« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010/09/26

Pentel GRAPH1000 × STEIN

ぺんてる(Pentel)のグラフ1000(GRAPH1000)は,小さなゴムを埋め込んだそのラバーグリップが特徴的です。私は,以前からこのグラフ1000を愛用しています(Ref. 2006-2/5の記事)。このグラフ1000には,スタンダードなブラック以外にカラフルな限定品が既に出ています。ですが,これまで何となく買いそびれてきました。

10092601 10092602

そのグラフ1000に,また限定品が発売されることを知りました。新発売のシャープ芯であるシュタイン(STEIN)とコラボレートした製品のようです(Ref. 2010-5/30の記事)。今回は,機を逃してはならないとばかりに,発売とほぼ同時にこのペンを買いました。店頭のディスプレーで知ったのですが,シャープペンシルとペアデザインの消しゴムも用意されています。こちらもあわせて買いました。

10092603 10092604

カラーは全部で5色あります。私は,迷わずブルーを選びました。通常ならば,2本まとめて買うのですが,予算の都合で今回は1本だけにおさえました。

〔買い物リスト〕

  • Pentel GRAPH1000 × STEIN
    / ペアデザイン消しゴム HI-PORIMER PLASTIC ERASER × STEIN
    寸 法: W10×D9×H146 mm
    仕 様: 質量 11.0 g カラー シュタインブルー / 軽く消せるタイプ
    価 格: ¥1,050 / \ 105
    (Made in Japan)

| | コメント (0)

2010/09/25

無印良品 ジーンズのラベル素材で作った 文庫本カバー

無印良品からジーンズのラベル素材というユニークな素材を使った製品です。

10092501 10092502

この文庫本カバーの他にもノートカバーやパスケースなど,いろいろな製品があるようです。基本的には紙の素材なのですが,革のような雰囲気があります。それなりに強度もあるようで,思った以上にしっかりしています。

10092503 10092504

耐水性はなさそうですが,そもそも本を濡らすような状況では使わないので,まったく問題ありません。落ち着いた風合いの色は,外で使っていても違和感がありません。また,革製品のようなステッチがワンポイントアクセントになっています。

値段も手ごろなので,気軽に使えるところがいいと思います

〔買い物リスト〕

  • 無印良品 ジーンズのラベル素材で作った 文庫本カバー
    寸 法: 160×320 mm
    価 格: ¥315
    (Made in China)

| | コメント (1)

2010/09/19

BUFFALO HD-CL1.0TU2

バッファロー(BUFFALO)の外付けハードディスク(HDD)HD-CL1.0TU2です。

自宅近所の家電量販店のオープン特価品で,プリンターと一緒にこの外付けHDDも購入しました。

10091901 10091903 10091902

外付けHDDは,IO DATAの1TB容量のものを以前購入しました。あらかじめFTA32形式で物理フォーマット済みなので,その時はそのままファイルの移動を始めました。FAT32形式では4GB以上のサイズのファイルがサポートされていません。気がついたのは,すでに丸2日間かけてファイルをバックアップした後でした。FAT32形式からNTFS形式へは変換できるようですが,バックアップしていない状態での作業は不安でできません。

このHDDも工場出荷時の設定がFAT32形式になっています。さっそくNTFS形式でフォーマットすると,あっという間に終わってしまいました。どうやらNTFS形式への変更はクイックフォーマットでできるようです。

10091904 10091905 10091906

これで,外付けHDDの内容をバックアップできます。欲を言えば,データの保管にはRAIDに対応の本格的なネットワーク対応HDDが欲しいところです。でも,普及している汎用のHDDを使えば,より低コストで同様のシステムを構築できます。

これからは,ファイルのバックアップもクラウド上のストレージサービスを使うのが一般的になるのだろうと思います。ただし,それだともう一つ安心できないのは,私の考え方が古いのかもしれません。

〔買い物リスト〕

  • BUFFALO HD-CL1.0TU2
    寸 法: W45×H175×D156 mm
    仕 様: 容量 1TB,USB 2.0,Turbo USB機能,質量 約1.0kg
    価 格: \ 7,980
    購入場所: Joshin

Rev. A: 容量の誤記を訂正(1GB → 1TB) 2010-10/16

| | コメント (0)

2010/09/18

Canon PIXUS iP4700

自宅の近所に家電量販店のジョーシン(Joshin)が新規オープンしました。オープン記念の目玉商品を目当てに,開店の約1時間前から行列に並びました。早くから行列に並んだかいがあって,妻はお目当てである地上デジタル放送対応の液晶テレビを安く買うことができました。

10091801 10091802

私は,カラーインクジェットプリンターと1GBの外付けハードディスクを買いました。どちらも欲しかったものなので,ちょうどいいタイミングでした。

カラーインクジェットプリンタは,キャノンのiP4100を愛用していました。3年ほど使ったところで,何の前触れもなく故障してしまいました。以前あったヘッド部分だけ交換するサービスがなくなっていたので,仕方なく今回買い換えました。

PIXUSシリーズは自動両面印刷できるところが魅力です。印刷時の音も静かで動作も高速です。USBでコンピュータ側からプリンターの電源を制御できるところも便利です。すでに秋モデルが発売されているので一世代前のモデルですが,現行機種と比較しても何ら遜色ありません。

iP4100と比較するとiP4700のブラックで統一されたデザインは,引き締まった高級感があります。いい買い物ができました。

〔買い物リスト〕

  • Canon PIXUS iP4700
    寸 法: L431×W296×H153 mm
    仕 様: 9600×2400 dpi,5色独立インクタンク,
         自動両面プリント,DVD/CDレーベルプリント
    価 格: ¥9,800 (OPEN特別価格)
    (Made in Thailand)

| | コメント (0)

2010/09/12

無印良品 中性ゲルインキ六角ボールペン 0.4 黒

無印良品の中性ゲルインキ六角ボールペン 0.4 黒です。

10091201 10091202

私がボールペンに求めるのは,書き味と握り具合です。高性能なインク開発のおかげで,最近のボールペンはインクがかすれることもなく,とてもなめらかに筆記できます。

ボールペンは軸の断面形状が円になっているのが一般的です。握って固定することを考えた場合,平面に対する接触面積が最小となる円形断面は不安定なものです。本来ホールドしにくい形のものを握ることは,それ自体に原理的な問題点があります。

握り具合の良さに対する答えは,鉛筆と同じ六角形です。六角形という断面形状は,持ちやすさの点でとても理にかなっています。そんな六角形の軸を持つボールペンがこのペンです。

このペンには,六角形の軸に透明なキャップが付いています。キャップの先端の部分には,軸と同じ色の部品が組み込まれ,インクの色がキャップ側からでも認識できるようになっています。

10091203 10091204

軸先端のちょうど指で握る部分には,インクの残量がわかるように塗装をしていない透明なスリットが設けられています。注意して見ないと気がつかないような細部にも,きちんと利便性を考えたデザインが施されています。

ペン先は0.4ミリのものを購入しました。細字が好きな私には0.4ミリがちょうどいい細さです。ペン先がコーン型ではなく,ニードルチップになっているところも私の好みにぴったりです。

普段私は万年筆にあこがれてブルーブラックのインクを愛用しています。ですから,久しぶりに黒インクのペンを買いました

〔買い物リスト〕

  • 無印良品 中性ゲルインキ六角ボールペン 0.4 黒
    寸 法: 全長 133.5mm,軸最大径 13.7mm
    仕 様: 中性ゲルインク,芯径 0.4mm,質量 9.6g
    価 格: \ 210
    購入場所: 無印良品@元町
    (Made in Japan)

| | コメント (0)

2010/09/11

少女時代: GENIE (初回限定盤) (DVD付)

少女時代 (Girl's Generation),日本デビューシングル『GENIE』です。

10091101 10091102

少女時代は,韓国で大人気の女性ボーカルグループ。韓国語の発音から「SNSD」と表現されることもあります。すでに一部のファンに知られるだけでなく,お昼のワイドショーテレビ番組でも紹介されるほど有名です。

そんな少女時代の日本デビューシングルがついに発売です。いつもどおり,DVD付きの初回限定盤をAmazonで予約しようとすると,既に予約受付終了。楽天HMVでなんとか予約できました。

このCDには,DVDが付属する初回限定盤と期間限定盤,そしてCDのみの通常盤があります。ただし,期間限定盤の付属DVDには初回限定盤に収録されているダンスバージョンのビデオが収録されていません。

10091103 10091104

韓国といえば「冬のソナタ」をはじめとするテレビドラマが日本で爆発的に流行,今や日本でもすっかり定着しています。その波は音楽シーンにおいても確実に日本にきています。自宅近所のTOWER RECORDやTSUTAYAに行くと,邦楽や洋楽のコーナーとならんでK-POPのコーナーがしっかりあります。(※テレビで見たドキュメンタリー番組によると,韓国の音楽業界では,規模の大きな日本での活動を始めから視野に入れて活動しているようです。)

少女時代の魅力は,心地の良いポップなボーカルサウンドです。そこに映像が加わるとことで,さらに魅力が増します。スラリと伸びた長い足を強調したダンスは本格的で,日本で見るダンスとは何か違う新鮮さがあります。

今後も日本に押し寄せるK-POPの波に注目です

〔収録曲〕
CD
1. GENIE (Japanese Ver.)
2. GENIE (Korean Ver.)
3. GENIE (Without Main Vocal)

DVD
GENIE Music Video
GENIE Dance Ver.

〔買い物リスト〕

  • GENIE (初回限定盤) (DVD付)
    少女時代
    CD (2010/9/8)
    収録時間: 11 min
    限定特典: 特典DVD付き,フォトブック仕様ジャケット
    価 格: \1,800 + 送料 \360
    購入場所: HMV 楽天オンラインストア

| | コメント (0)

2010/09/05

無印良品 コットンペーパー メッセージカード

「良質なカードが欲しい」とかり以前から趣味ノートに書いていました。このカードは,それに対する一つの答ではないかと思っています。

10090501 10090502

私がイメージしている良質なカードというのは,情報カードのように実用主義のものではなく,メッセージカードのように少し力を抜いて気軽に使えるようなものです。

そういう意味で,このカードは私のイメージにぴったりあったものでした。コットンペーパーを使ったこのカードは,やわらかな風合いが心を和ませてくれます。

10090504_2 10090503_2

カード表面は,さわると少しざらざらとした感じがします。いかにもインクがにじみそうに見えるので,水性インクの万年筆でためし書きをしてみました。結果は,意外なことにまったくにじみはありませんでした。ゲルインクのボールペンで筆記してみてもまったく違和感なくスムースに筆記できました。

カードなので,しっかりとした紙の厚みがあります。手にとっても,きちんと自立しています。ふと思いついたアイディアを書き留めるメモとして使えそうかなと思っています

〔買い物リスト〕

  • 無印良品 コットンペーパー メッセージカード
    寸 法: 55×91 mm
    仕 様: 35枚,コットンパルプ10%以上
    価 格: ¥105
    (Made in China)

| | コメント (0)

2010/09/04

無印良品 低重心シャープペン 白 0.5 mm

このメカニカルペンシル(MP)は,ぺんてる・グラフギア500のOEM製品です。

10090401 10090402 10090403

このペンの特徴は,ペン先の部分が真鍮製になっていて,全体として低重心の設計になっていることです。ですから,手に持った時に想像以上にずっしりとした手ごたえがあります。比較的安価なペンの割には安っぽい感じがしません。

いわゆる製図用のペンなので,エンドキャップの部分に芯の硬度表示が付いています。製図用MPの場合,通常0.3mm,0.5mm,0.7mmの芯径のバリエーションがあります。このペンの場合は,0.3mmと0.5mmの2種類があるようです。

10090404 10090405

無印良品らしいシンプルなデザインは,オリジナルの製品とは違う良さがあります。シンプルなホワイトのボディには,一切のロゴなどはありません。ちょっとしたことで魅力が増します。店頭でこのペンを一目見るなり欲しいと思いました。

ということで,結局いつもどおりの2本まとめ買いとなりました。

〔買い物リスト〕

  • 無印良品 低重心シャープペン 白 0.5 mm
    寸 法: 10×8×147 mm
    仕 様: 質量 14 g,芯径 0.5 mm,真鍮グリップ,4 mm固定式スリーブ
    価 格: ¥472
    (Made in Japan)

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »