« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008/02/24

centropen 使い切り万年筆

centropen(セントロペン)の使い切り万年筆(Fountain Pen)です。

08022401 08022402 08022403

使い切りの万年筆は以前からありますが,最近は環境を配慮してPreppy(Ref. 2007-2/25の記事)のように安価な万年筆でもインク交換式になっています。その意味では,このペンは時代に逆行している使い切りタイプになっています。しかし,何か惹かれるものを感じてこのペンを購入しました。

以前紹介した同じくセントロペンのハンドライター 2651 (Ref. 2008-2/17の記事)と同様に,どこか懐かしさを感じるデザインになっています。ポップな感じのするキャップのデザインは,子供用を想定したものかもしれません。また,ペン先と軸との継ぎ目が細くなった珍しい形状をしています。

実際に筆記してみると,インクの吐出量が多く,線の太さは,中字ぐらいの感じです。したがって,手帳などに細かな字を書くのには向いていないようです。ラフスケッチや構想を練る時のメモなど,思考を邪魔しない筆記が必要な時には,このペンが役に立つと思います。

とにかく,気軽に使える万年筆になっています

〔買い物リスト〕

■centropen 使い切り万年筆     ¥420
インク色 ブルー
(Made in Czech)

| | コメント (0)

2008/02/23

Pen and message オリジナルノート

Pen and messageのオリジナルノートです。

08022301 08022302 08022303 08022304 08022305

これは,ツバメノートがつくったPen and messageのオリジナルノートです。私が,Pen and messageに行った時のお目当てはこのノートでした。

ツバメノート(Ref. 2008-1/27の記事)を手に入れてからというもの,その品質にほれ込んだ私ですが,手に入るツバメノートは8ミリの横罫線がほとんどでした。こうなると,方眼罫線の好きな私としては,ぜひとも方眼罫線のツバメノートが欲しくなります。そこで,神戸のPen and messageまでオリジナルノートを買いに出かけたのです。

このオリジナルノートには,表紙にPen and messageのロゴが印刷されています。また,背表紙の赤いラベルが特徴的です。うれしいことに,私の予想と違って中紙はホワイトではなく,目に優しいクリーム色でした。83.5 g/m^2のしっかりとした厚みのある中性紙フールスは,再生紙ではなくバージンパルプでできています。

薄い色の5ミリ罫線は,クリーム色の紙とよくマッチしている上に,筆記の時もまったく邪魔になりません。

同じようなノートとしてライフのノーブルノート(Ref. 2007-1/26の記事)がありますが,こちらは100枚という貫禄のある厚みの上に,値段もかなりのものです。その点,このノートは30枚という薄いノートになっていて値段も手頃なので,気負わずに使い始めることができます

〔買い物リスト〕

■Pen and message オリジナルノート     ¥300
サイズ: A5
罫 線: 5 mm 方眼
中 紙: 83.5 g/m^2,クリーム中性紙フールス
枚 数: 30 枚(60ページ)

| | コメント (0)

2008/02/17

セントロペン ハンドライター 2651

セントロペンのハンドライター 2651(centropen HANDWRITER 2651)です。

08021701 08021702 08021703 08021704

このペンは先週行った「Pen and message」で買いました。私のお目当てはオリジナルのノートだったのですが,他にもおもしろいものを色々と見つけました。その中の一つがこのペンです。

セントロペンは,日本では珍しいチェコのメーカーです。薄いグリーンのペン軸にインク色を表すチップが両端についています。最近は透明やトランスルーセント(半透明)などのデザインが流行していますが,どこか懐かしくて無駄のないこのデザインに惹かれました。

軸端やキャップ,軸の握り部分にはくぼみが付けてあります。握り部分のくぼみは,指を当てると丁度握りやすい三角形のデザインになっています。

ペン先は,ボールタイプではなく,いわゆるファイバーチップになっています。これは,ミリペンなどで採用されているペン先です。ファイバーチップペンは,ボールペンと違って,書き始めにインクがかすれがない点が気に入っています。

水性インクなので記録用としては使用できませんが,ラフにアイディアを考えたり,他人にラフスケッチを示したりする際には大活躍します。私は,そのためにわざわざ普段使っているゲルインクペンから持ち替えて使っています。

お店には黒と青がおいてありました。私の場合,黒はほとんど使わないので,青を2本買ってきました。実際に使ってみてとても気に入ったので,次は赤と緑が欲しくなりました。

きちんと整理された机の上に,上質なノートとこのペンを並べるだけで一つの絵になります。また,上質なノートには,滑らかに書けるこのペンがよく合います。それだけで気分が良くなります。

〔買い物リスト〕

■セントロペン ハンドライター 2651     ¥189
水性インク,青
ファイバーチップ,0.4~0.5 mm
(Made in Czech)

| | コメント (0)

2008/02/16

Pen and message

先週Pen and messageに行ってきました。

その日は休日で何も予定がありませんでしたので,妻に出かけてくると告げて外へ出ました。時間が十分にあるので,以前から行ってみたかった神戸にあるPen and messageというお店に行ってきました。駅から少し歩くと,すぐにお店を見つけることができました。便利な場所にあるのですが,いかにも隠れた名店という感じです。

主には万年筆を取り扱っているお店のようですが,便箋やノートなどにもこだわった品揃えをしています。私のお目当ては,オリジナルのノートだったのですが,他にも幾つかおもしろいものを見つけました。大好きな方眼のノートも幾つかあり,手頃な値段の珍しいペンもありました。

クラッシクな家具が並ぶ店内は非常に静かで,落ち着いてペンを見ることができます。オリジナルのコーヒーも飲むことができるようです。時間にゆとりを持って,会話を楽しみながら買い物がでます。私は万年筆にはあまり興味がないのでよく分かりませんが,万年筆がお好きな方にはたまらないお店のようです。といっても中に入りにくいような雰囲気ではなく,気軽に行けるお店です。

この店に行くと,忙しい日常の中で,心のゆとりを取り戻す大切さを思い出します。最近ではこんなお店は珍しいと思います。また行きたくなる素敵なお店です。

| | コメント (0)

2008/02/10

JETSTREAM 3色ボールペン

三菱鉛筆のJETSTREAM(ジェットストリーム)3色ボールペンです。

08021001 08021002 08021003

少し前ですが,待望の製品が発売されました。三菱のジェットストリームは,油性ボールペン(BP)でありながら,とても滑らかな書き味が特徴です(Ref. 2007-4/14記事)

私の愛用しているパーカー(PARKER)のBPは,ものすごく滑らかな書き味が特徴ですが,リフィルが高いのが悩みの種でした。そんな悩みを解決したのが,このジェットストリームです。

私が普段使っている筆記具は,発色が良く滑らかに書けるゲルインクのBP(ZEBRAのSARASA CLIP 0.4)です。ところが,オフィスではどうしても油性インクのBPが必要な時があります。しかも,私の場合は青を予定,赤を実績として手帳にスケジュールを書き込むので,最低でも赤と青の2色のBPが必要になります。

一本のBPを赤と青で持ち替えるのは意外に面倒なので,多色のBPを使うのですが,ジェットストリームの多色BPが出たら,ぜひ欲しいと常々考えていました。

このペンには,軸の色にバリエーションがあります。私は透明軸が一番すっきりしていると思いました。ところが,店頭でみたところ透明軸にはボール径が1.0 mmのものしかなかったので,無難に0.7 mmで軸が黒のものを購入しました。後でメーカのWeb サイトで調べると,0.7 mmにも透明軸があるようなので,次は透明軸を買う予定です。

〔買い物リスト〕

■ 三菱鉛筆  JETSTREAM  3色ボールペン          ¥420
インク色  黒/赤/青
ボール径  0.7mm

| | コメント (0)

2008/02/09

インチサイズ

世の中には,様々なサイズのルールがあります。中でも,意外に使いやすいのがインチ基準のサイズだと思います。

まず思いつくのが,最近使わなくなった3.5インチのフロッピーディスクです。また,テレビの画面サイズは,画面の対角線の長さをインチ表示したものです。他には,自転車のタイヤのサイズなどが一般的です。

人間は,二桁の数字までは違和感なく扱えるようですが,三桁になると,とたんにイメージできなくなるようです。たとえば,32インチ(32型)といえば,記憶できそうですが,813ミリメートルと言われても記憶できそうにありません。

ちなみに,CDはPhilipsやSonyが規格を作ったためか,直径12 cmというメートル基準のサイズになっています。

| | コメント (0)

2008/02/03

ぺんてる ビー・ルミッシュ

ぺんてる ( Pentel ) ビー・ルミッシュ ( B Lumish ) です。

08020301 08020302 08020303

冬になると空気が乾燥する上に厚着をするので,体が静電気に帯電しやすくなります。この状態でドアのノブにさわると,指先から静電気が放電して電気ショックを受けます。

私は,車の乗り降りの際にこの静電気によるショックをしばしば体験します。ひじの部分で車のボディを触ってからノブをさわると,除電されてショックはおきないのですが,あまりスマートとはいえません。

キーリング付のLEDライトが欲しいと思って探していたら,この静電気を除電する機能の付いたものが販売されていました。除電が完了するとインジケータが光ります。どうやら,除電されるとサインが出る静電気除去グッズがはやっているようです。妻は,LEDライトなしのものを購入しました。こちらは,除電が完了すると液晶にスマイルマークが表示されます。

静電気で思い出すのは,出張で北京に行った時のことです。北京は寒い上に,乾燥が激しく静電気に悩まされました。ホテルのカーペットの敷かれた廊下を歩いた後に部屋のノブに手を近づけると,大きな音がして放電します。暗がりのホテルの廊下だと,雷のように稲妻が見えました。鍵を握ってドアノブとの間で放電させるのですが,それでも鍵を介してかなりの電気ショックが伝わってきました。

冬場の嫌な静電気ですが,この静電気除去グッズがあると安心です。

〔買い物リスト〕

■ ぺんてる ビー・ルミッシュ          ¥840
除電機能+ライト機能
タッチ放電タイプ
ブルー
リチウム電池 ( CR2016 )
( Made in Japan )

| | コメント (0)

2008/02/02

ミドリ MDノート

ミドリのMDノート ( MD NOTEBOOK ) です。

08020201 08020202 08020203 08020204 08020205

文房具関係のムック本では,MDペーパー ( MD PAPER ) と呼ばれるミドリのオリジナル用紙がよく紹介されています。一度使って見たいと思っていたら,大阪にあるいつも立ち寄る文房具屋さんで,このノートを見つけました。

このノートを初めて見た時,「書くことにこだわった,ノートができました。」という帯のキャッチフレーズが目に飛び込んできました。しかも,そこには「MD PAPER」とはっきり書かれています。「購入決定!」。ノート好きの私はすぐに決断しました。

落ち着いた感じのクリーム色の表紙には,「MD PAPER」のロゴがエンボス加工されています。他には一切のかざりがなく,中味で勝負するというメーカーの意気込みを感じさせます。サイズは,A5の他に文庫本と新書サイズがあります。

無地と横罫がありますが,私は横罫を購入しました。7ミリ罫線が余白なしで引かれていて,上下で分けて使えるように縦中央の位置の罫線だけ太くなっています。私にとっては,この太線は不要ですが,あまり気にならないのでよしとします。

手帳メーカらしく,各サイズにあわせた専用のビニールカバーが別売されています。オリジナルのパラフィン紙のカバーもいいのですが,長く使うにはビニールカバーがあったほうがいいと思います。

以前紹介したCDTのノート ( Ref. 07-12/23の記事 ) とコンセプトが似ていますが,こちらの方が値段が手頃なので,普段使いのノートとしてお薦めです。

〔買い物リスト〕

■ MDノート <A5> 横罫          ¥840
H210mm×W148mm×D10mm
176ページ,MD用紙
7mm 罫線
糸がかり綴じ,しおりひも
インデックスシール付
パラフィン紙カバー

■ MDノートカバー  <A5>         ¥315
H218×W316mm
PVC製 (透明) ペンホルダー付き

(Made in Japan)

| | コメント (4)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »