« 『Longman Dictionary of Contemporary English』使いやすい英英辞典はこれで決まり | トップページ | Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース) の Discography (ディスコグラフィー) »

2017/05/28

CDレビュー | In Rio (イン・リオ) / Lee Ritenour (リー・リトナー)

”リトナーのアコースティック・ギターが瑞々しい、ブラジリアン・フレーヴァー溢れる傑作アルバム。”(JVCアルバム紹介より)

フュージョンのギタリストといえば、Lee Ritenour (リー・リトナー) の名前がすぐに浮かびます。そのリー・リトナーが全曲アコースティック・ギターで仕上げたアルバムが『In Rio (イン・リオ)』です。

エレクトリック・ギターの印象が強いリー・リトナーですが、意外にもアコースティック・ギターの作品であるこのアルバムが一番完成度が高いように感じます。

一番のおすすめは 3.「Rio Funk (リオ・ファンク)」です。イントロ部分の Marcus Miller (マーカス・ミラー) 演奏によるスラップベースが強烈な印象を与えます。そして、軽快なリズムに歯切れの良いメロディが絡むノリの良い曲です。リトナー自身もお気に入りの曲らしく、ライブではたびたび演奏される定番の曲です。

他におすすめなのは、1.「Rainbow (レインボウ)」です。フュージョンにブラジル音楽を融合をさせたおもしろい試みが大成功しています。エレクトリック・ピアノとアコースティック・ギターが絡み合う穏やかなメロデイが心地よい曲です。日曜日の午前に FM 放送で聴く音楽という感じのさわやかな印象を持ちます。

残念ながら、『In Rio (イン・リオ)』の CD は手に入りにくい状態のようです。ただし、レコチョクでアナログテープからハイレゾ化した音源をダウンロード購入できます (関連リンク参照)。ここで注意してほしいのは、パソコン上の iTunes や iPhone のミュージック・アプリはハイレゾ音源である FLAC の再生に対応していないことです。別のソフトやアプリで再生するか、ダウンロードした FLAC のデータを iTunes や iPhone で再生できるファイル形式に変換する必要があります。

ハイレゾ音源ではありませんが、iTunes や iPhone の標準ファイル形式である AAC 版を Apple Music で購入できます。iPhone で聴くにはこれが一番簡単です。

■ 曲目リスト
1 Rainbow
2 San Juan Sunset
3 Rio Funk
4 It Happens Everyday
5 Ipanema Sol
6 Simplicidad
7 A Little Bit Of This And A Little Bit Of That

■ パーソネル
Acoustic Guitar - Lee Ritenour
Bass - Abraham Laboriel, Luizao Maia, Marcus Miller
Drums - Alex Acuna, Buddy Williams, Paulinho Braga
Keyboards - Dave Grusin, Don Grusin
Percussion - Armando Marcal, Chico Batera, Jose Da Silva, Roberto Pinheiro, Rubens Bassini, Steve Forman
Rhythm Guitar - Jeff Mironov, Oscar Neves
Soprano Saxophone, Flute - Ernie Watts

■ 関連リンク
レコチョク イン・リオ/リー・リトナー
FLAC 96kHz/24bit ¥3,240(アルバム)/¥540(単曲)
AAC 128/320kbps  ¥1,543(アルバム)/¥250(単曲)

Apple Music リー・リトナー /LEE RITENOUR IN RIO

■ 関連記事

CDレビュー | On the Line (オン・ザ・ライン) / Lee Ritenour (リー・リトナー) (2017/5/18)

【参考データー】
In Rio (イン・リオ)
Lee Ritenour (リー・リトナー)
CD (1998/07/29)

品番: VICJ-60187
価格: \1,995 (税込)

|

« 『Longman Dictionary of Contemporary English』使いやすい英英辞典はこれで決まり | トップページ | Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース) の Discography (ディスコグラフィー) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『Longman Dictionary of Contemporary English』使いやすい英英辞典はこれで決まり | トップページ | Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース) の Discography (ディスコグラフィー) »