« ノート思考術 | トップページ | SHARP 関数電卓 EL-509FX »

2009年2月15日 (日)

読書メモ (その2)

以前,読書メモをつくる意味をまとめてみました (Ref. 2008-4/13) 。最近読んだ三輪 裕範氏が書いた本(*1)に感化されて,今度は読書メモの作り方についてまとめてみました。

読書メモといえば,本田 直之氏の「レバレッジメモ」(*2)が有名です。これは,パソコンにテキストファイルで打ち込み,プリントアウトしたものを持ち歩いて,繰り返し読むというものです。一方の三輪氏は,テーマ別に分類したノートへの抜書きを基本とされています。三輪氏の説明によれば,両者には次の違いがあります。

■本田氏
情報活用術。本を読むという投資活動からリターンを得ることを目的とする。継続するために省力化に重点を置く。

■三輪氏
情報整理術。本や論文を書くためのアイディアを考え出したり,本文中で引用するために利用することを目的とする。

まとめると,本田氏は,本の内容をダイレクトに頭に取り込むための方法で,三輪氏は,本の内容を分野別に整理・収集し,後日執筆する際に生かす方法と言えそうです。

私の場合,目的はどちらかと言えば,前者の本田氏の考え方に近いものがあります。しかし,文章の抜書きには文章修行という側面もあるので,後者の三輪氏のように抜書きも必要です。結局のところ,本の内容によって両者を使い分けることが必要だという結論に落ち着きました。

また,三輪氏は,抄録したそれぞれの文章に見出しをつけるという工夫をされています。アイディアや着想を得るためには,この見出しだけを見て頭の中に化学変化を起こすそうです。文章に見出しをつけることの重要性は,知的生産に関する本によく出てきますが,自分では実績できていないことに気づかされました。

*1: 『四〇歳からの勉強法』 三輪 裕範 ちくま新書
*2: 『レバレッジ・リーディング』 本田 直之 東洋経済新聞社

〔関連記事〕

|

« ノート思考術 | トップページ | SHARP 関数電卓 EL-509FX »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノート思考術 | トップページ | SHARP 関数電卓 EL-509FX »