« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

週刊アスキー 2013年4月30日号増刊

 週刊アスキー 2013年4月30日号増刊号の付録は,スマータブル・コンボケースです。

13033101 13033102

 7インチのタブレットに加えてスマートフォンまで一緒に収納できるというケースです。すでに売り切れを覚悟で本屋に行ってみたところ予想に反して豊富な在庫がありました。

 はじめに疑問だったのがケースの形です。表紙の小野恵令奈さんが持っているケースは,どう見ても横型です。しかし,同じ表紙に小さく写っているケースの写真は縦型になっています。どうなっているのが理解できませんでした。

13033103 13033104

 ところが,実物を手にしてみるとすぐに理解できました。要するに二つ折りにして手に持っていたのです。すなわち,基本形は縦長のケースで,二つ折りにして使うこともできるというものでした。

 タブレット端末を持っていない場合は,デジカメやモバイルWiFiルーターなど,電子機器のケースとしても使えそうです。

 シンプルで落ち着いたデザインなので,どんな用途にも使えそうです。「週刊アスキー」と書かれたタグがワンポイントアクセントになっています。

【参考データ】
週刊アスキー 2013年4月30日号増刊
付録: スマータブル・コンボケース
出版社: アスキー・メディアワークス (2013/3/25)
価格: ¥490

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月30日 (土)

オックスフォード インターナショナル ノートパッド A4 白

 ずいぶん昔に買ったノートパッドを引っ張り出してきました。

13033001 13033002 13033004

 今となっては,どこで買ったものかも分かりませんが,値札シールが残っていたので買ったときの値段は分かりました。オックスフォード(Oxford)のインターナショナル(International)シリーズ・ノートパッド(A4サイズ)です。今となってははっきりしませんが,おそらく神戸・三宮のナガサワ文具センターで買ったものだと思います。

 最近これと同じシリーズで,中紙がリーガルパッドのようにイエローのものを手に入れました。これと同じようなものを確かに以前買った覚えがあるので,ノートバッドを集めて保管している棚を探してみると,このノートパッドが出てきました。

13033005  13033009

 このノートパッドは,A4プラスサイズと呼ばれるもので,ミシン目で切り離すとA4の規格寸法になります。特徴としては,ファイリングのためのとじ穴を穿孔済みであることです。日本のレポートパッドでは,とじ穴が穿孔されたものはあまり見かけません。

 罫線は,6 mm横罫です。リーガルパッドで有名なインデックスマージンがあります。このマージンが左右にあるのが珍しいところです。ちなみに,表紙の色が違う5 mm方眼罫のものもあります。

 また,とじ穴はヨーロッパにおいて一般的な4穴式になっています。この4穴式は,2穴式と比べて強度が高いので,紙をとじる時にとても便利です。うれしいことに,日本で一般的な2穴とも互換性があります。4穴式のファイルは,あまり選択肢はありませんが日本でもなんとか手に入ります。

 最近は手書きでものを書く機会が本当に少なくなりました。最近読んだ(ナンシー・デュアルテ)『slide:ology』や(ガー・レイノルズ)『プレゼンテーションZen 第2版』によると,いきなりPCで作業するよりも,手書きでラフスケッチを作った方が,作業は何倍も早いそうです。自由に発想を膨らませるには,やはり直感をじゃましない手書きが向いています。

 せっかくなので,引っ張り出してきたノートパッドを使ってみようかと考えています。

□関連記事
【2013年3月23日】オックスフォード インターナショナルシリーズ ノートパッドA4
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2013/03/a4-8c9c.html

【2006年5月21日】OXFORD A4 NOTEPAD
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2006/05/oxford_a4_notep.html

【買い物リスト】
オックスフォード インターナショナル ノートパッド A4 白
(Oxford International Notepad A4)
寸法: 210×300 mm (A4+, 切り離してA4)
仕様: 6 mm 横罫, 白, 全80枚, ミシン目入, 4穴, 坪量 80g/m^2
購入価格: \893
購入場所: ?
(MADE IN EU)

| | コメント (0)

2013年3月24日 (日)

オックスフォード アクティブブック A4

 掘り出し物が手に入りました。

13032401_2

 最近オープンした輸入文房具のお店で,珍しいノートブックを手に入れました。高品質なノートブックが特徴のオックスフォード(Oxford)のダブルリングとじノートブックです。

 目に付くのは,ブラックベースに青のアクセントカラーのついたポリプロピレン(PP)製の表紙です。90枚という分厚い紙の束にはしっかりとした重みがあります。表紙がやわらかい素材なので,手にとると紙の重みでノートブック全体がグニャリと曲がります。

13032402

 このノートブックには,オックスフォード特製のOPTIK PAPERという紙が使われています。90 g/m^2の厚みのある紙で,白色度とにじみの少なさがその特徴。裏抜けが少ない紙なので両面使用にも適しています。

13032403

 中紙のフォーマットはヨーロッパでごく一般的な5 mm方眼。オックスフォードのノートブックは緑色の罫線が一般的ですが,このノートはロディアのように薄い青色の罫線が使われています。オクスフォードのノートブックには紙の上部に表題を記載するのに便利な長方形の欄があります。現行のラインアップでは表題欄は3行ありますが,このノートブックでは表題欄が1行と特殊です。

13032404

 オクスフォードのウエブサイトでも調べてみましたが,手に入れたノートブックの情報は見つかりませんでした。古い型番の製品か,ローカル仕様の特殊な製品かもしれません。思いがけず珍しいものが手に入ったようです。

□関連記事
【2005年9月25日】Oxford Notebook
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2005/09/oxford_notebook.html

【2006年9月 3日】Oxford ACTIVEBOOK Lined
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2006/09/oxford_activebo.html

【2007年2月24日】OXFORDのノート復活
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2007/02/oxford_4c80.html

【2007年3月11日】Oxford ACTIVE BOOK LINED 復活
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2007/03/oxford_active_b_ed90.html

【2007年3月25日】Oxford スパイラルノートA4方眼
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2007/03/oxford_a4_1890_1.html

【買い物リスト】
オックスフォード アクティブブック A4
( Oxford ACTIVE BOOK A4 )
寸法: 230×297 mm (A4+, 切り離してA4)
仕様: 5 mm 方眼, 90枚, ミシン目入, 4穴穿孔済み, 90g/m^2, OPTIK PAPER
購入価格: \525
購入場所: ステーショナリーアミー@明石ビブレ3F
(MADE IN EU)

| | コメント (0)

2013年3月23日 (土)

オックスフォード インターナショナルシリーズ ノートパッドA4

 このところいい風が吹くようになりました。

13032301

 近所にあるショッピングセンターの改装工事が終わりました。新聞の折込広告を見ていると輸入文房具のお店が新規出展しているようなので,さっそく行ってきました。

 お店は,ステーショナリーアミーで,以前大阪にあるお店に一度行ったことがあります。輸入品中心の品揃えですが,日本の製品も並べていました。開店記念セールで,オックスフォードのノートを特価で販売していました。ほぼ半額ぐらいだと思うのですが,そのの安さには惹かれるものがありました。

13032302_2 13032303 13032304

 何よりうれしかったのは,オクスフォード (Oxford) のノートのラインアップがずらりと並んでいたことです。インターナショナルシリーズのオーガナイザーブックやノートブックもありました。そこで珍しいもの見つけました。A4サイズのノートパッドで,紙がイエローのものです。紙がホワイトのものは持っているのですが,リーガルパッドのようにイエローのものは始めて見ました。

 オックスフォードは,罫線のフォーマットがとてもよくできています。上の方にはタイトルを記入できる欄が別に付いています。リーガルパッドのように左側にはインデックスマージンがついています。そして右側にも左と同じサイズのインデックスマージンが付いているのが特徴です。

13032305 13032306

 日本のレポート用紙と違って,裏面にも罫線が印刷してあります。裏も表も使えるようになっています。また,ヨーロッパでは一般的な4穴のとじ穴があらかじめ穿孔されています。ミシン目で切り離せば,すぐにファイリングできます。この4穴システムは,日本で一般的な2穴システムと互換性があるのがうれしいところです。

□製品情報
http://shogei-bungu2.shop-pro.jp/?pid=32051642

□関連記事
【2006年5月21日】OXFORD A4 NOTEPAD
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2006/05/oxford_a4_notep.html

【2008年4月27日】OXFORD A5 NOTEPAD
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2008/04/oxford_a5notepa_bd91.html

【買い物リスト】
オックスフォード インターナショナルシリーズ ノートパッドA4
( Oxford International Notepad A4)

寸法: 210×300 mm (A4+, 切り離してA4)
仕様: 6 mm 横罫 (白紙 or 黄紙), 全80枚, ミシン目入, 4穴, 坪量 80g/m^2
購入価格: \893
購入場所: ステーショナリーアミー@明石ビブレ3F
(MADE IN EU)

| | コメント (0)

2013年3月17日 (日)

Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2013年 04月号

きれいな写真でいっぱいの雑誌が本屋さんで目にとまりました。

13031701

4月からの新学期を控えた時期には,雑誌の文房具特集が多くなります。表紙の写真に写っていたボールクリップが気になってページをめくってみました。

目に飛び込んできたのは,片岡義男の「文房具を買いに2013」です。片岡義男は『文房具を買いに』と『何を買ったの?文房具。』という二冊の文房具を題材にした写真エッセイ集を出しています。どちらも本人が撮影した写真が印象的で,何度読み直してもあきることがありません。その続編ともいえる写真エッセイをこの雑誌で楽しむことができます。

オフィスで使う実用的な文房具はもちろん楽しい。また,レトロな感じのする外国製の文房具は,生活の中でのちょっとした息抜きのようなリラックスした雰囲気を持っています。この雑誌では,そんなちょっとした息抜きができる文房具が紹介されています。

文房具はとても個人的なものという感じがします。だれも自分が嫌いな文房具は使わないはずです。ですから,文房具には,その人の個性が出るのだと思います。

休日にコーヒーでも飲みながら,くつろいだ雰囲気で楽しみたい雑誌です。

【参考データ】
Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2013年 04月号
特集: 文房具が好きです
出版社: マガジンハウス; 月刊版 (2013/3/9)
購入価格: ¥880

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年3月16日 (土)

ゼブラ 蛍光オプテックス2イージ

 文房具の進化は止まりません。

13031601

 ワンプッシュで簡単に開けやすい「EZ(イージー)キャップ」を搭載した蛍光ペンが新発売になりました。ゼブラ(ZEBRA)の蛍光蛍光オプテックス2イージーです。

 ”キャップの両サイドをつまむだけで、簡単に開けることが出来ます。”

 さっそく買ってきて試してみました。全体の見た目は特に大きな変化はありません。キャップについている三角マークのところを指でつまむと,力を入れることなくキャップのロックが外れます。後はペンを持った手を後ろにずらせばキャップを取ることができます。

 蛍光オプテックスには,通常のオプテックス1の他に,1本で太細両用できるオプテックス2があります。驚いたのは,細ペン側のキャップのイージーキャップになっていることです。構造はシンプルですが,使い勝手は格段によくなっています。

13031602 13031603 13031604

 片手で資料を持っているときなど,ついついキャップを口に加えて外す人がいます。これが,意外に傍から見ると格好の悪いもの。このペンを使うと,スマートに片手でキャップを空けることができます。最近はノック式の蛍光ペンもありますが,実にシンプルな構造で実現したところがすごい点です。

 太軸側では,文字全体をマーキングする。または,重要部分をブロック単位でマーキングする。一方の細軸側では,文字の下にアンダーラインを引く。ブロック部分を囲む。これ1本で使い分けができるのが便利です。

 キャップがポンと簡単に開くので,ついつい意味もなくキャップの開け閉めをしてしまいます。とてもおもしろいペンです。

□製品情報
http://www.zebra.co.jp/pro/optex-ez/index.html?tab_id=tabs-b

【買い物リスト】
ゼブラ 蛍光オプテックス2イージー
寸法: 軸径11.5×全長136.8mm
質量: 8.94 g
仕様: 線径 太4.0 mm, 細1.1~1.3 mm, インク 水性顔料
標準価格: \105
購入場所: ナガサワ文具センター明石
(MADE IN JAPAN)

| | コメント (0)

2013年3月10日 (日)

マルマン 書きやすいルーズリーフ ミニ B7変形 5mm方眼罫

 いつの間にか5mm方眼罫の新製品が発売になっていました。

13031001

 まるでカードのような小さいサイズのルーズリーフ,それがマルマン(maruman)の「書きやすいルーズリーフ・ミニ」です。そのルーズリーフ・ミニに5mm方眼罫のラインアップが追加されていました。

