« マックス サクリフラット | トップページ | Appointment Planner 2008 »

2007/09/30

本200%活用ブックス

日本能率協会マネージメントセンター( JMAM )編集の「本200%活用ブックス」です。

この本は,本の選び方や本を読んだ後の活用方法について書かれた本です。本というのは,だれでも読みますが,その読み方や活用法について書かれた本は案外少ないと思います。この本では,「読書の達人」と称して様々な著名人の本の活用方法を紹介しています。

いわゆる実用書を読んだとき,私は読書ノートをつけています。読書ノートは,ある方の真似をしてA4ルーズリーフを使用しています。ルーズリーフは,後で記録を付け足すのが簡単なので,読書ノートに向いているようです。

読書ノートをつける以前は,簡単なメモをノートに書いていましたが,あちこちに書いていたので,資料としてまとまっていませんでした。また,そのころのメモは,どちらかと言えば要約版になっていて,引用部分のページ番号などは書いていませんでした。

最近つけている読書ノートは,どちらかと言えば本文の抜書きが中心です。本を読んで気になった部分をページ番号を先頭にして抜書きしています。気がついた点などは,抜書きした本文の後にペンの色を変えて一緒にメモしておきます。ルーズリーフに手書きすることで記憶にも残るし,抜書きする部分を厳選することにもなるようです。

また,本全体の要約などは,PCにテキストデータで入力しています。これを紙に印刷してファイルにとじています。この要約は,時々読み返して手を加えたりしています。

これから秋の夜長で読書に最適の季節です。コーヒーでも飲みながら,自宅の書斎で読書をするのは至福の時間です。

〔参考データ〕

  • 「本200%活用ブックス」     ¥1,050
    日本能率協会マネージメントセンター(編)
    日本能率協会マネージメントセンター,2007/9/30

|

« マックス サクリフラット | トップページ | Appointment Planner 2008 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マックス サクリフラット | トップページ | Appointment Planner 2008 »