« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011/03/27

コクヨ ドットライナーノック

コクヨのテープのり「ドットライナーノック」です。

11032601 11032602 11032603

ドットライナーも種類が増えました。書斎の引き出しを見ると,ざっと数えても3種類以上ありそうです。この<ドットライナーノック>は,ペンのように「サッと使えるノック式」が特徴です。

寸法的には従来のものより大きくなっています。ペンケースに入れて持ち運ぶことを想定しているようですが,すでに私のペンケースはいっぱいです。私の場合,ペンケースに入れるとすれば,より小さなサイズの<ドットライナープチ>の方が向いているようです。

11032604 11032605 11032606

ペン型にすることで,テープを伸ばす操作が簡単になっています。修正テープと同じ形の従来のもと違って,ペン型にすることで操作性が改善されています。ノック操作で先端のふたが開閉するので,ワンアクションで糊付け作業ができます。たかがワンアクションですが,作業の能率が上がりストレスも減ります

〔買い物リスト〕

  • コクヨ テープのり <ドットライナーノック> 初回限定版 (紫)
    寸 法: W120×D22×H26 mm
    仕 様: テープ寸法  W7 mm×L8 m, 強粘着
    購入価格: \367
    購入場所: ケイヨーD2
    (Made in Thailand)

| | コメント (0)

2011/03/26

『日経WinPC 2011年4月号 特選 パーツカタログ』

『日経WinPC 2011年4月号』の特集は,「特選 パーツカタログ」です。

11032701 11032702 11032703

このところ2011年1月に登場したばかりのインテルの新しいCPU,開発コードネーム「Sandy Bridge」の話題をよく見かけます。その影響か,急にパソコンを自作したくなってきました。

インターネット上でいろいろと情報を調べていると,もう少しまとまった情報が欲しくなりました。そこで,月末の給料日を待って,久しぶりにパソコン関係の雑誌を購入です。

以前は,毎月2~3冊のマック関係の雑誌を購入していました。ところが,ここ何年かは,すっかりごぶさたです。ただ,その分だけ単行本や新書,文庫の購入量は増えました。

自分用のパソコンは,とにかく安定性が重要です。ですから,大手メーカの製品以外は考えていませんでした。でも,セカンドマシーンなら自作パソコンを楽しめそうです。

最近の自作パソコンは,ケースのデザインはもとより,本体の機能でもメーカ製パソコンにひけをとりません。むしろ,最新機能の取り入れは,メーカ製のパソコンより敏感なようです。

とりあえず,今のところはお金がないので,これから資金をためて自作パソコンにチャレンジしてみようかと。そこへきて,今回の特集はパーツ特集ということで,私のニーズにぴったりでした。欲を言い出すときりがないのですが,あれこれプランを考える時間は楽しいものです。

ちょうど今日は,昨晩からカゼ気味なので自宅でおとなしく養生するつもり。妻と子供たちは,泊り込みで遊びに来ている妻の妹家族と朝から買い物に出かけました。一人のんびりと買い込んだ雑誌を読みました。寒い一日でしたが,久しぶりにのんびりした週末でした。

→日経BP書店のリンク
 http://ec.nikkeibp.co.jp/item/backno/WI1192.html

〔参考データ〕

  • 日経WinPC 2011年4月号
    特 集: 特選 パーツカタログ, 自作カアップの新・実践テクニック 33
    日経BP社 (2011/2/29)
    購入価格:¥980
    購入場所: Books Kiosk@兵庫

| | コメント (0)

2011/03/20

『日経ビジネス Associe 2011/04/05号 文房具術』

日経ビジネス Associe (アソシエ)の2011年4月5日号の特集は「文房具術-最新の使いこなしワザ一挙公開!」です。

11032001 11032002

文房具好きにはたまらない特集です。約50ページ近いページ数を特集に割いています。この手の特集は,デジタルも活用するということで,文房具といいながら半分がクラウド関係の記事になっている場合があります。でも,アソシエはアナログな文房具についてしっかり書かれています。

内容としては,著名な文房具の達人の使いこなしについて書かれています。このあたりは,定番の内容で目新しいものはありませんでした。他には,読者の使いこなしのアイディアが多数紹介されています。

■ ライフ クリッパークラス(A4,5ミリ方眼)
エンジニアの方で愛用している方がいました。私もこのノートを何十年も愛用しています。何年たってもモデルチェンジせず,ずっと仕様が変わらないのも大事な点です。

■ クオバディス ロディアカバー
誕生プレゼントでもらったという赤のメモカバーを愛用されている女性がいました。そういえば,発売になった時に私も購入したままで使っていないことを思い出しました。

■ A4大型ノートで予定もタスクも書く
A4サイズのノートをダイソーでまとめ買いをして活用されています。スケジュールは,アウトルックをプリントアウトしたものを貼り付けているようです。A4サイズのノートを使っている人が意外にいることがヒントになりそうです。

■ ステッドラーのシャープペンシル
高校時代に買ったステッドラーのシャープペンシルを長く愛用されています。私もオフィスでは,ステッドラーの925-35(ミッドナイトブルー)を使っています。自宅では,ロットリングの500を使っています。

他にも参考になる記事がありました。

■ 青を使い倒す
エナージェルユーロがお気に入り,キャンパスノートに時系列で記録,A4モレスキンに読書ノート,基本的にペンは青と徹底。

■ 360度開く製品のなかでもこれがお気に入り
リヒトラブ・スライドリング,ブルーの表紙。

■ 何でも張り込める大きめのリングノート
「A4,方眼,リングが必須」,EDCのA4リングノートがイチオシ。

■ コピーに写らないカラー替え芯
三菱鉛筆 uni COLOR 消せるミントブルー。

〔参考データ〕

  • 日経ビジネス Associe (アソシエ) 2011年4月日5号
    特   集: 文房具術-最新の使いこなしワザ一挙公開!
    出版社: 日経BPマーケティング  (2011/3/15)
    購入価格:¥630
    購入場所: Books Kiosk@兵庫

| | コメント (0)

2011/03/19

ステッドラー シャープペンシル 925-65 カラーコレクション

ステッドラー(STAEDTLER)シャープペンシル 925-65 カラーコレクションです。

カラーバリエーションは,マシュマロホワイト,マーガレットピンク,スカイブルー,ライムグリーン,キャロットオレンジの5色です。パステル調の明るい色合いで,どれも欲しくなります。全色そろえてもいいし,たとえばオレンジ単色をまとめ買いするのもおもしろそうです。

11031901_3 11031902 11031903

オリジナルの軸色は落ち着いたグラファイトになっています。オリジナルの方は,まさに正統派の製図用という感じです。でも,普段使いにはこれくらいのカラフルなデザインのペンを使う余裕があってもいいと思います。

このペンは金属製の口金を使用することで,重心が先端にいく絶妙な重量バラスになっています。細かな工夫ですが,ぐっと筆記しやすくなります。

11031904 11031905 11031906

製図用のペンらしく,芯の硬度表示が付いています。クリップ部分に掘り込まれたトレードマークがピンポイントでさりげなく目立つデザインになっています。

この925-65は,かなり以前に購入したのですが,最近購入したパイロットのS3(Ref. 2011-3/13記事)がそっくりだと思って,引き出しから引っ張り出してきました。

〔買い物リスト〕

  • ステッドラー シャープペンシル 925-65 カラーコレクション
    寸 法: 138×14×10 mm, 質量 11.5g
    仕 様: 芯径 0.5 mm
    購入価格: \367
    購入場所: ナガサワ文具センター三宮
    (Assembled in Thailand)

| | コメント (0)

2011/03/13

パイロット シャープペンシル S3(限定色)

パイロット(PILOT)のシャープペンシル S3(エススリー)限定色です。

オリジナルのS3はスケルトン軸のきれいなシャープペンシル(メカニカルペンシル)です。このパステルカラーは限定色ということで,2本まとめて購入しました。

11031201 11031202 11031203

カラーバリエーションは,パステルバイオレット,パステルピンク,パステルブルー,パステルグリーン,アイボリーの全5色がありました。全体にパステル調の色合いにまとめられています。

このS3ですが,以前購入したステッドラーのシャープペンシル 925-65とデザインやカラーが良く似ています(※ 925-65の記事にリンクを張ろうとして,このblog内を検索してみたところ,意外にも925-65は,まだ紹介していませんでした。近々ご紹介します)。どちらもいい製品です。925-65を購入する際には,パステルグリーンとパステルブルーのどちらにするか悩みました。その時は,結局ブルーを選んだのですが,今回も無難にブルーにしました。

S3のいいとことは,クリップ部分が取り外しできることです。また,軸の途中に小さな突起がついていて,これが,クリップを取り外した状態でも転がり防止として機能します。クリックした時の芯の送り出しもスムースで安心して使えます。

製図用というよりも,文字を書く一般的な用途に使えるシャープペンシルだと思います

〔買い物リスト〕

  • パイロット シャープペンシル S3 限定色
    寸 法: 145.3×10 mm, 質量 11g
    仕 様: 芯径 0.5 mm
    購入価格: \315
    購入場所: ナガサワ文具センター明石
    (Made in Japan)

| | コメント (0)

2011/03/11

東北・太平洋沖地震 お見舞い申し上げます。

この度の東北・太平洋沖地震にて被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

私も阪神大震災を経験しています。水や食料がなく,状況が分からない初日や二日目が一番不安な時期でした。一日でも早く安心できる状況になるようにお祈り申し上げます。

| | コメント (0)

2011/03/06

本を買いに(2011-03/06)

久しぶりにのんびりした日曜日。朝食を食べながらゆっくり新聞を読みます。読売新聞は日曜日に連載の書評にあわせて新刊の広告が盛りだくさん。ですから,毎週欠かさずにチェックしています。

今週ピックアップしたのは,『ひらめきをカタチに変える58の方法』茂木健一郎と『使える!作家の名文方程式』鎌田浩毅です。というわけで,さっそく昼から自宅近所の書店へ。今回の予算は,月初めということで三千円にしました。

まずは書店で茂木さんの『ひらめき~』を手にとってみると,どうやら『脳を活かす仕事術』を再編集したものと分かりました。『脳を活かす~』は持っているので,これは買わずにパス。

続いて鎌田さんの『使える!~』の方をチェック。こちらは,『科学者が見つけた「人を惹きつける」文章方程式』を改題したものです。これは原著を持っていないので購入決定です。

文庫が予定の2冊から1冊に減ったので,代わりに新書のコーナーで以前から購入予定であった『高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人』 勝間 和代をピックアップしました。何冊も本を出しているのに,他の著者のように内容(ネタ)が重複しないのが,勝間さんのすごいところだと思います。

最後に『あなたを天才にするスマートノート』 岡田斗司夫を手にレジへ向かいました。『あなたを天才にする~』は,アマゾンのレビューやBlogの書評を見ても評判が良さそうなのでとにかく買って読んでみることにしました。

岡田斗司夫さんと言えば,『レコーディング・ダイエット』が有名ですが,私は体重を毎日記録するだけで8キロの減量に成功しました。ですから,岡田さんのノート術にはとても興味があります。

レジで会計してもらうと,合計金額で三千円弱。当初予算どうりの買い物ができました。

〔参考データ〕

  • 『使える!作家の名文方程式』 鎌田 浩毅
    PHP研究所 (2011/03) (PHP文庫 か 66-1) \560
  • 『あなたを天才にするスマートノート』 岡田 斗司夫
    文藝春秋 (2011/2/25) ¥1,575
  • 『高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人』 勝間 和代
    小学館 (2011/2/1) (小学館101新書 100) \777

      購入場所: ジュンク堂書店@明石

| | コメント (0)

2011/03/05

TORTE MEMO PAD L / RAINBOW

このメモパッドは今年の初売りで買いました。

11030501

シックなブラックの表紙の中には,カラフルなシートが納まっています。小口の部分を見るときれいな色のグラデーションを見ることができます。

11030502

実用的かといえば微妙なポジションですが,オフタイムにはこれぐらいの遊び心があってもいいと思います。

11030503

中紙は,色画用紙だろうと思うのですが,しっかりとした厚みと腰があります。紙の表面は想像以上にさらさらです。メカニカル(シャープ)ペンシルはもちろん,ボールペンの筆記でも全く問題ありませんでした。

書斎の引き出しに,さりげなく入れておきたいメモパッドです。

〔買い物リスト〕

  • TORTE MEMO PAD L / RAINBOW
    寸 法: W91×D128×H10 mm
    仕 様: 無地, Designed by Francfranc
    購入価格: \400(¥580 発売バーゲン)
    購入場所: フランフラン@マイカル茨木店
    (Made in Japan)

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »