« CDレビュー | Atavachron (アタヴァクロン) / Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース) | トップページ | CDレビュー | 仮音源 -DEMO- / 仮BAND »

2017年6月 4日 (日)

ゼブラ サラサ ドライ 超速乾ドライジェル をレビュー

17060401_2

愛用しているゼブラのジェルインク・ボールペン「サラサ クリップ (SARASA CLIP)」。名前のとおり、さらさらとしたなめらかな書き味が特徴です。その「サラサ」に超速乾タイプの「サラサ ドライ (SARASA dry)」がラインナップに追加されています。

サラサ ドライは、かなり以前に購入していたのですが、ずっと放り込んだままになっていました。部屋の整理をしていると出てきたので、あらためてレビューしてみました。

最大の特徴である「超速乾」のインク。実際に試してみると、確かにこれまでにない速乾性を実現しているようです。筆記した後にすぐ指でこすってみても、インクで紙が汚れることがありません。速乾性については、ちょっと驚きのレベルです。

17060402

ボール径は 0.4、0.5、0.7 ミリの3種類から選べます。速乾性を実現するためインクの紙への浸透が速いようで、紙の質にもよりますが線幅は少し太いように感じます。ただし、通常のサラサ クリップと比較すると筆記した時の線幅は同じでした。

少しだけ注意が必要なのは、インクカラーのバリエーション。ジェルインクのボールペンの魅力の一つは、豊富なカラーバリエーション。サラサ クリップの場合だと、30色くらいのバリエーションがありますが、サラサ ドライのカラーバリエーションは、黒、赤、青の 3 色だけです。ただし、普段よく使う基本的なインクカラーはそろっています。

サラサ ドライは、筆記した後のインクが紙や手についてお困りの方におすすめの超速乾ボールペンです。特にスケジュールやメモの筆記など、とにかくスピーディーに書くことが要求されるシーンでは、このサラサ ドライの超速乾インクが役に立ちます。

■ 関連リンク
ゼブラ サラサ ドライ
http://www.zebra.co.jp/pro/sarasa_dry/

■ 関連記事
サクラクレパス ピグマファイン (SAKURA PIGMA FINE) をレビュー (2017/5/21)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2017/05/sakura-pigma-fi.html

三菱鉛筆 ボールペン ユニボール エア 0.5mm 新感覚の水性ボールペン (2017/2/5)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2017/02/05mm-9b6e.html

【買い物リスト】
ゼブラ サラサ ドライ (ZEBRA SARASA dry)
サイズ: 軸径 10.9 × 全長 139.4 mm
ボール径: 0.4, 0.5, 0.7 mm
インク: 水性染料
インク色: 黒, 赤, 青
購入価格: ¥162 (税込)
購入場所: ナガサワ文具センター明石

|

« CDレビュー | Atavachron (アタヴァクロン) / Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース) | トップページ | CDレビュー | 仮音源 -DEMO- / 仮BAND »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゼブラ サラサ ドライ 超速乾ドライジェル をレビュー:

« CDレビュー | Atavachron (アタヴァクロン) / Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース) | トップページ | CDレビュー | 仮音源 -DEMO- / 仮BAND »