« 『「読む、書く、話す」脳活用術』 | トップページ | ペンテル シェイク »

2010年2月13日 (土)

『アマルフィ 女神の報酬』を見ました

DVDのレンタルが開始になったようなので,織田裕二主演の『アマルフィ 女神の報酬』を見ました。

この映画は,テレビで見た予告編が印象的だったので,DVDが発売になったらぜひ見てみたいと思っていました。私は,『踊る大捜査線』などフジテレビ映画が大好きなのです。私の期待どおり,この映画もとてもよくできていました。125分という大作ですが,初めから最後まで全くあきることなく見ることができました。

全編にわたってイタリアの景色が散りばめられており,その映像の美しさは,普通の日本映画とは少し違っています。ロケーション的には,竹野内豊とケリー・チャンが共演した『冷静と情熱のあいだ』に雰囲気が似ています。

主演の織田裕二は,いつもよりクールに役柄を演じています。イタリア語で話すシーンが数多くありますが,とても自然な感じで会話をしています。このあたりは,ご本人もかなり努力したのではないでしょうか。

主役の脇を固める他のキャストもとても豪華な顔ぶれになっています。私は戸田恵梨香がお気に入りなのですが,この映画の中でも彼女のいい演技を見ることができました

〔参考データ〕
『アマルフィ 女神の報酬』

【キャスト】
織田裕二,天海祐希,戸田恵梨香,佐藤浩市,他

【内容】
織田裕二が邦画初のオールイタリアロケで挑んだ壮大なサスペンス。予告された大規模テロから日本人を守るため、ローマに派遣された外交官・黒田。しかし、ほどなくして現地でひとりの日本人少女が失踪する。事件の通訳担当となった黒田は…。

|

« 『「読む、書く、話す」脳活用術』 | トップページ | ペンテル シェイク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『「読む、書く、話す」脳活用術』 | トップページ | ペンテル シェイク »