« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月29日 (日)

大和出版印刷 リスシオ・ワン 名刺サイズ

大和出版印刷のリスシオ・ワン(Liscio-1)名刺サイズです。

12072201 12072202

「万年筆のために生まれた紙」のリスシオ・ワンです。かなり以前に買ったものですが,書斎を整理しているとひょっこり出てきました(※ 2010年12月購入)。

万年筆には強いあこがれがあります。また,万年筆も何本か持っています。でも未だに万年筆を使いこなせていません。書き心地はとてもいいのですが,そもそも頻繁に手書きする機会が少ないので,使い切る前にインクがなくなってしまいます。

水性インクが気になるので,顔料インクに手をだしたりしましたが,こちらもお蔵入りのまま。このリスシオ・ワンも万年筆と相性のいい紙が欲しくなり購入したのですが,放り込んだままになっていました。

せっかくなので,メモ用紙の代わりに使ってみようかと考えています。

〔買い物リスト〕

  • 大和出版印刷 リスシオ・ワン 名刺サイズ
    寸 法: 55 mm×91 mm
    仕 様: 無地,100枚
    購入価格: \283
    購入場所: 分度器ドットコム実店舗@夙川

| | コメント (0)

2012年7月28日 (土)

『リスク、不確実性、そして想定外』

『リスク、不確実性、そして想定外』 植村 修一(著)を読みました。

このところ戦略について書いた本をよく読むのですが,この本もリスクに対処するという一種の戦略を理解するうえでとても参考になりました。

新書ということで,リスク管理についてとても分かりやすい説明がなされています。リスク管理の基本を手軽に理解するのにはちょうどいい本です。

特徴的なのは,リスク管理を内容の軸としながらも,『ブラックスワン』や行動経済学で有名なダニエル・カーネマン,そして複雑系など,多彩なジャンルの話題をおりまぜた構成になっていることです。本来なら眠くなるような硬い内容のはずですが,最後まで飽きることなく一気に読み終えることができました。

「ナポレオンも,信長も,そして私たちも,同じ失敗を繰り返す。」という帯のコピーにあるように,歴史上の事実をリスク管理の題材にした12の歴史コラムが盛り込まれています。「致命的だった信長のリスク管理 -本能寺の変」など,これらの歴史コラムがまた読み物として想像以上におもしろい。これだけ読んでも十分楽しめます。

リスク管理に興味のあるすべての人にオススメです。

◆目次
はじめに
第1章 リスクを測れるから人類なのだ
第2章 リスクの源はどこにある
第3章 リスクをコントロールできるか
第4章 不確実性の下での意思決定
第5章 「想定外」は誰のせい?
第6章 会社を取り巻くリスクの本質
第7章 リスク管理はなぜ失敗するのか
終 章 大事なものを守る
参考文献
おわりに

〔参考データ〕

  • 『リスク、不確実性、そして想定外』 植村 修一
    日本経済新聞出版社 (2012/6/9)
    日経プレミアシリーズ
    \893

| | コメント (0)

2012年7月22日 (日)

『「超」入門失敗の本質』

『「超」入門失敗の本質 -日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ』鈴木 博毅(著)を読みました。この本は,『失敗の本質 -日本軍の組織論的研究』という本の解説書であると同時に,現代日本の組織にも共通する部分があると指摘した本です。

いわゆる日本の組織がとる戦略の「くせ」のようなものを日本人の文化的な背景をベースに解説しています。そして,『失敗の本質』で指摘された日本軍の組織と現代の日本の組織は共通項が多く,むしろ何も変わっていないと指摘しています。

この本を読んで逆に関心させられたのは,米軍の組織運営です。例えば,組織のトップが現場を見るというのはとても日本的な組織運営のやり方と理解していたのですが,米軍組織でも同じことが行われています。むしろ米軍の方が積極的に現場の声を吸い上げる手段をシステムとして構築しています。ここで大切なのは,あくまでも個人の技量に頼る日本と違い,組織にシステムとして組み込んで運営することです。

個人の技量に依存し,精神論に走る日本の組織に対して,あくまでもシステムの改善で望む米軍組織の運営方法。これこそ,現代の日本の組織が改めて学ぶべきことではないでしょうか。

ビジネス書らしからぬタイトルですが,解説が適切で読みやすい本です。内容がよく整理されているので,比較的短時間で読みきることができます。全てのビジネスパーソンにオススメします。

◆目次
序章 日本は「最大の失敗」から本当に学んだのか?
第1章 なぜ「戦略」が曖昧なのか?
第2章 なぜ、「日本的思考」は変化に対応できないのか?
第3章 なぜ、「イノベーション」が生まれないのか?
第4章 なぜ「型の伝承」を優先してしまうのか?
第5章 なぜ、「現場」を上手に活用できないのか?
第6章 なぜ「真のリーダーシップ」が存在しないのか?
第7章 なぜ「集団の空気」に支配されるのか?
おわりに――新しい時代の転換点を乗り越えるために

〔参考データ〕

  • 「超」入門 失敗の本質 鈴木 博毅
    ダイヤモンド社 (2012/4/6) \1,575

| | コメント (0)

2012年7月21日 (土)

プラムネット ブッククリップ

プラムネット株式会社のブッククリップ(Book Clip)です。

12072101 12072102

本のページを開いたままの状態で作業したいことは,日常生活でよくあります。そんな時に便利なのがこのブッククリップです。

使い方は,いたって簡単。本を開いて,ページの端をこのクリップで挟むだけです。クリップ自体はABS樹脂製の軽いものですが,ヒンジの部分の軸がおもりになっています。

このブッククリップの特徴は,本を挟む部分にやわらかいフエルトが貼ってあること。おかげで,クリップで本を傷めることがありません。本を大切にする人には,何よりうれしい仕様です。

12072103 12072104

私は,読み終わった本の内容をパソコンやノートにメモする作業を時々します。そのときにこのブッククリップを使うと本当にストレスなく作業ができます。一つ840円と,値段が少々高いので,とりあえず一つだけ買ってきたのですが,気に入ったのでもう一つ買い足す予定です

〔買い物リスト〕

  • プラムネット株式会社 ブッククリップ
    寸 法: 120 mm×80 mm×40 mm
    仕 様: 本を傷めない特殊フエルト,115 g
    購入価格: \840
    購入場所: ナガサワ文具センター三宮

| | コメント (0)

2012年7月15日 (日)

キングジム ショットノート<透明表紙>ツインリングタイプ

キングジム(KING JIM)ショットノート(SHOT NOTE)<透明表紙>ツインリングタイプです。

12071401

ショットノートのツインリングタイプには表紙が板紙のスタンダードなものに加えて,PP製表紙のものがあります。持ち歩く用途には表紙が保護されるPP製のものが便利です。

また,PP製表紙のものには,ピンク/ブラック/イエローグリーン/ライトブルーのカラフルなパステルカラーのバリエーションがあります。単色でそろえてもいいですし,カラーを変えて気分を変えるのもいいと思います。

12071402 12071403 12071404 

このツインリングのタイプのいいところは切り取るとA5などの規格サイズになることです。まず,iPhoneで撮影してスキャンする。スキャンが終わったものはミシン目で切り離す。必要に応じてドキュメントスキャナーでスキャンする。という使い方ができます。

切り離したシートは捨ててもいいのですが,保存しておきたいときも規格サイズならいろいろなファイリング用品が使えます。

アイディアといのは,とにかく浮かんだそばからすぐに記録することが肝心。後回しにすると一瞬で記憶から消えてしまいます。まずは手軽に,いつでも,そして大量に記録することが重要です。こうしてストックしたアイディアのメモは,しばらく時間を置いて寝かせます。つぎに,ある程度ふるいにかける。そしてさらに考えをふくらませます

〔買い物リスト〕

  • キングジム ショットノート<透明表紙>ツインリングタイプ
    寸 法: 148 mm×122 mm Lサイズ(切り離してA5)
    仕 様: 50枚,6 mm横罫
    購入価格: \388
    購入場所: ナガサワ文具センター三宮

| | コメント (0)

2012年7月14日 (土)

イノマタ 液晶ガード 電子辞書用フリーサイズ

イノマタ化学株式会社の液晶ガード 電子辞書用フリーサイズです。

12071501 12071502 12071503

先日Western Digital(WD)のポータブルハードディクスドライブ(HDD)My Passport Essential SE 1TBを購入しました。このHDDもそうですが,最近のPCや周辺機器は表面に「つや」のあるデザインが流行になっています。

確かに「つや」のあるデザインは高級感があって満足感は高いのですが,細かいキズが目立つのが欠点です。購入したHDDを手にとって眺めているときにふとアイディアが浮かびました。つやのあるHDDの表面を保護するのに,液晶用の保護フィルムが使えるのではないと考えたのです。

さっそく,近所の100円均一ショップへ行きました。スマートフォン用やポータブルゲーム機用など,液晶保護フィルムにはいろいろな種類があります。なるべく大きいサイズのものがいいので,電子辞書用の液晶保護フィルムを購入。ちょうど半分のサイズに切ると購入したWDのポータブルHDDにぴったりでした。

ところで,液晶保護用のフィルムをきれいに貼るのにはコツがあります。今回,初めてとも言えるぐらいきれいに貼ることができました。コツは,二つです。

一つ目は,お風呂場で作業すること。部屋の中には意外にホコリがあります。普段使っている部屋で作業をすると,ホコリが保護する面についてしまいます。その点,お風呂場はホコリがほとんどありません。

二つ目は,クレジットカードのようなプラスティック製のカードを使うことです。まずは,空気が入ることを気にせずにフィルムを貼り付けます。次に,残った気泡をプラスティック製のカードを使って抜いていきます。小さな気泡を大きな気泡にくっつけながら作業するのがポイントです

〔買い物リスト〕

  • イノマタ 液晶ガード 電子辞書用フリーサイズ
    寸 法: 137 mm×97 mm
    仕 様: 電子辞書用フリーサイズ
    購入価格: \105
    購入場所: meets 明石大久保

| | コメント (0)

2012年7月 8日 (日)

Case Logic Portable HDD Case

ケースロジック(Case Logic)の汎用ポータブルハードディスク収納ケースです。

12070801_2 

先日アマゾンで購入したウエスタンデジタル(WD)のポータブルHDD(Ref.2012-7/7記事)と一緒に購入。BUFFALOやエレコムからも同じような製品が出ていますが,アマゾンがサジェストしたはこのケースロジックの製品でした。

12070802 12070803 12070804

このケースはいわゆるハードタイプで,ケース自体の剛性で中身を保護します。クッションで衝撃を吸収するソフトタイプと違って,ケース自体の形状が固定しているメリットがあります。WDのポータブルHDDを収納するとケースとHDDの間に空間ができますが,ケース内のゴムバンドで,HDDを固定できます。このゴムバンドがよくできていて,ケースを開けたときに中のHDDが簡単に滑り落ちないようになっています。

ふたになる側のケース内側には,接続ケーブルを収納できるメッシュポケットがあります。最近のポータブルHDDは表面に「つや」があるデザインが主流なので,接続ケーブルをメッシュポケットに収納するときは,コネクタ部分でHDDの表面を傷つけないように注意が必要です。

ハードタイプのケースは使ったことがなかったのですが,持ったときの満足感が気に入りました。

(※ 私はデジタルカメラなどを購入する際,専用ケースも必ず同時に購入するようにしています。最近は汎用ケースも出回っていますが,やはりフィット感は専用ケースにかないません。お店で購入する時は,ケースも一緒に購入すると値引きしてもらえることがあります。また,本体の購入でもらえるポイントを使えばケースが安く購入できます。)

〔買い物リスト〕

  • ケースロジック 汎用ポータブルハードディスク収納ケース CL-HDC01BK
    本体サイズ: L170 mm×W115 mm×H43 mm
    収納サイズ: L140 mm×W90 mm×H22 mm(参考)
    購入価格: \980
    購入場所: Amazon
    (Made in China)

| | コメント (0)

2012年7月 7日 (土)

WD Portable HDD 1TB

Western Digitalのポータブルハードディスクドライブ (HDD) My Passport Essential SE 1TBです。

12070701

家族で使っているNEC製ノートPC(LaVie LL550/W)のバックアップ用にポータブルHDDをアマゾンで購入。サジェスチョンされたケースもあわせて購入しました。

ポータブルHDDでは,IO-DATAやBUFFALOなどのおなじみのメーカーの他に,東芝からも製品が出ています。各社ともコンパクト性はもちろんのこと,ケース表面の光沢仕上げなど工夫を凝らした製品を展開しています。

12070702 12070705

そんなポータブルHDD製品の中で私が選んだのは,HDDの専業メーカーであるウエスタンデジタル(Western Digital)の製品です。私はHDDといえばもっぱらシーゲート(Seagate)ばかりで,WDの製品はほとんど使った経験がありませんでした。ところが,自作PCの世界では,今やWDはSeagateと並ぶ定番メーカの一つになっています。

今回,WDの製品を選んだのは内蔵のベアドライブが間違いなくWD製になるからです。東芝を除く他メーカの製品では,内蔵のベアドライブがどこのメーカーの製品か買ってみるまで分かりません。アクセススピードの点でWDのベアドライブが良さそうなので,手堅くWDの製品を購入することに決めました。

12070703 12070704

実際に手に取ってみると,上下の面は光沢仕上げで高級感があります。側面3ヶ所はつや消しのマット仕上げで,底面には滑り止めがついています。黒一色のシンプルなデザインで,表面右下に目立たないようにWDのロゴが刻まれています。手に持ってみると,意外に重量感があるので,さらに高級感を感じることができます。

USB3.0対応のミニポート用ケーブルが付属。USBから給電するバスパワー方式なので電源ケーブルはありません。NTFSでフィーマット済みなので,ケーブルさえ接続すればすぐに使い始めることができます。

ポータブルHDDは,しばらく容量500GBの製品が中心でしたが,ここにきて1TBタイプの製品が手軽に入手できる値段になってきました。ノートPCのバックアップには電源も不要で場所も取らないポータブルのHDDがオススメです

〔買い物リスト〕

  • Western Digital USB3.0/2.0対応ポータブルHDD
    My Passport Essential SE 1TB ブラック
    WDBACX0010BBK-JESN
    寸 法: L110 mm×W83 mm×H15 mm
    質 量: 0.14 kg
    仕 様: 容量 1TB, USB 3.0/2.0, 本体色 黒, NTFSフォーマット済,
    USBケーブル付属
    購入価格: \10,980
    購入場所: Amazon
    (Made in Thailand)

| | コメント (0)

2012年7月 1日 (日)

ライツ アクティブ ホールパンチ

ライツ(LEITZ)アクティブ ホールパンチ(ACTIVE Hole Punch)です。

12063001

「紙おさえとパンチが1つになった,1台2役のすぐれもの。」パッケージの説明文です。このパンチをファイルに入れておけば,手軽に一枚か二枚の書類に穴を開けてファイルにとじることができます。バインダーにとじることができる簡易のパンチは,他にも例えば無印良品の製品にもあります。

大型のパンチを引っ張り出すほどでもないが,すぐに穴を開けてとじ込みたい。会議中に配布された資料をとじる時など,このパンチが活躍するシーンは意外と頻繁にあります。他には出張先で配布された議事録をファイルするようなシーンでも活躍しそうです。

12063002 12063003 12063004

会議にパンチまで持ち込むのは面倒ですが,社内会議であれば関連のファイルぐらいは持ち込むはず。そのファイルにこのパンチをとじこんでおけば,意外と便利に使えます。(※最近はITの進歩で,本当に紙の資料を使わなくなりました。会議では資料をプロジェクターに投影。議事録もプロジェクターに投影して作成。できた議事録は,他の資料と一緒にPDFファイルでメールで送付するという具合です。)

ファイルといえば,日本ではパイプファイルが一般的ですが,海外ではレバーアーチファイルと呼ばれるファイルが一般的です。このレバーアーチファイルで優れているのが,紙おさえです。パチンとレバー操作一つで紙をおさえた状態にロックできます。反対側のレバーを押せばリリース。とても簡単な操作で紙を確実におさえることができます。

このアクティブパンチはカラーバリエーションも豊富で,グレー,ブルー,グリーン,ピンクの4書類から選ぶことができます。ファイルによって使い分けても楽しいと思います

〔買い物リスト〕

  • ライツ アクティブ ホールパンチ
    寸 法: L127 mm×W31 mm×H10 mm
    仕 様: 穴あけ枚数 1~2枚,穴間隔 80 mm
    購入価格: \252
    購入場所: LOFT三宮

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »