« 山崎産業 ミクロス から拭きソフトクロス | トップページ | ゼブラ デルガード をレビュー »

2015/02/28

リードマン三宮店に行ってきました

2月最後の土曜日。日曜日の明日は雨が降りそうなので,久しぶりに三宮へ買い物に出かけました。今回のお目当ては,前から行ってみたかった楽器店のリードマン三宮店です。

リードマンは神戸に三店舗ありますが,今回はフジゲンのギターを見るために三宮店に行ってきました。三宮店はセンタープラザ西館2Fにあるのですぐに場所が分かりました。

こじんまりとした店内で最初は中に入りにくかったのですが,勇気を出して店内に入ってみました。入り口すぐのところにエレキギターが展示してありました。

リードマンはフジゲンギターの取扱店なのですが,ストラトタイプのネオクラッシックがバリエーション豊富に展示されていました。きさくな店員さんとフジゲンギターの話題でもりあがると,今まで経験のなかったギターの試奏までしてしまいました。

本当は,フジゲンのエキスパートシリーズが見たかったのですが,オーソドックスなストラトタイプのギターであるネオクラッシックシリーズでも新たな発見がありました。ストラトタイプのネオクラッシックシリーズには,型番が100番台のNST100とグレードが一つ上で型番が200番台のNST200あります。値段的には実売価格で3万円程度の差ですが,今回はNST200を幾つか試奏させていただきました。

フジゲンのギターを買うとき,NST200は全く候補として考えていなかったので,何も情報を持っていませんでした。今回あらためていろいろと店員さんに教えていただきました。

NST100との大きな違いは,フィンガーボードの材質とピックアップです。NST100はフィンガーボードがエボニーで,NST200はローズになっています。ローズを使ったNST200の方がソフトな音がします。

次にピックアップですが,NST100はフジゲンのオリジナルピックアップが使われています。NST200には,ギターリストあこがれのセイモア・ダンカン (Seymour Duncan) が使われています。一番驚いたのは,このピックアップの違いです。セイモア・ダンカンといえば,一度は使ってみたいピッアップのブランド品。やはり,セイモア・ダンカンのピックアップはミッドレンジの音がよく出ます。ですから音の分離がよくなったように感じます。

NST200が欲しくなりました。

【参考データ】
リードマン三宮店
住所: 三宮 センタープラザ西館2F
営業時間: 10:00~20:00
定休日: 毎水曜日

|

« 山崎産業 ミクロス から拭きソフトクロス | トップページ | ゼブラ デルガード をレビュー »