« 安心で満足な仕上がりのHISTORY ヒストリー HPP2 ギター ポリッシュ | トップページ | CDレビュー | Fingerprints (フィンガープリンツ) / Larry Carlton (ラリー・カールトン) »

2014年11月 2日 (日)

ERNIE BALL (アーニーボール) のエレキギター弦を買ってみた

久しぶりにエレキギター YAMAHA SA2000S をひっぱり出してきました。クリーニングの時にじゃまになるので,それまで張ってあった弦はすべて取り外します。

14110201

今までは単純にヤマハのギターだからという理由でヤマハのライトゲージ弦 (YAMAHA H-1020 Light Gauge Set) を使っていました。弦の張り替えには,海外メーカー製の弦を一度使ってみることにしました。

14110203

久しぶりに楽器店に行ってみると,エレキギター弦だけでも目が回るぐらいの種類があります。意外だったのは,海外メーカ製の弦が安いこと。かつて使っていたヤマハの弦は900円程度で,海外製は定番と呼ばれるもので500円程度でした。

交換用の新しい弦として選んだのは,アーニーボール (ERNIE BALL) レギュラースリンキー 2221 (Regular Slinky #2221)。アーニーボールを選んだのは,名前に覚えがあったことと店頭の手書きポップにも定番と書いてあったからです。

ゲージすなわち弦の太さは,ずっと定番の1弦が.010"からはじまるライトゲージを使っていますので,無難に同じライトゲージを選びます。

細い1,2弦は切れやすいので,単品の弦も一緒に買います。後で気がついたのですが,この単品弦がセット弦と比べると非常に割高でした。予備としては単品弦を買うよりも,セットで買って必要な弦だけ使う方が安くあがりそうです。

クリーニングの終わったギターにアーニーボールの弦を張って試奏してみたところ,ヤマハの弦と比べての違和感はありません。感覚的には,ヤマハの弦よりアーニーボールの弦のほうが弾きやすいように感じます。

弦の張替えには,弦と一緒に買ってきたペグワインダーを初めて使いました。どうしてもっと早く買わなかったのだろうと後悔するほど,ものすごく弦の張替えが楽にできました。ペグワインダーはとにかくおススメです。

■ 関連リンク
ERNIE BALL製品情報 (英語サイト)
http://www.ernieball.com/products/electric-strings/1728/regular-slinky-nickel-wound

■ 関連記事
ヤマハ SA2000S エレキギター (2014/10/26)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2014/10/sa2000-6447.html

【買い物リスト】
アーニーボール レギュラー・スリンキー 2221 エレキギター弦
ERNIE BALL REGULAR SLNKY #2221 Electric Guitar Strings
ゲージ: .010,.013,.017,.026,.036,.046
仕様: ニッケルワウンド
購入価格: ¥594 (1 セット)
購入場所: イシバシ楽器 神戸三宮店
(MADE IN USA)

|

« 安心で満足な仕上がりのHISTORY ヒストリー HPP2 ギター ポリッシュ | トップページ | CDレビュー | Fingerprints (フィンガープリンツ) / Larry Carlton (ラリー・カールトン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安心で満足な仕上がりのHISTORY ヒストリー HPP2 ギター ポリッシュ | トップページ | CDレビュー | Fingerprints (フィンガープリンツ) / Larry Carlton (ラリー・カールトン) »