« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016/05/28

さわやかなハーブの香り ロクシタン ヴァーベナ オードトワレ

5月も後半になり,気温が高くて雨の日が多くなってきました。うっとおしい天気で何か気分転換でもしたいなと思ったときに便利なのが香りのアクセサリーです。

16052801

有名ブランドの香水は,フォーマルな印象を与えるものが多いので,外出するときや人と会うときに使うもの。手軽に使うには,もっとライトなものが欲しくなります。

16052802

高品質なハンドクリームなどが有名なフランスのメーカー,ロクシタン(L'OCCITAN)には,手軽に使える香水も豊富なラインアップもそろっています。

16052803

アメリカに出張に行った時,自分のお土産用として買ったのが,ロクシタンのヴァーベナ オードトワレ(Verbena Eau de Toilette)です。ロクシタンは日本にもショップがありますし,オンラインショップでも製品を購入することができます。

ヴァーベナはレモンのような香りがするシトラス系のハーブ。ナチュラルな香りで気分をリラックスさせてくれます。甘すぎないので,男性でも女性でも使えます。

香水は,香りがきついのでごく少量をつけるのが基本です。ナチュラルな香りが,ほんのりかおる。これが大人のマナーを守った使い方でしょうか。

□関連情報
ロクシタン L'OCCITANE en provence
http://jp.loccitane.com/

【買い物リスト】
ロクシタン ヴァーベナ オードトワレ 100 mL
L'OCCITAN Verbena Eau de Toilette 100 mL (3.4 fl.oz)
購入価格: ¥6,844 (税込, $1=¥110) $62.22 ($58.00 + Tax $4.22)
参考価格: ¥5,940 (税込, ロクシタン オンラインショップ )
購入場所: Mall of America, MN

|

2016/05/21

懐かしい曲が満載の楽譜 『バンドスコア フュージョン セレクション』

その昔,熱心に聞いた音楽は,いわゆるフュージョンまたはジャズ フュージョンと呼ばれるジャンル。フュージョンは,ジャズとロックやラテンなど,他の音楽を融合させた音楽のジャンルですが,メロディのきれいな音楽が特に好きでした。

16052101

バンドスコアもいくつか持っていたのですが,いつの間にか散逸してしまいました。Amazonで調べてみると,オムニバス形式のものが今でもいくつか手に入るようです。

16052102

今回,島村楽器でたまたま手に入れたのが,ヤマハから出版されている『バンドスコア フュージョン セレクション』です。

収録されているアーティストは,DIMENSION,THE SQUARE,CASIOPEAに高中正義と盛りだくさんです。定番中の定番である高中正義のBLUE LAGOONも収録されています。

収録曲は次のとおり。
Beat #5 / DIMENSION
Break Out / DIMENSION
OMENS OF LOVE / THE SQUARE
TAKARAJIMA / THE SQUARE
Asayake / CASIOPEA
Looking Up / CASIOPEA
BLUE LAGOON / TAKANAKA MASAYOSHI

バンドで演奏することはないのですが,今はDTMという手段もあるので,バンドスコアを買ってみました。お気に入りの曲を少しギターで弾いてみるだけでも楽しい時間が過ごせます。

【参考データ】
バンドスコア フュージョン セレクション
出版社: ヤマハミュージックメディア (2015/11/21)
価格: ¥3,456 (税込)

| | コメント (0)

2016/05/15

ギターリスト必携本! 『名手のギター・サウンド・システム・ファイル』

アマチュアギターリストにとって,こんな本が欲しかったという本が出ました。

16051501

リットーミュージックから出版された『名手のギター・サウンド・システム・ファイル』です。活躍している国内ギターリスト達の使っている機材を紹介するという内容で,ギターリストにとっては興味津々の内容です。

16051502

いずれも一流のプレイヤーばかりですが,スタジオワークを中心にするプレイヤーなど,なかなか情報が得にくいプレイヤーもとり上げられています。

16051503

使用しているエフェクターやそのセッティングに目が行くところですが,最近はFRACTAL AUDIO SYSTEMSのAxe-FxIIやKEMPER PROFILERなど,高級システムが中心になっているので,アマチュアギターリストにとっては,高嶺の花でしかありません。

注目すべきはエフェクターではなく,やはり使用しているギターです。自分の好きなギターリストの使用しているギターについて情報が得られるのはうれしいところです。また,気になっているギターリストの使っているギターも興味をそそられます。

ギターについては,GibsonやFenderなど,高級ビンテージギターを弾いているイメージがあるのですが,意外にも一流プレイヤーのみなさんは,実用的なギターや独自のこだわりをもったオリジナルギターを使っていることがわかります。ビンテージギターは,コレクション的な要素が強いのかもしれません。

プロのプレイヤーの間でも,お互いの使用機材の情報を交換をする機会は少ないと思います。すべてのギターリストにおススメの本です。

【参考データ】
名手のギター・サウンド・システム・ファイル
国内レジェンドたちが“良いギターの音"を語る!
ギター・マガジン ムック
ギター・マガジン編集部
出版社: リットーミュージック (2016/3/23)
価格: ¥2,700 (税込)

|

2016/05/14

ノートカバー登場! デルフォニクス ロルバーン カバー A5

以前から愛用しているデルフォニクス (DELFONICS) のロルバーン(Rollbahn)ノートブックに,専用のカバーが登場しました。

16051401

以前から,ダイアリー用のカバーはあったのですが,ついにノートカバーが登場です。サイズは使い勝手の良いA5サイズに対応しています。

16051402

高級感の漂うカバーは,柔らかな手触りの合皮素材でできています。表紙には,Rollbahnの文字が押し型で加工してあります。裏表紙には,鞄の中でノートが開かないようにするためのゴムバンドがついています。また,内側に折りたためるペンループもついています。

16051403

ノートカバーには,ノートのロルバーンが1冊付属しています。パッケージを開封して確認してみるとイエロー表紙のものがついていました。ノートのロルバーンは,5ミリ方眼罫でポケット付きというとても使いやすいノートです。書き味のよりクリーム色の紙が使われていることも特徴です。

16051404

5月といえば,まだまだ新学期や新年度の時期ですので,このノートカバーがオススメです。

16051405

余談ながら,A4サイズのロルバーンは残念ながら廃盤になるようです。デルフォニクスのWEBサイトで見ると,ラインアップから消えていました。

【買い物リスト】
デルフォニクス ロルバーン ポケット付メモ カバー A5
DELFONICS Rollbahn A5
サイズ :W183×H232×D22mm
仕様: 2袖ポケット A5サイズノート収納可能,ロルバーンポケット付メモA5 付き
購入価格: ¥3,024
購入場所: 東急ハンズ 仙台

| | コメント (0)

2016/05/08

充電池の進化形 パナソニック 充電式EVOLTA 急速充電器セット K-KJ55MLE04

最近,仕事の関係でハンドライトをよく使うようになりました。最近のLEDを使用したハンドライトは単4形の電池を使ったものが主流です。

16050801

LEDライトで困るのが,電池の残量がなくなると急に点灯しなくなることです。予備の乾電池を用意はしているのですが,仕事で使うのであれば充電式が便利です。

16050802

そこで,久しぶりの充電式の乾電池を買うことにしました。以前であれば,悩むことなくエネループを選ぶのですが,今はパナソニックのエボルタ(EVOLTA)が人気のようです。

16050803

パナソニックの充電式乾電池は以前から使っていたので,なんとなく親近感があります。そこで今回は,パナソニックのエボルタを買うことにしました。放電電圧の持続時間によって,ライト,スタンダード,ハイエンドモデルの3モデルがあるのですが,無難にスタンダードモデルを選びました。

16050804

また,充電器は急速充電に対応したものを電池とセットで購入しました。

16050805

急速充電器のBQ-CC55には,LED表示がついていて,電池の残量と充電進行が分かるようになっています。また,単3形と単4形の両方に対応していて,どちらも最大で4本まで充電できます。手持ちの古いモデルでは,単4は2本までしか充電できなかったので,以前より便利になっています。

16050806

充電器のサイズが少し大きくなったのが残念な部分ですが,頻繁に持ち歩かなければ問題ありません。

【買い物リスト】
パナソニック 充電式EVOLTA 急速充電器セット K-KJ55MLE04
内容: 急速充電器 (BQ-CC55), 充電式エボルタ 単4形 (BK-4MLE) 4本
仕様:
●充電器
  電圧: AC100-240V 50/60Hz (海外対応)
  充電可能本数: 単3形1~4本, 単4形1~4本, 合わせて4本まで
  充電時間: 単3形×2本を約1.5時間で急速充電可能
  寸法: 68×120×28mm (本体外寸)
  質量: 120g (電池別)
●充電池
  タイプ: ニッケル水素電池
  電圧: 1.2V
  容量: Min.780 mAh
  くり返し使用回数 約1800回
購入価格: ¥2,670
購入場所: ヨドバシカメラ マルチメディア梅田

| | コメント (0)

2016/05/07

これが定番! ELECOM 電子辞書ケース セミハードタイプ ブラック DJC-006BK

4月から子供が大学に進学することになりました。新しく大学生協が推薦する電子辞書を買うので,高校で使っていた電子辞書をもらうことにしました。

16050701

子供からもらったのは,CASIO EX-word XD-D4800という機種です。今となっては旧型ですが,実用的には問題なく使用できます。

16050702

それまで使っていた,CASIO EX-word XD-F9000は,発音機能がないので,発音機能のあるXD-D4800はとても便利です。

16050703

多少の傷みあるにしても問題なく使えるXD-D4800ですが,さすがにケースはぼろぼろだったので,買い換えることにしました。

16050704もともと子供が使っていたのは,エレコム(ELECOM)のセミハードタイプのケースですが,今でもこれが人気があるようなので同じものを買いました。

純正のケースと比べて少しケース自体が大きいのですが,出張用にはそれまで使っていたコンパクトなXD-F9000を持ち歩くことにするので,しっかり保護できるセミハードケースを選びました。

多機能な電子辞書ですが,使いこなしのコツは,自分がよく使う機能を理解して使うことです。無理にすべての機能を使う必要はありません。

【買い物リスト】
ELECOM 電子辞書ケース セミハードタイプ ブラック DJC-006BK
SEMI HARD TYPE ELECTRONIC DICTIONALY CASE
ケース外寸: W170mm×D125mm×H40mm
ポケット数: インナーポケット×2, イヤホンポケット×1
材質: 表地 ポリウレタン, 芯材 EVA
質量:約90g
購入価格: ¥1,090
購入場所: ヨドバシカメラ マルチメディア梅田

| | コメント (0)

2016/05/01

一つ持っておきたい高機能アウターウエア | Columbia Sportswre Watertight Tec Jacket

ゴールデンウイーク休暇に入ったので,妻とアウトレットストアに買い物に行ってきました。

16050101

お目当ては,春先や秋口に着るウインドウブレイカーです。防水機能付きでレインウエアとしても使えるものがあればベストです。

16050102

去年,アメリカのアウトレットストアで購入してから,すっかりファンになったコロンビアのお店に行ってみました。そこで見つけたのが,この春に出たばかりの新製品だというWatertight Tec Jacketです。

16050103

完全防水仕様なので,レインウエアの代わりとしても使えます。また,独自のオムニテック仕様の生地は,防水でありながら通気もできるという優れものです。

16050104

インナーはメッシュ生地になっているので,蒸し暑い日でも涼しく過ごすことができます。また,左のポケットに全体を収納できるパッカブル仕様になっていて,コンパクトに収納して持ち歩くことができます。

フードの取り外しはできませんが,襟の部分が袋になっていて,使わない時はフードを襟の中に収納することができます。

このように,使い勝手を考えた機能が満載なのが,コロンビア製品に魅力。ファッションにだけにとらわれず,実用的な部分をきちんと押さえているところに他のメーカーとは違う特徴があります。

さすがに正規の値段ではなかなか手がでない高級ブランド品ですが,アウトレット価格なら何とか手に入れることができます。値段の価値は十分にある製品です。

【買い物リスト】
コロンビア スポーツウエア OMNI-TEC 防水ウンドブレイカー
Columbia Sportswre Watertight Tec Jacket RE1002-01
サイズ: US M
仕様: OMNI-TEC 通気・防水,Packable 本体ポケットに収納可能 収納可能フード
購入価格: ¥10,584 (¥15,120 OFF -¥4,536)
購入場所: コロンビア 三井アウトレットパーク マリンピア神戸

| | コメント (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »