« コクヨ さらさら書ける キャンパス ルーズリーフ | トップページ | クツワ STAD 携帯はさみ (ブルー) »

2010/01/16

『フリー』

フリーを読みました。

この本は,間違いなく必読書になると思います。すでにアマゾンや書店でも売れているようですが,十分納得できる内容でした。私は,翻訳書を読んだので原書がどうなのかわかりませんが,明確で読みやすい文章で書かれています。本文だけで320ページもある分厚い本ですが2日ほどで一気に読めました。

著者のクリス・アンダーソンは,「ワイアード」誌編集長で,「ロングテール」という言葉を世に知らしめた人です。ですから,インターネット社会の発展とフリーというマーケティング手法の変貌を説明した本と思いがちです。しかし,この本はそれだけではありません。この本は,フリーというマーケティングの形式と問題点およびその発展を総合的に論じた本です。

Googleなどインターネットのメジャーなサイトは,無料サービスというのがごく普通です。その理由がこの本を読んでよく分かりました。

〔参考データ〕

  • 『 フリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略 』
    クリス・アンダーソン
    NHK出版 (2009/11/25)
    ¥1,890

|

« コクヨ さらさら書ける キャンパス ルーズリーフ | トップページ | クツワ STAD 携帯はさみ (ブルー) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コクヨ さらさら書ける キャンパス ルーズリーフ | トップページ | クツワ STAD 携帯はさみ (ブルー) »