« YOUNG GUITAR 2018年11月号 特集 ゲイリー・ムーア | トップページ | Frito Lay Lay's Poppables 米国限定のポテトスナック »

2018年10月21日 (日)

Line 6 HX Stomp が気になる

Line 6 からフラッグシップのマルチプロセッサー「Helix (ヒーリックス)」を小型サイズのパッケージに凝縮した高機能ギタープロセッサー「HX Stomp(エイチエックス・ストンプ)」が登場しました。

1810050101

(写真提供 ヤマハ)

 

HX Stomp には、Helix と同じ DSP チップと HX モデリングエンジンが搭載され、300種類以上のアンプ、キャビネット、エフェクト、ルーパーが内蔵されています。さらに、ストンプボックス・モデラーに含まれる人気の高いエフェクトも追加されています。

Helix や Helix LT などと同じくカラー LED リングを装備したフットスイッチを3つ搭載。最大6種類のアンプ、エフェクトを使用可能です。

注目は小型サイズにもかかわらず、豊富な入出力系統を装備しているところ。ステレオのインプットとアウトプット、エクスプレッションペダル/フットスイッチインに加えて、エフェクトループ、MIDIイン・アウト、USBが搭載されています。エフェクトループ端子があるので、4ケーブルメソッドによるアンプとの接続も可能です。

気になる市場価格は次のとおり。

  HX Stomp  79,920円 (税込)
  Helix  192,240円 (税込)
  Helix LT  138,240円 (税込)
  HX Effects  79,920円 (税込)

HX Effects はアンプシミュレーター機能が無いので、他のモデルと比べて少し特殊です。近いうちに Helix LT を買うつもりだったのですが、HX Stomp の登場で選択が難しくなりました。

■ 関連リンク

HX Stomp - Line 6 Japan - line6.jp

デジマートマガジン【Line 6/HX Stomp】

|

« YOUNG GUITAR 2018年11月号 特集 ゲイリー・ムーア | トップページ | Frito Lay Lay's Poppables 米国限定のポテトスナック »