« スターバックス オリガミ パーソナルドリップコーヒー アソートセット 飲み比べに便利 | トップページ | 劇団四季 ミュージカル『キャッツ』を観てきました »

2017年1月21日 (土)

Acoustic Science (アコースティックサイエンス) ギター弦 レビュー

17011401

先日手に入れたアコースティックサイエンス (Acoustic Science) という新しいジャンルのロングライフ弦 (長寿命弦) を使ってみました (2017-1/14 関連記事) 。

17012001

Acoustic Science を使ってみたのは、年末に手に入れたばかりのエレキギター、フジゲン エキスパート エラン (FUJIGEN / FGN EXPERT ELAN) EEL-FM-TR BCS です (2016-12/10 関連記事) 。

買った時から弦を張り替えていないのですが、6 弦開放のチューニングが不安定なのが気になっていました。弦が古くなるとチューニングが不安定になるようなので、フィンガーボードのメンテナンスにあわせて弦を張り替えることにしました。

17012002

FUJIGEN EXPERT ELAN (EEL-FM-TR) は、フロイドローズ (Floyd Rose) タイプの後藤ガット製ロック式トレモロユニット (GOTOH GE1996T) を装備しています。ロック式トレモロユニットは弦交換に手間がかかるので、ロングライフ弦の Acoustic Science を使って弦交換の手間を減らそうという訳です。

17012003

Acoustic Science は、0.09-0.42 ゲージのエクストラライト (LACSEG0942) を使用。実際に弦を張り替えて弾いてみたところ、定番のダダリオ (D'Addario) EXL120 スーパーライト 0.09-0.42 ゲージと比較してサウンドや演奏性には大きな違いは感じませんでした。微妙なところですが、サウンドは心なしかブライトな印象になったように感じました。

一般的に新しい弦はブライトな印象の音がしますが、D'Addario は弦が古くなってからでも新品からの音の変化が少ないような感じがします。D'Addario は、新品のときからブライトな印象を押さえた音になっているのかもしれません。

肝心の寿命については、今後しばらく使ってみてからの評価になりますが、弦を張り替えた直後のファースト インプレッションとしては、一般的な弦からの交換でも問題なく使えるロングライフ弦だと感じました。

D'Addario などの一般的な弦より値段が 2 倍以上になりますので、弦交換に手間のかかるロック式トレモロユニットを搭載したギターにおすすめです。

関連リンク

YAMAHA 製品情報 アコースティックサイエンス

Acoustic Science オフィシャルサイト

関連記事

Acoustic Science (アコースティックサイエンス) 新ジャンルのロングライフ ギター弦 (2017/1/14)

ギターを買いました (仕様編) |フジゲン FUJIGEN (FGN) EXPERT ELAN EEL-FM-TR BCS (2016/12/10)

【買い物リスト】
アコースティックサイエンス Acoustic Science  LACSEG0942 Extra Light 09-42 エレキギター弦
ゲージ: Extra Light 09-42
素材: Nickel/Steel
型番: LACSEG0942
購入価格: ¥1,469 (税込)
購入場所: イシバシ楽器三宮店

|

« スターバックス オリガミ パーソナルドリップコーヒー アソートセット 飲み比べに便利 | トップページ | 劇団四季 ミュージカル『キャッツ』を観てきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スターバックス オリガミ パーソナルドリップコーヒー アソートセット 飲み比べに便利 | トップページ | 劇団四季 ミュージカル『キャッツ』を観てきました »