic SSH
6月、12月 FUJIGEN/FGN Expert ELAN EEL-FM-TR
7月、1月  Suhr Modern Satin HSH 510
8月、2月  Ibanez j.custom RG8570Z
9月、3月  Ibanez Prestige RG657MSK

● ギターの好みは変化する

かつてはハムバッカーこそピックアップと思っていたので、シングルコイルのギターは選択肢にありませんでした。その後、シングルコイルにも良い点があることが分かってきたので、SSHのギターを手に入れました。

フィンガーボードも初めて手にしたギターがローズ指板のアコースティックだったこともあり、メイプルには抵抗がありました。その後、バーズアイメイプルのすばらしいギターに出会って、考え方が変わりました。

ブリッジはシンクロナイズトレモロが好みで、ダブルロックトレモロは苦手意識がありました。しかし、こちらも実際に手に入れてみるとすぐに好きになりました。何と言ってもチューニングの安定性は抜群の利便性があります。

ボディフィニッシュも初めは杢目の見えない塗りつぶしカラーが好きだったのですが、最近はむしろ杢目の見えるものが好みになっています。次は、ぜひともキルトメイプルの杢目がきれいなギターが欲しいと思っています。

■ 関連リンク

デジマート|楽器と音楽機材専門の検索&総合情報サイト

■ 関連記事

2018年8月、所有しているギターの状況を整理しました (2018/8/5)

いつの間にかエレキギターの数が増えていた (2017/4/25)

 

|

2019年3月24日 (日)

Ibanez j.custom RG8570Z | Guitar of March 2019

 

19032401
19032402_1
19032403
19032404
19032405

Ibanez j.custom RG8570Z-AGT (Almandite Garnet) 2018 model | AAA flamed maple body top | Mahogany body back | Almandite Garnet gloss top finish | Natural wood body top binding | Natual gloss back finish | Bolt-on neck joint | 5-ply Maple/Wenge neck | Rosewood fingerboard | 430 mm [17"] radius | 648 mm [25.5"] scale length | 24 jumbo frets with j.custom fret edge treatment| Flamed maple neck binding | Tree of life position inlay | DiMarzio Air Norton, DiMarzio True Velvet, DiMarzio The Tone Zone, H-S-H pickup configuration | Volume and Tone control | 5-way pickup selector switch | Metal dome type knobs | Edge-Zero tremolo bridge w/ZPS3 (Zero-Point System) | GOTOH SG381 tuning machine | Barless top lock nut | D'Addario EXL120 (09-042) strings | Cosmo black hardware | Hardshell Case, Multi Tool, Gotoh Strap Locks, Certificate of Authenticity | Made in Japan

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Ibanez j.custom RG8570Z 【特価】
価格:248000円(税込、送料無料) (2019/5/12時点)

楽天で購入

 

|

2019年3月23日 (土)

Guitar magazine 2019年4月号 カッティング・ギターの名手たち

Guitar magazine (ギター・マガジン) 2019年 4月号の巻頭特集は、”シティ・ポップを彩った、カッティング・ギターの名手たち。”です。

19032301

久しぶりにギターマガジン (GM) を買いました。今回の特集は”カッティング”ということで、名曲「Sparkle」のスコアが収録されているので、これだけでも買う価値があります。

巻頭特集に隠れていますが、LARRY CARLTON (ラリー・カールトン) の特集も大注目です。”LARRY CARLTON IN THE STUDIO”と題して、歴史に残るラリー・カールトンの名仕事が紹介されています。

2018年11月の来日公演時のインタビューでは、かつてのスタジオワークに対するエピソードなどが語られています。来日公演時の最新機材も写真付きで紹介。代名詞ともいえる愛用のギターはもちろん、エフェクターのペダルボードも写真に収められています。

そして、ラリー・カールトンのファンならぜひとも欲しい、スタジオワーク時代の名ソロのギタースコアを解説付きで収録。ソロ作品のスコアは入手が可能ですが、スタジオワーク時代のギターソロ・スコアはとても珍しい貴重品です。

今回収録されているのは、Crusaders (クルセダーズ) 時代の名演「Spiral」でのギターソロ部分と Steely Dan (スティーリー・ダン) の「Kid Charlemagne (キッド・シャールメイン)」の中間部およびアウトロのソロです。ちょうど、「Kid Charlemagne」のギターソロ部分を練習しようと思っていたので、とてもタイムリーな内容でした。

今回は雑誌の内容を確認してから買いたかったので、久しぶりに本屋さんの実店舗で購入しました。

■ 関連リンク

ギター・マガジン| リットーミュージック

■ 関連記事

レジェンダリー・ギタリスト 特集●ラリー・カールトン (2018/3/18)

参考データ】
Guitar magazine (ギター・マガジン) 2019年 4月号
巻頭特集: シティ・ポップを彩った、カッティング・ギターの名手たち。
スコア:  Sparkle/山下達郎
  ようこそ輝く時間へ/松任谷由実
  TOWN/吉田美奈子
  薔薇と野獣/ティン・パン・アレー
  DOWN TOWN/シュガー・ベイブ
出版社: リットーミュージック (2019/3/13)
購入価格: ¥980 (税込)
購入場所: ジュンク堂明石店

|

2019年3月17日 (日)

YOUNG GUITAR 2019年4月号 特集イングヴェイ・マルムスティーン

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2019年4月号の巻頭特集は、”イングヴェイ・マルムスティーン”です。

19031701

マイアミにある自宅や最新アルバム『BLUE LIGHTNING』を徹底取材した今月号はイングヴェイ・マルムスティーン (Yngwie Malmsteen) のファンにはたまらない内容です。

Web連動記事では、”ストラトとフェラーリとマルムスティーン”と題して、マイアミの自宅を訪問した映像を観ることができます。うれしそうにご自慢のプライベートスタジオや愛車フェラーリをイングヴェイ本人が紹介してくれます。

特集にあわせて今月のスコアはイングヴェイ・マルムスティーンの曲が2曲取り上げられています。

「Blue Lightning」はニューアルバムのオープニングを飾るオリジナルナンバー。完全コピーは不可能に近い難曲です。「Seventh Sign」も7thアルバムのタイトルチューン。こちらもかなりの難曲です。

第二特集は、最新ソロアルバム『Continue』をリリースしたばかりの春畑道哉さんです。

ご本人のインタビューの他にもソロツアーの追加公演で使用された機材が紹介されています。ギターはもちろん、アンプやペダルボードも写真付きで紹介されており、貴重な資料です。

さらに、SPECIAL GUITAR SCORE with PLAYING ANALYSIS と題して、『Continue』収録曲の中からテクニカルナンバーの「FULL MOON BOOGIE」のギタースコアが奏法解説付きで掲載されています。

残念ながら映像連動はありませんが、本人のビデオ取材に基づいた本人直伝の解説になっています。

今回は楽天ブックスで予約注文。ゆうパックで発売日の翌日にポスト投函で受け取りました。

■ 関連リンク

ヤング・ギター 公式ウェブサイト

■ 関連記事

CDレビュー | Continue/春畑道哉 (2019/3/9)

【参考データ】
YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2019年4月号
巻頭特集: イングヴェイ・マルムスティーン
スコア:
  Blue Lightning/Yngwie Malmsteen
  Seventh Sign/Yngwie Malmsteen
  FULL MOON BOOGIE/春畑道哉
出版社: シンコーミュージック (2019/3/9)
購入価格: ¥980 (税込)
購入場所: 楽天ブックス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2019年 04月号 [雑誌]
価格:979円(税込、送料無料) (2019/3/10時点)


| | トラックバック (0)

2019年3月16日 (土)

サウンド・デザイナー2019年4月号 特集:春畑道哉

サウンド・デザイナー2019年4月号の表紙及び巻頭特集は、春畑道哉さんです。

19031601

● 春畑道哉 レコーディングオフショット

”春畑道哉 レコーディング中のオフショットと自宅スタジオを大公開!”ということで、雑誌が届くのを首を長くして待っていました。とにかく、春畑道哉さんファンのギタリストにはたまらない内容が満載です。

記事では、最新ソロアルバム『Continue』の録音風景が写真に収められています。ギタリストならアルバムタイトル曲「Continue」で使用されたギターが気になるところ。主要な曲で使用したギターもしっかり紹介されています。。

自宅の半地下スペースにあるプライベートスタジオの写真も収録。プライベートスタジオとは思えない本格的なスタジオになっています。

『Continue』のレコーディングで実際に使用されたギターだけなく、アンプやエフェクター、マイクまでしっかり取材されています。特に使っているマイクについてはあまり情報がないのでとても貴重な情報です。

● プロの使用エフェクターを写真付き解説

メイン特集である”必見!プロの録音用ペダルエフェクト”では、プロの使用エフェクターがペダルボードの写真付きで紹介されています。

また、”ギタリストのためのオーディオインターフェイス”の記事ではIKマルチメディアの新製品「AXE I/O」(アックス・アイオー) が紹介されています。記事ではギターに特化したAXE I/Oの魅力的なポイントがしっかりと解説されて参考になります。

今回はAmazonで予約注文。3/9発売日で3/11にメール便で受け取りました。

■ 関連リンク

SOUND DESIGNER(サウンド・デザイナー)DTM・宅録の雑誌/機材情報誌

■ 関連記事

CDレビュー | Continue/春畑道哉 (2019/3/9)

CDレビュー | J'S THEME ~Thanks 25th Anniversary~/春畑道哉 (2018/12/22)

【参考データ】
サウンド・デザイナー 2019年4月号
特集: 必見!プロの録音用ペダルエフェクト
出版社: サウンド・デザイナー (2019/3/9)
購入価格: ¥864 (税込)
購入場所: Amazon

|

2019年3月10日 (日)

『「次世代ペンタ」でワンランク上のギター・フレーズに!』を買いました

『指板上を縦横無尽に切り拓く「次世代ペンタ」でワンランク上のギター・フレーズに!
』を買いました。とても興味深い内容でしたのでご紹介します。

19031001

● ギタリストとペンタトニックスケール

ギタリストにはおなじみのペンタトニックスケール。簡単に覚えることができる上に、カッコいいアドリブができるので、とても使い勝手の良いスケールです。

水平方向に移動しないブロック・ポジションはすぐに覚えられますが、だんだんとマンネリ化してくるのが問題。そのうちにプロのギタリストのようにフレット上を水平方向にも移動して縦横無尽に演奏してみたいと思うようになります。

● パターンを覚えてフレーズのバリエーションを増やす

次世代ペンタの本では、通常のブロックポジションに少しずつ音を加えながら、フレーズのバリエーションを増やす内容となっています。

パターン毎に内容がまとめられているので、頭から順に読み進めても、興味のある部分だけを部分的に読んでも使える構成になっています。

まずは第1章と第2章で紹介されているパターンを覚えると、今までとは違ったプレイが少しずつできるようになります。

基本のパターンを覚えたら、次はアレンジを加えながら自分のものにしていく作業になります。これができれば、今までと違ったフレーズを自分のプレイに組み込むことができるようになります。もちろん練習なしでは何もできません。

● 全弦使用のワイド・ポジションは参考用

第3章の全弦を使用するワイド・ポジションは、パターンとしてではなくフレーズ集と考えた方が良さそうです。フレーズのアイディアだけを参考にして、自分でフレーズを考える時の参考にするのが、おいしい使い方のようです。

今まで、ペンタトニックスケールをアレンジしたフレーズ集はありましたが、ブロックポジションをここまで拡張する形で書かれた本はなったと思います。とても実用的な本なのでペンタトニックスケールの拡張に興味がある方にはおすすめです。

今回は楽天ブックスで土曜日に注文。ゆうパックのポスト投函で月曜日に受け取りました。

■ 関連リンク

指板上を縦横無尽に切り拓く 「次世代ペンタ」でワンランク上のギター・フレーズに!
- リットーミュージック

■ 関連記事

『菰口雄矢流ブッ飛びギター・アプローチ』を買いました (2019/2/23)

【買い物リスト】
指板上を縦横無尽に切り拓く「次世代ペンタ」でワンランク上のギター・フレーズに!
野村大輔
出版社: リットーミュージック (2018/10/18)
購入価格: ¥1,944 (税込)
購入場所: 楽天ブックス

|

2019年3月 9日 (土)

CDレビュー | Continue/春畑道哉

TUBEでギタリストとして活躍している春畑道哉さんのソロアルバム『Continue』を手に入れました。

19030901

”春畑道哉 (TUBE)、ソロアルバム 話題のタイアップ・コラボを収録!”(アルバム紹介より)

前作のソロアルバム『Play the Life』もそうですが、今回の収録曲もタイアップ曲が満載です。

一番のおすすめは、アルバムタイトルになっている「Cotinue」です。春畑道哉さんのすごいところは、ギタープレイヤーとしてだけでなくソングライターてしても活躍しているところ。「Cotinue」は、のびやかで美しいメロディにバイオリンの音色がとてもよくマッチしています。

19030902

次におすすめは、テンポが良い「【Re:birth】」です。イントロのリフは名曲「JAGUAR '13」に通じる最高にカッコいい曲。また後半のギターソロが春畑道哉さんの魅力満載でギタリストにとってはたまらない曲です。

今回購入した初回限定版Aは、2018年12月20に昭和女子大学 人見記念講堂で催された「MICHIYA HARUHATA LIVE AROUND 2018 Cotinue」のライブ映像 Blu-ray ディスク付きとなっています。

この日のライブのスペシャルゲストは、アルバムタイトル曲の「Contine」で共演している宮本笑里さんです。このライブ映像だけでも買う価値があると思ったので、今回は映像のきれいな Blu-ray ディスク仕様を予約注文しました。

19030903

ライブ映像はマルチアングル仕様で、全ての曲ではないですが春畑道哉さんの手元をアップにした映像が収録されています。ギターのピックアップセレクターを曲中で頻繁に切り替えている様子がはっきりと確認できます。

19030904

ライブ中に何本もギターを持ち替えるので、使っているギターを見るのも楽しみの一つ。おなじみのラージリバースヘッドでブルーのギターも登場します。

ブルーのギターは、Fender Custom Shop 製なのか、日本製シグネイチャーモデルなのか映像でははっきりわかりませんでした。参考まで、YOUNG GUITAR 2019年2月号の記事によれば、当日使用されたのは日本製シグネイチャーモデルとされています。

19030905

春畑道哉さんのファンはもちろん、ギタリストにもおすすめの CD+Blu-ray です。

■ 曲目リスト

<Disk 1>
1. Every day is a new day (feat.根本要【Stardust Revue】)
2. Daybreak Highway
3. 花鳥風月
   TBS「じょんのび日本遺産」エンディングテーマ曲
4. 【Re:birth】
   AXN海外ドラマ「リーサル・ウェポン」シーズン 2 エンディングテーマ
5. 東京classical
6. FULL MOON BOOGIE
7. J'S THEME (Jのテーマ) 25th ver.
   Jリーグオフィシャルテーマソング
8. Symphony Blue
   雲海酒造 本格麦焼酎「いいともBLUE」CMテーマソング
9. Midnight Snow
10. Fly to the world
11. 空
12. Continue (feat. 宮本笑里)
    TBS「じょんのび日本遺産」メインテーマ曲

<Disk 2>
「MICHIYA HARUHATA LIVE AROUND 2018 Cotinue」
(昭和女子大学 人見記念講堂 at 2018.12.20)

1. LIFE
2. Sparkling Heaven
3. Mother Ship
4. Mermaid's Kiss
5. Color of Life
6. Symphony Blue
7. 空
8. Continue feat.宮本笑里
9.【Re:birth】
10. Straight to My Heart
11. 青いコンバーチブル
12. 花鳥風月
13. J'S THEME (Jのテーマ) 25th ver.
14. JAGUAR '13

■ 関連リンク

春畑道哉 『Continue feat.宮本笑里』Recording Movie/New Album「Continue」より

■ 関連記事

CDレビュー | Play the Life (プレイザライフ)/春畑道哉 (2018/12/29)

CDレビュー | J'S THEME ~Thanks 25th Anniversary~/春畑道哉 (2018/12/22)

【買い物リスト】
Continue (初回限定盤A CD + Blu-ray + PHOTOBOOK)
春畑道哉
CD  (2019/3/6)
品番: AICL-3658,3659
レーベル: Sony Music Associated Records
仕様: CD + BD, 初回限定盤A
購入価格: ¥4,099 (税込)
購入場所: 楽天ブックス

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Continue (初回限定盤A CD+Blu-ray) [ 春畑道哉 ]
価格:4099円(税込、送料無料) (2019/3/10時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Continue (初回限定盤B CD+DVD) [ 春畑道哉 ]
価格:3689円(税込、送料無料) (2019/3/10時点)


|

2019年3月 3日 (日)

アイバニーズ Ibanez Edge トレモロアームの締め付け調整

2019年1月に購入したアイバニーズのエレキギター Ibanez Prestige RG657MSK には”Edge”と呼ばれるオリジナルのダブルロックトレモロユニットが搭載されています。

Edge トレモロユニットに使用されているテフロンワッシャの代替品を試してみましたのでご紹介します。

● Edge トレモロユニット

19030302

Ibanez オリジナルのトレモロユニット”Edge”は、2点支持ナイフエッジによるスムースなアクションを実現したダブルロックタイプのトレモロユニット。Steve Vai (スティーブ・ヴァイ) や Joe Satriani (ジョー・サトリアーニ) など、一流のプロギタリストが好んで使うというの代表的なトレモロユニットです。

