« Misty (ミスティ) CLEAR COAT CLEANER 保護もできるギタークリーナー | トップページ | 『ギター・コード・ボイシング完全攻略!』 6~5弦ルートのみから卒業! »

2016/09/17

トレモロユニットを調整してみた | フジゲン Fujigen /FGN Neo Classic NST101-CAR

高品質のギターを生み出すことで有名な,日本を代表するギターメーカーのフジゲン (FUJIGEN) 。その FUJIGEN のストラトタイプギターがネオクラッシック (Neo Classic) シリーズ NST です。

16091701

最大の魅力は,その圧倒的なコストパフォーマンスです。10 万円を切る値段で,このクオリティとスペックを実現していることに FUJIEGN というメーカーの底力を感じます。

S-S-H のピックアップ構成を採用した FUJIGEN/FGN NST101 には,オリジナルの FGN TP-N88 というトレモロユニットが搭載されています。FGN TP-N88 は,ビンテージスタイルのナイフエッジを持ったトレモロユニット。ユニークなのは,トレモロユニットを固定するビスが 6 本ではなく 2 本になっていることです。ちなみにサドルはベントスティール タイプになっています。

16091702

出荷時のトレモロユニットのセッティングは,アームアップができない,いわゆる「ベタづけ」の状態でした。トレモロユニットは,かるくビブラートをかける程度にしか使わないので,アームアップは必要ないのですが,「ベタづけ」のままだとアームが重くて,ビブラートのかけ始めに音程が下がり過ぎる点に不満がありました。

そこで,ブリッジがわずかにフローティングする程度にトレモロユニットを調整してみました。FUJIGEN/FGN NST101 には,バックプレートを分解しなくてもスプリング調整ねじにアクセスできるように,バックプレートにスクリュードライバー用の開口部が設けられているので,手軽に調整ができます。

16091703

バックプレートの穴にプラスドライバーを差し込んでスプリング調整ねじを緩めます。わずかにブリッジがフローティングになるように調整してみました。すると,確かにアーミングは滑らかになったのですが,チューニングが急に不安定になってしまいました。

他の弦は何ともないのですが,3 弦だけチューニングが狂います。なぜか 3 弦だけがアームダウンするとフラット側にチューニングがずれます。そのままの状態で,アームアップするとチューニングが元に戻ります。

インターネットで調べてみると,シンクロナイズド トレモロユニットの場合,弦が摩擦する部分にグリスを塗布すればチューニングが安定するようです。また,一般にフラットする側にチューニングが狂う場合は,ブリッジ側の問題のようです。

FUJIGEN/FGN NST101 はとにかくチューニングが安定している点が気にっていたので,残念ながらも,すぐに元の「ベタづけ」にセッティングを戻しました。

FUJIGEN/FGN NST101の他に,ゴトー製 (GOTOH) の 2 点ポスト支持タイプのトレモロユニットを搭載したギターを 2 本持っているので,アーミングが必要な時はそちらを使い,FUJIGEN/FGN NST101はアーミングなしで使うことにしました。

2017-10/15 追記:

ナットやサドルの弦が接触する部分に潤滑油を塗るとチューニングの安定性が改善するようです。おすすめは、PLANET WAVES (プラネットウェイブス) の LubriKit Friction Remover です。

関連リンク

フジゲン オンラインショップ

フジゲン カスタムハウス池袋

関連記事

フジゲン FUJIGEN/FGN NST101-CAR をレビュー (2014/12/14)

|

« Misty (ミスティ) CLEAR COAT CLEANER 保護もできるギタークリーナー | トップページ | 『ギター・コード・ボイシング完全攻略!』 6~5弦ルートのみから卒業! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Misty (ミスティ) CLEAR COAT CLEANER 保護もできるギタークリーナー | トップページ | 『ギター・コード・ボイシング完全攻略!』 6~5弦ルートのみから卒業! »