« アイバニーズ Ibanez j.custom RG8570Z のヘッド角を計測 | トップページ | ギターテクニック、ピックスランティングを解説 »

2018年7月29日 (日)

Kz Guitar Works の最新オリジナルモデル 「Kz ST」 が気になる

ケイズギターワークス (Kz Guitar Works) の最新オリジナルモデル「Kz ST」が気になっています。いつものように少し調べてみました。

 ■ Kz Guitar Works と オリジナルモデル Kz One

メーカーさんのWEBページによれば、Kz Guitar Works は、神奈川県逗子市にあるオリジナルギター製作工房。2016年1月にオリジナルモデル「Kz One」がアメリカで開催される世界最大規模の楽器見本市 NAMM において発表されています。

Kz One はダブルカッタウェイを採用した独特のボディシェイプにシングルコイルピックアップを3基搭載するオリジナリティにあふれたギターです。

使用パーツ類にもこだわりが感じられます。ピックアップはオリジナルの「KGW」で、シングルコイルピックアップには珍しいカバードタイプになっています。ブリッジには、昔懐かしいケーラー (Kahler) のトレモロを搭載。

他にも3つのミニスイッチで多彩なピックアップの切り替えが可能なコントロールなど、あらゆるところに工夫が感じられます。

Kz One には Semi-Hollow、Solid の他に手に入れやすい価格帯の Junior を含む3モデルがあります。

Kahler はフロイド・ローズ (Floyd Rose) と同様にロック式のトレモロ。Kz One ではロックナットを採用せず、代わりにゴトー (GOTOH) 製のロック式チューナー、マグナムロックを採用しているところもよく考えられています。

 ■ 最新オリジナルモデル 「Kz ST」

2018年7月に発表されたばかりの Kz Guitar Works 最新オリジナルモデルが「Kz ST」です。ギタリスト山口和也さんの「ダメシビキ!」の動画を YouTube で見た瞬間に一気に引き込まれました。

定番エレキギターのフェンダーストラトキャスター (Fender Stratocaster) をKz Guitar Works が独自の解釈で製作するとどうなるのか。その答えが「Kz ST」にあります。

YouTube の動画を観て、まず目を奪われたのがフレイムメイプルの杢目を生かした美しいトランスブルーのカラー。ホワイトバインディングとのマッチングも最高です。

ピックアップは定番のスリーシングルコイルですが、その配置が斬新です。ミドルピックアップをスラントさせたブリッジピックアップと並行にブリッジ側に寄せて配置するという発想に驚きました。これはミドルとブリッジのシングルコイルピックアップをシリーズに接続することで、ハムバッカーと同様の効果狙ったものだそうです。

やはりストラトタイプのギターにはトレモロが欠かせません。Kz One と同様に Kahler のトレモロが搭載されていますが、これがルックス的にもポイントになっています。ボディバック側にスプリングを配置する必要がないので、ボディのざぐりを小さくできるアドバンテージもあるようです。

また、一方では音響特性やギター全体のウエイトを考えて、ボディをくり抜くチャンバード (Chambered) 加工も施されています。

 ■ こんなオプションが欲しい

スタンダードな仕様でも大満足の Kz ST ですが、欲を言えば Kz ST で実現して欲しいオプションがいくつかあります。

  1. ノンピックガード (ダイレクトマウント・ピックアップ)
  2. マッチングヘッド
  3. 24 フレット

勝手な解釈ですが、ノンピックガードは Kz One ですでに実現されているので問題ないと思います。Twitter によれば、Kz ST のプロトタイプは元々ノンピックガードで製作されたようです。

マッチングヘッドについては単にルックスの話なので、採用してもらえるかもしれません。ちなみに、ブログにはフレイムメイプルの突板 (べニア) を使ったマッチングヘッドを持つ Kz One の写真が出てきます。

最後に残るのが24フレットのオプションですが、これは自分としては必須ではありません。Twitter によれば、Kz One では24フレットもオプション対応できるようです。ただし、ボディデザインにも影響する部分なので、必要なければ採用しない方が良いかもしれません。

週末の土曜日から日曜日にかけて台風12号が西日本を中心に日本に上陸しています。東から西へ移動するという非常に珍しいルートで移動しています。関西はお昼前までに防風圏が通過しました。日曜日は、おとなしくお家でギターの練習をします。

■ 関連リンク

Kz Guitar Works

イケベ楽器 -Kz Guitar Works

Kz Guitar Works / Kz One Standard【デジマート製品レビュー】

Kahler | FLAT MOUNTED 6 STRING TREMOLO

■ 関連記事

ポーランドのギターメーカー MAYONES(メイワンズ)が気になる (2017/10/22)

フェンダー American Elite が気になる (2017/9/30)

ハイエンドカスタムギターの Suhr Modern が欲しい (2017/6/15)



|

« アイバニーズ Ibanez j.custom RG8570Z のヘッド角を計測 | トップページ | ギターテクニック、ピックスランティングを解説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アイバニーズ Ibanez j.custom RG8570Z のヘッド角を計測 | トップページ | ギターテクニック、ピックスランティングを解説 »