« 限定販売の日本酒「獺祭 等外」っておいしいの? | トップページ | ロジクール Logicool ワイヤレスキーボード K275 レビュー »

2017/03/30

映画『レインツリーの国』の DVD を観ました

映画『レインツリーの国』をレンタル DVD で見ました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レインツリーの国 [ 玉森裕太 ]
価格:3699円(税込、送料無料) (2017/3/29時点)


ある小説をきっかけに、「レインツリーの国」というインタネットをサイトを通じで知り合うことになる主人公の二入。メールでのやり取りを続けるうちに惹かれあう二人は、とうとう直接会う約束を交わします。ところが、彼女にはある秘密があったのです。

この映画は、人気作家、有川浩の恋愛小説を映画化したもの。難聴のために他人と接することにおく病になってしまったヒロインが、様々な困難に傷つきながらも新たな恋に立ち向かっていく姿を描いています。

キャストは、玉森裕太 (Kis-My-Ft2) と西内まりやの共演です。物語の前半は、ヒロインの西内まりあがなんとなく野暮ったいルックスのままで話が進んでいきます。

普段の明るい彼女とは全く違う雰囲気なのですが、これが後半からエンディングへ向けて一気に明るくさわやかなルックスに変化するところが見どころの一つです。

もちろん、彼女のルックスが変化する訳は、物語の中に伏線が仕込まれています。このあたりのストリーの構成は、有川浩の小説の良さが生かされています。

もう一人の主人公を演じる玉森裕太は、大阪の出身の役柄で、全編をとおして関西弁のセリフになっています。純粋で飾らないけれど、少し熱いところをもった役柄をごく自然に演じています。

この作品は、映画としてはあまり成功しなかったようですが、DVD として観るにはよくできた作品だと思います。とにかく100% 純粋培養の恋愛映画です。とびっきりのハッピーエンドは思わず顔がほころんでしまいます。

王道のラブストリーを観たい方におすすめです。

■ 関連リンク

映画「レインツリーの国」公式サイト

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レインツリーの国 [ 有川浩 ]
価格:464円(税込、送料無料) (2017/3/29時点)


|

« 限定販売の日本酒「獺祭 等外」っておいしいの? | トップページ | ロジクール Logicool ワイヤレスキーボード K275 レビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 限定販売の日本酒「獺祭 等外」っておいしいの? | トップページ | ロジクール Logicool ワイヤレスキーボード K275 レビュー »