« Fujigen Expert OS-AH/TR | Guitar of April 2018 | トップページ | BOSS GT-1000 2018年発表のフラッグシップモデル を見てきた »

2018年4月22日 (日)

Ibanez AZ 2018年ニューモデルの実機を見てきた

ついに Ibanez (アイバニーズ) の 2018年ニューモデル「Ibanez AZ」の実機を見てきました。

週末に時間があったので、久しぶりに神戸三宮へ。島村楽器三宮店をのぞいてみると、Ibanez AZ が展示してありました。

Ibanez AZ シリーズには、日本で製作される Prestige (プレステージ) とインドネシアで製作される Premium (プレミアム) があります。今回、見たのは Ibanez Premium AZ224F Blue Iceburg Gradation (BIG) というインドネシア製のモデルです。

展示してあるギターを眺めただけのインプレッションですが、ボディはフルサイズのものと比較して、やや小さいように感じました。とり回しは良さそうです。

新しいヘッドストックのデザインは、RGシリーズとSシリーズを組み合わせたようなデザイン。Ibanez と一目で分かる特徴的なデザインです。

ローステッドメイプルのネックとフィンガーボードは、ビンテージギターのようにこんがりと日焼けした色合いになっています。衝動買いしそうになるので試奏まではしなかったのですが、サウンドへの影響がどうなのか気になるところです。

今回見た Ibanez Premium AZ224F のトレモロユニットはスティールブロックサドルを採用したオリジナルのユニット。さすがに日本メーカーのゴトー製だけあって、精巧に作られていることが見ただけでも分かります。

全体的な印象は、多用途に使えるバーサタイルなギターという感じ。スタジオで使っても良し、ライブで使っても良しの使い勝手の良いギターに仕上がっている印象を持ちました。

美しいグラデーション塗装のフレイムメイプルトップは、店内でもひときわ目立つ存在。15万円と手に届く価格もうれしいところです。

一本目のギターとしてもおすすめですが、すでにメインのギターをお持ちの方にもサブのギターとしておすすめです。

■ 関連リンク

アイバニーズから、新世代ギタリストのスタンダード・モデル「AZ」が登場!

Ibanez AZ Electric Guitar - Story of the AZ

■ 関連記事

Ibanez AZ 2018 モデル の情報が入ってきました (2018/1/6)

2018 NAMM が始まりました (2018/1/27)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Ibanez AZ224F BIG エレキギター 【アイバニーズ】【神戸三宮店】
価格:150120円(税込、送料無料) (2018/4/21時点)


|

« Fujigen Expert OS-AH/TR | Guitar of April 2018 | トップページ | BOSS GT-1000 2018年発表のフラッグシップモデル を見てきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Fujigen Expert OS-AH/TR | Guitar of April 2018 | トップページ | BOSS GT-1000 2018年発表のフラッグシップモデル を見てきた »