« 丸善 便箋 6000 | トップページ | 美篶堂 ソフトカバーノートA4方眼 »

2010年3月21日 (日)

丸善 ミニ便箋 6000

丸善(MARUZEN)のミニ便箋 6000(MINI WRITING TABLET 6000)です。

10032101 10032102

これは,2010-3/20に紹介した丸善オリジナル便箋 No.6000(Ref. 2010-3/20の記事)をミニチュア化したものです。ミニチュア化したものなので,表紙にあるサイズの記載(171mm×222mm)もそのままですが,実際は実物の3分の1ぐらいのサイズになっています。

製品名としては,ミニ便箋となっていますが,用途としてはメモ帳になると思います。メモ帳と言えば,黄色の表紙が特徴的なロディア(RHODIA)が有名ですが,他人との違いをつける意味で,このミニ便箋をメモ帳として使うのもおもしろいと思います。

手でさわってみた感覚によれば,中紙には実物の便箋とは違う種類の紙が使われているようです。こちらのミニ便箋の方が,やや腰と厚みのある紙が使われているようです。

10032103 10032104

天糊とじなので,ロディアのようにシートを切り取った後に残る無駄な紙の部分がありません。その分だけ環境に優しいとも言えそうです。また,マイクロカットのミシン目もありませんが,きれいにシートを切り離すことができます。このあたりの品質の高さは,日本の製品らしいと思います。

中紙の右下には,さりげなく「東京・丸善製」という記載があります。メモをもらった相手も「おや?」と,ちょっと不思議に思うのではないでしょうか。そんな風に,さりげなく周りにアピールできるおもしろい製品です。

〔買い物リスト〕

  • 丸善 ミニ便箋 6000
    寸 法: H138×W105 (実測)
    仕 様: 100 sheets,横罫 9mm
    価 格: ¥294
    購入場所: 丸善丸の内本店

|

« 丸善 便箋 6000 | トップページ | 美篶堂 ソフトカバーノートA4方眼 »

コメント

6000番を検索していたら、こちらに当たりました。丸善の便箋シリーズは、子供の頃の憧れでした。中学生になって両親がプレゼントしてくれて以来、使い続けています。良質なものは、変わらず定番であってほしいですね。変わらない丸善の姿勢は、物事の変化が多すぎる日本にあって感心します。
写真に写っているペンは、パーカーですか?だとすると私も使っています。これも書き味のよいペンです。丸善を使うときは、もっぱらモンブランの万年筆で作家を気取ってみたりしています。

投稿: 6000番ファン | 2010年12月18日 (土) 22時18分

6000番ファンの方,コメントありがとうございます。

おっしゃるとおり,丸善の製品のいいところは,上質であると同時に変わらないことです。私は,同じものを長く使うのが好きなのですが,文房具はすぐにモデルチェンジや廃番になるのが悩みです。その点,丸善の製品は安心して使えます。

丸善の大学ノートも気に入っているのですが,東京でしか手に入らないので,使い終わった後に補充ができません。地方に住む私にとってかなわぬ望みです。

写真に写っているペンは,パーカーのジョッタースペシャルというボールペンです。なめらかな書き味で,私も大好きなペンです。写真に写したときに,比較してサイズが分かるように,いつも他の文房具と一緒に画面に入れています。

投稿: HSD | 2010年12月19日 (日) 11時55分

書き込み読んでいただき有難うございます。パーカーのボールペンの名前がわかってよかったです。学生時代にどなたかにいただいたのですが、特別高価であるわけでないのにとても書きやすいですね。長年、普段使いに愛用しています。
丸善からは、ご遠方とのこと。私は、仕事が忙しくて近いのにまとめ買いしてゆっくり丸善を楽しむことも最近は、していません。
ご遠方から丸善にいらっしゃるなんてとても贅沢ですよね。よい物を、決して高いものだけではないですが、使うと気持ちが豊かになります。
よい文具、ご紹介下さい。また見せていただきますね。

投稿: 6000番ファン | 2010年12月27日 (月) 17時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 丸善 便箋 6000 | トップページ | 美篶堂 ソフトカバーノートA4方眼 »