Edge のトレモロアームはプッシュイン方式のワンタッチ取り付け。トレモロアームの締め付け調整はなく、トレモロアーム差し込み部分に上下二つあるテフロンワッシャの着脱で調整します。

● トレモロアームの締め付けを調整したい

購入したばかりの状態でトレモロアームを取り付けてみると、やや力を入れてプッシュインする感じです。

Edge トレモロユニットはさすがに仕上がり精度が高く、トレモロアームのがたつきが全くありません。演奏している時のトレモロアームのがたつきによるストレスが全くないのでプロが愛用する理由も分かります。

問題はトレモロアームの締め付けの程度ですが、購入したばかりの状態ながら、かなり緩い状態でした。アームから手を放すとアームが下に垂れ下がってぶらぶらと揺れる状況です。

トレモロアームの締め付けは人によって好みが違います。個人的には、手を離してもアームがそのままの位置で動かないぐらいが好み。手を放した時にアームがぶらぶらするのは、視覚的にも好みではありません。

プロはどうしているのか気になったので、Steve Vai のライブ映像をチェックしてみると、かなり固いセッティングにしているようでした。

● ABS 丸パイプ 6で締め付けを調整

19030301

トレモロアームの締め付けをもう少し固くしたいのですが、マニュアルを見てもテフロンワッシャの脱着による調整方法しか書いてありません。

テフロンワッシャはスペアが2個付属していますが、市販はされていないようです。ネットで調べてみると”ABS 丸パイプ 6”というものが代替品として使えるとの情報がありました。

ホームセンターに行ってみると ABS 丸パイプ 6 は簡単に手に入りました。値段は150円程度でした。1メートルの長さがあるので、1本あれば十分です。

ABS 丸パイプは、4ミリの長さに切断した後で、縦に切込みを入れます。長さはわずかに長い側に切断し、後でやすりで高さを微調整するとちょうど良い高さに仕上がります。

今回は、下側のテフロンワッシャだけを ABS パイプに交換してみました。

19030303

アームの締め付け具合は、縦方向の切込み量によって調整します。このあたりは、実際にアームに取り付けてみながら調整していきます。

最終的に手をはなすとアームがスーッと下がる状態に調整できました。もう少し固めでも良かったのですが、まずはこれで使ってみるつもりです。

■ 関連リンク

Ibanez Guitars

■ 関連記事

アイバニーズ Ibanez Prestige RG657MSK を買いました(購入編) (2019/1/19)

アイバニーズ Ibanez j.custom RG8570Z を買いました(購入編) (2018/5/12)

|

2019年3月 2日 (土)

月刊『Player』2019年4月号 春畑道哉『Continueの美学』

月刊『Player』2019年4月号の 表紙・巻頭特集は”春畑道哉『Continueの美学』”です。

Tube そしてソロとしても活躍するギタリストの春畑道哉さんが、3月6日に2年半ぶりとなるソロアルバム『Continue』をリリースします。今月の月刊『Player』は、その春畑道哉さんの記事が満載です。

注目記事はギターコレクション。所有するたくさんのギターが写真付きで紹介されています。Fender Custom Shop シグネイチャーモデルはもちろん、スタンダードラインとしても生産される Fender Michiya Haruhata Stratocaster もコレクションに含まれていました。

最近は、Fender American Elite シリーズを中心に使っているようです。コレクションは、Fender や AIRCRAFT が中心ですが、James Tyler や Tom Anderson も所有されているようでした。

春畑道哉さんのニューソロアルバム『Continue』がいよいよ来週には発売開始になります。初回生産限定盤A (Blu-ray Disc付き) を予約注文しているので、今から届くのが楽しみです。

■ 関連リンク

Player ON-LINE

■ 関連記事

CDレビュー | Play the Life (プレイザライフ)/春畑道哉 (2018/12/29)

CDレビュー | J'S THEME ~Thanks 25th Anniversary~/春畑道哉 (2018/12/22)

Fenderから春畑道哉 (TUBE) の日本製シグネイチャーモデル発売 (2018/9/2)

【参考データ】
月刊『Player』2019年4月号
出版社: プレイヤー・コーポレーション (2019/3/1)
価格: ¥890 (税込)

|

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »