« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

無印良品 再生紙リフィール ドット方眼

無印良品の再生紙リフィールドット方眼です。

10013101 10013102_2 10013103_2

無印良品といえば,特徴的なのがドット方眼というフォーマットです。以前,ドット方眼のポリプロピレンリングノートブックを使っていましたが,ドットを意識することなく,無地の間隔で使っていました。方眼と同じ機能をもっていながら,無地のように自由に使えるのがドット方眼のいいところです。

無印良品のドット方眼は,ドットが前面に出るのを押さえて,最低限認識できる程度にデザインされています。筆記する時はドットを使って,正確にレイアウトできる。書き終わると無地の紙面に書いたように,ドットを意識することがない。とてもよく考えられたデザインです。

使用されている紙にも無印良品独自のキャラクターがあります。無印良品で使用される再生紙は,再生紙と思えない程しっかりとした筆記ができるのが特徴です。この紙が好きだという人が多いのも分かるような気がします。デザインを職業としている方が,無印良品の紙製品を愛用していることも,何となく理解できるような気がします。

最近の無印良品で不満なのは,商品入れ替えのサイクルが非常に短いことです。一度気に入った製品は,ずっと同じものを使いたい。ところが,最近では一年ぐらいで商品が廃番になったり,モデルチェンジしたりします。定番といえるものだけでも残してもらえると安心して使えるのですが,とにかくこの点が不満です

〔買い物リスト〕

  • 無印良品 再生紙リフィール ドット方眼
    寸 法: バイブルサイズ (170×95 mm)
    仕 様: ドット方眼 6穴 白 60枚 再生紙
    価 格: ¥105
    購入場所: 無印良品@元町
    ( Made in Japan )

| | コメント (0)

2010年1月30日 (土)

ライフプランシミュレーション

今日はお休みの日だったのですが,会社主催の研修に行ってきました。そこで,ライフプランシミュレーションを体験してきました。

ライフプランシミュレーションは,いろいろな条件を入れて,生涯のお金の収支を計算するものです。今回体験したのは,グループでの作業でしたので,与えられたモデルケースを使ってシミュレーションを行いました。年代別のインベトや共働きをするかどうか,子供の学校を公立にするか,私立にするかなどの条件を決めて,40歳から80歳までの,お金の収支を計算します。

シミュレーションの結果で分かったことは,やはり給与収入が無くなる老後はお金が必要ということです。年金があるからと安心していてはダメで,今のうちから準備しておく必要があります。

収支が苦しくなるのは,(1)子供が大学に進学する時,(2)60歳の定年後から64歳までの年金がもらえない期間,(3)65歳以降の年金で生活する期間です。私たちのシミュレーションでは,この間は収支が赤字でした。

赤字期間以外は黒字なので,事前に貯蓄しておくなど準備をすれば,人生トータルではなんとかなりそうです。また,妻が働きに出ると,このバランスも変わってきます。

私たちのシミュレーションでは,病気で入院することは条件に入れませんでしたが,高齢になってから入院すると,どうにもなりません。従って,保険の加入が必要のようです。

今の生活でも,決して余裕がある訳ではありませんが,老後に備えて今から貯蓄しておく必要があることが認識できたのが良かったです。

〔関連リンク〕
→gooマネー ライフプランシミュレーション
http://money.goo.ne.jp/lifeplan/ifasp/lifeplanLite/jsp/index_go.jsp

| | コメント (0)

2010年1月24日 (日)

コクヨ キャンパスノート ドット入り罫線 A4 B罫

コクヨ(KOKUYO)のキャンパスノート(Campus Notebook)ドット入り罫線(B罫)です。

10012401 10012402

コクヨのドット入り罫線シリーズの発売当時は,美しく書くためのキャンパスノートということで,とても話題となりました。その後,各社から類似の商品が発売されるようになりましたが,コクヨのドット入り罫線が一番よくできていると思います。

A4サイズが発売された時,すぐに買おうとしたのですが,なぜかドットが目に付いてうるさいように感じたので,購入しましせんでした。その後,『三色ボールペンで読む日本語』で有名な,明治大学教授の斎藤孝氏が,最近の著書の中でこのドット入り罫線を薦められているのを読んで,また欲しくなりました。

10012403 10012404

文頭をそろえて書くというのは,美しいノートの基本です。このノートであれば,それが簡単にできます。わたしは,この文頭をそろえることと,少し範囲を拡大してインデントをつけることが簡単にできるという理由で方眼のノートを愛用しています。

コクヨのキャンパスノートは書き味がよく,どこでも手に入る上に,仕様があまり変わらず長期的に手に入るという特徴があります。また,このドット入り罫線シリーズのノートは,野暮ったいデザインの表紙をもつキャンパスノートではなく,表紙のデザインが近未来的でよくできています。

方眼よりややドットが目に付くように思うのですが,それさえ気にならなくなれば,私の中での定番のノートになりそうな予感がします。

→『コクヨ 美しく書くためのCampusノート A5 ツインリング』 (2009/6/27の記事)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2009/06/campus-a5-1359.html

〔買い物リスト〕

  • コクヨ キャンパスノート ドット入り罫線 B罫 (ノ-201BT)
    寸 法: A4 (297×210 mm)
    仕 様: 上質紙, 無線とじ, 中横罫 6mm (ドット入り) 41行
    価 格: ¥388
    購入場所: ケイヨーD2
    ( Made in Japan )

| | コメント (0)

2010年1月23日 (土)

ライフ ノーブルリフィル 横罫 (R102)

ライフ (LIFE) ノーブルリフィル (NOBLE REFILL) 横罫 (RULED) です。

10012301 10012302 10012303

やっぱり私はライフの製品が好きです。学生のころからライフのクリッパークラスという方眼のリングノートを使っていることもありますが,手抜きのない日本人のクラフトマンシップを感じさせるその製品がとても好きです。

最近,あるブログでシステム手帳をメモとして使っている記事を読んでから,再びバイブルサイズのリフィルを使うようになりました。使っているのは,ライフのノーブルリフィル方眼です。横罫も欲しいのですが,ライフの横罫の製品はどれも幅が8mmと大きいので,私の好みではありませんでした。

ところが,ノーブルリフィルだけは他のラインアップと違って,横罫の幅が6mmということを知ると,すぐにでも欲しくなりました。何といってもノーブルシリーズの横罫製品は,落ち着いた感じのする「あさぎ色」の表紙がとても好きです。「静かに主張する」という表現がピッタリだと思います。

私は,ノートの罫線間隔は,一般的な7ミリ間隔のA罫よりも6ミリ間隔のB罫が好きです。やや小さめの字で書くのが私の理想的なノートの取り方です。この横罫のリフィル,があれば,何気ない普段のメモ書きがとても楽しいものになります。

→ライフ ノーブルリフィル 方眼 (R100) (2009/10/4の記事)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2009/10/r100-d38f.html

〔買い物リスト〕

  • ライフ ノーブルリフィル 横罫 (R102)
    寸 法: バイブルサイズ (170×95 mm)
    仕 様: 横罫6 mm, 本文100枚, 6穴, Lクリームライティングペーパー使用
    購入価格: ¥525
    購入場所: ナガサワ文具センター 三宮
    ( Made in Japan )

| | コメント (0)

2010年1月17日 (日)

クツワ STAD 携帯はさみ (ブルー)

クツワ STAD 携帯はさみ (ブルー)です。

10011701 10011702 10011703

携帯用の小型はさみといえば,特に珍しいものでもありません。この携帯はさみの特徴は,刃先を収納するメカニズムにあります。刃先は,握りの部分に収納され,コンパクトかつ安全に持ち運びできます。中央のレバーをスライドすれば,瞬時にはさみに変身します。

刃渡りが17mmあるので,小型ながらも実用的なはさみになっています。スプリングが付いているので,にぎりの部分を軽く押さえるだけで物を切ることができます。

ほつれた糸を切ったり,商品タグを切ったり,はさみが欲しいシーンはよくあります。このはさみをかばんや携帯電話などにぶら下げておけ便利に使えると思います。ただし,飛行機の機内には刃物を持ち込めないので,飛行機で移動する際は注意が必要です。

→クツワ 携帯はさみ商品紹介
http://www.kutsuwa.co.jp/products/view/585

〔買い物リスト〕

  • クツワ STAD 携帯はさみ (ブルー)
    寸 法: H44×W16×D10.5mm (収納時)
    仕 様: 質量 6g 刃渡り17mm ストラップパーツ付
    購入価格: ¥399
    購入場所: ナガサワ文具センター
    (Made in Japan)

| | コメント (0)

2010年1月16日 (土)

『フリー』

フリーを読みました。

この本は,間違いなく必読書になると思います。すでにアマゾンや書店でも売れているようですが,十分納得できる内容でした。私は,翻訳書を読んだので原書がどうなのかわかりませんが,明確で読みやすい文章で書かれています。本文だけで320ページもある分厚い本ですが2日ほどで一気に読めました。

著者のクリス・アンダーソンは,「ワイアード」誌編集長で,「ロングテール」という言葉を世に知らしめた人です。ですから,インターネット社会の発展とフリーというマーケティング手法の変貌を説明した本と思いがちです。しかし,この本はそれだけではありません。この本は,フリーというマーケティングの形式と問題点およびその発展を総合的に論じた本です。

Googleなどインターネットのメジャーなサイトは,無料サービスというのがごく普通です。その理由がこの本を読んでよく分かりました。

〔参考データ〕

  • 『 フリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略 』
    クリス・アンダーソン
    NHK出版 (2009/11/25)
    ¥1,890

| | コメント (0)

2010年1月10日 (日)

コクヨ さらさら書ける キャンパス ルーズリーフ

コクヨ (KOKUYO)のさらさら書けるキャンパス (Campus) ルーズリーフ A4 B罫です。

コクヨの新しいキャンパスルーズリーフ「さらさら書ける」タイプと「しっかり書ける」タイプの2種類を購入しました。

10011001 10011002

先のインプレッションレポート (Ref. 2010-1/9記事) のとおり,「しっかり書ける」タイプは,少しくせのある書き心地なので,好みが分かれると思います。書き心地という意味では,さらさらタイプの方が無難だと思います。

コクヨのオリジナル用紙の書き味は,「さらさら」が特徴です。紙の表面に手をすべらせると,正にさらさらした感じがします。また,にじみが少ないのは今回の製品でも同じです。さらさらタイプの方が,しっかりタイプと比べてインクの乾きは少し早いようです。

紙質が選べること以外のマイナーな変更としては,今回のリニューアルで縦線を引くための三角形のメモリ点がキャンパスノートと同じ仕様になりました。また,微妙に違っていた「DATE」と「No.」のフォーマットも完全に一緒になりました (Ref. 2009-8/30記事) 。これで,キャンパスノートとキャンパスルーズリーフでフォーマットが同じになりました。私は,仕様統一の美しさが好きなので,これは大歓迎です。

10011003 10011004 10010904

少し残念なのは,包装している袋が少し薄くなったように感じることです。ルーズリールは,袋ごと持ち歩く人も多いと思うのですが,これだとすぐに袋がやぶれそうな感じがします。B5サイズには,ケース入りの新製品があるのですが,残念ながらA4サイズにはありません。

→コクヨ キャンパス ルーズリーフ 商品情報
http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/looseleaf/
→コクヨ しっかり書ける キャンパス ルーズリーフ(2009-1/9)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2010/01/post-7709.html

〔買い物リスト〕

  • コクヨ さらさら書ける キャンパス ルーズリーフ A4 B罫
    寸 法: 297×210 mm (A4)
    仕 様: B罫 (6mm×41行), 50枚, 丸穴 30穴, 中性紙 75 g/m^2, 0.10mm程度
    購入価格: ¥304
    購入場所: デルタ梅田
    (Made in Japan)

| | コメント (0)

2010年1月 9日 (土)

コクヨ しっかり書ける キャンパス ルーズリーフ

コクヨ (KOKUYO)のしっかり書けるキャンパス (Campus) ルーズリーフ A4 B罫です。

10010901 10010902 10010903

コクヨのキャンパスルーズリーフが全面一新して,書き心地で選べるようになりました。新しいラインアップは,「さらさら書ける」タイプと「しっかり書ける」タイプの2種類に分かれています。

「さらさら書ける」タイプは,実は以前から同じような製品がコクヨから発売されていて既に持っています (Ref. 2009-4/18の記事) 。ですから,今度は「しっかり書ける」タイプを試してみることにしました。

「しっかり書ける」タイプの購入時に文具店の店頭デモで「さらさら」と「しっかり」の両方を書き比べてみました。デモ用に用意されていたペンは,三菱のボールペンであるジェットストリームです。

10010904 10010906 10010907

最初は「さらさら」タイプです。こちらは,少しペン先がすべりすぎるように感じました。これは,滑らかに書けるジェットストリームで筆記した影響もあるかもしれません。ボールペンよりもシャープペンシル(メカニカルペンシル)で書くのに向いているようです。

次は「しっかり」タイプです。こちらは,先ほどの紙と違ってペン先が紙にホールドされる感覚があります。ちょうど重ねた紙のようにやわらかいところで筆記した感覚に似ています。同じような紙なのに,筆記した時の間隔が全うことに少し驚きました。丁寧に字を書くには,ある程度の紙の柔らかさが必要です。そのため,私は硬筆用のやわらかい下敷きを利用しています。ですから,この「しっかり」タイプの筆記感覚も好きになれそうです。

→コクヨ キャンパス ルーズリーフ 商品情報
http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/looseleaf/
→コクヨ キャンパス ルーズリーフ A4 (旧タイプ) (2009-8/30)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2009/08/a4-579a.html
→コクヨ キャンパスルーズリーフ A4 (旧 さらさら筆記タイプ) (2009-4/18)
http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2009/04/a4-b-83a5.html

〔買い物リスト〕

  • コクヨ しっかり書ける キャンパス ルーズリーフ A4 B罫
    寸 法: 297×210 mm (A4)
    仕 様: B罫 (6mm×41行), 50枚, 丸穴 30穴, 中性紙 77 g/m^2, 0.12mm程度
    購入価格: ¥304
    購入場所: デルタ梅田
    (Made in Japan)

| | コメント (0)

2010年1月 3日 (日)

エスビー食品 ラー油ごまだれ

エスビー食品のラー油ごまだれです。

10010401

寒くなると,我が家では週末の夕食が必ずと言っていいほど鍋料理になります。今年の鍋料理は,このラー油ごまだれのおかげで,いつもより美味しく頂いています。

水炊きの場合,我が家では,たれが二種類に分かれます。私は,決まってポン酢と七味唐辛子です。妻と子供はごまだれが好みです。妻は各社のごまだれを試しているのですが,そのうちの一つがこのラー油ごまだれでした。

珍しさもあって私も試してみたところ,普段のポン酢よりも美味しいと思いました。素材の味をうまく引き出す上に,ラー油の程よい辛さが食欲を増進させます。ポン酢の場合は,三杯目ぐらいでどうしても舌が飽きてきますが,このラー油ごまだれだと,それがありません。

このラー油ごまだれの姉妹品には,ラー油ぽん酢もあるようですが,自宅近所の店頭では見かけませんでした。このラー油ごまだれも,なべ用のたれのコーナーではなく,ドレッシング類のコーナーにおいてある場合があるので,注意が必要です。

「ラー油ごまだれ」「ラー油ぽん酢」新発売のニュースリリース

〔参考データ〕
エスビー食品 ラー油ごまだれ
購入価格: ¥330
購入場所: SATY明石

| | コメント (0)

2010年1月 1日 (金)

2010年 謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

おかげさまで,当blogも開設から5回目の新年を迎えることができました。
本年も宜しくお願い申し上げます。

2010年1月1日

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »