« ぺんてる ビク-ニャ 4色 0.5 mmをレビューする | トップページ | キングジム オレッタA4三つ折りホルダー をレビューする »

2013年11月30日 (土)

デルフォニックス ロルバーンダイアリー A5 グリーン 何とか手に入れました

2013年秋の手帳シーズン,ひと目見て買おうを思ったのがこのデルフォニックス (DELFONICS) のロルバーンダイアリー A5 グリーンです。

13113001

ちょっぴり値段がお高いので,小遣いに余裕のあるときに買おうと思っていたら,このところ在庫切れが目立ってきました。11月といえば,まだまだ手帳シーズンなのになぜだろうと疑問に思いながら,ナガサワ文具センターで見かけたの迷わず購入しました。

13113002

在庫が少なくなった理由は購入してから分かりました。このダイアリーは10月はじまり仕様だったのです。私はダイアリーとして使用するつもりは全く無かったので,そのことに気が付きませんでした。

13113003

ロルバーンは,大好きな方眼形成と使いやすいポケットが特徴。カバンの中に入れておいてもカバーが開かないゴムバンドも付いています。表紙のカラーバリエーションも豊富でダイアリーには限定色や限定デザインもあります。

13113004

趣味のメモ用ノートとしてプライベートで何年の愛用しているロルバーン。このところは何でもEvernoteに記録するようになってから,あまり使わなくなってきました。それでもお気に入りのノートであることには変わりありません。最近はすっかりメジャーになって手に入りやすくなったのもうれしいところです。

このロルバーンダイアリーをひと目見て気に入ったのが,グリーンの表紙です。これまでは,イエローやダークブルーなどはっきりした色合いが好みでした。でも,この落ち着いた色合いのグリーンは何か強烈に惹かれるものを感じました。

ダイアリーにも関わらず購入したのはこのサイズです。デルフォニクスで唯一不満だったのが,規格サイズのものがないこと。プライベートで使うものですから,規格サイズ意外のもので遊び心を出すのはありだと思います。それでも,お気に入りのノートだけに規格サイズも欲しいと前からずっと思っていました。

このダイアリーは,A5変形サイズですが,中紙はミシン目で切り離すとA5規格寸法になります。ヨーロッパのノートではこのスタイルが主流。残念なことに日本のノートでは,切り離す前が規格寸法で,切り離すと規格寸法より小さくなるものが一般的です。

購入してからうれしい発見がありました。ロルバーンの切り取り用ミシン目は目があらくあまり実用的ではありませんでした。ところが,このダイアリーではミシン目が切り離しの簡単なマイクロカットに変更されていました。ページを切り離す使い方はしていないのですが,ちょっとうれしい仕様変更です。

□製品情報
http://www.kdm.bz/p95422.html

□関連記事
デルフォニックス ロルバーン ポケット付きメモ L (2011/5/22)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2011/05/l-18a7.html

デルフォニクス ロルバーン ミニメモ (2008/9/14日)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2008/09/post-3e52.html

Rollbahn スリムサイズメモ (2007/6/23)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2007/06/rollbahn_723d.html

ロルバーン (2005/7/18)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2005/07/post_9c78.html

【買い物リスト】
デルフォニックス ロルバーンダイアリー A5 グリーン
サイズ: H215×W170×H15 mm (A5変型)
仕様: 5 mm方眼165頁, マイクロカットミシン目, PPポケット12枚
ダイアリー: 月間ブロック見開き式, 2013年10月から2014年12月まで
型番: 14FRA GR
購入価格: \1,260
購入場所: ナガサワ文具センター 三宮
(MADE IN JAPAN)

|

« ぺんてる ビク-ニャ 4色 0.5 mmをレビューする | トップページ | キングジム オレッタA4三つ折りホルダー をレビューする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぺんてる ビク-ニャ 4色 0.5 mmをレビューする | トップページ | キングジム オレッタA4三つ折りホルダー をレビューする »