« オックスフォード アクティブブック A4 | トップページ | 週刊アスキー 2013年4月30日号増刊 »

2013/03/30

オックスフォード インターナショナル ノートパッド A4 白

 ずいぶん昔に買ったノートパッドを引っ張り出してきました。

13033001 13033002 13033004

 今となっては,どこで買ったものかも分かりませんが,値札シールが残っていたので買ったときの値段は分かりました。オックスフォード(Oxford)のインターナショナル(International)シリーズ・ノートパッド(A4サイズ)です。今となってははっきりしませんが,おそらく神戸・三宮のナガサワ文具センターで買ったものだと思います。

 最近これと同じシリーズで,中紙がリーガルパッドのようにイエローのものを手に入れました。これと同じようなものを確かに以前買った覚えがあるので,ノートバッドを集めて保管している棚を探してみると,このノートパッドが出てきました。

13033005  13033009

 このノートパッドは,A4プラスサイズと呼ばれるもので,ミシン目で切り離すとA4の規格寸法になります。特徴としては,ファイリングのためのとじ穴を穿孔済みであることです。日本のレポートパッドでは,とじ穴が穿孔されたものはあまり見かけません。

 罫線は,6 mm横罫です。リーガルパッドで有名なインデックスマージンがあります。このマージンが左右にあるのが珍しいところです。ちなみに,表紙の色が違う5 mm方眼罫のものもあります。

 また,とじ穴はヨーロッパにおいて一般的な4穴式になっています。この4穴式は,2穴式と比べて強度が高いので,紙をとじる時にとても便利です。うれしいことに,日本で一般的な2穴とも互換性があります。4穴式のファイルは,あまり選択肢はありませんが日本でもなんとか手に入ります。

 最近は手書きでものを書く機会が本当に少なくなりました。最近読んだ(ナンシー・デュアルテ)『slide:ology』や(ガー・レイノルズ)『プレゼンテーションZen 第2版』によると,いきなりPCで作業するよりも,手書きでラフスケッチを作った方が,作業は何倍も早いそうです。自由に発想を膨らませるには,やはり直感をじゃましない手書きが向いています。

 せっかくなので,引っ張り出してきたノートパッドを使ってみようかと考えています。

□関連記事
【2013年3月23日】オックスフォード インターナショナルシリーズ ノートパッドA4
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2013/03/a4-8c9c.html

【2006年5月21日】OXFORD A4 NOTEPAD
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2006/05/oxford_a4_notep.html

【買い物リスト】
オックスフォード インターナショナル ノートパッド A4 白
(Oxford International Notepad A4)
寸法: 210×300 mm (A4+, 切り離してA4)
仕様: 6 mm 横罫, 白, 全80枚, ミシン目入, 4穴, 坪量 80g/m^2
購入価格: \893
購入場所: ?
(MADE IN EU)

|

« オックスフォード アクティブブック A4 | トップページ | 週刊アスキー 2013年4月30日号増刊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オックスフォード アクティブブック A4 | トップページ | 週刊アスキー 2013年4月30日号増刊 »