« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月27日 (日)

ツバメ 大学ノート

ツバメノートの大学ノートです。

08012701 08012702 08012703 08012704

大学ノートには,どうしても野暮なイメージがあってオフィスではあまり使ったことがありませんでした。大学ノートの表紙のデザインや中紙のフォーマットがいかにも学生を思わせるものが多く,オフィスで使うにはふさわしくないと考えていました。

ところが,最近は大学ノートがオフィスでも見直されているようです。大学ノートに代表される綴じノートは,ルーズリーフなどと違ってページを移動できません。ところが,オフィスでの使用する場合には,逆にそのことが記録の散逸を防ぐ大きな利点として挙げられているようです。

私はリングノートが好きなので,綴じノートはあまり使っていません。そこで,なにかいいノートがないかと探している時にツバメの大学ノートを思い出しました。始めて見た時は,その古臭い表紙のデザインが好きになれませんでした。しかし,今回よく見直してみると,落ち着いたクラッシクなデザインもなかなかいいものだと考えるようになりました。(※ファッションデザイナーのアニエス・ベーがその品質を認めた話が有名です。)

ツバメノートの大学ノートには,書き味にこだわったツバメオリジナルのフルース紙という紙が使われています。印刷用ではなく筆記用の紙というだけあって,その書き味は絶品です。また,中性紙を使っているので長期保存にも適しています。

紙の色としては,ホワイトの他にクリーム色もあります。ホワイトといっても自然な色合いになっているので,夜間に蛍光灯の下で筆記しても眩しい感じはありません。また,クリームの方には,透かしにOKマークが入っています。

罫線は,シンプルな横罫線で,「 No. 」や「 Date 」などの余計なものが一切ないシンプルなフォーマットになっています。買った後で調べて分かったのですが,ホワイトは 8 mm,クリームは 7 mm 間隔の罫線になっているので注意が必要です。

ページ数にバリエーション (40 枚/ 50 枚 / ホワイトのみ100枚) があるようです。今回私が買ったのは,40枚のものですが,このぐらいが手頃で使いやすいと思います。唯一このノートで残念なのが,紙のサイズです。規格のA4サイズより縦が 6~9 mm 程度大きなサイズになっています。

〔買い物リスト〕

ツバメノート  大学ノート 特A4          ¥315 / ¥368
ホワイト / クリーム 83.5 g/m^2
中性紙フルース ( 再生紙 ) / OKクリームフルース
A4 相当サイズ ( 実測 305 mm x 210 mm )
罫線  8 mm x 32行 / 7 mm x 34行 ( A罫線 )
Ref.  A 5001 / A 5002
(Made in Japan)

| | コメント (0)

2008年1月26日 (土)

マックス グイクリップ

マックス ( MAX ) のグイクリップ ( Gui CLIP )です。

行き着けの文房具屋さんで買い物をしたら,サンプル品としてこのクリップをもらいました。

08012601 08012602 08012603

書類を仮止めする場合,最も一般的なのは,いわゆるゼムクリップです。ところが,このゼムクリップは,紙をとめる力が弱く,その割に紙を傷めることがあります。

私は,よほどのことが無い限り,何でもステープラーで仮止めします。ステープルリムーバーを使えば,意外と簡単に針をはずすことができます。しかし,原本となる紙だけは,さすがにステープラーで止める訳にはいきません。この場合は,やはりゼムクリップを使わざるをえません。ただし,この場合も書類の厚みに対して,適切なサイズのクリップを使うように注意しています。コツとしては,少し大きめのサイズを選ぶとうまくいくようです。

また,紙の枚数の多い厚みのある書類を仮止めする場合は,ダブルクリップを使うようにしています。ところが,ダブルクリップはクリップ自体の大きさが邪魔になる時があります。また,枚数の少ない書類の場合には,うまくはさめない場合があります。

そこで出番となるのが,新しいタイプのクリップです。既に様々なものがありますが,未だに決め手になるようなものがありません。今回もらったサンプル品は,その中でも使い勝手が良さそうです。

このクリップは,書類のつかみ代が小さいので保持力は強くありません。したがって,回覧物の仮止めなどには使えません。逆に,短期的な仮止めには付け外しが楽で手軽に使えます。また,サイズが小さいので,クリップで書類が隠れない点が意外に便利です。

〔参考データ〕
マックス グイクリップ ( Gui CLIP )          試供品
カラーミックス
最大枚数  約30枚

| | コメント (0)

2008年1月20日 (日)

UNITED BEES INC. REPORT PAD

ユナイテッドビーズ ( UNITED BEES INC. )のA4レポートパッド (REPORT PAD)です。

08012001 08012002 08012003 08012004

以前,同じメーカの方眼罫セクションパッド (SECTION PAD) を購入しました( Ref. 2007-01/14の記事 )。このセクションパッドがとても気に入った私は,今度は横罫線のものが欲しくなりました。そこで,セクションパッドを買ったのと同じ店で,このレポートパッドを購入しました。

この製品の特徴は,セクションパッドでも紹介したとおり,紙の厚みにあります。実測で90 g/cm^2相当のしっかりとした厚みがあります。一般のレポートパッドは,紙の厚みが薄いものがほとんどです。薄い紙には,枚数が多くてもかさばらないという利点があります。しかし,筆記する時の満足感は厚い紙の方が断然よくなります。

また,ファイルに綴じて紙をめくる際の取り回しの良さも,ある程度紙の厚みがある方が良くなります。

セクションパッドと言えば,ロディアが有名です。ロディアもしっかりとした紙の厚みはあるのですが,A4より少しサイズが大きくなるので( No.19 の場合 ),持ち歩きには不便です。その点,この製品は天糊なので,切り離す前でもA4ジャストサイズになります。用途を選ばない横罫線だけのシンプルなフォーマットも使いやすくて便利です。

取り扱っている店があまりないので,入手性が悪いのが残念です。インターネット上の通販でも見かけたことがありません。もっと普及して欲しい製品です。

〔買い物リスト〕
UNITED BEES INC. REPORT PAD          ¥420
A4 size  80 sheets  7 mm lined
( Made in Japan )

| | コメント (0)

2008年1月19日 (土)

Westcott ソフトハンドル はさみ

Acme United社のWestcottブランド ソフトハンドル はさみです。

08011901 08011902 08011903 08011904

私は,フィスカース ( FISKARS )のはさみを愛用しています ( Ref. 2006-03/25の記事 )。他にもプラス ( PLUS ) のフィットカット ( fitcut ) というはさみを使っています ( Ref. 2005-07/29の記事 )。

妻が,リビングで使うはさみが欲しいというので,フィットカットをリビング用として使うことにしました。ところが,今度は子供が自分用のはさみが欲しいと言い出しました。子供用のはさみは,適当なものが手持ちになかったので,昨年の年末に買い物に出た際にこのはさみを買ってきました。

このはさみは,刃先が丸型になっているので子供でも安心して使えます。また,グリップの指の当たる部分がゴムでできているので,指が痛くなりません。

カラフルなツートンカラーのデザインが人目を惹きます。全長7インチと5インチの大小二つのサイズが選べます。子供用に買うつもりでしたが,自分も欲しくなったので,大小それぞれ1個ずつ購入しました。

刃物としての完成度はフィスカースに及びませんが,気楽に使える普段使いのはさみとしてはこれで十分です。

〔買い物リスト〕

Acme Westcott Soft Handle Scissors          ¥504/¥314
材質:  刃 ( ステンレス )  グリップ ( プラスチック, ラバー )
全長:  18 cm (7") / 13 cm (5")
刃先:  丸型
( made in China )

| | コメント (0)

2008年1月13日 (日)

「その数学が戦略を決める」

イアン・エアーズの「その数学が戦略を決める (原題:Super Crunchers)」を読みました。

これは,昨年末に読売新聞の書評で見て購入しました。年末年始の休みに読もうと思って,休みがくるまで読まずにとっておきました。いざ読み始めると,とてもおもしろく一気に読み終えることができました。

理系の人間としては,タイトルからどのような数学を使うのか興味のあるところです。しかし,本の内容としては「数学」ではなく「計算」に主眼が置かれています。しかも,計算手法そのものは,回帰分析やニューラルネットワークなど特に目新しいものではありません。

しかし,これらの計算手法が近年のコンピュータの進化 (計算速度,記憶容量) 及びインターネットの普及と結びつくことによって,従来では不可能であった問題の計算が可能になっています。この本では,このことを「絶対計算」と呼んでいますが,その定義があいまいなので,最後まで読んでも消化不良を起こしたままです。

この本の中では,ワインの価値を方程式で予測する実例が挙げられています。常識的に考えれば,方程式による予想と専門家の予想を対決させた場合,専門家が勝つと思われがちです。しかし,ハードウエアの進化は,方程式による予想が専門家に勝利する時代を現実のものとしました。

これまで,人間の直感的な専門知識で判断した問題も,全てデータ処理により統計的データに基づいて意思決定できる時代が到来したのです。この本は,そのことを教えてくれます。

それでは専門家は必要でなくなるのでしょうか。その答えは,コンピュータを知っている人ならすぐに分かります。ハードウエアだけでは計算はできないのです。優れたソフトウエアが無いと,いかにハードウエアが進歩しても計算はうまくできません。あらゆるものが物理的に計算可能になったとしても,結局のところ何をどの様に計算するかは,人間の関与するソフトウエア次第なのです。そこに専門家の価値があると筆者は述べています。

日本語訳がよくできているので,スムースに読めます。今という時代の現実を認識するために読んでおくべき本だと思います。

〔参考データ〕

「その数学が戦略を決める」     ¥1,800
イアン・エアーズ (著), 山形 浩生 (翻訳)
文藝春秋 (2007/11/29)

| | コメント (0)

2008年1月12日 (土)

ドットライナー ラベルメモ

コクヨのドットライナー ラベルメモです。

08011201 08011202

新年最初に購入した文房具は,コクヨの新製品のふせんです。私は,ふせんの色は「黄」と決めています。今回も黄色のものを買ってきました。

ふせんの使い勝手は「のり」で決まります。本や書類に貼り付ける一般的な用途においては,3Mのポスト・イットが一番よくできていると思います。これに対してコクヨでは,ドットライナーという新しいのりを使った製品を展開しています。そして,このドットライナーを使用したふせんがドットライナー ラベルメモです。

この製品の特徴は,のりが全面についていることです。ふせんをファイルの背表紙などに貼り付けた場合,しばらくするとふせんがはがれてくることがあります。のりがふせんの全面についていると,このはがれが防止できるようです。

この製品には,白と黄のラインナップがあります。サイズも一般的なものがそろっています。調べてみると50×25mmという少し変わったサイズのものがありました。新しい使い方がみつかりそうな予感がするサイズです。

オフィスやプライベートで新しいファイルを使い始める時に,このふせんが活躍します。ファイルには,背表紙にタイトルを表示することが絶対に必要です。これもいわゆる「見える化」です。そして,タイトル表示は,ファイルを新規におろした時にすぐにやる必要があります。

この「すぐやる」動作が意外に難しいのです。ここで,ふせんを使うと仮のタイトル表示が即座にできます。PCやラベルライターを使った方が見た目が,ふせんよりもきれいに仕上がるのですが,少々手間がかかります。そのためにタイトル表示の作業を後回しにすると,ファイルが見つからなくなって失敗します。PCやラベルライターでラベルを作る作業は,時間のある時にまとめてやるのが効率的です。

〔買い物リスト〕

  • コクヨ  ドットライナー ラベルメモ          ¥305/¥294
    粘着メモ, 全面ドットタイプのり
    74×74mm, 100枚
    74×25mm, 100枚×2個
    黄色

| | コメント (0)

2008年1月 6日 (日)

ゼブラ Tect 2 way light

ゼブラ (ZEBRA) のテクトツゥーウェイライト (Tect 2 way light) です。

08010501 08010502 08010503 08010504

このメカニカルペンシル (MP,日本ではシャープペンシル) は,発売された直後から気になっていました。軸はプラスティック製ですが,内蔵された重りのおかげでペンを手にした時の重量バランスが丁度いい感じになります。

また,握りの部分のすべり止めがよくできています。通常の製図用MPでは,握りの部分に,ギザギザの付いた,いわゆるローレット加工になっています。ところが,このペンでは部分ラバーグリップが採用されています。全面ラバーグリップが握りやすいのは確かですが,製図用の精密な線を引くには不向きです。その点,この部分ラバーグリップは,握りやすさと精密さの両方を満足させてくれます。

このペンは,軸を振ると芯がでる (フリシャ) 機能が一つの特徴です。軸の中央に切り替え用の回転スイッチがあり,フリシャ機能のオンとオフを切り替えることできます。軸に内蔵された重りは,このフリシャ機能のためのものです。ちなみに,私はこのフリシャ機能は使わないので,常にオフの状態にしています。

他に特筆すべき点は,ノック時のアクションの軽さです。ノックした時のアクションがとても軽く,スムースに芯がでます。私は,どちらかと言えば,ロットリングのようにカチッとした硬いノックアクションが好きなのですが,このペンの軽いタッチも気に入りました。

エンドキャップの形状も特殊で,親指の腹に沿うようにくぼみをつけた形状になっています。唯一の残念な点は,詰まった芯を除去するためのニードル(針)がないことです。所詮使い物にならない消しゴムは不要なので,代わりにニードルはぜひ付けて欲しいものです。

〔買い物リスト〕

  • ゼブラ テクトツゥーウェイライト(Tect 2 Way light)          ¥630
    シャープペンシル
    芯径 0.5mm
    ボディカラー 黒
    (made in Japan)

| | コメント (0)

2008年1月 5日 (土)

DJ KAWASAKI / you can make it

何か目新しいものはないかと立ち寄ったHMV(注:大手のレコード販売店)でこのCDが目に付きました。

08010401 DJ KAWASAKIの新譜で,1月に発売になったばかりのCDです。店内でもかなりのスペースを割いて宣伝していましたが,私にとっては全く未知のアーティストでした。

店内で視聴してみると,重低音のドラムサウンドが強調された音楽のようです。ところが,メロディも意外にしっかり聞かせるものがあって,クロスオーバーやフュージョンを彷彿とさせるものがあります。「Night Birds」が大ヒットしたShakatak(シャカタク)を思い出させる曲が中心です。

08010402_3曲だけを聴くのは少し退屈ですが,何かをしながら「流して聞く」には丁度よい感じです。最近は,iPodやiTunesなどで「流して聞く」ことがほとんどなので,こういう形式の音楽があってもいいと思います。

発売初回特典として「10. BRIGHT LIKE LIGHT」のビデオ・クリップの入ったDVDをもらいました。これには,ボーカルとして参加しているモデルの藤井リナさんが出演しています。また,印象的なジャケット写真には,同じくモデルの大屋夏南さんが起用されています。

〔参考データ〕

  • you can make it     ¥2,800
    DJ KAWASAKI
    08/01/01
    Vo(10): 藤井リナ (雑誌ViViモデル)
    Cover Model: 大屋夏南 (雑誌ViViモデル)
    おすすめ:2,3,10

| | コメント (0)

2008年1月 1日 (火)

2008年 謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

このblogは今年で開設から3回目の新年を迎えました。

これまで文房具の話題を中心に記事をアップしていましたが,今年からはもっと違った分野の記事もアップしていこうと考えています。

2008年1月1日

| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »