« ロディア No.119 横罫線 ホワイトを再レビュー | トップページ | FUJITSU ScanSnap iX100 の使いこなし »

2014年8月10日 (日)

FUJITSU ScanSnap iX100 をレビュー

14081001

ずっと以前から買おうと思っていたドキュメントスキャナーをついに買いました。今回買ったのは,富士通のバッテリー搭載・WiFi対応スキャナーScanSnap iX100(FI-IX100)です。

iX100の特徴は,バッテリ駆動とWiFi接続で完全ケーブルレスでのスキャンを可能にしたこと。パソコンはもちろんタブレットやスマートフォンからでもWiFi接続でスキャンが可能です。

14081002

本体の他に付属品は説明書,USBケーブルとソフトウエアの入ったCDです。バッテリー充電器は本体に付属しないので,別に用意する必要があります。バッテリの状態は,iX100正面にあるバッテリーランプで確認できます。試しにiPhone用に買ったUSB充電器をつないでみましたが問題なく充電できました。私は,iX100専用に充電器が欲しいので,別売の充電器を一緒に注文しました。

14081003

セットアップはとても簡単でした。箱から本体と書類を取り出したら,まずはソフトウエアのインストールです。パソコンに接続する前にソフトウエアをインストールするように注意書きがあるので,はやる気持ちを抑えて作業を行います。

ソフトウエアのインストールは,付属のCDを使います(※ CDドライブがない場合は,富士通のWeb Siteからソフトをダウンロードしてインストールすることができるようです)
。ソフトウエアのインストールが終わると,続けてネットワーク接続の設定が自動的に始まります。iX100の本体を付属のケーブルでUSB接続し,メッセージに従ってネットワーク接続の設定を行います。ネットワーク接続の設定が終わると一度USBケーブルをとり外します。

iX100には電源スイッチはありません。前面カバーが電源スイッチを兼ねていて,前面カバーを開けると電源が入って「Scan/Stop」ボタンのまわりが青く光ります。しばらくするとパソコンのデスクトップに「iX100-***が読み取り可能です」というメッセージが表示されてネットワークを経由でiX100が認識されます。

iX100がWiFiで接続されたら書類をスキャンできます。スキャンする紙の原稿をiX100に挿入すると,少しだけ紙が引き込まれてロックされます。この状態で「Scan/Stop」ボタンを押すとスキャンが開始されます。すぐにScanSnapMangerが自動的に起動してパソコンのデスクトップ画面にスキャンの状況が表示されます。

14081004

スキャンしたファイルは,PDFかJPEGファイルで保存できます。PDFファイルでは,後で付属のソフトウエアを使って文字認識(OCR)もできます。

原稿を一枚ずつ手差しするスキャナーなので大量の書類をスキャンするには向きませんが,A4片面カラー 5.2秒/枚の高速スキャンでストレスなく書類をスキャンすることができます。

とにかく場所をとらずにケーブルレスで高速スキャンできるのは魅力です。また,2万円でおつりがくる手頃な値段なので,軽い気持ちで書類のスキャンを始めてみることができます。

実際の使いこなしについては,別の記事でご紹介する予定です。

□関連情報
FUJITSU ScanSnap iX100製品情報
http://scansnap.fujitsu.com/jp/product/ix100/index.html

【買い物リスト】
FUJITSU ScanSnap iX100 / FI-IX100
Wi-Fi対応・バッテリー搭載スキャナ
寸法: W273×D47.5×H36 mm
質量: 400 g
仕様: CISセンサー, 600 dpi, A4片面カラー 5.2秒/枚, バッテリー駆動, WiFi/USB接続
購入価格: \15,780
購入場所: Amazon

|

« ロディア No.119 横罫線 ホワイトを再レビュー | トップページ | FUJITSU ScanSnap iX100 の使いこなし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロディア No.119 横罫線 ホワイトを再レビュー | トップページ | FUJITSU ScanSnap iX100 の使いこなし »