« Mac OS X 10.6 Snow Leopard | トップページ | コクヨ クリップホルダー »

2009年9月 6日 (日)

週刊 東洋経済 2009-8/29号 アマゾンの正体

週刊 東洋経済 2009年 8/29号の特集は,「アマゾンの正体 -知られざる出版革命」です。

09090601

インターネットが普及したことで,私自身それまでの生活から一変したと感じているのが,アマゾンを利用するようになったことです。当初は,手に入りにくい洋書が安価に手に入ることに利便性を感じて利用を始めました。その後,本屋に行かなくても本を届けてくれることと,本を探す手間を省けることの便利さを実感しました。

通信販売の場合,(1) 送料が別にかかること,(2) 商品が届くまで時間が掛かることが実店舗との差でした。しかし,最初の問題に対しては,アマゾンで1500円以上購入すれば送料が無料になります。また,二つ目の問題に対しては,物流システムの改善で,驚くぐらいに商品は速く届きます。また,平日は忙しくてなかなか本屋に行けませんが,インターネットなら24時間本の注文ができます。欲しい本が決まっている場合は,むしろ本屋に行く時間をセーブできるという利点すらあります。

今や通信販売と実店舗との差異はほとんどなくなりました。実店舗の利点と言えるのは,何の本を買うか決まっていない時に,ぶらぶらといろんな本を眺めながら選べることだけになってしまいました。

そんなアマゾンの実態を解説した今回の特集は,とても興味深く読むことができました。期せずして参考になったのは,その商品の仕分け方法です。意外にも商品は混在して配置されており,全てがコンピュータで管理されています。これにより,分類して並べる必要がないのです。商品のピックアップもコンピュータで計算したルートで行います。まさに,野口悠紀雄氏の「分類するな,検索せよというパラダイムシフトを実感しました。

その他にも色々と有益な情報が得られました。

  • アマゾン
    今年8月から関西(堺)の新拠点が稼動を開始 (p64), コメントには信頼できないものもある (p67)
  • 楽天ブックス
    雑誌の取り扱いが豊富 (p66), 「送料無料」のキャンペーン (p74)
  • ビーケーワン
    1冊120円でフィルムコートを施す (p75)

〔参考データ〕

  • 週刊 東洋経済 2009年 8/29号
    特集:アマゾンの正体 -知られざる出版革命
    東洋経済新報社 週刊版 (2009/8/24) 雑誌
    \690

|

« Mac OS X 10.6 Snow Leopard | トップページ | コクヨ クリップホルダー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Mac OS X 10.6 Snow Leopard | トップページ | コクヨ クリップホルダー »