13031002

 頻繁に文房具の新製品の情報はチェックしているはずなのに,このルーズリーフ・ミニ方眼罫は完全にノーマークでした。最初に発売された6 mm横罫線のものには,ごく一派的な白い紙を使ったものと別に,3色のカラーがついたカラーアソートのバリエーションがあります。この方眼罫もこれと同様にカラーアソート版があります。そして,方眼罫に加えて,3色アソートには無地がラインアップに加わっていました。

13031003

 このルーズリーフ・ミニは,紙が小さいだけでなく,A4,B5,A5のどのサイズのルーズリーフにも綴じることができるという特徴があります。そのためか,専用バインダーは発売されていませんでした。その専用バインダーもファイルノート・ミニとしてNEWアイテムに加わっています。ファイルノート・ミニは,プラスティック製の小型バインダーで,ルーズリーフ・ミニを整理したり束ねて持ち運ぶのに便利です。

13031004

 このルーズリーフ・ミニを見ていると,『知的生産の技術』という本に出てくる京大式カードを思い出します。京大式カードはB6判だったと記憶しています。このルーズリーフ・ミニは,B7変形判なので,大体半分のサイズです。

 ルーズリーフ・ミニは単発的な商品だろうと勝手に予想していたのですが,思っていた以上にアイテムが展開されてきました。まだまだ日本ではマイナーな存在である方眼罫がアイテムに加わったのがうれしいところです。

 方眼大好きのホーガニストなら文句なく購入決定です。

□製品情報
http://www.e-maruman.co.jp/looseleaf_mini/index.html

□関連記事
【2012年5月19日】 マルマン 書きやすいルーズリーフ ミニ
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2012/05/post-6f7a.html

【買い物リスト】
マルマン 書きやすいルーズリーフ ミニ B7変形 5mm方眼罫
寸法: 86.5×128.5 mm (B7変形)
仕様: 5mm 方眼罫, 100枚, 筆記用紙 80 g/m2, 9穴
購入価格: \210
購入場所: ナガサワ文具センター明石

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 9日 (土)

ELECOM ノートPC用電源コード 0.2m (T-PCM202)

 ノートPCは,持ち運んで使うと,その便利さを実感できます。

13030901 13030902 13030903

 最近のノートPCはCPUの省電力化とバッテリーの大容量化が進んだおかげで,バッテリー駆動時間が飛躍的に延びました。たとえば,NEC LaVie LL750/HS6の場合だと,パフォーマンス重視のモデルながらバッテリー駆動時間はカタログ値で4.5時間です。これはごく普通の使い方であれば一つの作業が十分にできる時間です。さらに,バッテリー駆動時間が8時間もあるものは,バッテリーを意識することもなく使えます。

 バッテリー駆動時間は延びているのですが,どうしても気にはなります。外出先や移動中などは仕方ありませんが,自宅やオフィスでバッテリー残量を気にしながら作業をすると,気分が落ちつきません。仕方なく電源アダプターも持ち運ぶことになります。

 ノートPCを持ち運ぶとき,電源アダプターの長いケーブルが意外にじゃまになります。電源アダプターを2個持つというライフハックもありますが,オススメはもう一本短めのケーブルを用意することです。例えば,書斎机や会社の自分のデスクなど,一番よく使用する場所では電源アダプター付属のケーブルを使います。ノートPCを持って移動するときは,電源側のケーブルを残して電源アダプターと本体を持ち歩きます。そして,持ち歩き専用の短いケーブルを持ち運んで使います。

13030904 13030905

 各社から互換性のあるケーブルが販売されています。エレコム製の0.2 mのケーブルであれば,持ち運びの際も全くじゃまになりません。ケーブルを束ねる必要もないので,絡まることもありません。設置も片付けもストレスなくできます。

 ちょっとした工夫ですが,ノートPCの使い勝手が格段によくなります。

□製品情報
http://www2.elecom.co.jp/products/T-PCM202.html

□関連記事
【2012年8月12日】 NEC LaVie LL750/HS6B 購入
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2012/08/nec-lavie-ll750.html

【買い物リスト】
ELECOM ノートPC用電源コード 0.2m (T-PCM202)
仕様: コネクタ形状 メガネ型, ケーブル長 0.2 m
標準価格: \525
購入場所: K'sデンキ大久保
(MADE IN CHINA)

| | コメント (0)

2013年3月 3日 (日)

パイロット ハイテックC マイカ 0.4 mm

 リニューアルされた三菱鉛筆のシグノRT1の隣に,パイロット・ハイテックCの新製品が並んでいました。

13030301 13030302

 その高級感のあるデザインに興味を惹かれました。キャップの先端には多面カットされた頭冠が付いています。キャップにはクリップがなく,ストラップホールが付いています。ストラップホールの突起は,机上でペンが転がるのを防止します。

 軸(バレル)部分には,mの文字に飾り枠をつけたエンブレムが描かれています。クリスタルカットされたキャップとコントラストをつけるように,バレル部分は突起のないシンプルな円柱のデザインになっています。

 ハイテックCの特徴は,ニードルポイントのペン先です。細かい文字を書くときにペン先が見やすいので,小さな書き込みにはとても便利です。図面やイラストの修正指示にも,このニードルチップのペン先が役に立ちます。

13030303 13030304

 ハイテックCのもう一つの特徴は,細かい線でもにじみが無いことです。せっかく繊細な線を描いてもインクがにじんで太くなっては意味がありません。水性インク独特のたっぷりとしたインクの出具合も魅力の一つです。スムースにインクが出るので,自由に発想するときには水性ペンが欠かせません。インクの乾きが速いので,手を汚すことがありません。

 ただし,当然のことながら水性インクは耐水性がありません。筆記後に蛍光マーカーを使う場合は,三菱鉛筆のシグノRT1か,ゼブラのサラサクリップなど顔料インクを使ったペンがお勧めです。

 簡単なラフスケッチを描くときなど,このペンを使うと気分が変わって新しいアイディアが出そうです。たかがペン,されどペンです。

□製品情報
http://www.pilot.co.jp/products/pen/ballpen/gel_ink/hitecc_maica/index.html

□関連記事
【2013年3月 2日】三菱鉛筆 ユニボール シグノ RT1
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2013/03/rt1-1ae1.html

【2012年11月17日】PILOT Juice
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2012/11/pilot-juice.html

【買い物リスト】
パイロット ハイテックCマイカ 0.4 mm
PILOT HI-TEC-C maica 0.4 mm
仕様: 水性バイオポリマーインキ, ボール径 0.4 mm
購入価格: \157
購入場所: ナガサワ文具センター三宮

| | コメント (0)

2013年3月 2日 (土)

三菱鉛筆 ユニボール シグノ RT1

 昔愛用していたゲルインクボールペンがリニューアルされました。

13030201 13030202

 三菱鉛筆のノック式ゲルインクボールペン,ユニボール シグノがリニューアルされました。これまではシグノ「RT」でしたが,「RT1」になりました。

 このRT1ではペンに一番重要なインクが変更されています。ゲルインクなので以前のままでも,なめらかで書きやすいインクなのですが,更に書きやすくなっています。シグノは,顔料インクを使っているのでインクに耐水性があります。筆記した後に蛍光マーカーで色をつけるには,このインクの耐水性が重要になります。今はゼブラのサラサ・クリップ0.4mmをまとめ買いして使っていますが,それ以前はシグノRTを愛用していました。

13030203 13030204 13030205

 インクに加えてペン全体のデザインもリニューアルされています。このRT1では,クリップとノックボタンが一体化しためずらしいデザインになっています。軸部分からグリップ部分のラバーまでインク色に統一された色使いは,シンプルかつ高級感のあるデザインです。

 シグノRTを使わなくなった理由は,クリップがすぐに折れてしまうからです。その点サラサ・クリップは丈夫なバインダークリップなので,未だに1本としてクリップ部分が折れたり壊れたりしたことがありません。

 昔シグノRTを愛用していたこともあるので,このシグノRT1もしばらく使ってみます。

□関連記事
【2007年9月 8日】サラサクリップ0.4
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2007/09/04_576e.html

【2009年10月24日】ゼブラ サラサクリップ 0.4 新色
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2009/10/04-1f98.html

【買い物リスト】
三菱鉛筆 ユニボール シグノ RT1 (0.38 mm)
MITSUBISHI PENCIL uni-ball Signo RT1
仕様: 顔料インク, ボール径 0.38mm
購入価格: \157
購入場所: ナガサワ文具センター三宮

| | コメント (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »