« イタリアンバール Bar S"alu (バルザル) 明石店 料理が最高! | トップページ | YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2017年 04月号 特集 ジョン・サイクス »

2017年3月 9日 (木)

映画『ハドソン川の奇跡』の DVD を観ました

前から見たかったクリント・イーストウッド監督作品の映画『ハドソン川の奇跡』をレンタル DVD で見ました。

ハドソン川の奇跡は、2009年に起きたUSエアウェイズ1549便不時着水事故を題材にした映画です。実際の事故は、発生からわずか3分間でハドソン川に着水するまでの非常に短い時間のできことでした。

この映画では、事故当時の様子を描くと同時に、事故発生時に空港に引き返さずに着水したのは、機長の判断ミスではないかという疑念が浮き上がるという事態になります。

主役のトム・ハンクスが、世間でヒーロー扱いされる自分に戸惑いながら、自分の判断が正しかったのかと苦悩する機長を見事に演じています。

特典映像として、実際のサレンバーガー機長やその家族のインタビュー映像を観ることができます。これが非常に感動的でした。この映像を観れば分かるのですが、機長は普段から最悪の事態を常に想定していたことが分かります。

「奇跡」ともてはやされることに戸惑い、手順に従っただけだと発言する実際のサレンバーガー機長の映像を当時ニュースでよく目にしたのですが、本人にとってはごく当たり前の手順どおりの行動だったことがよく理解できました。「備えあれば憂いなし」ということでしょうか。

とにかく感動した映画でした。実話だけに説得力もあります。大人にも子供にもおすすめの映画です。

【参考データ】
『ハドソン川の奇跡』
キャスト:
  チェスリー・“サリー”・サレンバーガー … トム・ハンクス (立川 三貴)
  ジェフ・スカイルズ … アーロン・エッカート (ふくまつ 進紗)
 
ローリー・サレンバーガー … ローラ・リニー (高島 雅羅)
監督・製作: クリント・イーストウッド
ストーリー: 2009年1月15日、極寒のニューヨーク上空850mで155名を乗せた航空機を突如襲った全エンジン停止事故。全世界が目撃し“奇跡”と称賛された史上最大の航空機事故の裏に隠された、真実の実話。

|

« イタリアンバール Bar S"alu (バルザル) 明石店 料理が最高! | トップページ | YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2017年 04月号 特集 ジョン・サイクス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリアンバール Bar S"alu (バルザル) 明石店 料理が最高! | トップページ | YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2017年 04月号 特集 ジョン・サイクス »