« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月28日 (日)

セーラー万年筆 ナノインク青墨

セーラー万年筆(SAILOR)のナノインク(Nano Ink)青墨(せいぼく)です。

10032801 10032802

これは,超微粒子顔料インク(ナノインク)を使用したブルーブラック(Blue Black)のインクカートリッジです。

万年筆の書き味は大好きなのですが,いかんせん万年筆のインクは水性ということで,常には使えません。というのは,「ペンで書くのは消えないからである」というのが私の考えだからです。耐水性のない水性インクでは,どこか心もとない感じがします。ですから,流行の消せるボールペンなども,私には全く興味がありません。

ところで,最近の万年筆のインクには,顔料インクを使用したものがいくつかあります。これらの顔料インクは,ゲルインクボールペンと同様に耐水性があります。ただし,これまでの顔料インクはブラックしかありませんでした。

私は,ブルーブラックが好きなので,ブルーブラックの顔料インクが発売されないかなと常々思っていました。そんな私の好みにぴったりなのが,セーラー万年筆のナノインク青墨というわけです。

顔料インクといっても発色は全く問題ありません。もちろん耐水性がありますので,安心して筆記することができます。ただし,耐水性があるということは,ペン先でインクが固まってしまうと水につけてもインクが取れなくなります。ですから,高級な万年筆に使うのは少し勇気がいります。

〔買い物リスト〕

  • セーラー万年筆 ナノインク青墨
    仕 様: 超微粒子顔料インクカートリッジ,ブルーブラックインク,12本入り
    価 格: ¥630
    購入場所: ナガサワ文具センター 三宮
    (Made in Japan)

| | コメント (0)

2010年3月27日 (土)

美篶堂 ソフトカバーノートA4方眼

美篶堂のソフトカバーノートA4方眼です。

10032701 10032702 10032703

家族旅行で東京へ行った時に,たくさんの文房具を買おうと意気込んでいました。そんな中でも,あらかじめ考えていたのは,なるべく東京でしか手に入れることができないものを中心に買うということです。ということで,今回の買い物で一番楽しみにしていたのが,この美篶堂のソフトカバーノートです。

美篶堂のリアルショップは,お茶の水にありました。関西に住んでいる私にとって,東京はどこでも大都会というイメージがあるのですが,お茶の水は少しひっそりとした雰囲気の町でした。小雨の降る中,人通りも少ない道を駅から歩いて行きました。

とても小さな店舗ですが,以前からずっと欲しかった美篶堂の製品がいっぱいでした。元々は,A5サイズのソフトノートが欲しかったのですが,東京へ行く直前にA4サイズもあることをインターネットで調べて知りました。ですから,A4サイズのものが手に入ればいいなと思っていました。

10032704 10032705 10032706

実際にお店に行ってみると,欲しかったA4サイズのものがありました。ということで,これは即座に購入を決定しました。問題は,A5サイズの方眼か横罫線をどうするかです。狭い店舗なので,長々と思案する訳にもいきません。散々悩んだのですが,すでにたくさんの紙製品を買った後だったので,今回はA4だけを買うことにしました。

自宅に帰って,包みから買ったものを取り出します。そして,思う存分に吟味していきます。この時間は,私にとって最高の時間です。

一品ずつ手作りで作られる美篶堂の製品ですが,とても均一に作られていることに驚かされます。中紙にも高品質なものが使われています。独特のとじ方により,かなり分厚いノートですが,ページがぱたんときれいに開きます。ここが,ライフのノーブルノートとの大きな違いです。

〔買い物リスト〕

  • 美篶堂 ソフトカバーノート A4方眼
    寸 法: 297×210 mm(A4)
    仕 様: クリーム帳簿用紙,76枚,無線とじ,5 mm方眼
    価 格: ¥1,470
    購入場所: 美篶堂ショップ お茶の水
    (Made in Japan)

| | コメント (0)

2010年3月21日 (日)

丸善 ミニ便箋 6000

丸善(MARUZEN)のミニ便箋 6000(MINI WRITING TABLET 6000)です。

10032101 10032102

これは,2010-3/20に紹介した丸善オリジナル便箋 No.6000(Ref. 2010-3/20の記事)をミニチュア化したものです。ミニチュア化したものなので,表紙にあるサイズの記載(171mm×222mm)もそのままですが,実際は実物の3分の1ぐらいのサイズになっています。

製品名としては,ミニ便箋となっていますが,用途としてはメモ帳になると思います。メモ帳と言えば,黄色の表紙が特徴的なロディア(RHODIA)が有名ですが,他人との違いをつける意味で,このミニ便箋をメモ帳として使うのもおもしろいと思います。

手でさわってみた感覚によれば,中紙には実物の便箋とは違う種類の紙が使われているようです。こちらのミニ便箋の方が,やや腰と厚みのある紙が使われているようです。

10032103 10032104

天糊とじなので,ロディアのようにシートを切り取った後に残る無駄な紙の部分がありません。その分だけ環境に優しいとも言えそうです。また,マイクロカットのミシン目もありませんが,きれいにシートを切り離すことができます。このあたりの品質の高さは,日本の製品らしいと思います。

中紙の右下には,さりげなく「東京・丸善製」という記載があります。メモをもらった相手も「おや?」と,ちょっと不思議に思うのではないでしょうか。そんな風に,さりげなく周りにアピールできるおもしろい製品です。

〔買い物リスト〕

  • 丸善 ミニ便箋 6000
    寸 法: H138×W105 (実測)
    仕 様: 100 sheets,横罫 9mm
    価 格: ¥294
    購入場所: 丸善丸の内本店

| | コメント (3)

2010年3月20日 (土)

丸善 便箋 6000

丸善(MARUZEN)の便箋 6000(WRITING TABLET 6000)です。

10032101 10032102

簡単に言えば単なる便箋に過ぎないのですが,なぜか以前から気になっていました。理由は分からないのですが,その表紙のデザインがとにかく気になります。

また,規格サイズが好きな私ですが,中途半端のそのサイズにもなぜか惹かれます。その昔は,B5よりも少し高さが小さいこのサイズの紙が使われていた時期があるのでしょうか。

10032103 10032104

便箋なので,紙はとても薄いものですが,さらさらとした表面で,書き味は問題ありません。事務用品という言葉がぴったりくる製品ですが,現在では逆に斬新な感じがするのは私だけでしょうか。

丸善オリジナルですから,表紙の製品名や仕様も日本語で表記していいはずですが,自然に英語になっている感じがします。

とにかく,不思議でおもしろい便箋です。

〔買い物リスト〕

  • 丸善 便箋 6000
    寸 法: H222×W171 mm
    仕 様: 100 sheets,横罫 9 mm
    価 格: ¥347
    購入場所: 丸善丸の内本店

| | コメント (2)

2010年3月14日 (日)

マルゼンメモ Lサイズ

マルゼンメモのLサイズ(MARUZEN MEMO L size)です。

10031301_2 10031302

丸善の丸の内本店で文房具を見ていると,このオリジナルのメモパッドが目に付きました。全面ブラックの厚紙にMARUZENの文字が銀色に箔押しされたシックなデザインの表紙を一目見て気に入りました。S,M,Lと3種類のサイズがあるのですが,A6の規格サイズになっているLサイズを購入しました。

中紙のフォーマットは,薄いグレーのドット方眼になっています。ドット方眼といえば,無印良品のプロピレン表紙ノートぐらいしか見たことがありませんので,とても貴重な存在です。ただ,残念ながら裏面にはドットはなく,無地になっています。このあたりは好みが分かれるところだと思うのですが,ロディアは裏面も方眼になっています。

10031303 10031304 10031305

紙の厚みはロディアほどは厚くありません。ごく一般的なメモ用紙と同じく,薄い紙が使われています。ロディアのように表紙を裏返して使うことができます。マイクロカットのミシン目が入っているので,きれいにシートを切り離すことができます。ただし,ロディアと同じように上部の余白は残るので,切り離したシートは規格サイズになりません(※ 切り取り式のメモを使いこなすコツは,書き終わったシートをすぐに切り離すことです。切り離さずにそのまま次のシートを使うと,使い勝手が急に悪くなります)

我が家では,リビングにロディアを置いています。電話メモ,買い物メモなどとても便利に使っています。新聞を読んだり,テレビを見たりした時にちょっと気になった情報を記録するだけで,生活が充実してきます。簡単なことですが,効果は大きいようです。

〔買い物リスト〕

  • マルゼンメモ Lサイズ
    寸 法: H148×W105(A6)
    仕 様: 80 sheets,ドット方眼
    価 格: ¥399
    購入場所: 丸善丸の内本店
    (Made in Japan)

| | コメント (0)

2010年3月13日 (土)

丸善 オリジナルノート

丸善(MARUZEN)のオリジナルノートA4-60です。

先週は,家族で東京へ旅行に行きました。二日目は,お昼からシルクドソレイユを観賞する予定なので,午前中に少し時間の空きができました。妻と子供たちとは劇場で合流することにして,私は朝から丸善の丸の内本店へ行きました。ここは,ビジネス街らしく9時に開店するので,午前中の空いた時間を有効に使えます。

東京の丸善に行ったら,オリジナルノートをぜひとも手に入れたいと思っていました。この丸善オリジナル大学ノートですが,見た目はツバメノートとそっくりです(Ref. 2008-1/27の記事)。しかし,どうしてもゆずれない部分が違うのです。

10031401 10031403   10031402_2

ツバメノートは,何と言っても書き味の良いツバメオリジナルの中性紙フールス紙が特徴です。もちろん,この丸善オリジナルノートにもOKフールス紙という,高品質の紙が使われています。紙を光に透かして見るとOKのロゴとSUPER FINEの透かしを見ることができます。ちなみに,ツバメノートもクリーム色のタイプには,OKフールス紙が使われています。

罫線はシンプルな7ミリ間隔の横罫線です。表紙もツバメノートと同様にレトロな大学ノートのデザインになっています。表紙の下のの方にあるMARUZENの文字がいい味を出しています。

さて,何がツバメノートと違うのかと言うと,実はサイズが違うのです。なぜかツバメノートのA4版は,規格のA4サイズより縦寸法が少し大きなサイズになっているのです。他のB5版やA5版のツバメノートは規格どおりの寸法なのですが,A4版だけ特殊サイズなのです。

10031404 10031405 

その点,丸善オリジナルノートは,A4規格寸法どおりです。購入前に店頭で他のA4版ノートと比較していましたが,間違いなくA4規格寸法になっていることを確認できました。100枚と60枚の2種類がありましたが,手頃な60枚を2冊購入しました。

紙の綴じ方は,いわゆる糸とじになっています。私が購入した60枚のノートの場合では,30枚の糸とじを二つ組み合わせた格好になっていました。

購入したこの丸善オリジナルノートですが,いつもどおり何に使うのか決めていません。しかし,持っているだけで満足させてくれるノートです。

OKフールス紙のことをインターネットで調べていると「紙名手配」というサイトを見つけました。ここで,色々な紙を購入できるようです。

〔買い物リスト〕
丸善 オリジナルノート A4-60
寸 法: H297×W210×D6mm(A4)
仕 様: 横罫 7mm × 32行,OKフールス紙
購入価格: ¥483
購入場所: 丸善 丸の内本店

| | コメント (0)

2010年3月 7日 (日)

東京へ

2泊3日で家族と東京へ行ってきました。

子供たちのお目当ては,東京ディズニーシーです。妻は,シルクドソレイユを楽しみにしています。そして,私はと言えば,もちろん東京の文具店めぐりです。

初日は飛行機で東京まで移動です。羽田から東京ディズニーシーへバスで直行しました。当日の天気予報は雨でしたが,降り始めが夕方近くまで遅れたので,ほとんど影響はありませんでした。むしろパークが空いていたので,どのアトラクションも並ぶことなく楽しめました。

二日目は,昼からシルクドソレイユを見に行きました。妻と子供たちは,ホテルから直通のリムジンバスで移動です。私は,先に電車で移動し,途中で東京の丸善本店に寄って行ってきました。そこでお目当ての丸善オリジナルのステーショナリーを幾つか買い求めました。シルクドソレイユを観た後は,浅草を散策してからホテルへ戻りました。

最終日の昼から妻と子供は,上野にある国立科学博物館へ行きました。私は,自由行動ということで,銀座の伊東屋と御茶ノ水にある美篶堂の実店舗に行ってきました。

今回も,紙製品を中心にたくさんのものを購入しました。それぞれのレポートは順次ご紹介していきます。

10030701

〔買い物リスト〕

  • 丸善オリジナルメモ(ドット方眼)
  • 丸善オリジナルメモ
  • 丸善オリジナル大学ノートA4
  • 伊東屋ヘルベチカ レポートパッド A4, A5
  • 美篶堂 ソフトノート A4 方眼罫

| | コメント (0)

2010年3月 6日 (土)

デザインフィル ミドリ カードメモ

デザインフィル(DESIGNPHIL)のミドリブランド カードメモです。

10030601 10030602

外出中,急にメモを取る必要に迫られることが時々あります。携帯電話が普及した現代であれば,自分宛に携帯でメールを発信しておくという手が,一番手っ取り早いと思います。
ただし,この方法には,携帯で話している内容をメモすることができないという欠点があります。

私は,ロディアなど小さなメモタブレットを常に持ち歩いていますが,時々忘れることもあります。そんな時に便利なのが,このカードメモです。クレジットカードと同じサイズで,厚みはクレジットカード2枚分です。これなら普段持ち歩いている財布やカードケースに入れて持ち歩くことができます。

10030603 10030604

このカードメモには,トレーシングペーパーを思わせるタイプライター用の紙が使われています。とても薄い紙ですが,インクで筆記しても裏抜けすることがありません。ボールペンから鉛筆,万年筆まで筆記具を選ばずに使うことができます。

情報技術の発達した現代ですが,手書きメモの手軽さは今でも変わりありません。このカードメモは,「持ち歩く」ということと「カードサイズというフォーマット」をうまく組み合わせたおもしろい製品だと思います。

〔買い物リスト〕

  • デザインフィル ミドリ カードメモ
    寸 法: H55×W83×D1.6mm
    仕 様: タイプライター用半透明紙, 6g, 31枚, 無罫
    価 格: ¥126
    購入場所: デルタ堂島
    ( Made in Japan )

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »