« リプラノート | トップページ | 夏カゼ »

2007/09/01

アピカ リーフパッド

アピカのリーフパッド(LEAF PAD)です。

07090101 07090102 07090103 07090104

これは,いわゆるはぎ取り式のノートで,横糊でノートが綴じられており,ページを一枚ずつ切り離して使用することができます。

珍しいのは,パンチ穴が日本で一般的な2穴でなく,30穴(いわゆるルーズリーフ)になっているところです。B5サイズのルーズリーフとして使えるリーフノートはたまに見かけることがありますが,A4サイズのものは,おそらくこのノートだけだと思います。

これで罫線のフォーマットが5ミリ方眼であれば,すぐにでも飛びつくのですが,残念ながら通常の横罫線(A罫とB罫)しかありません。しかしながら,「中性紙使用」がきちんと表示されており,紙の質も良さそうなので,この際購入して使って見ることにしました。

通常の横罫線のフォーマットですが,一般的な大学ノートとは微妙にフォーマットが異なっています。これもアピカらしいデザインだと思います。マルマンのルーズリーフと同様に,30穴の他に2穴と4穴にも互換性があるパンチ穴が設けられています。

最近読み返している「考える技術・書く技術(板坂元著)」によれば,筆者はスクラップブックのかわりにルーズリーフに切り抜きを貼り付けています。このため切り取ってルーズリーフに使えるようになったノートを持ち歩き,日記や調べ物など,何でも書き込み,切り抜きの貼り付けにも使っています(※ ちなみに,立花 隆氏も切抜きは,スクラップブックではなく専用の台紙を作らせて使っているようです)

このやり方は,最近私がおもしろいと感じている知的生産の技術の一つです。

※ 夏カゼをひいたようで,金曜日から寝込んでいます。そのためか,もう一つ考えがまとまりません。

〔買い物リスト〕

  • APICA LEAF PAD     ¥263
    A4, 6 mmX41 lines, 30 hoies, 40 sheets
    王子製紙特抄中性紙使用
    (MADE IN JAPAN)

|

« リプラノート | トップページ | 夏カゼ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リプラノート | トップページ | 夏カゼ »