« 定番の魅力 ヒストリー (HISTORY) ピック トライアングル型 ホワイト (HP5H HARD) | トップページ | 海外出張でアメリカに来ています。 »

2015/05/30

エレキギター ヤマハ Pacifica シリーズが気になる

最近またエレキギターが欲しくなってきました。

現在所有しているエレキギターは2本。1本は高校の入学祝いに買ってもらったヤマハ(YAMAHA)のセミアコースティックタイプSA-2000です。これはとにかくいいギターで,部品の傷みはありますが,今でも全く問題なく演奏できます。

もう一本は昨年の年末に買ったばかりのフジゲン(FUJIGEN)のストラトタイプNST101-CARです。これはコストパフォーマンスがとても高いギターで,楽器としてよくできています。とても弾きやすいギターで,クセのないクリアな音が特徴です。

いわゆるフュージョンを聴いて育った世代なので,ストラトタイプには興味が無かったのですが,一度その良さを知ると,その魅力にとりつかれてしまいました。

フジゲンのギターを買うときもヤマハのストラトタイプであるパシフィカ(Pacifica)シリーズは候補にあがったのですが,初心者モデルはあるものの,中級者向けのモデルに好みのものが無かったので見送りました。

その中級者モデルに新しい新製品PACIFICA 611VFMが加わり,今年の6月に発売になります。フロントにピックアップSeymour Duncan社製のSP90-1を,リアに同社製のカバードハムバッキングCustom 5を搭載するというユニークなモデル。下位モデルにも同様のピックアップ構成のギターはありましたが,ブリッジが固定でトレモロアーム付きではありませんでした。

新製品のPACIFICA 611VFMにはGrover社製のロック式ペグとWilkinson社製VS-50が採用されています。要所に高級部品が使用されている割には値段もリーズナブルです。ぜひ,実物を自分の目で見てみたいものです。

□関連情報
ヤマハ製品情報
http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/guitars-basses/el-guitars/pacifica_series/

□関連記事
2014年12月14日 (日)
フジゲン FUJIGEN/FGN NST101-CAR をレビュー
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2014/12/fujigenfgn-ns-1.html

|

« 定番の魅力 ヒストリー (HISTORY) ピック トライアングル型 ホワイト (HP5H HARD) | トップページ | 海外出張でアメリカに来ています。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 定番の魅力 ヒストリー (HISTORY) ピック トライアングル型 ホワイト (HP5H HARD) | トップページ | 海外出張でアメリカに来ています。 »