« ギターテクニック、ピックスランティングを解説 | トップページ | YOUNG GUITAR 2018年 9月号 特集 THE 速弾き HAYABIKI »

2018年8月 5日 (日)

2018年8月、所有しているギターの状況を整理しました

2018年8月、所有しているギターの状況を整理しました。

18080301

2018年5月に新しくギター1本を購入し、代わりに他のギター1本を手放しました。人の物欲というのは限りのないもので、もう次のギターが欲しくなっています。何とか物欲を押さえるために、手持ちのギターを全て引っぱり出してみました。

手持ちのギターは全部で5本。実はもう1本セミアコースティックギターの YAMAHA SA-2000S があるのですが、こちらは30年以上前に初めて買ったギターで、長期間ケースに入れたままのコレクターアイテム状態になっています。

【所有するギター (2018年8月時点)】

  •   FUJIGEN Expert OS/AH TR (Trans Red)
  •   Suhr Classic Pro Metallic SSH LPB (Lake Placid Blue)
  •   FUJIGEN/FGN Expert ELAN EEL-FM-TR BCS (Black Cherry Sunburst)
  •   Suhr Modern Satin HSH 510 BS (Black Satin)
  •   Ibanez j.custom RG8570Z AGT (Almandite Garnet)

できればカラーをレッド系で統一したいのですが、衝動買いもあるのでなかなか実現できません。

● FUJIGEN Expert OS/AH

自分の中でのメインギターは、FUJIGEN Expert OS です。自分の好みにあわせてセミオーダーしたギターということもありますが、モダンスタンダードな仕様で何かと重宝するギターです。

自分でセレクトしたギター全体のカラーコーディネートも気に入っています。

● Suhr Classic Pro Metallic SSH

持っているギターで唯一トラッドでクラッシックな雰囲気を持つのギターが、Suhr Classic Pro です。ただし、Suhr (サー) はコンポーネントギターの有名メーカーだけあって第一線でのプレイで使えるように、モダンなスペックも取り込んだギターになっています。

驚きのプライスダウンにつられて衝動買いをしたギターですが、結果は予想以上に満足でした。おまけに限定生産のメタリック塗装は今では手に入れることができません。とてもいい買い物ができました。

● FUJIGEN/FGN Expert ELAN EEL-FM-TR

Floyd Rose (フロイド・ローズ) タイプのロック式トレモロを搭載したギターで初めて買ったのが FUJIGEN/FGN Expert ELAN です。ロック式トレモロは弦交換の煩わしさから敬遠していたのですが、このギターを買うと考え方が変わりました。

やはりロック式トレモロはチューニングの安定性が他のものと違います。最近はロングライフのコーティング弦ながらもタッチはノンコーティング弦と同様のものがあります。こうした新世代コーティング弦を使って弦交換の頻度を下げれば、ロック式トレモロの弱点である弦交換の煩わしさを解消できます。

● Suhr Modern Satin HSH 510

楽器専門検索サイトのデジマートで見つけて買った初めての中古ギターです。このギターも中古とはいえ驚きの値段で衝動買いしてしまいました。取り扱い楽器店が心斎橋にある三木楽器だったので、実店舗まで足を運んで実機の状態を確認して購入しました。

とにかく弾きやすいギターで驚きました。テクニカル系ギタリストの Guthrie Govan (ガスリー・ゴーヴァン) が以前に Suhr Modern を使用していましたが、彼のようなテクニカルプレイに向いたギターです。

● Ibanez j.custom RG8570Z

衝動買いで買うことが多かったギターですが、Ibanez j.custom RG8570Z は約1年かけて色々と検討したうえで買いました。このギターを買う際は、満足度を優先することを方針とし、最上位機種の j.custom を最新版の2018年モデルで買いました。

Ibnaez (アイバニーズ) のRGシリーズは、かなり前から欲しいと思っていたギター。ただし、ロック式トレモロが好きになれずに実際に買うまでには至りませんでした。FUJIGEN/FGN Expert ELAN を買ってロック式トレモロのイメージが変わると、一気に Ibanez RG が欲しくなりました。

● ギターのローテーション

所有するギターは、どれも平均的に使えるように一か月単位でローテーションさせています。当番月のギターはギターケースから取り出して、いつでも使えるようにギタースタンドに掛けています。

【ギターのローテーション】

  • 4月、8月、12月  FUJIGEN Expert OS/AH
  • 5月、9月、1月   Suhr Classic Pro Metallic SSH
  • 6月、10月、2月  FUJIGEN/FGN Expert ELAN EEL-FM-TR
  • 7月、11月、3月  Suhr Modern Satin HSH 510

今のことろ、Ibanez j.custom RG8570Z だけは例外で、一番取り出しやすい場所にギターケースを置いて、ローテーションとは関係なく使えるようにしています。

■ 関連リンク

フジゲン オンラインショップ

Suhr | JS TECHNOLOGIES, INC

Ibanez guitars

デジマート|楽器と音楽機材専門の検索&総合情報サイト

■ 関連記事

Suhr Modern Satin で集中練習に取り組みました (2017/12/03)

いつの間にかエレキギターの数が増えていた (2017/4/25)

|

« ギターテクニック、ピックスランティングを解説 | トップページ | YOUNG GUITAR 2018年 9月号 特集 THE 速弾き HAYABIKI »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギターテクニック、ピックスランティングを解説 | トップページ | YOUNG GUITAR 2018年 9月号 特集 THE 速弾き HAYABIKI »