« TUNEWEAR eggshell for iPad を装着してみた | トップページ | カプリチョーザ 神戸モザイク店 »

2013年9月15日 (日)

Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2013年 10月号

みたこともないような書斎の写真にびっくりしました。

13091501

毎回,美術館で絵をみるようなグラビアページで楽しませてくれるCasa BRUTUS (カーサ・ブルータス)。今月は驚きの書斎が紹介されています。

今月の特集は「リノベの天才、DIYの達人2013」で,前半三連発のリノベーション事例には圧倒されてしまいます。

■ 70年代の佇まいに新たな機能を付与 / 大堀 伸
シンプルなつくりをうまく生かした仕事場と自宅を兼ねたリノベーションの事例。白を基調にした内装にまとめられた室内は吸い込まれるようです。

室内にあるらせん階段が,また独特の雰囲気を醸し出しています。古いものをうまく生かしたリノベーションです。

■ 最新のエコシステムを実現する家 / パトリック・ブラン
熱帯雨林の中に置かれたテーブルの上でパソコンの画面を見ている住人の写真に圧倒されます。これが何と2階建てロフトの階下にあるオープン空間なのです。書斎の壁に熱帯植物を生い茂らせ,ガラス張りの床面は水槽で魚まで泳いでいます。

住人はフランスの植物学者という職業を知って納得。「垂直の庭」という建物外壁の緑化は世界的に有名で,日本にも彼が手がけた建物がいくつかあります。とにかく,言葉がでないすごさです。このページだけでも買う価値があります。

■ 奥能登の民家を察漆のゲストハウス拶に / 赤木 明登
2層の吹き抜けのラウンジの壁一面には2階までのびる本棚がつくりつけられています。高い所に収納した本にアクセスするためのキャットウオークがなんともユニークです。

この事例でも室内にらせん階段があります。どうやら,らせん階段はそれ自体がインテリアとしても機能するようです。漆塗りの床面に白いらせん階段という斬新な新旧の組み合わせ。意外なことに元からあったようにマッチして部屋の風景に溶け込んでいます。

ぜひ一度,本屋さんでチェックしてみてください。

□関連記事
Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2013年 04月号 (2013/3/17)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2013/03/casa-brutus-201.html

【参考データ】
Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2013年 10月号
特集: リノベの天才、DIYの達人2013
出版社: マガジンハウス (2013/9/10)
購入価格: ¥980

|

« TUNEWEAR eggshell for iPad を装着してみた | トップページ | カプリチョーザ 神戸モザイク店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TUNEWEAR eggshell for iPad を装着してみた | トップページ | カプリチョーザ 神戸モザイク店 »