« ERNIE BALL (アーニーボール) Polypro Strap Black 4037 ギターストラップ | トップページ | CANARE PROFESSIONAL CABLE カナレのエレキギター用シールドケーブルをレビュー »

2015年1月 4日 (日)

KURE シリコンスプレー (SILICONE SPRAY) 潤滑・離型剤 1046でギターのメンテナンス

15010401

ヤマハ (YAMAHA) のエレキギター (SA2000) を弾いていると,なぜかすぐにチューニングが狂ってしまいます。SA2000はセミアコースティックタイプ (semi-acoustic type) のエレキギターで,トレモロアームもついていないのになぜだろうと不思議に思っていました。

インターネットで情報を集めてみると,どうやらフレットの先端にあるナットと弦の間の潤滑に問題があるとチューニングが狂いやすくなるようです。この場合,チューニング時にギリギリと音がするというのですが,まさにそのとおりの状態でした。

対処方法はとても簡単で,ナットの溝部分に潤滑剤を塗れば直るようです。ギターのナット専用のグリスがあるようですが,ホームセンターで売っている無溶剤タイプのシリコンスプレーでも代用できるようです。

私が購入したのは,機械部品の防錆・潤滑に使うKURE 5-56で有名な呉工業の製品で,「KURE シリコンスプレー 1046」です。モデルチェンジがあるのか,バーゲンセール価格で売り出されていました。このシリコンスプレーは無用剤タイプでゴム,プラスチック,木などにも使えるようです。

弦を張り替えるときにシリコンスプレーを塗布しようと思っていたのですが,張り替える時ではなく,通常時に弦を緩めて塗布した方がよいという情報もあるようなので,弦を張った状態で塗布することにしました。

念のため,フィンガーボードやヘッドにシリコンスプレーが着かないように,用意した別の布にスプレーを吹き付けます。布についたシリコンを針金の先につけてナットに塗りこみます。弦は緩めてナットの溝から一時的に外しておきます。シリコンを塗り終わったら弦を元のナットの溝に戻します。弦一本ずつこの作業を繰り返します。

最後にチューニングをしてできあがりです。シリコンを塗布した後はチューニング時に弦がキリキリを音を出すことがなくなりました。肝心のチューニングは一度弾いてみて,再びチューニングをやり直すと,急によくなりました。以前はすぐに狂っていたチューニングがはっきり分かる程度まで改善されました。

ロック式のギターのように一度チューニングしたら弦を張り替えるまでチューニング不要とはいきませんが,弾き始めにチューニングすれば,一つの曲を弾いている途中でチューニングが必要になることはなくなりました。

□関連情報
KURE / 呉工業 (メーカーサイト)
http://www.kure.com/

□関連記事
2014年10月26日 (日)
ヤマハ YAMAHA SA2000 エレキギター
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2014/10/sa2000-6447.html

【買い物リスト】
KURE シリコンスプレー (SILICONE SPRAY) 潤滑・離型剤 1046
サイズ:D66 × 200 mm
重量: 350 g
内容量: 420 ml
成分: シリコンオイル
購入価格: \326
購入場所: ケイヨーD2

|

« ERNIE BALL (アーニーボール) Polypro Strap Black 4037 ギターストラップ | トップページ | CANARE PROFESSIONAL CABLE カナレのエレキギター用シールドケーブルをレビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ERNIE BALL (アーニーボール) Polypro Strap Black 4037 ギターストラップ | トップページ | CANARE PROFESSIONAL CABLE カナレのエレキギター用シールドケーブルをレビュー »