« トラットリア パパミラノ 三宮店 | トップページ | シュラスコ&バイキング ブラジリアーノ »

2013年2月16日 (土)

『プレゼンテーションZen 第2版』 ガー・レイノルズ

『プレゼンテーションZen 第2版』 ガー・レイノルズ(著)を読みました。

13021601_2

 プレゼンテーションはビジネスマンにとって大切なスキルの一つです。この本はプレゼンテーションに関する本のベストセラーの一つです。初版本を書店で眺めたときにビジュアル中心の本という先入観から購入していませんでした。

 第二版が出たようなので再度本屋で手にとって見ると,初版本で見たときとは違う印象を受けたので買ってみました。第二版では80ページ以上もページ数が増えた上に,本の内容を著者自身が解説したDVDが付いてきます。

 この本では,プレゼンテーションに禅の思想を取り入れるというユニークな発想がうまく機能しています。全体を通じてスティーブ・ジョブズで有名になったシンプル主義が貫かれています。とにかくシンプルにすることを何度も繰り返し強調しています。

 プレゼンテーションといえば,すぐにスライドを連想します。本書ではスライドとは別にきちんとした配布資料を作成することを提案しています。

”詳細な配布資料を作成し,スライド自体はできるだけシンプルにしよう。スライドを印刷したものを配布資料として配るのは絶対に避けたい。”

スライドはパワーポイントで作成し,配布資料はワードで作成する。決して「スライデュメント」,すなわちスライドとドキュメント(資料)を混ぜたものを作ってはいけないと強調しています。

 準備段階において,この本ではパソコンを使わずに紙とペンを使ってラフスケッチを描くことを薦めています。これは,どのプレゼンテーションの本を読んでも同じように指摘されていますが,意外に実践している人が少ない基本的な技法の一つだと思います。

 スライドのデザインについては,豊富な実例でシンプルであることの魅力が紹介されています。また,基本的なデザイン技法がいくつか紹介されています。個人的にはこの部分が一番参考になりました。例えば,写真の世界で有名な「グリッドと3分割法」などはとても参考になりました。他にも「コントラスト,反復,整列,近接」など,今まで意識せずに使ってきた技法をあらためて確認できました。

 技法として興味を持ったのは,「引用句を利用する」というものです。

”私はよく,自分の主張を裏付けるために,さまざまな分野から数多くの言葉を引用している。”

私は,この「引用句利用する」ことが気に入っており,このblogの記事でも二つほど「引用」を使ってみました。実際のプレゼンテーションでは「引用」は短い文章にする必要があります。ただし,blogやメールなら多少長い文章でも「引用」として使うことができます。簡単で効果の高いテクニックだと思います。

 付録のDVDは,本書の内容全般に関するプレゼンテーションになっています。50分という長さですが飽きることなく見ることができます。このDVDを見るだけでも価値があると思います。

□目次

謝辞
ガイ・カワサキによる序文

INTRODUCTION イントロダクション
今日のプレゼンテーション

PREPARATION 準備
創造性と制約
アナログ式に計画を練ろう
ストーリーを作り上げる

DESIGN デザイン
シンプルであることの大切さ
プレゼンテーションのデザイン:原則とテクニック
サンプルビジュアル:画像とテキスト

DELIVERY 実施
完全にその場に集中すること
聴衆と心を通い合わせる
聴衆をプレゼンテーションに引き込む

THE NEXT STEP 次のステップ
長い旅が始まる

フォトクレジット
インデックス

【参考データ】
『プレゼンテーションZen 第2版』
ガー・レイノルズ (著), Garr Reynolds (著), 熊谷 小百合 (訳)
出版社: ピアソン桐原 第2版 (2012/9/27)
価格: ¥2,730

|

« トラットリア パパミラノ 三宮店 | トップページ | シュラスコ&バイキング ブラジリアーノ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トラットリア パパミラノ 三宮店 | トップページ | シュラスコ&バイキング ブラジリアーノ »