« 「何を買ったの?文房具。」 | トップページ | コクヨ キャンパスルーズリーフ A4 B罫 (さらさら筆記タイプ) »

2009/04/12

「年収1800万の勉強法」

プレジデント(PRESIDENT)の2009年4月13日号は,「年収1800万の勉強法」が特集記事です。

特集記事のタイトルに惹かれて何気なくページをめくって見ると,三輪 裕範氏と氏のノートブックの写真が目に付きました。最近,三輪氏の書いた本(*1,*2)を二冊立て続けに読んだところなので,迷わず購入することに決めました。

09041201

「週末二時間半の手書き作業で潜在意識に刻み付ける」という見出しがとても印象的です。私も読書ノートをつけるようにしていますが,手書きとパソコン入力の割合は半分半分というところです。最初は,手書きで書いていたのですが,どうも面倒になったので,その後パソコン入力に変えました。しかし,最近は字の練習も兼ねて,なるべく手書きで書くようにしています。

「日頃の読書で目に留まった箇所をマークしておき,それを週末に二時間半ほどかけてノートに抄録している。」という説明とともに,びっしりとかかれた五冊のコクヨのキャンパスノートブックが写真に収められています(*3)読書とその活用法が,システムまたは仕組みとして整理されているところが,とても参考になります。

「手書きは疲れますが,五感を使うせいか,パソコンで打ったものよりはるかに内容が記憶に残りやすい。」と説明されています。また,手書きによる達成感や精神的な充足感も手書きのメリットであるとしています。

さらに,「このノートはリビングルームに置き,気が向いたときに何度でも読み返している。」ということで,ノートの読み返しの実践方法も参考になります。

私の場合,読書ノートをただ書いただけで,まだまだ見返すことができていないようです。この点は,もう少し工夫をしようと考えています。

*1: 『ビジネスマンのための40歳からの本を書く技術』 三輪 裕範 ディスカヴァー21
*2: 『四〇歳からの勉強法』 三輪 裕範 筑摩書房 (ちくま新書567)
*3: 三輪氏は,B5サイズ・B罫(6ミリ)で100枚つづりのコクヨ キャンパスノートブックを使っています。著書(*1)によれば,使い勝手がいいように厚めのノートを用意することを薦めています。

〔参考データ〕

  • プレジデント 2009.4.13号 「特集: 年収1800万の勉強法」
    プレジデント社 (2009/04/13)
    購入価格: \650

|

« 「何を買ったの?文房具。」 | トップページ | コクヨ キャンパスルーズリーフ A4 B罫 (さらさら筆記タイプ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「何を買ったの?文房具。」 | トップページ | コクヨ キャンパスルーズリーフ A4 B罫 (さらさら筆記タイプ) »